Fender ギタリストのブログ

ギターや音楽をネタにしたブログです。
小さな改造を繰り返している自分の愛器や、
お気に入りの音楽を紹介します。


テーマ:

前にも書いたかも知れませんが、

ESPストラトのToneコントロールが全く効かなくなっていました。

やっと時間が確保できたので、手をかけることにしました。



このギターを購入してからは、10年以上前にピックアップカバーを替えたとき以来、
我が家のギターとしては珍しく、ピックガードをはずしてません。

なので、配線状態もハッキリとは把握・記憶してはいないですが、

アセンブリの剥がれかなあと(勝手に)予想してました。

さて久しぶりのご開帳です。

Fender ギタリストのブログ



ざっと見たところ、ハンダ付け周りで、特に怪しいところは無し。

テスターを使ってみたが、コントロールポットや配線は問題なし。

ちょっと予想外。

コンデンサー不良かな。



と思いつつ、

何の気なしに眺めてて、

「他のギターと違って、ポット間を結ぶ線がないんだなー」、

っとボンヤリ思い。


ん?



Toneコントロールって、グランドに落ちないと意味がないんじゃないか?

ってことは、

各ポットが、ナット締め付け不足などで接地が甘いと効かないかも。



早速、音を出しつつ、Toneポットをピックガードに押し付けててみる。

Fender ギタリストのブログ

的中!効くようになる!

きっと、Toneポット周りの導電シールが曇って、導電性が悪くなってるんだな。



で、全ポットとP.U.セレクタをアース線まで繋いでっと。


無事に復活しました。

ついでに、テンションガイドとピックガードねじも、新しいモノに交換しました。



ま、見た目はぜんぜん変わらないですけどね。

Fender ギタリストのブログ-ESP作業完了



っていうか、

これだけの記事を書くのに、何で4日もかかってるんだ、おれ。

いいね!した人  |  コメント(2)
PR

[PR]気になるキーワード