yosiのゲーマー日和

元ゲーム店員のゲーマー日記。
月曜のみゲーム以外の近況日記。
アクションは苦手。RPG、テキスト系中心。
現在日曜に毎週のゲームプレイ近況連載中。


テーマ:

みんなで決めるゲーム音楽べストWIKI

 

第9回にして、

初投稿してみた。 


とはいえ、

僕は40000曲以上のゲーム曲を、

ituneに登録してるので、

その中から25曲なんて選べない。 

 

だから、基本的には今の時代でアレンジされたレトロ曲&、

サントラで聴きづらい名曲など、

そして新しいゲームのお気に入り

をテーマに勢いで決めた。


順位┃曲名┃ゲーム名┃機種名┃コメント
●01┃終宴┃俺の屍を超えていけ2┃VITA┃ゲーム中の主要曲のメドレー
●02┃百鬼祭り 夏の宴┃俺の屍を超えていけ2┃VITA┃

今作は様々祭り曲があるが、その中で特に熱い。他の百鬼祭も好き
●03┃みだれひな祭り┃俺の屍を超えていけ┃

春の祭り曲。一番正統派。夏秋冬も好きだがその中で一番ならこれ┃
●04┃田園マップ戦闘曲┃ポケモン+信長の野望┃DS┃

汎用フィールド戦闘曲。汎用とは思えない盛り上がり。
●05┃マップ前半┃ポケモン+信長の野望┃DS┃

ゲーム中一番多く聞く可能性の高いメインマップBGM 後半の盛り上がりもいいが前半が一番
●06┃氷の城戦闘曲┃ポケモン+信長の野望┃DS┃

主に明智光秀が城主の氷の城。吹雪を思わせる寒い雰囲気がいい。
●07┃ドンキーコングリターンズ(ドンキーファミリーボーカル)┃スマブラfor┃WiiU┃

まさかのボーカル化。ウホウホ。大声で歌うとマジ元気になる。
●08┃ライトプレーン(ボーカルミックス)┃スマブラfor┃WiiU┃

パイロットウイングスステージがこんなにオシャレに。
●09┃レッキングクルーメドレー(アレンジ)┃スマブラfor┃WiiU┃

今作のレトロ枠。ゴールデンハンマーの曲も含まれてるメドレー
●10┃謎の村雨城メドレー┃スマブラfor┃3DS┃

3DS版の印象が強いのでこちらで。名曲と名高い道中曲から主要曲がほぼ網羅。
●11┃汽車フィールド2┃スマブラfor┃3DS┃

専用の戦場のイメージが強い。なるけ節炸裂の熱いフィールド曲。
●12┃マジカント&エイトメロディーズ┃スマブラfor┃3DS┃

ピンク色のフィールドに流れる下村氏のやさしいアレンジ。
●13┃新鬼ヶ島メドレー┃スマブラX┃Wii┃

1章と4章のギターアレンジ。どちらも原曲からは想像もつかないスピード感。
●14┃アシュリーのテーマ(日本語版)┃スマブラX┃Wii┃

あたりまえアシュリーだもん。
●15┃メニュー(DX)┃スマブラX┃Wii┃

スマブラDXをメニューを桜庭氏がアレンジした曲で、原曲よりも熱く大好き。
●16┃神殿┃スマブラDX┃GC┃

リンクの冒険を当時プレイしていたので、豪華になったこのアレンジも大好き。
●17┃マッハライダー┃スマブラDX┃GC┃

短いジングルを組み合わせて1曲にしていて、先にこれを聴いて原曲聴いて衝撃受けた。
●18┃きっと笑顔が一番さ┃ダンスダンスレボリューションウィズマリオ┃GC┃

原曲がトラッチトラッチポルカとは思えないおしゃれな曲
●19┃月夜にぶちこわせ┃ダンスダンスレボリューションウィズマリオ┃GC┃

ジャジィなレッキングクルーの曲をさらにおしゃれに
●20┃ヒゲとタルとゴリラ┃ダンスダンスレボリューションウィズマリオ┃GC┃

タイトルの直球ぶりがすごい。初代ドンキーコングメドレー。
●21┃溶岩湖┃スーパーマリオ3Dワールド┃WiiU┃

溶岩だらけの高難易度ステージで死にまくってるうちに気付いたら好きになった。
●22┃スーパーベルの丘┃スーパーマリオ3Dワールド┃WiiU┃

今作を代表するメインテーマ。明るくさわやかな新曲。飽きない。
●23┃桜の橋立┃世界樹と不思議のダンジョン┃3DS┃

ゲーム内のアレンジとしては3回目。桜吹雪のイメージはそのままに和楽器が美しい。
●24┃白亜の森┃世界樹と不思議のダンジョン┃3DS┃

世界樹3収録曲の和楽器アレンジ。背景と相まって強く印象に残ってる
●25┃吹き荒ぶ熱風の果て┃世界樹と不思議のダンジョン┃3DS┃

世界樹3の戦闘曲がまさかのフィールド音楽化。マップの雰囲気に合ってる。

 

