yosiのゲーマー日和

元ゲーム店員のゲーマー日記。
月曜のみゲーム以外の近況日記。
アクションは苦手。RPG、テキスト系中心。
現在日曜に毎週のゲームプレイ近況連載中。


テーマ:

5月第4週は週休三日。

余分な休み申請が通った。うれしい。

 

が、6月は余分な休み申請はすべて却下。

そのため、思ったよりゲームをプレイする時間が取れないのが残念。

週休三日、大事に過ごそう。


 

==========

 

《PC 素晴らしき日々~不連続存在》

 

女友達のKYUに勧められたゲームで、

アダルトギャルノベルゲーム。

アダルト要素はおまけみたいなもので、

ノベル部分が主役。 

 

KYUが勧めてくるアダルトゲーム、または旧アダルトの、

家庭用移植ゲームはほとんどこのパターン。

本来表現したいストーリーがあるけど、

それだと商売にならないのでアダルトゲームとして売ってる、

そういうノベルゲームが多い…気がする。

 

そして僕は、

余分な休みにこのゲームを進めておくと、

KYUに宣言したが、6月の余分な休みは全部却下。

 

今週5月第4週に一気に進める必要が出てきた。

 

というわけで一気に1章と2章をクリア。

全部で6~7章のようで、

まだ全然全貌がわからないが、

[学園のいじめ]がストーリーに深くかかわってることはわかった。

 

実際にいじめを喰らっていた僕には、

なかなかきついゲームになりそうだ…。

ちなみに僕は敵もいたが味方もいたので、

登校拒否などには至ってない。

いじめについて深く書くこともできるが、それはまた別の機会に。

 

《WiiU ゼノブレイドクロス》

 

本来は進めたいんだけど、

今週はプレイ時間控えめ。

 

それでも5章に至った。

ゲーム自体は大体理解して、

クエストなど探索以外も楽しむ余裕できてきた。

 

《WiiU スプラトゥーン》

 

今週届く予定。

この記事を書いてるときはまだ届いてない。

一人用モードを楽しむ予定。

 

《3DSサウンド》

 

ゼノブレイドクロスのサントラが届き、

フィールド曲が特に素晴らしいと感じ。

 

様々なフィールド曲が聞きたくなり、

ニコニコ動画のフィールド曲ベスト100 の動画を、

ブログ執筆などの作業中に流していた。

 

そして、この動画で紹介されてる曲は、

3割以上自分が所持してるサントラなので、

その曲を集めて、3DSに取り込んで、

いつでも聴けるフィールド曲リストを作成した。

 

結果的に半日以上この作業にかかってしまったけど、

ファイナルファンタジーやドラゴンクエスト、

クロノトリガーや聖剣伝説、

世界樹の迷宮やアトリエシリーズなど、

様々なフィールド曲を集めたベストプレイリストが完成。

時間をかけた価値があったと思ってる。

 

==========

 

今週はこんなところ。



 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

すれちがいゲームの感想 目次

以前までの4つのゲームについてはこちら。

 

最近、

すれちがいゾンビと、

すれちがいフィッシングの、

二つが加わった。

 


今回はすれちがいフィッシングの感想&レビュー。

 

公式サイト

 

==========

 

《すれちがいフィッシング》

 

簡単なアクションがある釣りゲーム。

すれちがった人の服の色でエサが決まり、

そのエサを使って、様々な魚を釣り上げるのが目的。

 

魚は様々な種類がいて、

小さい魚、大きい魚、

魚じゃないけど魚介類などなど。

釣り場ごとに数種類いて、

その中で目標の魚を釣ると、

次の釣り場が開く。

 

最終的には、

巨大な幻の魚を釣り上げるのが目的。

 

結論としては、とてもハマった。

 

ゲーム自体はとても簡単。

タイミングを合わせてボタンを押して、

スライドパッドを回して釣り上げるだけ。

ただ、釣竿やエサなど、

事前準備の段階があるので、

アクションだけでない。

 

釣り場はかなり多く用意されてて、

湖畔風、ジャングル風、海辺風、

BGMと背景も場所により違うので、

簡単な旅行気分。

 

そして肝心の魚の数もかなり多い。

とりあえず僕は今100種類釣り上げたが、

まだ全部ではなさそう。

 

1ゲームが時間がそれほどかからないし、

エサを混ぜて時間の短縮もできるので、

すれちがいというゲーム性にかなり合ってる。

 

結果的に、僕は今、

このゲームにすごくハマってる。

今最優先でプレイしてる。

 

意外だったのは、

父さんもハマったことだ。

父さんはアクションゲームがだめなので、

そこを危惧してたが、

SIMPLEなアクションなので問題なかったようだ。

 

というわけで、

すれちがいゲームとしてとてもおススメ。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

蜀11回目。

 

《月英》

 

げつえい。黄月英(こうげつえい)とも。

正史には黄夫人としての名しかなく、

逸話のために仮につけられた名前の一つが月英で、

結構一般的になっている。

 

諸葛亮の妻で、

赤毛で色黒の娘とされて、

諸葛亮の嫁選びは真似をしてはならない、

醜い嫁が来るぞと、ことわざが生まれたという。

 

ここまでが正史の記述だが、

赤毛で色黒の外国人としてみたり、

実は醜いのはカモフラージュとしてみたり、

発明家としてみたりする様々記述があり。

 

無双では、才色兼備の発明家として書かれてる。

民間の話を採用した形だね。

 

諸葛亮の妻にふさわしい理知的な女性なので、

キャラとしてのインパクトは薄い。

発明の点で、様々な新兵器を戦場に持ってくるという、

使い勝手の方が印象に残ってるかな。

 

