1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2006-06-30

フィンのこと 1

テーマ:サーフィン

先週、我が朝一ブラザーズが誇るチャンプ、「イッチー」とフィンの話をしてから、フィンの事が頭を離れない。

今週末は、フィンのチョイスとセッティングをいろいろ試してみたい。

 

フィンは、スケッグとも言うんだけど、サーフボードにとってとても重要な部分。原始的なサーフボードにはフィンが無かったんだけど、その後50年以上のあいだフィンの無いサーフボードはありえない。ターンをするには、フィンが水の流れを切り裂いてくれなくてはならないのだ。

 

ロングボードのフィンは「大きいものがつ」か、「比較的大きいセンターと小さなサイドの2+1」が主流、ショートボートのフィンは、ロングのサイドよりひと回り大きいけど、みな均等な大きさの

最近は、おしりが2つに割れてるフィッシユテールツィンフィン)なんてのも復刻して流行ってる。シングル(1)からトライ(3)に移行する途中でできたものだ。

 

ロングで言うと・・・

シングルはクラッシックなボードに配して大きくなめらかなターン。

2+1(センター+サイドスタビライザー)は、リップアクションや鋭いターン。

のためにセッティングすることになる。

さらに、フィン大きさ、各フィン位置関係で、無限のセッティングが生まれていく。

 

すごく重要なファクターであり、乗り味や動きに大きな影響をあたえる物だけど、小さな部品だし、普段のライディングの中でその特徴を感じ取るのはなかなか難しい。そして奥が深い。

 

最近話題のDartFinは、ショーロクこと宮内プロデザインの美しいフィン。DartFinのブログに行くと、あなたもフィンを気にせずにはいられなくなるだろう。

 

http://dart.livedoor.biz/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-06-29

プロボクサーの骨

テーマ:その他

一昨日、プロボクシング元日本王者、福原力也君のお見舞いに行ってきた。

 

三浦半島、金沢八景までの道のりは遠かったけど、彼の力ある眼と、前向きながらどこか吹っ切れた感じの落ち着いた話し振りを目の当たりにして、「行って良かった」と思った。

 

拳を痛めたと思ってたんだけど、折れたのは右腕、前腕部(肘から手首)の橈骨(とうこつ)という骨だそうだ。

前腕部には2本の骨があるんだけど、手のひらを上にして親指側にあるのが橈骨。小指側にあるのが尺骨(しゃっこつ)だ。

 

 

「減量や、トレーニングが骨に負担をかけていて、試合中の接触でボキッと折れた」

らしいんだけど、それって拳よりひどいんじゃなかろうか。手術の話は聞いてるだけで痛くなってきてしまった。

細かいことは書けないけど、とにかく前を向いて目標を決めて進む意志を感じた。きっとリハビリを乗り越えて、王座に戻ってくることだろう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-06-28

nano

テーマ:その他

ナノの世界。

今、世の中はナノ、ナノ、ナノ・・・

 

ナショナルジオグラフィックの特集から、nanoのサイズを感じる文章を拾ってみよう。

 

・ナノは、ギリシャ語で「小さい人」を意味する接頭語

・1ナノメートル(1nm)は、1メートルの10億分の1

・この「、」の大きさは、およそ100万nm

・1センチに対する1ナノメートルは、100キロに対する1センチと同じ

地球に対する1個のビー球

・人間の髪の毛の直径は、およそ万nm

・琴欧州の身長は20億3000万nm

・1ドル紙幣の暑さは10万nm   

・ひげを剃ろうとして、かみそりを手にし、顔にあてるまでの間に伸びる髭の長さがおよそ1nm

 

・・・最後のたとえが、一番面白かった。

でも、この小さな世界に、人類が踏み入ることが本当に良いのか・・・

♪世界はせまい~、世界はおなじ~

♪世界はまるい~、ただひ~と~つ~

 

世界中どこだって 笑いあり涙あり
みんなそれぞれ助け合う 小さな世界
 
(サビをくりかえし)
世界中誰だって 微笑みあえば仲良しさ
みんな輪になり手をつなごう 小さな世界
 
(サビをくりかえし)