とりあえずこんな感じで投稿したけど、

全然ベスト25ではない。

 

ドラクエもFFもペルソナもファイアーエムブレムも全く入れてないし、

とにかく間に合わせるために一気に決めたのが今回の投票。

 

とはいえ、紹介した曲がお気に入りなのは間違いない。

次回は焦らないようにするためにきちんとある程度選別しておこう。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
最近買ったゲーム本を、
感想込みで紹介。
 
《任天堂系》
スーパーマリオブラザーズ百科: 任天堂公式ガイドブック (ワンダーライフスペシャル 任天堂公式.../小学館
¥3,132
Amazon.co.jp
 
大型の本で、
オールカラー256ページ。
 
全てのステージに一枚だけでも画面写真を用意したり、
キャラクター、マリオ変身パターンも網羅してる。
なかなか充実した本で満足。マリオの歴史をたどれる。

スプラトゥーン イカすアートブック (ファミ通の攻略本)/KADOKAWA/エンターブレイン
¥2,592
Amazon.co.jp
 
キャラクターやステージ、
設定資料におまけ漫画など、
読み応えのある本。
 、
ステージは全てのステージが、
載ってるわけではなかったのは、
残念だが、
それでもある程度は載ってるし、解説も詳細。
キャラクターたちの裏話も見れるし、
とりあえず現時点でのスプラトゥーン本の決定版だろう。
攻略本ではない。攻略要素は一切ないので注意。

《ファミコン系》


ファミコンクエスト/三才ブックス
¥1,512
Amazon.co.jp
 
ファミコンの歴史をたどれる本。
僕の主観での主要なファミコンソフトは大概紹介されてるので、
資料的価値がとても高い。
大半はカラーページで懐かしい。
 
桜井政博氏》

桜井政博のゲームを作って思うこと2 (ファミ通BOOKS)/KADOKAWA/エンターブレイン
¥1,188
Amazon.co.jp


桜井政博のゲームを遊んで思うこと2 (ファミ通BOOKS)/KADOKAWA/エンターブレイン
¥1,188
Amazon.co.jp

ファミ通で連載してるコラムを、

テーマに沿って2冊に分けて編集した本。

ゲームディレクターとしての作る側の話と、

ゲーム好きとしてのプレイヤー視点での話。

 

ファミ通の連載は欠かさず読んでるけど、

その連載後の振り返りなどもあるので、

僕にとってはとても価値がある本。

 

==========

 

最近買った本はまだまだあるが、

その中の主要な本の紹介でした。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

前回までで他の武将の紹介も、

大体終えたので。

 

後は、主要国の

キャラクター昇格希望モブをそれぞれ紹介しておく。

記事を書いてるのは真・三國無双7猛将伝の時点。

 

《満寵》

 

まんちょう。

曹丕の時代以降に活躍の多い、

魏の軍人。

合肥新城を守り切ったエピソードなどがあり、

魏の後半を盛り上げてくれるキャラと思う。


合肥新城は毎回近代兵器に近いものが置かれていて、

時代を無視したような感じが好きなので、

満寵もいっそのことその系統の武器を希望。銃系とか。

 

《曹植》

 

そうしょく。

曹操の子で、曹丕の弟。曹丕と後継ぎ争いをした。

詩人として名高く、曹操の寵愛もあったが

後継争いに敗れた後は事実上の隠居生活を送った。

 

真・三國無双ブラストでのデザインは、

曹丕とは対照的な穏やかな若者。

 

馬岱が持ってる武器の筆は、

曹植にこそ似合うと思ってるので、

ぜひ持たせてあげてほしい。

 

《文聘》

 

ぶんぺい。

劉表に仕えた後、曹操に仕え、

孫権から荊州を守った。

 

忠義の士で、

荊州を守れず曹操に降伏することを、

潔しとせず忠義を示し、

そのため曹操に認められ、厚遇された。

 

劉表軍に仕えていて、様々な戦いで出番があるし、

曹操に仕えた後も、

劉備や孫権の戦いで出番があるため、

登場したら様々な戦場の深みが増すと思う。

キャラとしても忠義の士だし。

 

真・三國無双ブラストでの豪勇の士という感じの、

デザインも素晴らしいと思う。

 

=========

 

他にも何人か候補はいたけど、

ベスト3は彼らかな。

曹彰(曹丕、曹植兄弟の一人 豪勇の曹操の子)も

面白いとは思うけど、曹兄弟ばかり増えてもしょうがないから、

どちらかといえば曹植かな。 

 

魏は、めぼしいところはきちんと、

キャラクターになってる印象があるな。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

逆転裁判シリーズ第8回。

 

《逆転検事2》

 

