繁盛店への道 福みみインドネシア店の立ち上げ奮闘ブログ

㈱KUURAKU GROUPの福みみ業態をインドネシアに立ち上げします。繁盛店になるまでのプロセスをブログにつづっていきたいと思います!


テーマ:

こんにちは!

 
先日、3か月ちょっとぶりにジャカルタに行きました。
目的はお店の定期チェックです。
 
 
 
久しぶりのお店はというと、、、
 
うーん、元気がなかったです。
 
清掃面や料理面はさほど問題なかったことは良かったです!
 
お客様も変わらず多くのお客様がご来店くださっていて、有り難い限りです。
 
ちょうどホールスタッフ3名の新人メンバーが入りたてではありましたが、
それでもお店の雰囲気は静かでしたね。
 
忙しい状態だと、自然にお客様が活気を作ってくれましたが、
アイドルタイムは声を出す、活気を作ることができていませんでした。
 
なぜ、活気をだしたほうがよいか、というと、
居酒屋という業態はわいわいお酒を飲むお店で、元気で笑顔のスタッフと声のかけあいによってお店の一体感をだし、食事やお酒を楽しく飲む雰囲気を作るためです。
静かなお店で、こそこそ話でないと話を聞かれてしまうと心配になるお店では、酔えませんし、楽しくありません。
 
かっこいい接客サービスより、
笑顔で元気で愛嬌のあるスタッフのほうが良いです。
 
では、なぜ元気でなくなってしまったのか、というと、
 
はっきり、原因はリーダーにあります。
 
リーダーが元気がなくて、自分から活気を作ろうとしないと、他のスタッフも声を出さなくなります。
そこに誰も指摘せずに改善しなければ、
そのままの状態でよいんだ、となります。
 
飲食店は機械ではなく人が運営して成り立っています。
 
仕事をやるのが人である以上、人をコントロールしていかないといけません。
スポーツと同じで、いくらよい戦略、仕組みがあっても、モチベーションが低かったり、理解がなければ、よいパフォーマンスはできません。
 
日本に帰国して、飲食店の運営において海外と日本では基本は何一つ変わらないということをより強く感じました。
 
朝礼で一緒に練習を繰り返しました。
その日の営業は見違えるくらいよくなりました。
やればできます。
次の日も練習をしました。
変わらずよいです。
 
リーダーが継続して伝えて、みせて、やらせて、できていれば褒めて。
この繰り返しです。
 
宜しくお願いします。
 
嬉しいことに日本語が話せるインドネシア人スタッフの採用が決まりました。
日本食の飲食店の経験もあり、私も面接に同席しましたが、日本語で会話が普通にでき、今後に期待大です!
 
また、今回は、弊社の代表もジャカルタ入りし、
オーナー様と食事する時間もつくれました。
ありがとうございます。
 
 
基本を忘れないで、継続して、良いお店作りをしていきましょう。
 
 
 
 
次は年明けの臨店の予定です。
よりよいお店であることを楽しみにしています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。