yosiのゲーマー日和

元ゲーム店員のゲーマー日記。
月曜のみゲーム以外の近況日記。
アクションは苦手。RPG、テキスト系中心。
現在日曜に毎週のゲームプレイ近況連載中。


テーマ:

蜀20回目。

 

《関銀屏》

 

かんぎんぺい。

関羽の娘。孫権との婚姻を申し込まれたが、

関羽が拒否し孫権との関係が悪化した。

 

正史はこれのみ。

 

民間伝承で、南征に参戦したという逸話がある。

 

というわけで、

ほぼ完全に創作キャラ。

関羽張飛の子供は大体がそう。

 

無双では、

とんでもない力持ちの細身で謙虚な娘。

もっと筋力をつけたいが口癖。

他の関羽の子兄弟との絡みも多い。

 

飽和状態の関羽の子だが、

性別が違うため差別化はできてる。

印象に残ってないということは無い。

 

ただ、出番が多かったわけではないので、

強く印象に残ってるわけではない。

 

でもまあ、キャラ付けは結構正解だともう。

強いのに自覚のない娘という設定のおかげで、

よく覚えている。

 

正史が無いキャラは、

ちょっと極端なキャラ付けくらいの方が、

良いのかもしれないな。

 



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

毎週月曜はゲーム以外の日記です。

 

==========

 

《株の現状》

 

今のところ、負け気味。

約3万のマイナス。

 

ただ、この株の下がり気配の、

読み取りは正しく、

そのまま持っていたらあと5万のマイナスだった。

 

さらに、底値の予想もだいたい当たってた。

 

そのため、今後につながりそうな負けではあったが…。

やっぱり、ギャンブルではあるのだなと実感する。

 

そして、今回のやり取りで、

買い注文の仕方、

売り注文の仕方、

契約成立のコツなどは分かったので、

これは純粋に経験として活かせる。

 

今後も無茶しない程度に頑張ろう。

 

《お気に入りの食事》

 

最近は時々半日の日を入れて、

そのまま外食をしてる。

普段は自宅と職場の食堂の繰り返しなので、

半日の日がいい気分転換になるのだ。

 

スープストック

 

スープ専門店。

毎日メニューが変わるこだわりのスープが特徴。

量の割に割高だが、

質がいいので僕は気に入ってる。

 

カレーを食べると腹も満たされるが、

僕はダイエット目的もあるので、

スープとパンのみが大半。

 

今回行った日はアジア系のメニューの特集日で、

ラクサと火鍋スープというメニューがあった。

どちらも辛めのメニューで好みだったので満足。

 

モスバーガー

 

僕が行ってるファストフードで、

一番おいしいバーガーを提供してくれてると思ってる店。

 

最近行ってる日は、

イベントメニューが特にない日だが、

その時は。

 

・モスバーガー

・ロースカツバーガー

・きんぴらライスバーガー

・とびきりハンバーグサンド

 

たまに・フィッシュサンド

たまに・かき揚げライスバーガー

 

これらレギュラーメニューを

ローテーションで回してたべてる。

 

メニュー自体は前日夜の食事の、

野菜のバランスなどから考える。

足りないときはきんぴらライスにするという感じ。

 

最近は、

月に一回だけだが、

女友達と毎回新しい外食の店を行ってみて、

切り開きつつあるので、

自分一人の敵は定番メニューでいいかなと、そんな感じ。

 

=====

 

今週はこんなところ。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今週は週休2.5日。

比較的時間があったが。

 

6/25発売のソフト2本は、

プレイする時間が無かった。

そのため、その2本の、

ファイアーエムブレムif、

ペルソナ4ダンシングは除く。

 

《3DS リズム天国ベスト+》

 

本編はクリアしたので、

おまけ要素の方をプレイ中。

 

パーフェクトは全部は無理そうだが、

できるものもあるので、

それだけでも進めてる。

 

そして、それ以外のリズムゲームも、

プレイしてコインを稼ぎ、

そのコインでおまけアイテムを集めてる。

おまけアイテムは遊び心あるコラムが読めて、

楽しい。

 

ファイアーエムブレムifが届くまでは、

メインゲームだ。

 

《WiiU スプラトゥーン》

 

いよいよヒーローモードの、

全てのステージをクリアして、

ラストボスに挑めるようになった。

 

挑めるようになった。

 

挑めるようになった…が…。

 

さっぱり倒せないよ…。

 

とりあえず第2段階、

攻撃が変わるところまでは行くのだが、

それ以降まで進めない。

 

諦めてゼノブレイドクロスを、

プレイすることも考えてるけど、

さすがにここで終わりにするのは区切りが悪いかな…。

もう少し挑んでみる。

 

