yosiのゲーマー日和

元ゲーム店員のゲーマー日記。
月曜のみゲーム以外の近況日記。
アクションは苦手。RPG、テキスト系中心。
現在日曜に毎週のゲームプレイ近況連載中。


テーマ:

ビットジェネレーション公式サイト

前回記事処分品購入

任天堂 dotstream(ドットストリーム)
任天堂 COLORIS(カラリス)
任天堂 DIALHEX(ダイアルヘックス)
 
ビットジェネレーションのコンセプト。

「単純な線と点で書かれた世界を、

鮮やかな色彩とサウンドで表現した、

新しいラインナップです」

↑公式より。

 

内容自体は、

「ファミコン以前のゲーム」といった感じ。

本当に本当にシンプル。

 

で。

 

ゲームの根幹はできてるから、

遊ぶとけっこう時間が過ぎるんだよ。

ドットストリームは「シンプルレース」

カラリスは「思考型アクションパズル」

ダイアルヘックスはカラリスに同じで別ルール。

 

カラリスはちょっと戸惑ったけど、

他の二つは説明書無しでも理解できた。

 

ただ。

 

クリア後の報酬の部分が、

ほぼ存在しない。 

 

個人的な話になるけど、

昔は「有り余る時間をつぶす為」ゲームをしてた。

 

しかし今は「時間は少ない」ので、

ゲームをプレイするからにはなにか、

「費やした時間が形になる」報酬が欲しい。

 

ドラゴンクエスト等のRPGの場合、

ストーリーもあるしクリアという明確な目標もある。

 

また、ここ最近のパズルゲーム等も、

エンディング等の目標を設定してたりして、

モチベーションをあげる努力をしてる。

 

最近紹介したところではDSの「シータ」

パズル本編以外にアクアリウムというおまけをつけてる。

Wiiのぷよぷよ!は勝ち抜けばエンディング。

 

ビットジェネレーションズにはそれがほぼない。

遊んでいて「時間を浪費してしまった…」という感じが、

どうしても付きまとう。

 

シンプルであるが故に思うこと。

 

中学校の夏休み。

引きこもるのが好きで時間をもてあましてた昔のyosiなら、

喜んでビットジェネレーションズを楽しめたはずだが…。

 

つぶす暇が存在しない大人に、

なっちまったんだなぁ。

 

そんな余談は置いておいて、

今回の3本の中で一番のオススメは、

「ドットストリーム」

線を操作するだけだが、

クールな音楽と相まって意外に熱くなれる。

 

また、カラリス以外は「文字が読めない」子供でも、

ルールの理解がしやすいかもしれない。 

シンプルなゲームはそういう強みはある。

 

でも¥2000の価値は微妙。

yosiみたいに処分品なら体験の価値ありってレベル。

少なくとも今回の3本は。

 

他の4本も、

ゲーム屋で安ければ買ってみる。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先週の金曜はゲーム業界的には、

大きいニュースがあり、

本来ならそろそろそのことを記事にしようと思ってた。

 

でも、業界の動きとかよりも、

自分が持ってるゲームハードを無くしてしまったことの方が、

大事件だ。

 

僕的には。

 

任天堂ゲームボーイミクロ(ファミコンバージョン)
任天堂の紹介ページ
 
ゲームボーイミクロとは?
・ゲームボーイアドバンスのソフトのみ遊べる、
任天堂の携帯ゲーム機。
・小さい
・画像は発売当時一番綺麗だった。
(今はDSライトがあり、綺麗さは甲乙つけがたい)
・DSはゲームボーイアドバンスのソフトを遊べるけど、
ミクロはDSのソフトは遊べない。
ミクロはDSの下位機種。
 
値段はちょっと高めの¥12000。
 
高級志向の携帯ゲーム機という触れ込みだったけど、
その後のDSの大ヒットでかすんでしまった機種でもある。
発売は昨年だけど、今はほとんど生産されてないはず。
 
僕はこの機種をなくしてしまったわけだ。
職場にも無かったし、
8月に引っ越してから部屋は綺麗だから、
どこかに隠れてるってことも無い。
 
実はミクロをなくすのは、
これで2回目。
前のときは二週間ほどなくしてて、
ある日かばんの隅にあるのを見つけた。
 
トンガリキッズと共演
僕の昔の記事の大きさ比較写真 上は通常サイズのCD
小ささがわかってもらえるはず。
 
 
たぶん今回は本当になくしてる。
でも、もうミクロは買わない。
DSが3台ある僕にはさすがに不要だ。
 
ただ、ゲームボーイアドバンスのソフトを遊ぶときは、
一番使いやすくて見やすかったんだよなぁ。
惜しいことしたなあ。
 
これというのも小さすぎるからだ!
チクショー!!ふざけんな任天堂!!
(逆ギレ)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
前回記事「終盤」
http://ameblo.jp/yosi1127/entry-10012098005.html
任天堂MOTHER3
公式http://www.nintendo.co.jp/n08/a3uj/index.html

