yosiのゲーマー日和

元ゲーム店員のゲーマー日記。
月曜のみゲーム以外の近況日記。
アクションは苦手。RPG、テキスト系中心。
現在日曜に毎週のゲームプレイ近況連載中。


テーマ:

今週も週休三日だったんだが、

先週に続き、

増えてる休みに予定が入り、

あまりゲームプレイに時間を費やせてない。

 

==========

 

《携帯アプリ アリスの精神裁判》

 

現彼女のKYUにおススメされたゲーム。

休日に集中してプレイして無事クリア。

数時間くらいだったと思う。

 

攻略情報に頼らない場合は、

2倍くらい多く時間がかかったと思う。

 

詳しい感想は先日の土曜更新で。

 

《PC ものべの》

 

妖怪と人が共存している田舎町に、

久しぶりに戻ってきた兄妹の物語。

18禁要素有りのノベル。


物語には結構引き込まれてきてる。

妖のヒロインのメインルートをクリアした。

今度後日談を進める。

 

最近、ノベルゲームはKYUの勧めも多いが、

このゲームは間違いなく自分の趣味で興味を持ったもの。

世界観が魅力的だったのと、ヒロインの妖が好みだったので。

 

ただ、KYUにもおススメはしたいと思ってる。

購入したということは報告済み。

 

《VITA リアフェレス》

 

なぜか、あと一つだけ見れてないエンディングがあり、

ちょっと何とかしてみようとしたが、

今回は無理だった。

 

《3DS ものすごく脳を鍛える鬼トレーニング》

 

鬼計算9バック到達!

頑張った。

2か月ぶりの進展! 

 

維持まではできてないけどね。

 

《テレビ故障》

 

僕の部屋の、

WiiUやPS系をプレイしていた、

42型テレビが故障した。

 

そのため、据え置きゲーム機のプレイが制限された。

 

あと、PS4で、

アマゾンプライムの会員特典を使って、

見たいアニメがあったんだけど、それも見れなくなってしまった。

せっかくKYUからおススメがあったものだったのに…。

 

近日中には故障を何とかするか、

買い換えよう。

 

==========

 

《株の損失》

 

今週はデイトレード失敗により、

この1ヶ月こつこつ積み上げてきた小さい利益が、

全部吹っ飛んだ。

 

失敗の原因はわかったので、

きちんとメモに書いておいて、再発を防ごう。

 

なので、テレビの買い替えはきついので、

何とか修理で済ませられればいいのだが。

そして損失とは別に、

所持してる株は基本的にはそのままで、

長期的に様子を見るつもり。

 

失敗は失敗と書いておかないと、

また同じ失敗をしてしまうからね。

自分への戒め。

 

==========

 

今週はこんなところ。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

アリスの精神裁判

 

==========

 

現在は彼女となった、

元女友達のKYU。

 

そのKYUが、スマホを最近持ちはじめ、

僕に「ぜひプレイしてほしい」とおススメされたのが、

このアリスの精神裁判。 

 

お気に入りテキスト系ゲーム紹介

 

ナイトメアプロジェクト公式ブック購入

僕自身も、歪みの国のアリスという、

携帯アプリゲームに思い入れがあるので、

アリス系は惹かれるのだ。

 

==========

 

《逆転裁判系ノベルだと思ったが》

 

ゲームシステムは、

主人公神崎アリスの視点で、

学園を探索し、

事件の真相を解き明かしていくという内容。

 

ノベルゲームの傑作(と思ってる)

逆転裁判シリーズに近い操作性。

 

特に、精神裁判には裁判シーンもあり、

相手を納得させるために証拠品を掲示するシーンは、

逆転裁判にとても似ている。 

 

それ以外の捜査シーンも、

ミステリー系ゲームとしてはオーソドックスな、

画面を調べて、時には証拠品も使ってというのも、

スタンダードだ。

 

だが。

 

途中まではこう思ってプレイしていたけど、

クリア後には「このゲームは充分独自性がある!」と思った。

 

というのも、

「精神裁判」のタイトル通り、

事件の真相には精神的な部分が多分に関係してきて、

爽快感、逆転性などにこだわっている逆転裁判とは、

全く別ベクトルの作品だったからだ。

 

このゲームの場合、

チェシャ猫が、謎めいたかわいい子だ。

マスクが独特のデザインで個性的。

 

他にも、自信家のハートの女王、

すぐ判決を出そうとする帽子屋検事など、

キャラクターがアリスをモチーフにしつつ、

精神裁判ならではのキャラになっている。 


また。

 

このゲームは無料だ。

ただ、ゲームに詰まった時は、

ある程度広告を見る必要があるという制限はあるが、

ゲーム自体は無料。

 

そして、ボリュームもそんなに多くないし、

僕みたいに攻略情報を駆使すれば数時間で終わる内容。

ゲーム性を求める人は攻略情報を使わなければ、

もっとプレイ時間は長くなるかもしれない。

 

というわけで、

公式サイトとその動画を見て何か惹かれるものがあった人は、

ぜひどうぞ。

 



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

カプコン発売の

逆転裁判シリーズ、

サントラ紹介の目次。

 

予告&シリーズBGMの特徴

 

逆転裁判1

 

逆転裁判2

 

逆転裁判3

 

逆転裁判4

 

逆転検事1 前

 

逆転検事1 後

 

逆転検事2 前

 

逆転検事2 後

 

逆転裁判5 前

 

逆転裁判5 中  

 

逆転裁判5 後

 

ゴーストトリック 前

 

ゴーストトリック 後

 

レイトンVS逆転裁判 レイトンサイド

 