もう90分くらい挑んでるけどね。

 

《WiiUVC ライブアライブ》

 

6/24から配信される、

スーパーファミコンで発売した、

異色RPG。

 

7つの短編が収録されてて、

その短編をクリアすると、

ファンタジーの世界の王道話が始まり、

全然王道じゃない終わりの後、

最終編が始まるという構成。

 

7つの短編が、

原始時代から幕末、未来まで、

幅広い様々な構成で、

ゲーム性も工夫を凝らされていて、

何度もクリアしたお気に入りゲーム。

 

というわけで、

またプレイしたいので、

配信されたら買う予定。

 

 

==========

 

今週はこんなところ。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
リズム天国 ザ・ベスト+ 【Amazon.co.jp限定】オリジナルマイクロファイバーポーチ 付/任天堂
リズム天国 ザ・ベスト+/任天堂
¥5,076
Amazon.co.jp
 
公式サイト
 
==========
 
リズム天国シリーズ関連記事 目次
過去記事はこちらで。
シリーズ全てプレイ済み。
 
というわけで、
プレイ済みの視点で今作をレビュー。
 
《ボリューム満点!》
 
過去作から70個、
新作のリズムゲームも30個あるとのことで、
全部で100個以上のリズムゲームがある。
 
前作でも50くらいだったと思うから、
今作は大ボリュームだ。
 
特に、今はプレイしづらい、
初代GBAのリズムゲームも、
結構多く収録されてるので、
プレイできるのがうれしい。
エアーバッター好きだったんだ。
 
《ストーリーモード追加》
 
今作からの試み。
過去作には無かった全体のストーリーが、
組み込まれてる。
 
リズムゲーム自体は相変わらず、
カオスでバラバラなので、
全体の目標があり、世界観が統一されるのが、
プラス点で。
 
ストーリーとしてどうでもいいくらいゆるいのが、
マイナス点。
まあでも、無いよりはいいかなという印象。
 
特にリミックスが、
過去作では数字のみで無味乾燥だったけど、
今作ではオレンジとかエッグとか、
ストーリーにかかわる単語表示なので、
イメージしやすくなったので、良いところもある。
 
《パーフェクトキャンペーンの仕様変更》
 
一回の失敗も許されない代わり、
クリアすると特別な報酬がある、
パーフェクトキャンペンの仕様が変わった。
 
窓口が一つに統一され、
失敗するとすぐ強制終了になり、
報酬が変わった。
 
総合的にはプラスの部分が多い。
パーフェクトキャンペーンを探す手間が省けたし、
失敗あとすぐ再挑戦できるし。
 
報酬は過去作収録ゲームなので、
新要素部分ではない。
過去作ではリズムゲームの裏話だったので、
クリアできないとそれを見れなかったが。
 
今作では裏話は、
下手でも努力すれば稼げるコインで見れるので、
完ぺきなプレイをしなくても大丈夫なのだ。
 
そのため、総合的には助かる。
僕はどうしても全部のパーフェクトは無理だったからね。
 
《操作は簡単》
 
リズム天国ゴールドでは、
はじく操作が馴染めなかったけど、
今作でははじくは無し。
 
全部ボタンでできる。
ゴールドではじくだった曲も、
仕様が変更になってる。
 
助かった。
やっぱりこの方がいいよ。
 
==========
 
というわけで総合的に充分楽しんでる。
8時間ほどで本編はクリアしたけど、
裏話を見たいのでコイン稼ぎのために、
まだまだプレイ続行中。
 
新リズムゲームでは、
ごっつあん兄弟とマキネコが特にお気に入り。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

蜀19回目。

 

《張苞》

 

ちょうほう。張飛の息子。

父より先に死亡し、弟が後をついだ。

 

これが正史の記述。

 

三国志演義ではかなり多く出番があり、

関興との絆、北伐での活躍、

最後は第2次北伐中に、

谷へ転落し破傷風で死去となっている。

 

関興と並んで、

「実在はしてたけど活躍した形跡はない」人。

三国志演義では張飛の跡を継げる豪傑として書かれてて、

その後の創作はこれを参考にしてる模様。

 

無双では、演義設定を引き継いだ、

陽気で頼れる世話焼きの若武者として書かれてて、

無口でつかみどころのない関興との対比で印象深い。

 

=====

 

関興と張苞も、

関索と鮑三娘のようにまとめてしまおうかとも考えたが、

その二人に比べると、結構それぞれの個性や、

キャラ立ち、印象があったのでそれぞれ単独記事にした。

 

関索~は無双6からの登場で、

関興~は無双7からの登場で、

反省は活かされてると感じる。

 

というわけで今後も、関興とセットでの登場を希望。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。