yosiのゲーマー日和

元ゲーム店員のゲーマー日記。
月曜のみゲーム以外の近況日記。
アクションは苦手。RPG、テキスト系中心。
現在日曜に毎週のゲームプレイ近況連載中。


テーマ:

僕はカードヒーローシリーズのファンだ。

 

しかし、ファンとしての歴史は結構浅く、

初代をプレイしていないにわかファンだ。

 

=====

 

高速カードバトル カードヒーロー/任天堂
¥4,800
Amazon.co.jp

公式サイト

 

僕が最初にプレイしたのは、

2007年に発売したこのDSソフト版。

今なら結構安くなっててオススメ。

 

カードヒーローシリーズの素晴らしいところは、

チュートリアルがとても充実してて、

段階を踏んで全ての要素をきちんと教えてくれること。

ルール自体もカードゲームとしてシンプルで分かりやすい。

そのため、特にゲーム内容の説明はしない。

 

=====

 

スピードバトルカスタム公式

 

で、カードヒーローは、

幾つかのルールが存在してるんだけど、

その中でDS版から登場した、

一番シンプルでスピーディーなルールのみを、

ダウンロードソフト化したのがこのスピードバトルカスタム。

 

カードヒーロースピードバトルカスタム全カード紹介

とてもとても気に入ったのに、カードの詳細なレビューが、

どこにもないから自分で書いた全カードレビュー。

 

ちなみに[カードヒーロースピードバトルカスタム]で、

グーグル検索すると、

2011年8月現在、僕のブログがトップ10に入ってる。

ファン代表!ただしこのソフトのみ。

 

=====

 

でやっと本題。

 

カードヒーローVC

3DSでダウンロード可能な、

ゲームボーイカラーのバーチャルコンソール。

初代カードヒーローが8月10日よりダウンロード開始。

 

はっきり言うわ。

 

ゲーム的にはDS版の方がイイ。いろいろ調整されてる。

スピード的にはスピードバトルカスタムのルールが一番。

初代には無い。

 

でも、僕はこの初代カードヒーローを楽しんでる。

 

理由は世界観&セリフ。

 

登場人物がどいつもこいつもひと癖あって、

チュートリアルをしてるだけでも楽しいし、

町の人等や主人公の家族も同様。

 

おかあさん

「あなたの おこづかいは
 1にち 50えんだったわね。
 これから まいにち
 こえを かけるのよ」


「そうでないと おかあさん
 つごうよく わすれるからね。
 そういうところは シビアよ、
 しゅふは」

 

こんな感じ。

 

また、DS版以降は省略されてる、

戦闘中の対戦相手のセリフも初代はあり、

これも臨場感を高めてくれる。

 

また、カードのデザインそのものが、

同じキャラでも相当に違うし、

そもそも違うキャラも多い。

 

つまり。

 

カードヒーローのゲームとしてはDS版で充分だけど、

カードヒーローの世界観を楽しみたいなら、

この初代も価値があるのだ。

 

というわけで現在集中プレイ中。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2011年1月中盤に、

やっと全部揃ったゲーム中の店長セリフ集、後半。

 

全カード解説目次

僕自身の解説はこちら。


《65 真勇者ダイン》

 

キターーーーーーーーー!!!!!

ダインキターーーーー!!!!!!

 

で、で、で、出たね!

「真勇者(しんゆうしゃ)ダイン」

 

センターモールでも

カズマ君くらいしか

持ってないという

さいきょうのカードの1つだよ!

 

おじさんも数回しか

ナマで見たことがない

ちょうレアカード!!

 

このダインが入ることで

主人公くんのデッキは

何十倍も

パワーアップするはずだ!!

 

さあ、今すぐデッキに入れよう!

そして、みんなにジマンしよう!

 

主人公くん、おめでとう!!

うれしいし、うらやましいぞ!

《72 戦帝ブリドラ》

 

主人公くんが

今、引き当てたそのカードは、

イクサをつかさどる、りゅうじん

「戦帝ブリドラ」!!!

