よつばウィメンズクリニックのブログ

香川県の女性の皆様がより充実した人生を送るためのサポートを目指すクリニックです。


テーマ:
2017年が始まり1か月か経ちました照れ
年明けから培養室はフル稼働しております!!
そんな中、2016年生殖補助医療(ART)の集計を行っていましたが、少しずつデータを集計しております。
今回は「その①」としてそれぞれの症例についてご紹介したいと思います。
 
2016年に当院で生殖補助医療である採卵や胚移植を受けた患者様は343組のご夫婦でしたニコ
年齢別の内訳は以下のグラフのとおりです。
平均年齢は37歳となっておりますが、23歳から48歳までの方が治療に臨まれました。
 
この343組のご夫婦が生殖補助医療を受ける要因(適応)を分類すると、
のようになっています。
女性側の因子としては、「卵管因子」が最も多く、「子宮内膜症」や「子宮筋腫」、「卵巣嚢腫」、「排卵障害」となっています。1つの因子だけではなく、多くの因子を持たれている方もいらっしゃいます。
男性側の因子としては、「乏精子症」が最も多く、「精子無力症」や「射精障害」となっています。
男性側と女性側両方の因子があり、治療に臨まれているご夫婦も25%と全体の4分の1を占めていることからも、夫婦が協力し合える環境での治療が望ましいことも分かりますねひらめき電球
 
 
2016年の採卵周期は638周期。
その年齢内訳は以下のとおりです。
40歳以上の方が半分を占める結果となっています。
これは、年齢が上がるにつれて採卵数が減り、また、移植胚や凍結胚を得ることも難しくなります。よって、40歳以上の方は採卵を重ねるという結果になるからと考えられます。
 
そして2016年の胚移植周期は313周期。
年齢別内訳は以下のとおり。
採卵した全ての方が毎回胚移植できるわけではないので採卵周期の年齢分布とは違った分布になっています。
 
採卵後、受精卵を培養し、胚移植につながる胚を得る確率についてはまた次回お示ししますひらめき電球
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2017年が始まり1月ももう半分を過ぎましたね。

本日20日は暦の上では「大寒」であり、寒さが厳しくなってくる日ですびっくり

そんな「大寒」らしく、今晩は寒くなるそうなので、寒さ対策を行ってくださいませ照れ

 

さて、不妊治療に関する2つの講演会の開催についてご案内致します。

1つ目は、もう来週末になりますが1月29日(日)、徳島県にて開催されます。

昨年に引き続き、当院の胚培養士がミニ講座を担当致します。

徳島大学病院の不妊治療専門医である桑原先生、漢方薬・生薬認定薬剤師の宮崎先生とともに最新の情報をお届け致し、昨年同様に参加者様からのたくさんの質問にお答えします。

 

2つ目は2月19日(日)、香川県高松市にて開催されます。

当院の川田先生がご講演されますニコニコ

こちらは不妊治療だけではなく、「マインドフルネス」に関するお話もして頂けますので、治療により心がストレスフルになっている方にもぜひ来ていただきたいと思います。

 

 

どちらの講演も当院の受付にフライヤーを置いておりますので、ご興味ある方はぜひお持ち帰り下さいませキラキラ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは😃

クリスマスを過ぎて、気付けば今年もあと2日。。。あっという間の12月ですおせち
 
当院の小さな花園もクリスマスから新しい年を迎える準備ができました〜〜カナヘイきらきらカナヘイきらきら

{FF6FFF71-C3F9-4500-BD75-BA5D7D4A8BC9}

クリスマスの時と同じく冬の女王シクラメンと、お正月は葉牡丹門松
今は葉牡丹も沢山種類があり選ぶのも迷ってしまいますカナヘイピスケ
3種類の葉牡丹が選ばれましたが、珍しいけど最近人気の黒?グレー?の葉牡丹が、庭全体を落ち着いたオシャレな雰囲気にしてくれてますカナヘイハート
市場からこの庭に合うお花を選び出すってすごいなぁっていつも思いながら庭を眺めてますカナヘイうさぎ

{A501C88E-2509-44BD-8589-3E82A452F091}


{5CBCE33C-B757-41DB-BEFB-05084E487AB5}

{ABE62880-4523-4EAA-909D-4AB8968015AB}

{C5F6A4FB-3D53-4B92-9C86-8858ABB908BD}

これは、前回書いていたけれど画像がなかった私の好きなタイル?です。石で模様が描かれていて可愛いのですカナヘイ花


それでは、皆さま
今年一年ありがとうございましたカナヘイピスケ

来年もどうぞよろしくお願い致します。
良いお年をお迎えください鏡餅


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
ずっと前からご紹介したかったあの場所をこれからはちょこちょここのブログにアップしていきたいと思いますルンルン
病院の話では全くないのですが、、、もし興味のある方がいらしたら是非是非覗いてみて下さいね☆

