テーマ:

あ~あ、4か月も開けちゃったよ。
1日に4回も書いてその後…って人もいるのに…

 

今日は久々に誰かの参考になればと思って

体験記を書こうと思ってます。

 

もちろん、この体験をする前はいろいろな方のブログを

読ませていただいて、イメージトレーニングをしたので。

今度は恩返しをする番かなと。

 

で、なんの体験記かというと。

 

胃カメラです。

 

 

口開かされて、うががっ…みたいな…

 

のを想像してました。

 

そもそも、なんで胃カメラなのかというと、

2年前の人間ドッグでたまたま行ったピロリ菌の血液検査で

思いっきり陽性だったからです。

 

この瞬間から、私と胃カメラの闘いが始まりました。

 

バリウム飲むのでさえ嫌だったのに、今度は胃カメラか…

という憂鬱感を覚えました。

 

私はパニック障害を患っていまして、

すでにバリウム検査がそのパニックのトリガーになってたので、

これ以上つらい思いはしたくありませんでした。

 

それからいろいろな方のブログを読ませていただきました。

最終的には薬で殺すと書いてありましたが、

いきなり薬に行ってくれないものかと思ってました。

 

だって、いるんだもの…

 

でも、やっぱり胃カメラは不可避のようです。

 

そうこうしているうちに1年がたち、また人間ドッグの季節になりました。

 

もう一回ピロリ菌検査を申し込みました。

何かの間違いであってほしかった。

 

でも、内診で…

あ、去年いたので、検査する必要ないですよ。結果わかってるし…

と言われ、検査すらしてもらえず。

 

また1年が経ちました。

 

今年は厄年。

すでに帯状疱疹とか溶連菌とか、

あまりお目にかかれない病気を経験し、仮にがんにでもなったらと

そっちの心配のほうが勝ってきました。

 

たまたま最近はパニックの症状が小康状態だったので、

いけるかもって思いました。

 

で、勇気を出して消化器科に行ってきました。

検査結果を見せて10秒もしないうちに

「胃カメラで中見てみましょう」だそうです。

でも、素直に受け入れました。

自分は鼻炎もちで、鼻に管を通すことは慣れてたので、

鼻からを選択しました。

 

2週間後、その日は来ました。

 

ベットに寝て、バリウム検査でも打った胃の働きを抑える注射をします。

次に右と左を選択。右は鼻づまりだったので、左を選択。

左に血が出にくくなる薬を注入。

次にドロドロした麻酔剤を左の鼻に入れます。

これがのどまで達して、のども麻酔されます。

これがまずいのと、息苦しくなるので、ちょっとパニックになりかけます。

すかさず看護師さんが話しかけてくれたので落ち着きました。

ちなみに口から入れるとき麻酔は口で含むそうです。

自分には無理です。

 

ついに先生登場。

カメラ入れま~す。といって入れてきました。

自分かなり硬直してました。

しかも鼻炎の鼻は通りにくいみたいで鼻からなかなか進みません。

でも、画面見てたら鼻水じゅるじゅるな鼻を見れてちょっと面白かったです。

先生曰く、耳鼻科にも行ってください笑とのこと。

で、のどを通るとあとは一気に胃まで行きます。

鼻からはおえっとしないとよく言いますが、ここで私は3回おえっときました。

 

ついにカメラが胃に入りました。

いきなり、胸やけの原因となる、入り口の荒れ具合を発見。

おおおっと感動してました。

そして、胃の壁…擦り傷みたいのがたくさん…

これがピロリ菌のいる胃の特徴だそうです。

こんなのバリウム検査でわかるわけない。感動してました。

カメラは空気を挿入できるようで、おなかが膨らんだりへこんだりしてました。

さらに途中で胃液を吸い取ってました。

すごい機能だと思いました。

苦しくはなかったです。異物感はありますが、そんなに気になりません。

10分ほどで終了。

 

のあと…麻酔が切れて、鼻が激痛。

やっぱ痛いんだ…と思ってましたが、ほどなくして収まり一安心。

 

その後1週間ピロリ菌を殺す薬を飲んで今日にいたります。

結果は2か月後、息を吹く検査をするそうです。

 

率直な感想。

バリウム検査でつらい思いをするくらいなら胃カメラのほうが

痛いかもしれないけど有用。

バリウム検査の何倍も自分の体がよくわかる。

そんな気がしました。

 

以上です。

長々と失礼しました。

 

どなたかの参考になればと思ってます。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。