yosiのゲーマー日和

元ゲーム店員のゲーマー日記。
月曜のみゲーム以外の近況日記。
アクションは苦手。RPG、テキスト系中心。
現在日曜に毎週のゲームプレイ近況連載中。


テーマ:

呉13回目。

 

《大喬&小喬》

 

だいきょう&しょうきょう。

大喬は孫策の妾

小喬は周瑜の妾。

 

二人は姉妹で、ともに美女と名高かった。

 

正史で分かってるのはこれくらい。

 

創作である三国志演義では、

曹操が美人の大喬&小喬姉妹を狙っていると、

諸葛亮が周瑜に噂を伝え、

赤壁の戦いが起こったという描写がある。

 

でも三国志演義でも描写はこれくらい。

 

というわけで、

無双でのこの二人は、

これらの描写から生まれた、

事実上のオリジナルキャラクター。

 

女っ気の少ない三国志において、

堂々と出せる女性キャラのため、

三国志系統での作品での二人の出番は、

結構多い。そのため様々な大喬&小喬像があるが。

 

無双の二人は、

その中でも印象が強い。

理由は、孫策&周瑜が史実のイメージに、

非常に忠実と僕は思ってるので。

 

その二人により添ってる奥様二人も、

自然にイメージ通りという印象になってるのだ。

 

最近の無双本編では、

あまり出番がない。

奥様を出して水増しする必要がないくらい、

キャラクターがそろってきてるからね。

 

とはいえ、、無双2から、

戦場を華やかにする役目をこなしてきた姉妹。

最近では大喬はおしとやか、

小喬は元気と性格もきちんと分けられ、

個性も出てきた。

これからも、旦那様達を支えてほしい。

  

==========

 

というわけで、今回は二人を一人でまとめた。

声優も同じだしね。



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

毎週月曜はゲーム以外の日記です。

 

《さらに残業してみた》

 

前回記事

がっつり残業してみた

 

前回残業した日も、次の日が休みの日だったが、

今回も同じような日に残業してみた。

 

ブログ登場人物紹介

 

優秀すぎる上司四十九さん

「今日は別に手伝ってもらうことは無いですね。

別の人の手伝いをしてあげてください」

 

というわけで、別の人の初歩の仕事の手伝いをすることになった。

 

が、なぜか席は、

四十九さんの近くに配置された。


 

=====

 

基本的には残業とはいえ業務時間なので、

ほとんど会話なしで淡々と仕事を進める。

ただ、四十九さんはものすごい勢いでキーボードをたたいてるし、

優秀な人なので様々な人が質問に来て、的確に答えてる。

 

僕はマイペースに仕事しつつ、

たまに四十九さんに質問し、

すさまじいぶっきらぼうさに苦笑しつつも、

的確な返答に舌を巻く。


四十九さんは完全に、優秀すぎて、

人の気持ちが理解できない方の人なんだな。

僕は的確な返答の方が必要と思ってるので問題ないが、

人によっては苦手な人もいることを理解できた。

 

しばらくして。

 

四十九さん

「クリームパン食べてください、yosiくん。

僕のダイエットに協力してください」


クリームパンがいくつも入ってる、

コンビニやスーパーなどで売ってる徳用パック。

 

正直言って、ダイエットに最悪な商品と思った。

確かにおいしいけどさ。

夕飯時にクリームパンを複数食べるなんて、

栄養バランスひどいにもほどがあるだろう。

 

「ナッツの詰め合わせ代わりにあげます。

 

ダイエットのコツは、同じ腹を満たすなら、

炭水化物から、できればタンパク質や、

その他別の栄養が取れるものにシフトすることです。

僕がナッツ詰め合わせを食べてるのは、

単純な炭水化物よりもいろいろな栄養が取れるので、

脂肪以外の栄養に使われる可能性が高いからです」


というわけで、ナッツ詰め合わせと、

タンパク質が取れるメザシをプレゼント。

栄養バランスをとってくれ。

 

四十九さん

「メザシしょっぱい!こんなの食べてるの?」

 

この話の流れで普通にこういうことが言えるんだな!

 

==========

 

3時間ほど残業した所で、

そろそろ帰宅命令が出たので一区切りつけて終えることに。

  

四十九さん

「僕の方も、今日はさすがに終電よりも結構前には帰宅しますよ」

 

そして、四十九さんが作った資料を見せてもらった。

非常にわかりやすくいろいろなケースが想定されてる役に立つ資料。

やっぱりこの人は優秀な人だ。

 

そして。

 

ヤッパリカップヌードルを食べてた。

「でも今日はシーフードヌードル一つですね」

 

四十九さん

「まあね。今日はこれで食事を最後にしますよ。」

 

前回はカップヌードル二つという、不健康極まりない食事だったからな、彼。

 

「残業することはわかっているんだから、

もう少しましなものを用意した方がいいかもしれないですね。

繁忙期の間はまあしょうがないかもしれませんが」

 

やっぱり、優秀な上司だからこそ、

健康にも気を使ってほしいとは思ってる。

繁忙期が終わったらダイエット本気で取り組めるよう、

力になりますよと伝えておいた。

 

==========

 

こうして。

 

今回も四十九さんとずっと一緒に過ごしてた、

残業タイムだった。

 


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

繁忙期で仕事が忙しいが、

ゲームも繁忙期(年度末で注目ソフト多し)。

 

というわけでゲームは飽和状態だが、

少しずつでも確実に進めるようにしてる。

 

==========

 

《3DS 世界樹と不思議のダンジョン》

 

今週一番進めたゲーム。

すっかり楽しくなってきた。

詳しいことは先日の記事参照。

 