 

「戦帝(せんてい)ブリドラ」は

「アドラ」のスーパーカードだよ。

 

「アドラ」のときに持っていた

とくぎをすて、

 

HPとこうげきりょくを

アップさせた

たたかうためのドラゴンだ。

 

その、のうりょくは

HP6でこうげきりょく6!

 

この数字の大きさは、

じっさいに使ってみることで、

実感できるハズだ。

 

本当におめでとう!!

主人公くん!!!



《73 ゼス》

 

今出てきたそのカード、

ひょっとして

「ゼス」じゃないかい?

 

これはまた、

ナイスなカードを引いたね。

 

ぼうぎょタイプのデッキに

よく使われるカードだよ!

 

この「ゼス」のセイカク

「かし」は、

自分がダメージを受けると

バラバラになってしまって

もう、そのターンは

これいじょうダメージを

受けなくなるし、

まほうもきかなくなるんだ。

 

だから、こまめに「ゼス」を

かいふくさせながらたたかうと…?

 

主人公くん、

どうだい?

 

さっそく使ってみたく

なってきたんじゃないかな?

 

《75 フェニックス》

 

デターーーーーーーーー!!!!!

フェニックゥゥゥゥゥゥス!!!!

 

ふしちょう、フェニックス

マルヒゲ屋に、こうりーーん!!!

 

これは一大事だよ!!

主人公くん!!

 

あの「フェニックス」が

マルヒゲ屋の

パックから出たんだ!!

 

高いHPと、

たて一直線をやきはらう

「フレイムスピア」で

後衛さいきょうの名を

ほしいままにしている

ちょうレアカードの1つ!

 

相手にこれを出された日には、

ぶじにバトルが終わることを

いのるしかないよ!

 

ものすごいことになってきたね、

主人公くん!!!!


 

《78 樹聖オリント》

 

おぉ!?「樹聖オリント」かい?

これはまたレアなカードが出たね。

 

「樹聖(じゅせい)オリント」は

「オヤコダケ」から

レベルアップする

スーパーカードだよ。

 

「オヤコダケ」のとくぎは

どこに当たるかわからないから

ねらってレベルアップさせるのは

とてもむずかしいんだ。

 

でもこのオリントは、

くろうに見合うだけの

のうりょくがあるから

ぜひ、ねらってみようね!

主人公くん!

 

《81 黄昏の風》

 

せんじょうふく

いちじんの風。

 

そのカードの名は

「黄昏の風(たそがれのかぜ)」!

 

これはまた、

いいカードが出たね~

 

シールドで守られた

相手モンスターや、

自分のモンスターにかけられた

やっかいなまほうなど、

 

このカード1枚で

すべて消し去ることができるんだ! 

 

このまほうがあれば、

大ピンチも大チャンスに

早がわり!

 

使われた相手の

くやしそうな顔が

目にうかぶね!

主人公くん!

 

《82 シフトチェンジ》

 

「シフトチェンジ」が出たのかい?

なかなか出ないカードの1つだよ!

 

「シフトチェンジ」は、

フィールド上にいるモンスターと

手札のモンスターを

いっしゅんで入れかえることが

できるカードだよ。

 

フィールドのモンスターが

行動してからも使えるから、

レベルが高いけど

HPが少ないモンスターに

こうげきさせてから使う

ということもかのうだよ。

 

ただし、入れかえるモンスターが

行動しても、してなくても、

入れかえたモンスターは

行動ずみになってしまうから

気をつけておくれ。

 

主人公くんはうまく

使いこなすことができるかな?



《87 挑発》

 

ほ、ほぉぉ。「挑発」を

引いたのかい?主人公くん。

 

この「挑発(ちょうはつ)」は

ちょっとクセがあるカードなんだ。

 

さいしょは、

相手の後ろのモンスターを

「オトリ」にして

相手の前にいるモンスターを

ちょうはつしてみよう!

