yosiのゲーマー日和

元ゲーム店員のゲーマー日記。
月曜のみゲーム以外の近況日記。
アクションは苦手。RPG、テキスト系中心。
現在日曜に毎週のゲームプレイ近況連載中。


テーマ:

前回記事

検証1

検証2

検証3

検証4

検証5

 

==========

 

本当の敵は国王だった。

勇者の心境やいかに!

 

まあそんなあらすじはどうでも良い。

 

==========

 

さて。

 

そんなことを連載してるうちに、

また、近所にコンビニがオープン。

また生き地獄の被害者か…。

 

しかし。

 

経営者と知り合いという、

妹の話を聞くと。

 

=====

 

「あの店長はやり手だよ。

前に別の店を成功させてここが2店目なんだって。

 

あの店、野菜とか果物とか置いてたでしょ!?

独自にルートを開拓してるんだってさ。

経営についての考え方もしっかりしてるし、

勝算はあるみたいだから、

近くの店をつぶすつもりでやっているみたいだよ」

 

独自ルートの開拓は、

特にすばらしいな。

これなら本部に搾取されず本来の取り分で勝負できる。

 

そう。

 

矛盾があるなら闘えば良い。

本部が守ってくれず自分たちのことしか考えないなら、

こちらも自分たちの利益のために全力を尽くせば良い。

 

利益が出ない悪循環にハマッテしまったら、

そこからの改善は難しいだろうね…。

 

===========

 

というわけで。

結論。

 

【ハンコを押すときは慎重に】

 

結局のところこれしかない。

フランチャイズ商売を始めるというのはリスク大。

それでもやり方によっては成功できるチャンスもあるのも事実。

しかし実際は被害にあったと思ってる人も多いのも事実。

 

今回のテーマはコンビニ経営だったけど、

結局のところ、フランチャイズ契約をするというのは、

基本的に【相手が得をするように】システムが出来てるから。

よくよく契約書を確認し、軽率に契約をしない。

 

よく調べもせずに本部の言葉に乗って契約をしてしまったら。

【コンビニ経営は生き地獄にもなりえる】ということで、

連載を終わります。

 

=====

 

検証5の勇者達は気にしないでね♪

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

というわけで、

【コンビニ経営は一部の人以外生き地獄だろう】という、

結論が出た。

 

前回記事

検証1

検証2

検証3

検証4

 

==========

 

ということは、だ。

 

コンビニで学んだこと… 目次

 

↑この連載では、

事実上のラストボスは、

【店長】だった。

 

実際、店長が給料を滞納してたのは事実だし。

《建前上フィクションということにしてるけどさ》

 

で、本部の人に暴露して、

問題を解決に導いたわけだが…。

 

本部が実は相当に店長に対して、

悪質な搾取をしてたとなると…。

 

………。

 

==========

 

勇者

「魔王め! これで止めだ!」

 

魔王

「ぐふっ!どうやらここで終わりのようだ…

我はここで滅びる運命か…。

 

しかし勇者よ。

 

我を倒して本当に世界は平和になるのかな?

 

実は、この戦いを仕組んだのが、

我ではなく、お前らの国の王ということを、

お前は理解してるのか?」

 

勇者

「なんだと!

王様はそんな人ではない!」

 

魔王

「まあ良い…。

さらばだ!勇者よ!」

 

