yosiのゲーマー日和

元ゲーム店員のゲーマー日記。
月曜のみゲーム以外の近況日記。
アクションは苦手。RPG、テキスト系中心。
現在日曜に毎週のゲームプレイ近況連載中。


テーマ:

あんまりゲームはプレイできてない。

 

《3DS ものすごく脳を鍛える鬼トレーニング》

 

鬼計算9バック、

鬼ブロックレベル11(くらい)

今週はこれくらい。

 

ちょっと落ちてるけど、

継続が大事。

 

《new3DS》

 

父さんの初代3DSを

new3DSに引っ越した。

 

父さんはネットワークIDのパスワードを忘れていたし、

登録メールアドレスもなく、

それでいてデータの引っ越しを希望で。

 

結構八方ふさがりで、

最後の手段を使った。

 

・0570~

 

任天堂サポートに連絡。

紆余曲折の後に、登録メールアドレス変更成功。

それから数日あと、無事引っ越しは完了した。

 

こうして父さんはnew3DSがメイン本体になった。

空になった初代3DSは、

そのまま、すれ違い通信のにぎやかしとして、

別のMiiが登録されたのであった。

 

父さんはがっつりすれ違いにハマってるからね。

 

《PS4 ザ クルー》

 

メキシコ国境周辺、

このゲームの最南端を、

ロサンゼルス方面からマイアミに向けて、

ドライブしていた。

 

ビーチ沿い、

森、

砂漠っぽい感じ、

岩山などなど、

様々な風景を超えて、

街にたどりつくのはとても達成感がある。

 

レースなんかしなくても、

ドライブだけで充分楽しい。

 

==========

 

《ポケモンGo》

 

僕の本体は対応していたが、

ダウンロードが進まなかった。

 

次の機会には進められそう。

 

今週はこんなところ。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

3年間女友達として交際して、

2016年に彼女になった、

オタクな彼女KYUとの5月のおでかけリポート。

 

オタクな彼女との日々

彼女になってからの記事リンクと、

女友達時代の目次へのリンク有。

彼女になった時の告白も収録。

 

===========

 

《馬堀海岸からバスへ》

 

横須賀市は僕の地元だ。

それはKYUにとっても。

だが、馬堀海岸駅はどちらかと言うと、

僕の方がなじみが深い。

友達とかの関連で遊びに来たことが、

ゴールの浦賀と合わせ何回かあるのだ。

 

だが、今回のバスに乗るのは初めてだった。

 

バス停は駅から軽く歩いたが、

数分で見つかった。

 

「近くにマクドナルドがあるね。

食事は後にするとしても、

何か軽食しようか?」

 

KYU

「シェイクが欲しいかな?暑いし」

 

確かにシェイクはいいな。

バス待ちの間飲むのもよさそうだ。

 

が。

 

シェイクは品切れだった。

 

なんてこったい。

 

二人で残念に思いながら、

バスを待つ。

 

数分後バスに乗る。

バスの間説明。

 

関連記事マッサージに行ってきた

 

「あれが最近元同僚と行ってきた、

横須賀 湯楽の里だよ。

まあお風呂自体は男女別だから二人じゃ難しいけど、

妹も含めた3人ならいいかもしれないね。

待ち合わせ場所を決めて」

 

そんな会話をしながら、ホテルまで10数分。

 

観音崎京急ホテル

 

今回は逆転裁判の謎掲示ポスターを見つけるのに、

結構時間がかかったが、数分あとやっと見つけた。

そして、ここで昼ご飯にしようと提案するが…。

 

KYU

「ホテルだよ!高すぎちゃうよ…」 

 

確かになぁ…。

あまりリーズナブルな食事ができなさそうなんだよな…。

ついでに言うと僕はこのあたりの土地勘もあって、

近くの公園には小さいころ家族でよく遊びに来てたし。

 

馬堀海岸まで戻らなくても、

そもそもこの場所がゴールの浦賀までの中間地点な場所なことも、

分かってる。

 

「じゃあちょっと歩いてみよう。

たぶん、何か食べられる場所があるはず。

後は疲れたらバスで浦賀に向かえばいい」

 

とはいえ、結構昔の記憶なので、

今でも食事ができるかは賭けだったが、

その場合は浦賀駅に向かえば、

確か駅前くらいには食べられる場所があったはずだ。

 

《喫茶店へ》

 

というわけで、ホテルから観音崎を散歩し、

観音崎レストハウスを目指した。

 

KYU

「レストハウスも結構高いね…」

 

「なら、周りを探そう」

 

そして2件店を見つけた。

1件はカレーショップ。夕ご飯はカレーなので却下。

ならもう1件だ。

 

喫茶エルム

 

「価格も安いし、ここにしよう!」

 

こうして、14時過ぎにやっと食事にありつけた。

 

続く。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

とりあえず3本だけ。

 

 

公式サイト

8月4日発売。

シリーズ全てプレイしてるファンタジーダンジョンRPG。

BGM作曲が、レトロゲームから現代ゲームまで、

幅広く代表作を持つ古代祐三氏。

曲が特に好きなため、本編も何とかクリアする予定。

 

 

ペルソナ5 [PS4]ペルソナ5 [PS4]
9,504円
Amazon

公式サイト

ペルソナ3以降、シリーズの思い入れが特に深まり、

発売を期待していた最新作。現代RPG。

目黒氏のBGMもとてもお気に入り。ポップなボーカルBGM。

 

