Seafolk

若狭ミニボート釣りや艤装
自作アイテム製作


テーマ:

今回はちょっと頑張っちゃった製作物を紹介します。
簡単な作り方と鴨猟で使ってみた感想も。

これだー!

 
一般的にパチンコと呼ばれている、スリングショットの進化版。

スリングライフルです!

でかいです(笑)

が、威力はそこそこ、命中精度はスリングショットとは比較になりません。


作ろうと思った経緯は、数年前にスリングショットで鴨を獲ってやろうと思ったんです。
ところが、スリングショットって当たらないんですよねー…
10m離れたら当たるかどうかは運しだい!みたいな感じだったんです。

で、去年の10月頃にまた捕まえたい欲が出てきて、色んな方のブログを見てこれにたどり着いたんです(笑)

で、威力ですが、鴨貫通しました。反対側から抜けました!

そして集弾性も10m離れて2cmの円に収まります。

弾は自作やダボなど色々試しましたが、コストパフォーマンスがいいパチンコ玉を使っています。
ネットで1弾0.8円で1000弾買いました(笑)


この銃は、パチンコ玉を上下2本のフレームで挟み、ゴムのn力で後ろから弾を押して飛ばすタイプです。
一般的かはわかりませんが、レール式と呼ばれるものです。

先端から銃身を見るとこんな感じ。

 
 
上下の四角いパイプは、30mm角、厚み1.5mmのアルミ角パイプです。

下のパイプに付いているM字の部品、住宅用の網戸のレールなんですが、これと上の角パイプの間にパチンコ玉が挟まり、上下左右にぶれないようにしています。



先端部上から

 
ゴムの取り付け部を左右に広げることで、引っ張ったときに角パイプとゴムが接触しないようにしています。

使用ゴムは、ホームセンターの切り売りのチューブゴム。
結んで輪にし、片側2つ、両方で4つ使用しています。
弾と接触する弾受けは、6mmのポリエステルロープです。


トリガー部

 
上下のフレームに間に見える三角のところに、弾受けロープが掛かり、ゴムを引いた状態で固定されます。
この状態で銃身より弾を入れます。

 
引き金を引くと三角の部分が下に引っ込みロープを開放して弾が発射されます。



ストック、グリップ

 
 
厚み4cm程のSPF材を切り出して作りました。

まあ、こんな感じです。(笑)




この銃で実際に鴨を獲りに行ってきましたが、15m程離れたところにいる鴨を1発で仕留めれました。

2匹目も1発です!

裁いたときに確認してみたところ、弾は反対側から抜けていました。
すごい威力です


で、鴨を食べてみた感想ですが、正直微妙。。。
食べれないことはないですが、店で売っている物とは別物です(笑)

後から調べたら、売ってる鴨は合鴨で僕の獲ったやつはマガモで、違う種類だったようです。

手間の割りに成果はいまいちだったので、今後するかは微妙です…

この銃も鴨猟も合法です!

AD
いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)

よっしーさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。