yosiのゲーマー日和

元ゲーム店員のゲーマー日記。
月曜のみゲーム以外の近況日記。
アクションは苦手。RPG、テキスト系中心。
現在日曜に毎週のゲームプレイ近況連載中。


テーマ:

年始にまた、

ゲーム本を数冊購入。

ドラゴンクエストの名台詞の解説。

一部、原作者の堀井氏のコメントや、

巻末に、絶版になった本の記事が載っていたりする。

 

実は巻末の記事の、

「ゆうぼうのでたとこまかせ」は僕は持ってるが、

よりいろいろな人に触れた方がいいと思う記事なのでいいと思う。

 

そして本自体は、

ちょっと解説はあっさりしてるかなと思ったが、

セリフでたどるドラゴンクエストというとのも味がある。

 以前ファミコン本として発売してた熱血!ファミ道―80’sを、

ファミコンミニクラシック発売に合わせて加筆したもの。

そちらを持ってなかった僕には新鮮に読めた。

 

ファミコンミニクラシック関連本は、

収録ゲームのみの本になってることが多いのだが、

この本についてはそういう経緯のため、

30本以外の文章も多いのだ。

 

 

超超ファミコン超超ファミコン
1,296円
Amazon

 これについては、

厳密には最近購入したのではないけど、

ファミコン本を注目してる時に、

部屋から発掘されたので読み直してる。

 

著者は、昔クソゲー本を書いていた人たちだが、

今回は愛のあるソフト紹介のため、

大半が良さを説明してる文章で、心地いい。

 

==========

 

ゲーム本は2017年も買っていくと思う。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

今一番持ち歩ている本。

ファミコンのすべてのソフトを年代順に紹介、

ソフトとパッケージと、簡単な解説文。

 

じつはこういう本は今までにも何冊かあったが、

この本はコレクターの人が書いてるので、

物珍しいグッズの紹介も合間合間に書かれてるのが面白い。

まだ読み終わってないけど読み応え十分で、

価格に見合った出来と思ってる。

これは、ファミコンミニクラシック関連。

公式サイト

 

本体は品薄で手に入れそこなったけど、

関連本はこうして購入してる。

まあ実際、一部のゲームはVCで購入してて遊んでるし。

 

でこの本は、

昔のゲーム雑誌での紹介ページの再録&、

記事のデータ。

 

上はファミコンミニクラシックの記事のファミマガだが、

こちらはそのファミ通版。

 

どちらも昔買っていた僕には懐かしい。

ファミ通の方はいろいろな企画がある感じで、

本としては面白いし、

データディスクと一緒に考えるとファミマガの方が貴重。

それぞれの長所があるので、僕はどちらも買って満足してる。

 

==========

 

というわけで、

久しぶりにファミコンづいてる年末だ。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

@ニフティニュース

休刊したゲームサイドの、

精神的後継雑誌、ゲームジーン、

8月26日第1号発刊とのこと。

 

買おう。

 

ゲームサイド(その前はユーズドゲームズ、ユーゲーとも)は、

レトロゲームを中心に様々なテーマを決めて、

愛のある記事を書いていた雑誌。

 

 

 

 

 

最近では特にこの2冊が気に入っていた。

テキストアドベンチャーに特化して、

レトロゲームを紹介。

 

まあ、Vo1の特集のミッシングパーツは、

PS2でレトロというほどでもないという見方もできるけど、

とても好きだった作品なのでこれはこれでうれしい。

 

Vo2のファミコン探偵クラブもとても思い入れの強い作品。

今でも僕はVCで遊べるようにしてるからね、全作とも。

 

==========

 

ゲームジーンは記事的に、

興味が薄いものもあるが、

思い入れが強いゲーム音楽の記事もあるので、

やっぱり買うことにした。

 

楽しみだ。

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

前回記事

プレイ中

 

 

 

とりあえず妖怪三国志関連の本を2冊購入。

 

最初に買ったのは公式ではない本。

ソフトを購入した当初にはこの本しかなかったのだ。

だが、イラストは全く無いけど、

三国志の武将の解説があったりして、

意外に愛のある攻略本だった。

 

その後買ったのがオフィシャル攻略ガイド。

そつのない攻略本で、

子供向けに漢字部分もきちんと読み仮名があり、

イラストも多数。武将妖怪の紹介も完ぺき。

 

ただ、三国志部分が全く紹介が無いのが残念だった。

 

 

 

 その後、同日にこの本が発売していたことを知った。

というわけで購入決定。

三国志部分の解説もある模様。

 

==========

 

ゲーム自体はとてもハマっている。

プレイ時間は50時間近く突破。

BGMも気に入ってるし、

武将集めもとても楽しい。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

過去の振り返りも含めて、

数冊紹介。

今回届いたのはこちら。

価格は¥1404だが、

正直言ってちょっと高めかな。

 

でも、全くダメな本ではなかった。

玉石混交といった感じで、

適当な企画と力の入った企画が、

いろいろごちゃ混ぜになってる本。

 

ファミコン芸人フジタ氏のランキングは、

結構良い感じだと思った。

いろいろなゲームを経験したうえで、

思い入れが深いエピソードを紹介してるし。

 

発売中止になったゲーム特集など、興味を惹くものも。

個人的には¥1000くらいの本だと思うが、

それくらいの満足度のつもりで買えば、

良い感じかな。

 

 

 

ファミコンクエストファミコンクエスト
価格不明
Amazon

 

こちらは全編一人のライターが記載したもので、

文章に統一感がある。 

 

資料的価値はとても高いと思う。

 

年代順で説明してくれてるのも好印象。

ジャンルごとの紹介に個人的な思い入れを感じるし、

なかなか好きな本だ。

 

 

そろそろ届く予定。

週刊少年ジャンプのゲーム連載のまとめ。

ドラクエの堀井氏、

メタルマックスの宮岡氏、

ジャングルウォーズの木村氏、

ポケモンにもかかわったとみおか氏など、

様々なゲーム業界人が連載をしていたのだ。

 

 

本を集めだした動機はこちら。

何度かブログでも紹介したけど、

この本はやはり別格。

攻略本そのものの紹介をした本は前代未聞。

でも僕はこの本をずっと待ち望んでいたのだ。

 

攻略本集めが趣味だったしね。

 

==========

 

ファミコンレトロ本は、

今後も集め続けると思う。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。