 

前にいるモンスターは

こちらにこうげきするどころか、

いどうすることさえ

できなくなるぞ!

 

ここぞ!というときに

ぜつだいなこうかをはっきする

カードだから、

ぜひ、使いこなせるように

しておこう!

 

だいじょうぶ。

 

主人公くんなら

きっとできるよ!!

 

《88 デスチェーン》

 

で、出たーーーーー!!

 

モンスターどうしをつなぐ、

ジゴクのクサリ「デスチェーン」。

 

これはレア、かつ

テクニカルなマジックカードだ。

 

自分のモンスターと

相手のモンスターをつないで

一方がダメージを受けたら、

もう一方も

ダメージを受けるようにするんだ。

 

味方のモンスターを

たおしちゃうと

ペナルティを受けるので、

そのルールを

うまく使ったカードだね。

 

それいがいにも

いろいろ使い方があるので

ぜひ、さがしてみよう!

主人公くん!!!

 


《89 パパトット》

 

「パパトット」!?

こ、これは、おどろいた!!

 

主人公くん、

「パパトット」は「マナトット」の

スーパーカードなんだよ!

 

だけど、

タダのスーパーカードじゃない。

 

この「パパトット」のすごさは

すきなモンスターを

「マナトット」にかえてしまう

ことにあるんだ。

 

「マナトット」になった

モンスターは、

 

とくぎがなくなる上に

こうげきりょくは2Pになるよ。

 

さらに、「マナへんか」の

おそろしいところは、

このこうかが

えいえんにつづく点にあるんだ。

 

「パパトット」をバトルで出したら

注目のマトまちがいなしだよ!

主人公くん!

 

《90 オクトロス》

 

おやおや?
それは、気まぐれモンスター
「オクトロス」だね!

「オクトロス」のとくちょうは、

まさしく、その「きまぐれ」という
セイカクなんだ。

タ-ンの始めに

パワ-アップかパワ-ダウンが
おこるんだ。

モチロン、どっちがおこるかは
おじさんだってわからない。

この気むずかしいモンスタ-を
使いこなせば、

きっとみんなから大注目だよ、
主人公くん!!

 

《91 ノワール》

 

ちょっとオトナな女の子、

「ノワール」だね!

 

「ノワール」のこうげきは

「ルージュ」とちがって

とくぎこうげきに

ストーンがいらないんだ。

 

もちろん、どこにでも

こうげきできるよ。

 

なので

さいしょからせっきょくてきに

レベルアップをねらっていこう!

 

こんなカワイイモンスターが

手に入ったなんて

みんなからうらやましがられるぞ!

主人公くん!!

 

《92 ビョーグル》

 

おおっと!今パックから出たのは
「ビョ-グル」じゃないのかい!?
ビョ-グルは、なんと!
ビョンドのス-パ-カ-ドなんだ!

このビョ-グルのとくぎ
エアロタ-ンは、

ひとつはなれた相手を
5Pでこうげきした上に、

相手フィールドの前後を
いれかえてしまうんだ!

ビヨンドはHPが低くて
少し、たよりないけど

がんばって育てるかちは
十分あるよ!!

さっそく、ビヨンドといっしよに、
デッキに入れてみよう!!

やったね!
主人公くん!!!

《93 ギガンタス》

 

「ギガンタス」!

「ギガンタス」が出たね!!

 

「ギガンタス」は「ガンタス」の

2つ目のスーパーカードなんだ。

 

わかりやすく言うと、

「ガンタス」は「メガンタス」にも

「ギガンタス」にも

なることができるんだ!

 

えんきょりこうげきが強い

「メガンタス」に対して、

「ギガンタス」は、

きんきょりこうげきが強い

スーパーカードだよ。

 

この2枚をうまく使い分けて

ともだちをビックリさせてやろう!

 

おめでとう!

主人公くん!!

 

 

《94 シャドウゲイラ》

 

海にうごめく、あやしいカゲ

「シャドウゲイラ」!!

 

さいきん、人気のカードだよ!