9/15発売。

できればこの日までにクリアしたい。

紹介リンクはPS4版で、PS3でも発売予定あり。

 

公式サイト

 

10/20発売予定。

VITA。

ジャンルが今一つ不明だが、

探索アドベンチャーゲームの模様。

 

アイドル達がセンターの座をかけて殺し合う内容。

 

the裁判員の脚本の方の新作なので、

テーマとしてはよくあるものでも充分な期待ができると思ってる。

キャラクターデザイナーも裁判員の時と同じ方。

 

==========

 

今のところはこの3本のみ。

最近はオタクな彼女のKYUから様々な趣味を勧められてるので、

自分自身のゲームは特に興味があるもの以外は、

買ってないのだ。

 

 

 

 

あと、このDVDを購入予定。

思い入れのあるペルソナ3の劇場版、完結編。

Blu-rayでなくDVDで。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ペルソナシリーズサントラ紹介、

ペルソナ3編。

 

 

 

ペルソナ3は関連サントラが多いのだが、

それぞれ個別に紹介予定のため、

今回はオリジナルサントラのみで。

 

《画期的だったペルソナ3BGM》

 

ペルソナ3は、

前作までの1や2のシリーズや、

その他似たような形式の現代RPGとして、

明確な違いがあった。

 

それは、

【戦闘曲やフィールドBGMなどに、

おしゃれなボーカルBGMを採用】したということ。

 

といっても、

僕も全てのRPGを知ってるわけではないし、

とある戦闘曲だけとか、イベントが起きた時とか、

そういう時にボーカルBGMを流すのは。

ゲームの容量が上がってきたスーパーファミコン以降は、

普通にあったことだとは思う。

 

ただペルソナ3の場合は、

「比較的売れ行きの高いRPGシリーズとして、

過去作とは変えて、戦闘&フィールド曲にボーカルを入れた」という、

特異性があった。

 

実際それまでの常識とは別だからね、

ゲームで一番聞くことが多い通常戦闘曲に、

ボーカルBGMというのはなかなか思い切った仕様。

 

《Mass Destruction》 

 

ベイベベイベベイベベイベ~というクールな女性ボーカルから、

始まり、男性ラップパートを超えて、

今度は女性パートでサビという、

様々な一面を見せる曲。

 

戦闘曲は飽きない曲がいいというのが、

ゲーム音楽好きでは常識だったので、

この強烈に個性のある曲は…と思ったが。

 

この曲は男性パートと女性パートがあり、

個性はあるけど飽きづらい曲と思う。

少なくとも僕は全く問題なかった。

 

《Changing Seasons》

 

学園、二学期の曲。

ペルソナシリーズは学園曲は定番だけど、

今作は一学期と二学期で曲が違い、

どちらもおしゃれなボーカルだが。

2学期のこちらは活気あふれる学園生活を表現した、

とてもポップな曲で、聴くだけで元気が湧いてくる感じ。

 

===========

 

とりあえず代表的と思われる2曲を紹介したが、

注目曲はまだまだあるので、

次回へ続く。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

3年間女友達として交際して、

2016年に彼女になった、

オタクな彼女KYUとの5月のおでかけリポート。

 

オタクな彼女との日々

彼女になってからの記事リンクと、

女友達時代の目次へのリンク有。

彼女になった時の告白も収録。

 

===========

 

《元後輩に会った》

 

県立大学をサクッと終えて、

堀の内駅の謎解きも終えた。

KYUがあっという間にやってくれた。

KYUの方が謎解きのセンスあるっぽい。

 

そして、軽く堀ノ内駅を回ろうと改札に出たら、

声をかけられた。

 

N君

「yosiさん yosiさんじゃないですか?

久しぶりです!」

 

「おおN君!久しぶり!」

 

そういえばこの駅は元職場の最寄り駅だ。

せっかくなのでいろいろ近況を…。

 

話す必要が無かった。

 

N君

「yosiさんのブログ読んでますから知ってますよ!

それが彼女のKYUさんですね!」

 

「うん。」

 

N君

「うらやましいです!」

 

僕の近況は最低限でよくて、

職場の後輩バイトである彼の近況を聴いていた。

KYUもせっかくなので近くで聴いていた。

 

そしてこの機会にブログ読者でもある彼に

KYUの本名や、

中華街の時の秘蔵写真などを見せた。

KYUの許可はもちろんとったよ。

 

「当時の職場の仲間だと、

大森君が今は教師になっていて交流があるから、

また機会があれば誘うよ!」

 

こうして別れ、僕ら二人でそのまま下車。

堀の内付近は食べられるところは無かった。

 

が。

 

《職業訓練校跡》

 

「久しぶりだね、職業訓練校。

無くなっちゃったけど…」

 

KYU

「後に出来たこの店は、

入れなさそうだね…」

 

そう。

 

この駅は僕とKYUが出あった職業訓練校の、

最寄り駅でもある。

ミステリーラリー的にはこの駅で降りる必要は無いのに、

降りたのはそういう理由だ。

 

KYUには無くなったことを報告はしていた。

だから、それを確かめるための下車だ。

 

あの時の思い出話をしながら、

そのまま、次の京急大津駅へ。

京急大津駅の謎解きは、

本来は結構な距離を歩く必要があるのだが、

ネット情報でインチキして省略した。

駅前で食べられる場所もなかった。

 

こうして、次の馬堀海岸へ。

バスの場所だ。

 

続く。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。