札幌発 B級グルメ放浪記

札幌のB級グルメを食べ歩きしながら、まちの魅力を再発見

NEW !
テーマ:

 

 

甘い生活なんて遠い昔。

甘い食生活なら、今でも続けられるんですけどね 三 (/ ^^)/

 

 

西5丁目樽川通沿いのビルの1階。

地下鉄南北線「北18条駅」から、徒歩5分ほど。

 

 

ビルの1階の間口の広い入口チョキ

本店と比べてゴージャス感が漂います。

 

 

「ナップサックカフェ」ってとこも併設叫び

 

 

大きなガラス越しに製造スペースが丸見えビックリマーク

 

ミートパイやレモンパイ、洋なし、モカマロン、キーマカレー、

ストロベリークリームチーズ、ブルーベリークリームチーズなど、

本店よりも種類が多いんですね (☆。☆)

 

 

カフェでゆったりくつろぐお客さんが3組。

店員はバイトの学生なのか、どこかゆったり、のんびりあせる

 

 

2015年(平成27年)オープン。

1984年(昭和59年)創業の「かぐらじゅ」の姉妹店。

何かと、本店と比べてしまいますね\(^_^)/

 

 

 

まずは、本店と同じド定番。

あずき、ポテトくりーむ、小倉パンプキンと並ぶ…

 

 

「アップルパイ」 320円。

三角形のパイ生地は、サクサクで香ばしいドキドキ

リンゴがたっぷり入って、中からはみ出しそう。

 

 

「くりりんカボチャパイ」 389円。

函館の農園から取り寄せたくりりんかぼちゃを使用。

ホクホクした舌触りと、かぼちゃ自身の自然な甘みが美味クラッカー

 

 

 

 

札幌市北区北20西4

 アップルパイ専門店 パイクイーン

 

 ←よかったら、ぽちっとお願いします (*^▽^*)
人気ブログランキングへ

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

パワスポで名高い西野神社に参拝した帰り道、

ふと甘いものがほしくなって、近場のスイートスポットへ 三 (/ ^^)/

 

 

手稲右股通りから、少し入ったところ。

 

 

閑静な住宅街の中に溶け込む一軒家チョキ

店内も、アットホームで可愛らしい雰囲気が漂います。

 

 

どれも、リーズナブルな安心価格。

人気ベスト3は、苺タルト、モンブランロール、チョコバナナタルトひらめき電球

 

 

「アリスの家」や、ロールケーキも気になりますが、

ショーケースの上にも要注目ですね o(^▽^)o

 

 

焼き菓子コーナーも充実しています。

人気No.1のチョコチップクッキーは、54円グッド!

 

 

でも、ボクの心は、もうアレに決まってました (;^_^A

 

 

1990年(平成2年)のオープン。

わが町のケーキ屋さんといった感じですが、

全国のデパートなどで開催される北海道物産展に

出展したりしてるんですね\(^_^)/

 

 

 

アップルパイ好きとしては、

二種類の味くらべをしたかったんですよベル

 

 

「アップルパイ」 194円。

表面にジャムを塗った、懐かしい感じのアップルパイビックリマーク

 

 

サクッとしっとりが共存する不思議な食感。

リンゴの酸味とジャムの甘さが絶妙のコントラスト (・ω・)b

 

 

 

「焼き立てアップルパイ」 324円。

長さ約28cmあるスティックタイプ。

今流行のワンハンドスイーツってやつですね叫び

 

 

筒状のパイ生地はバターの香りが強く、サックサク~

カットのパイと使っているリンゴの種類も違うみたいドキドキ

 

 

タイプは異なりますが、どちらもアリ (*^.^*)

 

 

 

 

札幌市西区西野8-5

  洋菓子 アリス

 

 ←よかったら、ぽちっとお願いします (*^▽^*)
人気ブログランキングへ

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

麺っていう気分じゃないし、

前から気になっていた噂のB級グルメを目指して 三 (/ ^^)/

 

 

北5条手稲通沿い。

JR星置駅から、徒歩5分ほど。

 