 

「シャドウゲイラ」のセイカク

「レベルこうどう」は、

そのときのレベルの分だけ

行動することができるんだ。

 

つまり、レベルが3のときは

3回行動できるよ!

 

そんなせいかくを

持っているのは、

もちろん、この

「シャドウゲイラ」だけだ。

 

デッキへんしゅうがなやましいね、

主人公くん!!


《95 さいせい》

 

さ、さ、さ、さ、「再生」が

出たあぁぁぁぁぁ~~~!!!

 

きゅうきょくのレアカード、

「再生(さいせい)」ゲット

おめでとう!主人公くん。

 

この「さいせい」は、

行動ずみのモンスターを

もう1回行動させることができる

ただ1つのカードなんだ!

 

ただし、「さいせい」を使ったモンスターは

レベルが1にもどってしまうし、

かかっていたまほうも

すべて取れてしまうよ。

 

つまり、モンスターを

フィールドに出たじょうたいに

まきもどしてしまうんだ。

 

でも、使いようによっては、

HPをかいふくさせることも

できるんだよ!

 

どえらいカードを

引き当てたね。

 

うらやましすぎるぞ!

主人公くん!!!!

 


 

《96 パワーイーター》

 

ほぉ、「パワーイーター」かぁ。

いいカードを引いたね~

 

このカードは、

モンスターのこうげきりょくを

1アップさせるのと同時に、

ほかのモンスターの

こうげきりょくを

1ダウンさせるんだ。

 

ストーンは3つ使うけど、

こうげきと、ぼうぎょをかねた

とってもゆうしゅうなカードだよ!

 

これは使わない手はないよ!

主人公くん!!!

 

主人公くん、

どうだい?

 

さっそく使ってみたく

なってきたんじゃないかな?


 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

カードヒーロースピードバトルカスタムの、

ゲーム中の店長のセリフ集。

 

たいしたことない普通のカード紹介なんだが、

カード入手時にしかテキストを見れないため、

いざ集めようとしたら、ものすごい時間がかかった。


2011年1月中盤、やっと完成したので披露。

 

全カード解説目次

僕自身の解説はこちら。




《レア1 レア2》

 

カードをタッチすれば

くわしいせつめいが見られるよ。

 

《レア3》

 

お。悪くないカードが出たね。

タッチでせつめいが見れるよ。


《レア4》

 

なかなか いいカードが出たね。

主人公くん よかったね!

 

《レア5》

 

お「レア5」だね!

かなりにんきのカードだよ!

 

《金のウエハース》

 

うっほぉぉぉおぉぉおぉおぉ~

金キターーーーーッ!!!


《09 T3-00》

 

主人公くん、それは

「T3-00」というカードだよ。

 

「ポリスピナー」の

スーパーカードだ。

 

この「T3-00」は、

「ポリスピナー」の

2回行動を上回る3回行動!!

2回こうげきしても

まだ動けるよ!

 

この3回をどう使うかで

バトラーのセンスが問われるよ!

主人公くん!」


《11 聖獣ラフィオー》

 

すごい!
「聖獣ラフィオー」引いたのかい?

ラフィオーは、スタートセットに
入っていたカードだけど、

パックからだと、
なかなか出ないカードなんだ。

それを引き当てるとは

主人公くんは
本当にくじ運がいいね~

今度、おじさんのかわりに
パック引いてもらおうかな?

ラフィオーゲット、おめでとう!
主人公くん!


 

《15 ジャレット》

 

その手にかがやくカードは

「ジャレット」じゃないかっ!?

 

これは「ジャレス」の

スーパーカードだよ。

 

「ジャレット」のとくぎ、

「シャインアロー」は

4Pのかんつうこうげきだ!

 

しかも、ジャレスとちがって

ストーンがいらないぞ。

 

チャンスがあったら

ぜひ使ってみよう!

 

スゴいぞ!

主人公くん!!

 

《35 スパルタス覚醒》

 

そ、それは

「スパルタス覚醒」じゃないかっ!