逆転検事2 オリジナルサウンドトラック/作者不明
¥2.700
Amazon.co.jp
逆転検事2の作曲者は、
検事1と同じ岩垂氏。
これで岩垂氏は、
逆転シリーズを3作担当したことになる。
 
同じ作曲者のため、
同じテーマの曲は、
似た曲調であることも多い。
そのため、曲だけを聴いても、
1なのか2なのかわからない状態に僕はなってる。
 
ただ、同じテーマでも、
あえて曲調を変えてる曲も存在してる。
 
《対決 ブレスト2011》
 
ブレスト2009は、
勝利確定BGMのような、
勇壮な曲だったが。
 
ブレスト2011は、
緊迫感の方を押し出していて、
クライマックスのぶつかり合いというイメージで、
明確に2009と曲調が違う。
 
《追及 つきとめたくて》
 
1では[追及 つきつめたくて]という曲名。
こちらの方は1と2でほぼ曲調に違いがない、
勝利確定の勇壮な曲なので、
ブレストの方を曲調を変えて、
この曲に勝利シーンの役割を集中したと思われる。 
 
《対決 モデラート2011》
《対決 アレグロ2011》
 
これらの曲は、
2009と同じ曲調。
イントロなどはとても似てて、楽器が違う。
その後の展開は違うのでやっぱり別の曲。
イメージはほぼ同じ。

 

《捜査 序盤2011》

《捜査 中盤2011》

《推理 現場の真実》

 

これらがいわゆる、

通常シーンで流れるメインBGMたち。

 

基本的には検事1と同じ曲調。

 

どれも好きな曲なのに、

いざ聞くと1と2の区別がつかないという、

何とも僕としてはジレンマにあふれる曲たち。

 

ところどころにミツルギのテーマの

フレーズが見え隠れしてるのも、

検事1と同様。

 

========== 

というわけで共通曲は、

一部を除いて、それほど強く印象には残ってない。

 

だが、2のキャラクターテーマなどは、

強く印象に残ってるので、

次回紹介。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

月に一回会っている、

10歳以上年下の女友達のKYUとのリポート、

10月編。

 

女友達と漫画喫茶へ  

↑過去記事リンクはこちら。

 

==========

 

全5回の記事の3回目。

 

《素晴らしき日々終了》

 

素晴らしき日々 公式

 


6月から全4回にかけて、

進めてきた哲学アダルトノベル、

素晴らしき日々がやっと終わった。

全てのエンディング制覇。

 

元々KYUはネットでBGMを聴いて、

紹介記事を見てこれは名作と思ってたけど、

プレイはできない環境だったので僕が買ってプレイ。

どちらが主ともいえない状態だった。

 

KYU

「こういう哲学的なゲームがとても好きなんです!」

 

で。

 

「なら、同じ製作者のゲームも買ってみようか?」

 

サクラノ詩 公式

 

ちょうど2015年10月23日に、

同じ作者の哲学アダルトノベルの新作が発売だったのだ。

テーマ的にも素晴らしき日々の流れをくんでる模様。


 

KYUは迷っていた感じだったが。

 

「大丈夫。僕も興味あるから。

このゲーム気に行ったし」

 


ただKYUのためだけでもない。

 

こうして、サクラノ詩は買っておくことになった。

でまた、今回のようにプレイするかもしれないということに。

 

まあ、僕もどんなゲームなのか、

あまり詳しくは調べてないんだがね。

 

《KYUのおススメの2本》

 

ルングルング オズの魔法使い  


PS1のゲーム。

オズの魔法使いをモチーフにした、

ファンタジーアドベンチャーゲーム。

 

KYUは小さいころプレイしていたが、

そのころは小さすぎてクリアまではできず。

そして、最近やっと再度手に入れる機会があり、

始めてクリアした。とても好きなゲームですごくやりこんだとのこと。

 

僕はPS1はプレイできる環境があるか不安だったが、

所持してるPS3の本体でプレイできることがわかり、

KYUのアドバイスを聴きながら序盤をプレイ。

 

非常に優しい世界で、

ちょうど僕は、他のオズの魔法使い系の、

ゲームもプレイしていたので、

世界観自体はとても興味があった。

 

なので、KYUから買い取ることにした。

 

KYUとしては、

思い入れのあるゲームの上に、

生産数が少ないために現在価格が高騰気味なので、

できれば高く買い取ってもらえたらありがたいとのこと。

 

というわけで¥3000で買い取った。

ちょうどネットで調べたらこれくらいが販売の最低価格だったので。

 

あと、記事には書いてなかったけど、

先月おススメのあった乙女ゲームの新作、

リアフェレス も買い取った。こちらも¥3000。

こちらは攻略ミニメモももらった。

 

KYUには、来月までに、

どちらか1本はクリアすると約束した。

ちょうど僕、他の積みゲーが片付いていて、

ゲームには取り掛かれる状態だったので。

 

続く。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。