限りない空と海 星影のうつくしさ
それは一人語りかける 小さな世界
 
(サビをくりかえし)

隔たりを取り除き 友情の橋をかけ
手と手をつなぎつくろう 小さな世界
 
(サビをくりかえし)

世界中どこだって 笑いあり涙あり
みんなそれぞれ助け合う 小さな世界
 
(サビをくりかえし)

世界中誰でもが 自由を求める
その叫びがこだまする 小さな世界

 

 

この歌を、「グローバル化推進のテーマソング」と見立てて、

 

今の世の中、飛行機に乗ってどこへでも行けるし、インターネットや電話で世界は常時繋がっているし、そこらじゅうでコーラやマクドナルドが食べられる、まさに世界は小さくなった
 

なんて言う人がいるけど、僕の見方は違うな・・・

どこにいる、どんな境遇の誰とでも隣人意識が大切って歌でしょう。イマジンの歌詞みたいなもの。

 

 

ただ、「隣人意識」は薄らぐ一方だし、近所の人や親や子や兄弟に殺される事も増えてきて、複雑な心境。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2006-06-27

夷隅の食事

テーマ:食べる・飲む

日曜日は、せっかく夷隅にいたので、噂に聞いた「地球軒」で食事をしてみた。

 

インテリアをはじめ、雰囲気は良かったけど、食事には少し不満が残ったなあ。

他のメニューも試してみないとわからないけど、火力が弱いんじゃないかと思う。

 

 

lamp

写真は、店内の照明。

明かりや、窓際の演出を大切にしたシックなアジア系のインテリア

しっくいと木の組み合わせ。重厚でダークな木の色。

さらにガラスと植物をうまく使ってる。

 

僕の大好きな感じ。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-06-26

寝不足日記(?)

テーマ:サーフィン

ドイツ語でワールドカップって何て言うんだろう?

フランスの時は、クープ・ドゥ・モンド」って強調していた。フランスらしい自己主張。今回は聞こえてこないな・・・

 

ドイツvsスウェーデン

イブラヒモビッチは足痛そうだし、2点先行されるし、「もうあかんなあ~」と思った。ラーションの悲しいPK失敗は観ずに、海に出発。

 

アルゼンチンvsメキシコは録画で観る手はずを整えた。

「今日一日は、耳にふたをしてゼッタイ結果を聞かないでおいて、後で見るんだ!!!」

と、心に決める。結果を知ったら面白くないから・・・

 

・・・ 

 

アルゼンチンは、疲労を残してドイツと戦わなきゃいけないけど、とにかく勝った。やったー!!

マキシ=ロドリゲス、今大会は神がかりだね。

 

イングランド、ベッカムのFKは後で観た。

 

オランダポルトガルのガチンコはすごかったけど、ちょっと熱くなりすぎだね~。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-06-26

リバーマウス

テーマ:サーフィン

2006-24 片貝ホーム ほぼ無風~北東オフ弱 膝モモ、セット腰 人いっぱい

 

梅雨前線が停滞してうねりが弱いけど、心配した東風は吹かず、まあまあ。

 

チャンプ"I"さんに、スタビライザーセンターフィンの関係を教えてもらったので、来週はスタビを復活させてみよう。やはりシングルだけだとリップで抜けてしまうから。

sandal

おNEWのゾウリは、バリ製

 

 

 

今日は、用事があったので早めにホームを出て南下。夷隅へ。

夷隅川河口は割れてたけど、エグイ掘れ方。ショートの方たちが多数突っ込んでいたので、見学するだけにしておいた。

ここではボディーボードのプロのライディングを見ることができる。

rivermouth

反対側のテトラ脇、「夷隅一番ポイント」は、サーフフェスティバル。

heat

このポイントブレイクで、1ヒート5人じゃツラいなあ。波が行き渡らない・・・。

 

ジェットスキーが近づいてきて、うるさかったなあ。危ないし・・・。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-06-25

エアポート

テーマ:その他

成田空港の中が改装されて、ショッピングモールなどが新しくできたらしい。

 

全日空もターミナル1→2に引っ越したし。

 

どんなことになってるかな?

