せっかく朝日を浴びて体内時計をリセットしても、夜明るい光を浴びると



睡眠誘発ホルモン、メラトニンの分泌が妨げられてしまいます。



また、光が脳を覚醒(興奮)させて眠りにくくするのです。



眠りにつく約1時間前からはパソコン、テレビ、携帯電話は控えめに。



お部屋の照明も白熱灯の間接照明に変えるとメラトニンの分泌量が増加し、スムーズな入眠が期待できます。

















AD