あの場所とは…

待合室から見える小さなお庭です!!
ソファーがある方ではなく、二階に上がる階段の方の待合室から見えるお庭です。
皆さんご存知かも知れませんが今年の春ぐらいからお庭の手入れをお願いしていて季節ごとにお花が変わっているのです流れ星

花好きの私には癒しの場所となりました。
よ〜く見ると可愛い石のタイルがあったりして…毎回可愛くしてくれているので密かな楽しみでもありますカナヘイ花

今はクリスマスという事で、、期間限定クリスマスversionクリスマスツリーあと一週間で終わってしまうのが勿体無いくらい可愛くなってますジンジャーブレッドマン

{6F774B0D-B9E4-4E71-B655-FEDFAC3B6E07}

{673C86F4-AD01-48BE-863A-BD20FDBB81BB}

大きなモミの木のクリスマスツリーです。綺麗に装飾までしてもらって、夕方にはキラキラとライトアップしますキラキラ

{ACCBAFAF-7989-4E44-8C17-05795369763E}

{DC11D13D-95BD-4144-9111-C8A43D8B68D5}

ポインセチアも何種類か寄せ植えしてあり、定番の真っ赤なものあれば、斑入りのものや、淡めの色のポインセチアもありました!ポインセチアは赤いところも葉っぱで、中心にある小さい黄色いところが花芽になります。葉っぱを赤くするには日照時間を調節したりして赤くするそうで、お家で毎年同じように赤いポインセチアを育てるのはなかなか難しいそうです。私の中では自分で育てるというよりは毎年新たに購入するってイメージだったのでどうやって赤くなるか…なんて考えもしなかったんですけどね。。笑
あと、冬の鉢物で多く見かけるシクラメン。シクラメンも赤紫や白などクリスマスにぴったりの色合いで。その他、コニファー、アイビー、シルバーの葉物が入りとっても素敵な花園になってます!!

ご来院の際にお時間あれば是非覗いてみてくださいねサンタトナカイ

{97F77CAA-14B4-424C-BFC0-25D802B5E6D9}

階段下に吊るしてあるリースは手作りで頂いたものです!山で木ノ実などを拾って作ったそうです。ドライフラワーになるピンクや赤の千日紅がアクセントになって可愛らしいリースになってますラブラブ

小さな花園は次はお正月versionです!
楽しみですカナヘイきらきら










いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

台風18号の影響もここ香川県にはほとんどなく今日は秋晴れのお天気ですね照れ

 

さて、先日当院の川田医師から1冊の本をお借りしました。

今年の7月に発行された新しい本です。

著者の浅田義正先生は不妊専門医としてとても有名な先生ですので患者様の中でのご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

また先生は顕微授精のスペシャリストです!!卵に針を刺して精子を送り込む顕微授精では今でこそその針は各メーカーから量産されてますが、その技術の始まりから関わっていらした浅田先生は針の作成からされていたのです。まさに技術者といってもまさに職人ですねひらめき電球

私も何度かお話しさせていただいたことはありますが、とてもユニークで素敵な先生なんですよニコニコ

 

さてこの本には妊娠の仕組みというとても基本的で大切なことから最新の不妊治療の現状などがとてもわかりやすく解説されています。

私が培養の仕事に就いた10年ほど前は「不妊カップルは10組に1組、体外受精児は40人に1人」の割合と習いました。

年々増加はしているのは仕事をしながら感じてましたが、今では「不妊カップルは6組に1組、体外受精児は24人に1人」と激増していますびっくり国内で行われている体外受精件数はこの10年で3倍以上となっています。

まさに日本は「不妊大国」ですね。

これらの原因は晩婚化、晩産化、また生殖に関わる日本独特の倫理観も大きく関係しているのではないでしょうか。

 

”不妊治療は、親子の始まりの新しい形です。”

とても印象的な一文でした。

卵子や精子が作られ、成熟し、そしてそれらが出会い(受精)、受精卵が発育し着床する。子宮という特別な部屋で自分の心臓以外の心臓が動き成長し続けること10か月、そして出産。

人が命を継いでいくということはとても神秘的ですね。

不妊治療は治療を受けた全てのご夫婦が出産にまで至るものではありません。

治療を止めるきっかけは様々で、こちらからすすめることでもなく、ご夫婦の決定です。

たとえその選択をしたとしても、その選択は間違いでなかったと将来思えってもらえるようにこれからもサポートしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。