 

スパルタスは

スタートセットに入ってる

カードだけど、

ほかのモンスターとくらべて
たよりなく感じていたと思うんだ。

 

でも、この

「スパルタス覚醒(かくせい)」

を使うことで、

スパルタスの真の力を

引き出すことができるよ!

 

このカードをスパルタスに使うと、

こうげきりょくが

3Pアップするんだ!

 

しかもこうかはえいえんにつづく!

 

あまりに強力なかーどだから

とっても出るかくりつが低いんだ!

 

これはもうジマンするしかないよ

主人公くん!!!!

 

《30 サンダー》

 

サンダーサンダーサンダー!
サンダー、ゲットォォォォォ!!!

主人公くんは
スタートセットに

サンダーが入っていたから
見なれたカ-ドかもしれないけど、
この「サンダー」は、

そうやすやすと
パックから出てこない

すっっっっごく
きちょうなカ-ドなんだ!

このカ-ドを
また手に入れるなんて、
主人公くんは

カ-ドヒ-ロ-の神に、とても
アイされているんないのかな?

おめでとう!そして、おめでとう!
主人公くん!!!!

《37 牙王バサラ》

 

今チラっと見えた
そのよろいむしゃ、
「牙王バサラ」じゃないのかい!?

「牙王(がおう)バサラ」は、
「神斬丸(かみきりまる) 」の
ス-パ-カ-ドなんだ。

きんきょりこうげきが
強いカードだけど、
「かみきりまる」と同じで
はなれた相手にも
こうげきできる
スグレもののモンスターだよ!

やったね!
主人公くん!!

 


 

《38 鉄拳シグマ》

 

シグマか!?シグマ!?

「鉄拳シグマ」なのかい!?

 

この「鉄拳(てっけん)シグマ」は

前衛モンスターなのに、

さいしょはこうげきりょくが

1しかないんだ。

 

でも、ガマンして

レベル3まで育てれば、

こうげきりょくは5Pまで

アップするんだ。

 

HPは6あるし、まさに

スーパーカード級!!

 

スゴイカードを引き当てたね!

主人公くん!!!

 

《46 グングニエル》

 

「グングニエル」!

シブいカードを引いたね。

 

「グングニエル」を後ろに置いて

とくぎ「なぎはらい」を使うと、

前にワープしてこうげきするんだ。

 

そのさい、

前にいたモンスターは

自動てきに後ろに下がるから、

 

前に出ちゃった

後衛モンスターが

いるときなどに

ひじょうに役に立つんだ。

 

わかりやすく言うと、

ワープこうげきをするおじいさん

というところかな?

 

ぜひデッキに入れて使ってみよう!

主人公くん。

 

《48 灼牙竜アギト》

 

で、出たーッ!!

「灼牙竜アギト」が出たーッ!!

 

カードヒーローの全モンスター中、

レベルが4までアップするのは

この「灼牙竜(しゃくがりゅう)

アギト」だけ!!

 

「赤竜(せきりゅう)キバ」という

モンスターからレベルアップする

このスーパーカードは、

レベル3では

こうげきしてきた相手に

はんげきを行い、

レベル4では

8Pこうげきを行うんだ!!

 

シールドなしに

この8Pこうげきを

たえられるモンスターは

ほとんどいないよ!

 

まさしく、ぜったいむてきの

こうげきなんだ!!

 

主人公君は、アギトを

出すことができるかな?


《53 聖天ソフィアス》



「聖天ソフィアス」が出たね!

 

これは、かなりとくしゅな

スーパーカードだよ。

 

「聖天(せいてん)ソフィアス」は

「クレア」からも

「ラティーヌ」からも

レベルアップさせることが

できるんだ。

 

この2しゅるいを

デッキに入れておけば、

ソフィアスが出るかくりつが

アップすることまちがいなしだよ! 

 

やったね!

主人公くん!!


《55 オーパス》

 

おや?

