よつばウィメンズクリニックのブログ

香川県の女性の皆様がより充実した人生を送るためのサポートを目指すクリニックです。


テーマ:

3月になり、暖かい日が多くなってきていますねおねがい

3月といえば「ひな祭り」。この日には古くから伝わる伝統的なお祝い料理があり、春の訪れを伝える旬の食材が使われていますガーベラ

代表的なものとして、はまぐりの吸い物やひしもち、ひなあられやしろざけ、ちらし寿司などがあげられますが、それぞれの料理や色にも縁起の良い意味が込められています爆  笑

 

はまぐりの貝殻は、対になっている貝殻でなければぴったりと合いません。このことから、仲の良い夫婦を表し、一生一人の人と添い遂げるようにという願いが込められた縁起物ラブ

 

ひしもちは、緑、白、ピンク(紅)の3色の餅をひし形に切って重ねたもの。色の意味にはいくつかの説があり、緑は「健康や長寿」、白は「清浄」、ピンクは「魔除け」を意味する説と、緑は「大地」、白は「雪」、ピンクは「桃」で「雪がとけて大地に草が芽生え、桃の花が咲く」という意味が込められているという説があります照れ

緑餅は増血効果があると言われるよもぎを混ぜ、白餅には血圧を下げると言われるひしの実が入り、ピンク餅は解毒作用があると言われるクチナシで色をつけています。

 

ひなあられは餅に砂糖を絡めて炒った、ひな祭りの節句の代表的な和菓子のひとつですニコピンク、緑、黄、白の4色でそれぞれ四季を表していると言われています。

 

当院の3月3日の昼食はとても可愛らしい手まり寿司がでました。

うっかり写真を撮るのを忘れてしまいましたので、今回はスタッフが自宅で作ったひし餅型のお寿司をご紹介。

緑は青のり、ピンクは桜でんぶをすし飯に混ぜて、牛乳パックで型取り。

とっても簡単に作れます目

 

 

さて今回は2016年ARTの集計②ということで、「採卵」にスポットをあててみました。

2016年の採卵周期は全662周期でしたが、このうち24周期は採卵日当日に排卵してしまい、採卵術ができなかった周期となっています。

よって、2016年は638周期、採卵術を行いました。

採卵に向けて当院では以下の6種類の排卵誘発を行っています。

ロング(Long)法、ショート(Short)法、アンタゴニスト(Antagonist)法、FSH/hMG注射のみ、低刺激法、自然周期で分類した結果は、

です。

全体でみると高刺激と低刺激は約半分の割合いとなっていますが、年齢によってその分布は異なっており、40歳前後になると低刺激法での採卵が多くなってきます。

年齢が上がるにつれ卵巣機能が低下し、高刺激で臨んだとしても発育卵胞数が多くならないため、低刺激法へと移行せざるをえなくなっていきます。

 

では、採卵後はどのような経過になっているかを調べてみました。

 

以上のグラフのとおり、1割は新鮮胚移植、3割が凍結胚を獲得しています。つまり採卵後、4割の周期が胚移植の機会を得ることができている、ということになります。

採卵した全ての周期で胚移植へ臨めるわけではなく、卵を採取しても受精につながらなかったり、受精卵になっても分割や発育状態が悪かったりと、胚移植へと進めない周期が6割!!これは意外と大きい割合ではないでしょうか。。。

そうなるとまた次は採卵から、、、ということになってしましますね。。

培養士としては、この割合を少しでも下げれるよう、培養環境を整え、さらには改善していきたいと思い、情報収集や検討を行っています!!

 

では、次回は移植後の経過についてお伝えする予定ですクローバー

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ブログ」 の記事

テーマ:

1/29徳島市のときわプラザにて、2/19高松市の保健センターにて妊活講演会が開催されましたキラキラ

 

徳島での講演会は、徳島県から委託を受けた「はぐぐむたまご」が企画された会で、今回で4回目の開催。当院の培養士が昨年に引き続きお話しさせて頂きました照れ

「はぐぐむたまご」代表の佐藤さんは不妊治療経験者。一般不妊治療から体外受精へとステップアップし、約3年の月日を重ね、体外受精にて授かり出産されました。その経験からこの団体を立ち上げ、妊娠適齢期の啓蒙のため活動されていますひらめき電球

またFMびざんのパーソナリティも務めており、「はぐくむたまご~妊娠適齢期から考えるはじめの一歩~」という番組も通して沢山の情報を発信されていますので、ご興味ある方はぜひ聞いてみてくださいニコニコ

 

1/29の講演会では、培養士による普段は見れない培養室の様子を紹介するミニ講座、漢方薬・生薬認定薬剤師による東洋医学の視点から妊娠しやすいからだづくりについて考えるミニセミナー、徳島大学産婦人科の生殖医療専門医である桑原先生によるQ&Aがあり、参加者からのたくさんの質問に全てお答えしていきました。

ここ香川県や当院からも数名の方が参加されていたと聞いております。

この会の記事が2/19の徳島新聞に掲載されており、当院で治療中の患者様が新聞記事を持ってきて下さいました目

 

2/19の高松市での講演会は、高松市保健センターが主催となり、当院の川田先生がお話しされました。定員50人を超える沢山の方が参加され、またご夫婦での参加も多かったのがとても印象的でしたクローバー

「妊娠するためのこころと身体の作り方」をテーマに、妊娠のプロセスから不妊治療のこと、さらにいかにストレスと対処していくか?ということまで、幅広くお伝えくださいましたキラキラ

なかでもこころのエクササイズである「マインドフルネス」は興味深かったのではないかと思いますキラキラ

自分でできる究極のストレス低減法である「マインドフルネス」。

妄想に翻弄されない自分、雑念や思考の連鎖がなくなり「今」に集中。

会では「食べる瞑想」も行っていただきました。

「マインドフルネス」は不妊治療の分野に関わらず、仕事や生活、家族や友人のことなど、様々なことにも応用できますね。

 