レイトンVS逆転裁判 逆転裁判サイド前

 

レイトンVS逆転裁判 逆転裁判サイド後

 

大逆転裁判 前

 

大逆転裁判 中

 

大逆転裁判 後

 

逆転裁判アレンジ  

 

=========

当初は10回くらいの予定だったけど、

最終的には20回ほどになっていた。

 

2016年1月で一区切りしたけど、

逆転裁判シリーズはまだ続いてるので、

今後も増えるかもしれない。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

雷子の呉の武将解説、

4回目。

 

《甘寧》


水賊出身の猛将。

最初劉表、黄祖に仕えたが、

冷遇され、後に孫権に仕え、

逆に黄祖を打ち取った。

 

その後も様々な戦で功績を上げ、

魏の張遼に匹敵する力を持つと、

評された。

 

ただ、気性の激しい性格で、

すぐ人を殺すので問題のある人格でもあった。

 

正史では一言でいうと今の時代のヤンキーなのだが、

雷子では結構常識派の武闘派イケメン。

 

知力は38だが、武力97で呉では最強。

槍兵で反撃を受けず、

殺戮で30%攻撃力アップ、

神撃で必ず2回攻撃。

男の背中で近隣の味方の防御力アップもあるけど、

やはりメインは殺戮と神撃。

 

蜀の張飛に匹敵するくらい戦力になるので、

間違いなく呉のトップの武闘派。

 

軍師は皆女性化していたが、

甘寧と凌統は男性のまま。

 

そして雷子の場合は、

甘寧と凌統は非常に仲がいい。

腐れ縁的な分かり合ってる体育会系の友情。

 

甘寧が凌統の父を殺した因縁もあるのだが、

ゲーム開始時点ではすでにそれを乗り越えてるので、

爽やかな友情だけが残ってる。二人のやり取りはとても微笑ましい。

 

甘寧と凌統のコンビは、

呉の中でも特に好きなコンビだ。

戦力的にも、ストーリー的にも頼りになる。

 


 


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

逆転裁判シリーズサントラ紹介

第21回目はアレンジサントラの紹介。

 

《逆転裁判オーケストラアレンジ》

《逆転裁判ジャズアレンジ》

 

逆転裁判 MEETS AGAIN ~オーケストラ&ジャズ~/ゲーム ミュージック
¥3,240
Amazon.co.jp
 
逆転裁判シリーズのオーケストラアレンジと、
ジャズアレンジの2枚組。
 
もともとはそれぞれ単体で発売していたのだが、
入手困難になっていたため、
再販したパッケージで、
内容は過去発売していた単体サントラと同じ。
 
僕はオーケストラの方は持っていて、
ジャズサントラ非所持のためこちらで買った。
つまり、オーケストラサントラは今2枚持ってる。
 
で。
 
オーケストラサントラで、
一番多く聞いた曲は、
[逆転裁判 法廷の組曲]
 
荘厳な開廷の曲はオーケストラとても相性がいいし、
その後の尋問の荘厳さ、
追及のカッコよさと、緩急の付いた展開のメドレーが素晴らしい。
 
ジャズサントラは届いたばかりだが、
法廷の曲が結構良い感じ。
元々ジャジィだったゴドーの曲がより一層、
雰囲気が出てるのもお気に入り。
 
昔はジャズにあまり興味がなかったけど、
ここ近年良さがわかってきたので、
今ならとてもお気に入りになりそうだ。
 
《逆転検事2オーケストラサントラ》

逆転検事2(コレクターズ・パッケージ)/カプコン
¥6,264
Amazon.co.jp
 
逆転検事2のオーケストラサントラもあるのだが、
基本的には非売品。
ソフトの限定版についてるもののみ。
逆転検事1はまあまあ楽しめた僕は、
サントラのためにこちらを買った。
 
このサントラで一番気に入ってるのは、
イチジョウ ミクモのメドレー。
和風楽器を駆使したテーマ曲と、
ゲーム中別の一面を見せるときの神秘的な雰囲気と、
祭囃子のような弾けた曲調など、
ゲーム内と同じくいろいろな面を見せてくれる良アレンジ。
===========
 
《映画版サントラ》
 

映画 逆転裁判 オリジナル・サウンドトラック/遠藤浩二
¥2,571
Amazon.co.jp

映画のサントラ。

 

実は僕、映画とゲーム曲では、

圧倒的にゲーム曲の方が好き。

理由は、映画の曲は

「そのシーンを盛り上げる1度きりの曲」で、

ゲーム曲は「ゲーム中何度も聴くもの」ということが多いから。 

 

でも、ゲーム曲でもエンディングやイベントは1度きりのこともあるし、

映画でもメインテーマが何度も流れたりすることもあるけどね。

あくまで基本はということ。

 

で、このサントラはやはり、映画のサントラなので、

映画を見た僕でもあまり印象に残ってない。

ただ、映画の曲が嫌いということではなく、

そもそもの役割が違うのだから比べるものでもないと思う。

そして、一部ゲーム曲のアレンジが収録されてて、

そちらは強く印象に残ってる。トノサマンとか。 


[トノサマン]

 

むちゃくちゃかっこよくなってる。

アニメの主題歌じゃなく、時代劇のような感じ。

この壮大な感じ大好き。

 

=========

 

あとは逆転裁判3のサントラのおまけでついてきた、

逆転おまけディスクを持っていて、

これで逆転裁判シリーズの紹介は以上かな。

 

ただ、シリーズはまだ続くので、

サントラを手に入れたらまた続きを書くかも。

 

以上で逆転裁判サントラ紹介終了。

 

読んでいただきありがとうございます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。