すっかりハマって、

第4迷宮までクリアした。

 

《PS4 龍が如く0》

 

本来な早めに進めたいゲームなのだが、

前回の休日は1日世界樹と~をプレイしてしまい進められず。

まだ序盤のチュートリアルすら完全に終わってないような状態。

 

ゲーム自体は、システムなども改善して画像もきれいな最新作が、

時代は古くて携帯電話すら作中では存在してないというギャップが、

なかなか面白いと思ってる。

 

《VITA るいは智を呼ぶFD》

 

女友達のKYUから勧められたゲーム。

本編はクリアしたので、

ソフトに収録されてるファンディスクの方を開始した。

こちらも、休日のたびに1話ずつ進めていくとKYUに約束したので、

その通りに進める予定。

 

《3DS ゼルダの伝説神々のトライフォース2》

 

休日のたびに一つのダンジョンをクリアする目標だったが、

前回の休日ではフィールド探索だけで終わってしまった。

まあその分、ハートのかけらは4つ集めたし、

それ以外にも地味にパワーアップしたので無駄ではなかった。

 

クリアできる日も近い。

攻略本も手元にあるしね。

 

《3DS シアトリズムドラゴンクエスト》

 

この記事を書いてる時点ではまだ届いてない。

期待作。

 

===========

 

《映画 暗殺教室》

 

女友達のKYUと二人で見てきた。

水曜連載で紹介するのが後日になりそうなので、

軽く報告すると。

 

面白かった!

 

マンガの実写化はもともとあまり期待してないのだが、

想像以上にきちんと暗殺教室だった。

主要キャラの造形、原作のエピソード、

ぬるぬる動く殺せんせーなど、

見どころがたっぷりで約2時間充分楽しめた。

 

===========

 

《週刊少年ジャンプ 暗殺教室》

 

ジャンプ連載の本編マンガも急展開で、

目が離せない。

 

===========

 

今週はこんなところ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
世界樹と不思議のダンジョン/アトラス
¥7,538
Amazon.co.jp
↑ゲームソフト。3月後半現在品薄中。

ニンテンドー3DSソフト「 世界樹と 不思議のダンジョン」オリジナル・サウンドトラック/メディアファクトリー
¥3,456
Amazon.co.jp
 
↑サントラ。曲もお気に入りなので購入決定。
過去の世界樹シリーズの名曲アレンジ+一部新曲の模様。


公式サイト

 

==========

 

世界樹の迷宮シリーズの大ファン

シリーズについての解説はこちら。

 

こういう記事を書くくらい、

世界樹の迷宮シリーズは好きだったが、

今作、不思議のダンジョンが楽しめるかは未知数だった。

 

が、結論的には、

非常に楽しんでる。

 

以下ツイート転載。

 

[今日は気楽に世界樹と不思議のダンジョンを始めてみたら、

やっとコツをつかんできて面白くなってきて。

気づいたら4時間が経過して予定が終わってない。

 

楽しい。

 

この辺で封印しなきゃ。]

 

[第3迷宮クリア。

次の迷宮が気になりだすと止まらない。


今日7時間半もプレイしてた。]

 

[初めてボスで負けて、

すべてのアイテムと一部の装備を失った。

これは不思議のダンジョンなのだな。


この喪失感。


そうとう調子いい冒険だったから

ショックも大きいけど、久しぶりだなこの感覚。

これはこれで楽しいや。


レベルは上がってるから全てが無駄というわけでもないし。]

 

[第4迷宮クリア。


一度最下層で全滅したトラウマをもとに、

事前準備にかなりの時間をかけて無事クリア。

毎回最下層ボスを倒すたびに

「やった!」という声が出るので今作のボス戦は好きだ。

失うものがあるからこそ乗り越える楽しさもある。]


 

不思議のダンジョンシリーズは、

僕は昔プレイしていて好きなシリーズだったが、

最近はいろいろな理由からあまりハマり切れてない状態だった。

まあ、一番の理由は積みゲーが多すぎることで、

時間がかかりすぎる不思議のダンジョンは敬遠気味だったということ。

 

でも、今作はハマった。

ベースが世界樹の迷宮で、

煮てるゲームシステムだけど別物なので新鮮に楽しんでるのだ。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

呉12回目。

 

《凌統》

 

りょうとう。

15歳にて戦で父を亡くし、

孫権に仕えた。

 

荊州の戦いや、

赤壁の戦いで功績を上げ

合肥の戦いでは、

張遼に襲われる孫権を救出した。

 

父の敵である甘寧は、

その後呉に仕え、

確執は残ったままだったが、

甘寧が危機に陥った際、

他の将が救出に向かう間、守備を務めた。

 

ここまでが正史。

 

三国志演義では、

甘寧と和解するというエピソードがある。

確かに、正史の部分の解釈を変えれば、

起こっていたかもしれない話ではある。

 

無双では、正史と演技の設定を採用。

斜に構えた皮肉屋の若者で、

甘寧を憎んでいるが最終的には和解するのがパターン。

 

なんというか4の登場後シリーズでずっと同じパターンなので、

もうお前ら最初から仲良しでいいんじゃないのと、

思ってしまうのは心が狭いのだろうか。

 

キャラとしては好き。

甘寧との絡みは毎回きちんと書かれてるし、

合肥等主役級の活躍の戦場もあり、

皮肉屋のキャラも甘寧との因縁を考えればしっくりくる。

 

なんだかんだ書いたけど、

今回は甘寧とどんな絡みになるのだろうと、

思いながら登場を楽しみにしてる。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。