私たちの身体は睡眠中に様々なホルモンを分泌しています。特に成長ホルモンとメラトニンはお肌や細胞の修復、速やかな入眠にとって重要なホルモンです。


*成長ホルモン
成長作用とタンパク質合成を促進する作用がある
身体の成長や修復、疲労回復を助ける
入眠直後のノンレム睡眠(第三段階から第四段階)に最も大量に分泌される(午後10~午前2時)



*メラトニン
睡眠誘発ホルモン
朝日を浴びて14時間程で分泌が始まり夜中に最大分泌
日中は抑制され夜間に増加
夜間に明るい光を浴びると分泌が抑制される
    ↓
眠りにくくなる





























AD