勇者

「………戻ろう」

 

~~~~~~~~~~

 

王様

「よくやった!

これで世界は平和を取り戻すであろう!」

 

(くっくっく 勇者は良い手ごまであったわ)

 

==========

 

↑僕の心境としては、

今このエピソードが明らかになったというところ。

 

いや、全くのたとえ話であり、

本文の内容はどうでもいいんだけど。

 

物事というのは、

一面だけで判断すると、

思わぬ見落としがある…。

 

僕は、もうちょっと店長の味方をすべきだったのか…。

 

いや。フリーターの僕が、

\1.000.000も貸したんだし、

充分味方してるよな。

やっぱり店長は自業自得だ。

 

次回最終回。

 


 


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

前回記事

検証1

検証2

検証3

 

【コンビニ本部と、

経営者の利益は一致しないので、

すごく近いところに2個別オーナーの店ができることもある】 

 

==========

 

さて。

 

僕が今回コンビニテーマを改めて書き出したのは、

アキマサの件以外に。

 

セブンイレブンに公正取引委員会立ち入り検査

 

賞味期限が切れそうな商品を、

安く売る見切り販売が、

本部の支持により出来なかった事が、

法律の違反に当たるということ。

 

僕も、

以前いた店が借金まみれになっていく過程の際に、

【万引きされた商品も本部は一切損しない】とか、

あまりにも経営者の立場が弱いことは思ってた。

 

セブンイレブンの正体

 

また、商品の正確な【仕入れ料金】を、

経営者が本部に開示を依頼しても、

見せてくれないそうだ。

 

しかし法律的には、

本部は問屋ではないので、

仕入れ料金をピンハネすることは許されてない。

 

まあつまり。

 

こういう【知られてない矛盾】が、

コンビニ業界には溢れている状態だということ。

 

=====

 

では、今回の連載で訴えたいことは。

 

それは。

 

【コンビニ経営を始めようというあなた!

本当にリスクを理解してますか?】

ということ。

 

正直なところ、コンビニ業界で成功する、

一握りの人になるには、

豊富な資金と経営手腕と運が必要。

 

しかし、それで成功する人なら、

【そもそも本部の支援が必要なの?】

 

また、それ以外の人ならなおさら。

ただただ本部に貢物をし続けて、

24時間ずっと働き続け、

そして借金が残り廃人ができる。

 

【コンビニ経営者の自殺率は非常に高い】

 

==========

 

今、少しずつだけど、

経営者の立場をきちんと守ろうという動きも、

見えつつある。公正取引委員会もその流れの一つだしね。

 

しかし、まだまだ不十分。

 

始めてしまった人はしょうがないけど、

始める前に。

 

コンビニ経営実態暴露します

ここをよく読んで。

現状を理解したうえで。

 

初期資金として用意していたお金を、

有意義なことに使おう。

 

コンビニ開業を検討してる知り合いにも、

よく伝えておこう。

リスクを知った上で決意するのと、

リスクを知らないで決意するのとでは雲泥の差。

 

続く。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

前回記事

検証1

検証2

 

【コンビニ経営は、

初期資金が少ないと、

生き地獄になる可能性が高い】

 

==========

 

色々な【コンビニ経営者の怨嗟の声】を読んでみた。

 

その感想は。

 

【本部と経営者の利益は一致しない】事実。

 

特に、

僕自身も気になっていたことをテーマに語ってみる。

 

==========

 

地域によっては無いかもシレンが。

少なくとも、《基本的に田舎町》の、

僕の故郷、神奈川県横須賀市では。

 

《同じコンビニチェーンが非常に近くで店を出店》という、

ケースがよくある。

最もひどいケースでは、

道路の向かいにちょっと斜めに同じ系列とか。

 

これさ。

 

経営者にとっては、たまったもんじゃないよ。

 

なぜなら、

ほとんどのケースが《別経営者》だから。

《調べた人 僕とその知り合い》

 

経営者としてはそんな近くに店を出す利点が無い。

まあ、その地域の支配とか考えてるなら別だけど、

元の店の売り上げが一日50万(最低ボーダーライン)だとして、

別の店が近くに出来ればそれが減っちゃうのが明らかだし。

 

まあ大体こういう風に近くに出来るのは、

駅前とか一等地だけどね。

だから1日80万(高水準)とかの優良店である事が多いと思う。

 

で。

 

なぜこんな

【経営者にとってはただの嫌がらせに過ぎない出店の仕方】を、

本部がするのかというと。

 

【本部は経営者の利益よりも、本部の利益優先だから】

 

=====

 

本部は、誰かが加入してくれると、

それだけで物凄い利益になる。

で、店が続けば経営者が借金まみれになることはあっても、

本部の利益は守られる。

 

だから、新店を開ける条件が整ったら、

近くの元の経営者のことなんて考慮しない。

 

2店ともから利益が出るし、

最悪もとの店が潰れてしまっても、

新店の初期資金で充分な利益が出てるし、

今度は新店がその地域の売り上げを上げてくれる。

 

だから、遠慮なく、

近いところに同じチェーンを出す。

 

=====

 

これでつぶされた元の経営者は恨むよな。

 

せめてライバルチェーンにやられたんならまだしも、

身内にやられるんだから。

 

でも、実際これ、

当たり前にある話。

少なくとも僕の居住地では。

 

次回はまた別の検証を。

続く。

 


 


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

前回記事

検証1

 

【コンビニ経営者は本部に、

ひどい扱いを受けているようだが

それでも僕の記憶だと成功者がいた】

 

==========

 

それでは思い出してみよう。

 

2001年 コンビニで学んだこと…

 

↑この連載上では… 

【谷河原店長】が明らかにやり手だったな。

幾つも店を持ち正社員多数。

確か、本業は不動産で、谷河原店長の父さんが経営者やってて、

資金が豊富だったはずだ。

 

あとは家の近所のSの店長も、

かなりうまくいってる様子だったな。

元酒屋で土地持ちで。

 

あとは…。

 

==========

 

そうだだんだん分ってきた。

 

成功者の共通点は、

【初期資金が豊富】で、

【土地持ち】ということだ。

 

前、コンビニを開店しようと計画中の、

【猿宮さん】に色々な資料を見せてもらい、

初期資金による、

ロイヤリティの違いを見せてもらったことがある。

 

あの時思ったことは、

【例え初期資金きつくても、資金を多く出さないと、

売り上げの大半が本部に取られちゃう】ということだった。

 

取り分が多ければ、バイト、社員を雇う余地も増えるし、

そこそこの売り上げがあれば、

労力に見合う収入を得られる可能性も出てくるが。

 

そして、初期資金を安く加入した人が、

労力に見合わない収入になり生き地獄になっていくわけか。

 

===========

 

なんかこの辺の仕組みには覚えがあるな…。

 

あ!

 

マルチ商法 だ!

 

マルチ商法も高い収入を得られるのは一握り。

早い時期に何人も勧誘して位が上がってる人だけだけど。

 

コンビニの場合、初期資金で、

【やり手経営者】になるか【奴隷経営者】になるかが、

ほぼ決定するわけか。

 

===========

 

本当に【本部はそこまで悪質なの?】という、

疑問があるかもしれない。

 

僕も【よく考えると】という要素は幾つもあったけど、

証拠としてはそんなになかった。

 

しかし。

 

ネットで幾つか見つけた。

僕のコンビニ経験と情報をあわせて検証を続けてみる。

 

続く。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。