 

妹がクリアしたので

MOTHER3が手元に戻ってきた。

 

まずは久しぶりに、

音楽を聴いてみる。

全曲聴ける「サウンドプレーヤー」という機能があるしね。

 

曲順はゲームの流れどおりになっているので、

回想としても使える。

 

で、気づいたこと。

結構同じメロディのアレンジが多い。

 

例 サウンドプレーヤー16曲目

・なぞの飛行物体

こちらは敵集団のテーマで、

戦闘やダンジョンや暗躍のシーン等、

かなり多くのサウンドにこちらのモチーフが使われている。

 

序盤のダンジョンでも結構使われていることに気づいた。

中盤以降は聞きなれているのですぐに分かるけどね。

 

町の音楽も、

一つのメロディを様々にアレンジしてる模様。

 

僕はこういうゲーム音楽のつくりは好きなので、

好印象。

覚えやすいし、

様々なアレンジより一つのメロディの、

多面性が味わえるし。

 

さ、2週目遊ぶか。


掲示板の総合情報

http://zapanet.info/mother3/

↑これを見ると、結構見落としたこと多いみたいだし。

 


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

前回記事「中盤」

http://ameblo.jp/yosi1127/entry-10011733396.html

 

任天堂MOTHER3
公式http://www.nintendo.co.jp/n08/a3uj/index.html

 

終盤というか、

MOTHER3クリアした。

 

感想は省略。

人を選ぶゲームだなとは感じた。

何を書いてもネタバレになるので書かない。

 

そして、

ゲーム自体はクリア後すぐ妹が持ってってしまい、

今手元に無い。

音楽聴けないんだ。

 

せっかく、

「サウンドコレクション」という機能のおかげで、

いつでも好きな曲聴けるのに。

 

妹がクリア後、

音楽の感想を書きます。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

MOTHER3の音楽を担当したのは、

ゲーム音楽を多数作曲している、

酒井省吾さん。

http://www.s-cnet.ne.jp/~scn00708/sc/sakai.html

↑経歴。

星のカービィシリーズや、

大乱闘スマッシュブラザーズ、

ヘラクレスの栄光シリーズなど。

 

特に僕は、

ヘラクレスの栄光ⅢとⅣはゲーム自体も大好きで、

音楽も評価が高い。

 

特にフィールドの音楽と、

町の音楽のデキが良かったと感じてる。

 

ギリシャ神話をもとにしたRPGで、

アテネ、トロイア、ペルシア等の町が

舞台として登場するんだけど、

それぞれ質の高い音楽が迎えてくれる。

 

優しげだったり勇ましかったり民族風だったり。

新しい町へ行くのが楽しみだったなぁ。

 

ⅢとⅣで全部で3曲ある、

フィールドの音楽も、

幻想的かつ力強さもあるという、

良いフィールド音楽の見本みたいな曲だった。

 

戦闘やダンジョンの音楽は普通だった。

 

そんな酒井さんが作った、

MOTHER3の音楽はどうかというと。

 

とにかく数がスゴイ。

ごく一部前作の曲もあるけど、

ほとんどが書き下ろし(たぶん)

 

全部で200曲は越えてるはず。

(ゲーム中のサウンドプレーヤーより推測

ちなみに、この機能により、

いつでも全ての曲が聴ける)


 

そのうち、

戦闘の曲の数が占める割合も高い。

ゲーム序盤は、新しい敵が出るたび、

それぞれ別の曲を聴けた。

たぶん20曲越えてるんじゃないかな。

 

正直、数が多すぎて、

全部は覚えてないというのが総合の印象。

 

でも、一部の戦闘の曲や、

中盤のちょっと寂しげな

町の音楽なんかすごく印象に残ってる。

 

ゲーム進めるたびに新しい曲が聴けるし、

それも楽しみになってる。

 

クリア後に続き書きます。

 

MOTHER3の音楽を聴いてみたい方へ。

http://www.1101.com/nintendo/nin13/nin13_14.htm

↑こちらでちょっとだけMOTHER3の音楽が聴けます。

GBAの音源ではありませんが。

 



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。