『西洋医学+東洋医学+自助努力』で妊娠に近づく

この言葉は川田先生のお話しの内容の全てであり、「なるほど!」と納得できる会であったと思います。

 

後半では、「妊活応援グループ ハローベイビー」で活動をされている吉川夫妻の治療体験談と保健センターの方の助成金のお話でした。

「ハローベイビー」の主宰であるご主人の吉川正三さんによる「男性の妊活」のお話。ご主人の立場からの不妊治療の見方には、深く考えさせられるものでした。

不妊治療とは夫婦で寄り添い、時にはぶつかり合いながらも、それでもやはり「この人との子供を持つ」という共通の願いを叶えるために取り組むものなんだと認識できたのではないでしょうか。

最終的に不妊治療の結果がどうであっても、「夫婦でいる」ということは素敵なことだと思いましたおねがい

辛い治療ではあるけれど、お互いに得られることも多いのではないでしょうか。。。

 

 

これからも、香川県内外で「妊活」に関われる機会が増えていけばいいなと思っています流れ星

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2017年が始まり1か月か経ちました照れ
年明けから培養室はフル稼働しております!!
そんな中、2016年生殖補助医療(ART)の集計を行っていましたが、少しずつデータを集計しております。
今回は「その①」としてそれぞれの症例についてご紹介したいと思います。
 
2016年に当院で生殖補助医療である採卵や胚移植を受けた患者様は343組のご夫婦でしたニコ
年齢別の内訳は以下のグラフのとおりです。
平均年齢は37歳となっておりますが、23歳から48歳までの方が治療に臨まれました。
 
この343組のご夫婦が生殖補助医療を受ける要因(適応)を分類すると、
のようになっています。
女性側の因子としては、「卵管因子」が最も多く、「子宮内膜症」や「子宮筋腫」、「卵巣嚢腫」、「排卵障害」となっています。1つの因子だけではなく、多くの因子を持たれている方もいらっしゃいます。
男性側の因子としては、「乏精子症」が最も多く、「精子無力症」や「射精障害」となっています。
男性側と女性側両方の因子があり、治療に臨まれているご夫婦も25%と全体の4分の1を占めていることからも、夫婦が協力し合える環境での治療が望ましいことも分かりますねひらめき電球
 
 
2016年の採卵周期は638周期。
その年齢内訳は以下のとおりです。
40歳以上の方が半分を占める結果となっています。
これは、年齢が上がるにつれて採卵数が減り、また、移植胚や凍結胚を得ることも難しくなります。よって、40歳以上の方は採卵を重ねるという結果になるからと考えられます。
 
そして2016年の胚移植周期は313周期。
年齢別内訳は以下のとおり。
採卵した全ての方が毎回胚移植できるわけではないので採卵周期の年齢分布とは違った分布になっています。
 
採卵後、受精卵を培養し、胚移植につながる胚を得る確率についてはまた次回お示ししますひらめき電球
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2017年が始まり1月ももう半分を過ぎましたね。

本日20日は暦の上では「大寒」であり、寒さが厳しくなってくる日ですびっくり

そんな「大寒」らしく、今晩は寒くなるそうなので、寒さ対策を行ってくださいませ照れ

 

さて、不妊治療に関する2つの講演会の開催についてご案内致します。

1つ目は、もう来週末になりますが1月29日(日)、徳島県にて開催されます。

昨年に引き続き、当院の胚培養士がミニ講座を担当致します。

徳島大学病院の不妊治療専門医である桑原先生、漢方薬・生薬認定薬剤師の宮崎先生とともに最新の情報をお届け致し、昨年同様に参加者様からのたくさんの質問にお答えします。

 

2つ目は2月19日(日)、香川県高松市にて開催されます。

当院の川田先生がご講演されますニコニコ

こちらは不妊治療だけではなく、「マインドフルネス」に関するお話もして頂けますので、治療により心がストレスフルになっている方にもぜひ来ていただきたいと思います。

 

 

どちらの講演も当院の受付にフライヤーを置いておりますので、ご興味ある方はぜひお持ち帰り下さいませキラキラ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは😃

クリスマスを過ぎて、気付けば今年もあと2日。。。あっという間の12月ですおせち
 
当院の小さな花園もクリスマスから新しい年を迎える準備ができました〜〜カナヘイきらきらカナヘイきらきら

{FF6FFF71-C3F9-4500-BD75-BA5D7D4A8BC9}

クリスマスの時と同じく冬の女王シクラメンと、お正月は葉牡丹門松
今は葉牡丹も沢山種類があり選ぶのも迷ってしまいますカナヘイピスケ
3種類の葉牡丹が選ばれましたが、珍しいけど最近人気の黒?グレー?の葉牡丹が、庭全体を落ち着いたオシャレな雰囲気にしてくれてますカナヘイハート
市場からこの庭に合うお花を選び出すってすごいなぁっていつも思いながら庭を眺めてますカナヘイうさぎ

{A501C88E-2509-44BD-8589-3E82A452F091}


{5CBCE33C-B757-41DB-BEFB-05084E487AB5}

{ABE62880-4523-4EAA-909D-4AB8968015AB}

{C5F6A4FB-3D53-4B92-9C86-8858ABB908BD}

これは、前回書いていたけれど画像がなかった私の好きなタイル?です。石で模様が描かれていて可愛いのですカナヘイ花


それでは、皆さま
今年一年ありがとうございましたカナヘイピスケ

来年もどうぞよろしくお願い致します。
良いお年をお迎えください鏡餅


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。