それは「オーパス」だね!

 

このモンスターのとくちょうは、

ストーン3コで「ワープ」が使えるんだ。

 

ストーンがたまってくる

バトルの後半せんで使えば

こうかバツグンだよ!

 

ぜひデッキに入れておこう!!

主人公くん!!

 


 

《56 ワープ》

 

おおっ!!

時空の切り札「ワープ」が出たね!

 

これは、ストーン3こで

モンスターの位置を入れ替える

マジックカードなんだ。

 

前に出ちゃった後衛モンスターを

後ろにもどすこともできるし、

相手のモンスターを

前後に入れかえることもできるよ!

 

バトルを決めてしまう

1枚になるから

あせって使わないようにしようね。

 

れんしゅうして上手に使おう!

主人公くん!

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

関連記事

紹介

 

カードヒーローSC公式

非公式紹介ページ

 


カードヒーロースピードバトルカスタム全カード紹介

 ↑

連載終了

 

============

 

テーマ

カードヒーロー をクリックで過去記事は見れます。

 

============

 

デッキ名 《ジャレット》

 

・ボムゾウ 

・ディン

・アーシュ&ロロ

・ゲイラ

・グングニエル

・ジャレス 2体

・竜戦士カイザー

・ラッフィー

・マンクス

 

・スーパーカード ジャレット

・エスケープ

・どこでも

・バーサクパワー

 

このデッキのコンセプトは

《ジャレス ジャレットを最大限に活かす》こと。

そのため、他のモンスターは結構コロコロ変えてる。

たまたま2011/11/20バージョンはこれだったということ。

 

・モンスター解説

 

《ボムゾウ デイン》

 

ジバク系。本来はボムゾウは2体いてもいい。

まあこの時はボムゾウの使用率を下げようと思ってたんで。

 

もう一枚くらい増やした方がバランス取れるかも。

 

《アーシュ&ロロ》

 

バーサクパワーで敵後列のHP3を倒せる。

ジャレットに変身できなかったときに重要。

 

《ゲイラ》

 

ジャレスが出てこなかったときのエース候補。

エスケープをうまく使ってレベルアップすれば、

前列でも後列でもほぼ最強。

 

《グングニエル》

 

ジャレスは出来るだけ後列で運用したいので、

とくぎがかなり重要な存在。

ただ、2体入れるとちょっと前列候補が増えすぎるので、

1体にしてる。

 

《ジャレス》

 

主役。

どこでもを使って後列でレベルを上げるのが仕事。

 

ただし、レベルアップしても、

通常の攻撃力が上がらないため、

戦闘序盤では出さないこと。

ストーンが三つになってからが出番。

 

ジャレットになれなくても、

後列でスルーショットを打つだけでも強い。

状況によっては無理しないのもアリ。

 

《竜戦士カイザー》

 

なんで入れてるんだろう…。

 

まあでも、

前列にも置けるので、

ジャレットの盾の役割は充分果たせる。

 

《ラッフィー》

 

基本は前列でジャレットの盾だけど、

後列でも運用できるバランスの良さが売り。

 

《マンクス》

 

このデッキでは使い勝手悪い気がするな。

前列に出てしまったらエスケープや、

バーサクパワーでうまく逃がそう。

 

=========

 

・マジックカード解説

 

《ジャレット》

 

切り札。

 

ただし絶対後列で出すこと。

HP5は前列で出したら間違い無く倒される。

このデッキ盾無いから防げない。

 

《エスケープ》

 

ストーン三つまでの時間稼ぎ。

ジャレスが出てこない時は、

ゲイラ等のレベルアップ用でもある。

 

《どこでも》

 

ジャレス専用。

これがないと後はグングニエルとセット以外、

後列でレベルアップできない。

 

《バーサクパワー》

 

ジバク系モンスターが思うように出なかったときのための、

エスケープ用。

使いどころを誤らないように。

 

==========

 

このデッキは今冷静にみると、

未完成という気がする。

まあ、だからこそさらしてるんだけど。

 