 

下の写真はデトロイトの空港。コンコースの中をシャトルが走っていてびっくり。

(画面中心あたりの赤い車体がそう)

detroit

ちなみに、荷物の所在がわからないくて、トランジットで乗り遅れそうになった。

急いでるのに靴脱いでセキュリティーチェックするし・・・

 

飛行機に乗り遅れそうになるのは3回目?4回目?

ドアが閉まりそうになってたこともある。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2006-06-24

テーマ:自然

先日書いた、One Planet Livingにも関係するんだけど・・・

 

禅のことばに、知足安分というものがある。足るを知り、分に安ず

「自分の分をわきまえて、足ることを知り、むさぼらない」 

 

 

地球規模のことじゃなくても、もっと身近にライブドアや村上ファンドのことにしても、自分が必要とする以上に欲しがっちゃあ、あかんのだと思う。

 

石庭で有名な京都の竜安寺に、水戸光圀公が寄贈したと言われるつくばい(手洗い鉢)がある。(WEBから写真を拝借)

つくばい

真ん中に「口」の字を配し、上下左右に「へん」や「つくり」を並べることで文章を成り立たせている。

上から時計回りに・・・

 

吾、唯、足るを知る。(われ、ただ、たるをしる)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-06-23

葉っぱ

テーマ:自然

多羅葉(たらよう)って知ってる?

お寺なんかに植えてある植物で、赤い実がなる木。

 

この木の葉っぱの裏を引っかくと、黒く変色して字が書けるんだよね。武士がこの葉を使って手紙を書いて、そこから「葉書」という言葉が生まれたらしい。

 

たまたま雑誌で見かけた記事で読んだのが、郵政省(今の郵政公社)がこの葉っぱを「郵便の木」と指定していて、切手を貼って出すことができるということ。ちょっと笑った。

 

 

でも、海外だと笑い話じゃなくて、いろんなものに切手を貼って出せるみたい。

誰だったか、石とか流木とかタイルとかに切手を貼って投函して、届くかどうかの実験アートをやってる人もいたなあ。(たぶん、猫の記事で触れたことのある「ローザンヌのジャクーさん」の友達)

 

以前、アメリカから届いた葉書はトタン製で、Roof of Barnhouseって書いてあった。

納屋の屋根に使っていたトタンをプレスして伸ばして、ハート型に切り抜いたもの。直接油性ペンで文字が書いてあって、切手が貼ってあった。

 

いや、結構いろんな物を送れそうな気がしてきたぞ・・・。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-06-22

100万人補足

テーマ:その他

「100万人のキャンドルナイト」

 

2001年、ブッシュ大統領のエネルギー政策に反対して、カナダで行われた「自主停電運動」。

 

この動きに賛同した、「スロー・イズ・ビューティフル」(前出)の著者であり、「ナマケモノ倶楽部」のメンバーである辻信一のはたらきかけで、2002年から計画して始まった。

 

冬至と夏至の日の午後8時から10時の2時間、電気を消してろうそくを灯す。

 

各地でイベントも行われ、今朝の新聞にも「Geshifes(夏至フェス)」を取り上げた記事が載っていた。

 

ろうそくの灯りで食事をすませ、ろうそくの灯りで風呂に入る。そんなことを、同じ時間に多くの人が連動して行う美しい夜。

キャンドルナイトのホームページ上で坂本龍一が「これはひとつのアートだ」と書いているが、オノ=ヨーコの実験アートにも似た、大きな力と可能性を感じる。

 

http://www.candle-night.org/index.html

 

 

ところで、気持ちいい石鹸の紹介:

Dr.Bronner's Magic Soaps

[All-One Hemp TEA TREE PURE-CASTILE SOAP]

泡立ち良く、洗ったあとの爽快感がすばらしい。他にも5つの香りがある。

 

ただし、ソープバー5オンス(140g)で882円

もったいないから顔だけにしとくか・・・

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。