 

店の前は車で埋まっていますが、

裏手の少し離れた場所にも駐車スペースがありましたチョキ

 

店内には、一番奥の厨房から、L字型カウンター、

テーブル席、窓際のカウンター席の順に配置されていて、

先客は、厨房の手前にあるテレビの方を向いて座っています。

 

横に小上がりもあるのですが、ちょうどお客さんが

帰ったばかりなのか、片付けが追い付いていない様子あせる

 

 

若干、アウェイ感を感じつつ、窓際のカウンター席へ。

店は、あまり商売気のなさそうなお父さんとお母さんで切り盛り。

 

壁には、おすすめ的なメニューが貼ってありますが、

まずは卓上メニューで全体像を把握しなくっちゃ (*^o^*)

 

 

ラーメン、焼きそば、うどん、そば…

麺類だけでもすごい種類ですが、カレーもあるし、

裏面には、おびただしいごはん類の数々 (≧▽≦)

 

 

思わず思考停止になりそうだったので、

吹き出しマークの付いた二大丼に的を絞ります。

 

「ジャンボかつ丼」は約1㎏もあるビックリマーク

 

自ずともう一方の丼を、お父さんにオーダーすると、

「ご飯の量はどうしますか?」

 

ご飯は、小、中、大、ちょい盛り、超盛りの5段階から

選べるようになっていて、大までは無料みたい (;^_^A

 

「普通でいいです」

「中ですね」

 

 

 

よく見ると、中って300gもあるんですねベル

 

 

「ぱるかつ丼」 750円。

大きな丼からはみ出しそうなカツに、目玉焼きのっけ叫び

ふりっぱーのクーポンでサービスの目玉焼きをよけてみると…

 

 

やっぱりカツもデカイ (☆。☆)

下のご飯には、デミグラスソースがしみ込んでいるんですねひらめき電球

 

 

小鉢と、厚切りの沢庵。

味噌汁がたっぷりで、ウレシ~イ (〃∇〃)

 

 

道産豚のカツはやわらかく、

デミグラスソースご飯との相性も意外にいいですねドキドキ

 

 

少し時間はかかっても、

「食品ロス」はなんとか避けなければ…

 

 

結構、ズッシリきます。

B級はB級でも、ヘビー級でしたクラッカー

 

 

1980年(昭和55年)のオープン。

昭和な雰囲気に良心的なメニューの数々。

胃力に自信のある方は、ジャンボにチャレンジを\(^_^)/

 

 

 

 

札幌市手稲区稲穂2-7

  キッチン ぱる

 

 ←よかったら、ぽちっとお願いします (*^▽^*)
人気ブログランキングへ

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

せっかくの孤独のランチですから、

鬼嫁と一緒ではなかなか行けない場所へ 三 (/ ^^)/

 

 

市電「西線14条」電停から、徒歩1分。

 

 

年季が入って、ちょっととっつきにくい建物チョキ

ネオンが灯り、さらに怪しさが増す夜に比べれば、マダマダ。

 

 

「初めての方でもお気軽にどうぞ」と言われても、

鮮魚店の外付け階段を上がっていくのは勇気がいるかもあせる

 

 

ここで引き返したくなる人もいるかも…

でも、迷わず行けよ、行けば分かるさ ( ´艸`)

 

 

店内は、すぐには把握しずらい構造ですが、

厨房を挟んで、右手のテーブル席の部屋を覗くと、中はいっぱい。

 

「こちらのお部屋の、角のテーブルへどうぞ~」

お母さんが、左手のL字型の座敷のある部屋に案内してくれました。

 

 

お世辞にもきれいとは言えないのですが、

不思議と親しみと居心地の良さを感じます (*^o^*)

 

 

夜は、このメモ紙に書いて注文するシステム。

上司になりたての頃、職場の仲間がここで宴会をセットして、

盛り立ててくれたっけ (・ω<) テヘペロ

 

飲みはしなかったけど、

トカゲとかイグアナを漬けた珍酒もあるんですよね叫び

 

 

