俺の詩と言葉ですべてを変えるぜ!!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年03月14日(火)

【洗脳護身術】 著 苫米地英人 P48〜   2回目

テーマ:

【洗脳護身術】

著 苫米地英人

P48〜

 

洗脳護身術を体得するには、次の3つを体得する必要がある。

・変性意識の生成
・精神の基礎体力の育成
・マインドエンジニアリングの体得

 


《変性意識の生成》

 

全ての洗脳は、変性意識状態の元行うため、変性意識を生成できないと
話にならない。

変性意識は、物理的現実世界ではない仮想世界に臨場感があり、
ホメオスタシスフィードバッグ状態にある状態。

身近では

・映画
・ゲーム
・小説
などが作り出す世界に没頭したときにおこる、自分の視点が身体から分離したような意識状態。

 


変性意識状態は、洗脳護身術における闘技場にあたる。
力士は土俵 ボクサーはリング 柔道家は畳であって、力士がリングに上がったりしない。
有利な場所に相手を引き込まないと勝算がないから。

 

洗脳の場合、その闘技場が変性意識状態である。
異種格闘技のリングが変性意識状態と言うかもしれない。

変性意識は自分だけではなく、相手もその状態にさせなければならない。
そうしなければ、共通の土俵をつくる事ができない。


相手の中に変性意識を生成する方法で有効なのは呼吸を使った生成法と
気功から起こす方法。

基本的には、まず自分自身を変性意識状態にして、それをそのまま洗脳したい相手に同調させる。

 

 

《精神の基礎体力を鍛える》


精神の基礎体力は、高度に抽象的な空間を身体性を持って体感し、操作できるような能力を意味している。

簡単に言うと、想像力で生み出したものを操ったりする事。

例えば、子供が宇宙人 怪獣 スーパーマンを真剣に信じ、その姿、世界をさも本当に見ているかのように
臨場感を持って思い浮かべられるし、それを自らの世界として操作することができる。

 

大人も目の前の現実世界以外の世界を自由に構築して、体感する能力を持っている。
夢などがそうだ。

夢を見ているときは、想像上の世界がリアリティを持って感じられるだろう。


これらの想像した世界に構築した事象を自在に動かせる能力が
《精神の基礎体力》である。


精神世界内での体力は、物理的現実世界の体力と比例しない。
精神の基礎体力は鍛えて強くすることが可能。

武道、気功、瞑想で鍛えられる。
一番は瞑想。

 


《マインドエンジニアリング》(内部表現の操作)

 


自分がつくりあげたイメージを洗脳したい相手の心に植え付ける、要は相手にも
自分がみているイメージを見させて、なおかつそれを操作するテクニックである。

相手の心の中に出来上がっているイメージを自分もイメージし
それを操作する事で、相手の心の中のイメージも同じように動かしてしまう。

マインドエンジニアリングを理解するには、まず相手の頭の中をイメージしなくてはならない。
相手の心の中はどうなっているのか。
・文字的イメージ
・画的イメージ
・視覚的イメージ(一般的)
・聴覚的イメージ

 


相手の頭の中をイメージしたら、そこへ自分が作成したイメージを移植、ないしは、相手のイメージを操作する。

具体的な方法は?

ホメオスタシスを利用する。

 

ホメオスタシスは
身体を安定した状態に保とうとする、生体の自立的な作用。

人間が持っている不思議な同調作用がポイントになる。


例えば、二人の人間が長い間一緒にいると、自然とホメオスタシスが同調してくる。
意識していなくても、勝手に呼吸や心拍のリズムが同じになるのである。

これらの事実は、自分自身のイメージさえ自由に操れば、何もしなくても相手の世界に割り込んで
影響を与えられる可能性を示している。

 


《暗示を巧みに使う》


マインドエンジニアリングだが催眠などの伝統的な方法論でも活用されている。

指がくっつくと暗示されると、本当に指はくっつく。
実は、そうは言われなくても指は自然にくっつくのだが、暗示として用いられると
実際に指がその言葉によって勝手に動いたと思ってしまう。

 

これは認知科学的にいうと内部表現の書き換え。

暗示の言葉で生体現象として当たり前に起きている事を言語化し、それを表現かすることで
脳内情報処理における内部表現において、術者の言葉と被験者の身体状態の内部表現を
直結させているのである。


正確にいうと
生体現象として物理空間とのホメオスタシス関係として起きている事をあえて言語化する事で
生体現象であるにもかかわらず、言語で記述された仮想空間の出来事として
内部表現化し、それを暗示効果と思わせる事で、その仮想空間に臨場感を持たせている。


したがって、その指が近づくという仮想空間に臨場感が生成されれば、後は
暗示の言葉で内部表現に自由に書き込みが可能となる。

その結果、ホメオスタシス現象で暗示の通りに身体が従う。


きっかけは自然現象だが、
マインドエンジニアリングにすり替える事で内部表現を握れる。

言われたから指近づいたと思ったら、離れなくなるといわれれば
これが内部表現に書き込まれ実際に指が離れなくなる。

 

ホメオスタシスフィードバッグの作用は精神世界にも広がる
これを利用すると、暗示の言葉に合わせて相手の内部表現に書き込み
書き換えができ、内部表現の変化に合わせて、ダイナミックに作用する
情報空間に広がったホメオスタシス作用により、動作を自在に操れる


マインドエンジニアリングは、このように情報空間に拡大した人間の
ホメオスタシスフィード回路に介入的に操作を加える事。

人間は内部表現から逃げられない以上、書き換えが行われれば
身体と心が従うしかなくなる。

P72まで

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。