1日の疲れをとりぐっすり眠るためにお風呂にゆっくりつかりましょう。ぬるめのお風呂(38~40℃)に20分程つかりましょう。副交感神経が優位になり身体や脳の緊張がほぐれます。


入浴により深部体温が上昇

入浴後に急激に下降
(入浴後15~30分後が寝付きがよくなるタイミング!)


42℃以上の熱いお風呂につかると・・・

深部体温が上昇しすぎる
↓  
入眠時になっても
深部体温が下がりきれない

寝付きにくくなる



熱すぎるお風呂は
交感神経が優位になり脳が覚醒してしまいます。熱いお風呂が好きな方は就寝時間の2時間位前に済ませましょう。




























AD