死亡時期不明のため、

諸葛亮の死後も蜀の戦いにいるのは、

悲壮感がある。

 

=====

 

月英については、

他媒体の三国志などで、

眼鏡がある発明家として書かれてる方が印象に残っていて、

無双のキャラはそんなに印象に残ってない。

スタンダードで良いキャラだとは思うけどね。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

世界樹の迷宮シリーズ所持サントラ紹介。

連載9回目。

 

《世界樹の迷宮4 スーパーアレンジバージョン》


世界樹の迷宮IV 伝承の巨神 スーパー・アレンジ・バージョン/古代祐三(音楽)
¥3,240
Amazon.co.jp

今回は1.2.3とはまたアレンジ担当者が別。

上倉紀行氏で、もとはベイシスケイプ所属だった人の模様。

 

《大地1 風馳ノ草原》

 

気球フィールドの草原を表現した原曲も好きだったが、

それをビッグバンド風にアレンジしたこの曲は、

原曲の良さをより強調できてて大好き。

 

《迷宮1 碧照ノ樹海》

 

緑の樹海のシリーズ4曲目のアレンジで、

アレンジアルバムとしては初の日本語ボーカル。

 

ただ、どちらかと言えば違和感の方が多い。

優しくて良い曲なのだが、

世界樹の迷宮には日本語じゃない方があっていたかも…。

 

と当時は思っていたが、

新世界樹の迷宮2でも日本語ボーカル曲の曲が、

オープニング曲になっていたし、それはそれでよかったし、

今は日本語ボーカルも味があると思えるようになった。

数年越しに評価を改めた曲。

 

《迷宮3 金剛獣ノ岩窟》

 

原曲は幻想的な洞窟の曲で、

あまり印象には残ってない。

 

だがこのアレンジはダンスミュージック風に、

かなり早いテンポにアレンジされてて。

ほぼ別の曲になっていて、大好きだ。

原曲の評価も見直したくらいの良アレンジ。

 

《戦場  双眸爛爛と》

 

世界樹の迷宮3にはなくなっていた最下層戦闘曲が復活。

そして、このアレンジは原曲でも不穏な感じだったが、

不穏な雰囲気をより強調するアレンジで、原曲の良さをより引き出している。

 

《迷宮4》

 

原曲でも好きだったので、

原曲の無機質な雰囲気を損なってないこのアレンジも好き。

2ループ目の早いテンポのアレンジ具合が本番だと思う。

 

《戦場 一重向こうの死》

 

逃げるべき脅威のボスのテーマ。

4では、威圧感よりも、びっくりしたという感じの方が強調されてる。

そしてこのアレンジは、ピコピコ音風のアレンジ。

 

1~3まではFM音源アレンジがゲーム内であったが、

4は生音源だけなので、実はピコピコアレンジは聞けないので、

これはこれで結構新鮮なのだ。

独特のアレンジが好き。

 

《迷宮5》

 

黄昏という雰囲気の原曲が、

ちょっとテンポが速くなって英語の女性ボーカルが入ることで、

全く別の雰囲気に。

 

迷宮3と同じく、

原曲がそこまで印象に残ってなかったが、

アレンジが好きで、原曲の評価も見直したパターン。

 

=========

 

スーパーアレンジバージョンは、

紹介しなかった曲も好きな曲も多い。

原曲拡張で雰囲気は同じでもよくなってるものも多いからね。

 

連載はあと3回の予定。

世界樹と不思議のダンジョンと、

初回特典サントラ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

関連記事

KYUとのおさらい

 

女友達KYUの記事まとめ&紹介

 

==========



全5回の1回目。

先月と違い4回から5回に増えてるのは、

次回KYUと会う間隔が長いため。

先週の小休止もそのために書いた。

 

=====

 

いつも通り10時台にモアーズの本屋で出会えた。

今回は珍しくKYUの方が先に着いていた。

僕を探してた模様。

 

今回も二人の荷物量は多い。

 

早速レストラン階の、

休憩スペースを陣取って、

互いに持ってきたものを確認。

 

MAMA (電撃文庫)/紅玉 いづき
¥594
Amazon.co.jp

名探偵に薔薇を (創元推理文庫)/城平 京
¥821
Amazon.co.jp
 
上のMAMAは、
KYUが先月勧めてきたミミズクと夜の王の、
同じ作者で同じ世界観の別の作品とのこと。
ミミズクがとても優しい話で印象に残ったので、
優先して読もうと思ってる。
 
下の名探偵に薔薇をは、
単純にミステリー好きとして気になった。


ICO-霧の城-(上) (講談社文庫)/宮部 みゆき
¥637
Amazon.co.jp

ICO-霧の城-(下) (講談社文庫)/宮部 みゆき
¥648
Amazon.co.jp
 
これは先月受け取ったもので、
KYUと会った時点では上巻の途中まで読んでいた。
ゲームが原作なのでなじみがあったので、
興味深く読んでる。
原作は未プレイだけど評判良かったの知ってたしね。
 
=========
 
ハルカ 天空の邪馬台国/桝田 省治
¥1,944
Amazon.co.jp

ハルカ 炎天の邪馬台国/桝田 省治
¥1,944
Amazon.co.jp

逆に、僕がKYUに貸したライトノベルもある。
これら2冊はゲームデザイナー桝田省治氏の、
書下ろしノベル。
僕が好きだった和風RPG、
天外魔境シリーズの没設定を採用した小説。
 
少年少女の青春タイムトラベルものだが、
戦争自体はとても悲惨で残酷で、
熱い物語だったので、好きなので貸してみた。
KYUは、2日あれば読めると言っていた。
 
==========
 
ライトノベルだけで結構な量だったので、
次回は他の紹介。 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。