夕食をとる時間が遅いと、食べた物が消化されないうちに眠らなければなりません。



入眠時になっても胃腸が消化のために働いていると睡眠の妨げになり翌朝の胃もたれや食欲不振の原因にもなってしまいます。



眠る3時間位前までに夕食を済ませましょう。

どうしても遅くなってしまう時は、消化の悪い肉類や脂質は避け、消化の良いうどんなどを軽くとってお腹を落ち着かせましょう。



























AD