とにかくジャレットに出来ないと切り札が弱い。

でも、それでもそのまま初戦用デッキとして使ってる。

 

ガチガチに勝利の方程式を固めてないため、

このデッキの後、初心者も逃げないでくれることが多いのよ。

負けるのも対戦を楽しむコツの1つと僕は思ってる。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

関連記事

紹介

 

カードヒーローSC公式

非公式紹介ページ

 


カードヒーロースピードバトルカスタム全カード紹介

 ↑

連載終了

 

============

 


最近ちょっとだけWi-Fiの戦いに復帰した。

が、基本的にはブログ書きに追われる毎日のため、

本当にちょっとだけ。

 

で、

 

僕のデッキの一つを公開。

 

ちなみに過去、デッキを公開しなかったのは、

相手のデッキを推測するのも楽しみのうちと思ってるので、

その楽しみを奪ってしまう可能性と、

僕自身の勝率が下がってしまうと危惧したから。

 

が、今はあまり対戦も出来てないし、

それなら解説をしてみようという企画。

 

デッキ名《しょうエネ》

 

・ボムゾウ

・ディン

・ゲイラ 2体

・エルソル 2体

・テトカ

・ヤンバル

・グリフォン

・ルージュ

 

・エスケープ

・スパーク

・パワー2

・ヒットアウェイ

 

このデッキのコンセプトは、

[レア度が低い]こと。

実際に組んでみると分かるけど、

レア度3以下のみで構成されてる。

 

コンピュータとの戦いで、

[エコデッキ]という、

レア度2以下のみで構成されたデッキを見て、

真似した。

さすがに2だと対戦するのはきついと思ったが、

3だと、ゲイラもボムゾウもエル・ソルも使え、

充分戦闘として成り立つ。

 

==========

 

[モンスター解説]

 

ボムゾウ、デインはジバク要因。

この辺は状況によって変えてるけど、

まあ2~3体いれば充分かな。

 

事実上のエースはゲイラだが、

ゲイラはレベルアップしないと戦力になりづらいので、

エスケープとヒットアウェイを駆使し、

敵モンスターをレベルアップさせず、

ゲイラのえさにする作戦が重要。

 

また、もう一人のエースエル・ソルは、

高い攻撃力だがストーンを消費する。

が、このデッキはストーンを、

あまり消費しないマジックばかりなので、

コンボも成立しやすい。

 

テトカは時にはレベルダウンも使う。

ゲイラがレベルアップできたら、後列配置もあり。

通常は前列配置。

 

ヤンバルはレア度が低い中では、

かなり強い。2体いてもいい位だ。

グリフォンはレベルアップしないと弱いけど、

エスケープやヒットアウェイ、ジバクなど、

前列が空白になりやすいこのデッキでは、

結構戦力になる。

 

ルージュは、

本来ならノワールが良いけど、

ノワールはレア度が高く使えないための代用。

でも、このデッキならマジックとのコンボは成立しやすいし、

ノワールの完全劣化ではないため戦力として充分考えられる。

 

[マジック解説]

 

エスケープは全カード解説で書いた時のそのまま。

逃がして敵モンスターレベルアップを防ぐ。

 

スパークは重要な切り札なので、

出来ればレベルアップが絡む時に使う。

このデッキは敵がレベルアップする可能性は低いので、

自分たちのために使うことが多いはず。

 

パワー2は、

グリフォンやゲイラやルージュのパワーアップ用。

 

ヒットアウェイは状況によって変える。

ボムゾウ、ディンが序盤で出たら、

敵モンスターに使ってとくぎを事実上封印するのもアリ。

 

==========

 

このデッキは意外に勝率高い。

小回りがきくというのも重要な要素なのだ。

 

でも、レベルアップを重視しないデッキには弱いし、

レアカード尽くしのデッキにもやはり弱い。


 

大体1戦目では出さず、

2戦目以降の別戦術を見せるために使ってる感じ。


 


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。