その時以来ですが、ランチタイムは初めて (^_^)v

 

 

ザンギもいいけど、あんかけ焼きそばかな…

 

そう思ったとき、本日の日替わりに目が釘付け。

食べたいものが日替わりだなんて、ささやかな幸せ (*^.^*)

 

「普通のと、四川風のとができますけど」

「四川で。辛ければ辛い方が」

こりゃ、ますますついてるなぁ o(〃^▽^〃)o

 

 

先客は、会社勤めのグループが2組。

後から、家族連れが2組入ってきました。

夜だけじゃなく、昼も人気なんですねひらめき電球

 

 

 

いよいよ、ボクのができたようですベル

 

 

「本日の日替わり 麻婆豆腐」 700円。

メインの四川風麻婆豆腐に、白飯、

スープ、小鉢が付いて、ボリュームたっぷり!!

 

 

少し遅れて、中ジョッキも登場グッド!

中身は、ウーロン茶です (^~^)

 

 

四川にしては、ピリ辛程度。

ご飯がどんどんどんどん進みます (≧▽≦)

 

 

もやしのサラダで、口の中がさっぱり。

玉子スープは、やさしくまろやか~ドキドキ

 

 

ごちそうさまでした。

これで、700円は良心的だなぁと思って会計をすると、

 

「また、お越しくださいね」

お母さんが、100円引きになるクーポンをくれましたクラッカー

 

 

1985年(昭和60年)のオープン。

ボリュームもたっぷりですが、不思議な魅力もたっぷり。

近くにあったら、通いたくなっちゃうなぁ\(^_^)/

 

 

 

 

札幌市中央区南14西15

  元祖中華風居酒屋 へんみ

 

 ←よかったら、ぽちっとお願いします (*^▽^*)
人気ブログランキングへ

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

家から近くにあるのに、

なかなか行ってなかったので、久々に 三 (/ ^^)/

 

 

JR新川駅から、新道方向へ徒歩10分ほど。

琴似栄町通と並行して住宅街の中を通る抜け道。

 

 

ちょっと分かりにくい場所にあるのですが、

パン好きにとっては、そんなの関係ないみたいチョキ

 

 

少し遅い時間でしたが、ハード系からソフト系、

調理パンにデニッシュ系など、種類豊富なラインナップ (*^o^*)

 

 

小麦粉の袋にあるとおり、江別産小麦をはじめ、

自家製天然酵母や無添加生地にこだわっていますひらめき電球

 

 

2012年(平成24年)のオープン。

「やさしいパンを、手のひらに」 をコンセプトに、

続けざまに、南3条店、丸井今井店をオープンした人気店。

最近は、姉妹店もできてるんですねビックリマーク

 

だからこそ、ここ本店には、

オープン当時のままに輝き続けてほしい\(^_^)/

 

 

 

 

そんな思いを胸に、おやつ系中心で買ってきましたベル

 

 

「ポムチーズ」 250円。

ジャガイモを練り込んだ生地はモチモチ。

そして、5種類のチーズが入って楽しい o(〃^▽^〃)o

 

 

「クロワッサン」 180円。

スマートなフォルムに、うっとり (〃∇〃)

端っこが、カリっとお菓子のように香ばしい。

石臼全粒粉の風味とほのかな発酵バターで、上品な味ドキドキ

 

 

「パン・オ・ショコラ」 220円。

口にした途端、パリッと剥がれやすい層。

香ばしい焼きめとチョコの見事なコンビネーション叫び

 

 

「あんデニッシュ」 150円。

サクフワなデニッシュ生地に、

甘さ控えめのこしあんがたっぷりグッド!

 

 

「シナモンロール」 150円。

サクッとした生地の層に織り込まれたクルミと、

シナモンが絶妙なハーモニー クラッカー

 

 

見た目も美しく、香りがいい、体にやさしいパンですね (*^.^*)

 

 

 

 

札幌市北区新川4-4

 ブーランジェリー ポーム

 

 ←よかったら、ぽちっとお願いします (*^▽^*)
人気ブログランキングへ

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。