yosiのゲーマー日和

元ゲーム店員のゲーマー日記。
月曜のみゲーム以外の近況日記。
アクションは苦手。RPG、テキスト系中心。
現在日曜に毎週のゲームプレイ近況連載中。


テーマ:

関連記事

新世界樹シリーズのサントラの特徴

 

世界樹の迷宮シリーズの大ファン


前回記事

プレイ継続中

この時はプレイ時間23時間だった。

最終的には50時間でクリアした。


==========

 

新・世界樹の迷宮2 ファフニールの騎士 新・世界樹の迷宮2/アトラス

¥6,458

Amazon.co.jp

 

公式サイト

 

===========

 

関連記事と前回記事で、

ゲーム内容は紹介してるので、

今回はクリア後の感想を。

 

50時間プレイしクリアしたが。

 

《王道のストーリー、愛着の持てるキャラクター、

どちらも非常によかった》

 

今作の固定キャラは、

みんな好きになった。

けなげに頑張るプリンセスのアリアンナ。

親友としてフォローしてくれるレンジャーのフラヴィオ。

味のあるおっさんパラディンのベルトラン。

打ち解けるまで時間がかかるけどそのあとはかわいい、

ドクトルマグスのクロエ。

 

そして、運命に翻弄されつつも、敵に立ち向かう、

変身ヒーローのファフニールの主人公。

 

ヒーロー変身の曲は相当に耳に残ってる。

ノリノリだし。

 

また。

 

ダンジョンマップは、

リメイク前の旧作と完全に違う。一つも一致してない。

職業も増えてるし、敵も増えてるし、

世界観こそ一致してるけど、基本的に新作と同じ手間がかかってる。

 

新世界樹1と違い、

ストーリーモードにしなくても新要素の大半をプレイ可能なので、

新世界樹1でクラシックモードに不満を持った人は、

2なら満足できる可能性が高い。

 

とはいえ、僕のおススメはストーリーモード。

僕の好みの王道ストーリーだった。

 

==========

 

リメイク前の旧作と違い、

グリモアや料理などで、

主人公たちががよりパワーアップしてるのだが。

 

ボスはその分より悪質になっているので、

結局のところ高い難易度は健在。

最後の方のボスは、通常難易度をあきらめて、

簡易難易度でクリアしてる…。

ストーリーモードを挫折したくはなかったからね。

 

というわけで、世界樹の迷宮シリーズのファンなら、

充分に楽しめる新作だと思う。

まあ、どこを楽しんでいたかにもよるとは思うけど、

僕は楽しめた!

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

呉4回目。

 

《甘寧》

 

水賊出身の猛将。

最初劉表、黄祖に仕えたが、

冷遇され、後に孫権に仕え、

逆に黄祖を打ち取った。

 

その後も様々な戦で功績を上げ、

魏の張遼に匹敵する力を持つと、

評された。

 

ただ、気性の激しい性格で、

すぐ人を殺すので問題のある人格でもあった。

 

●一言でいうとヤンキー

 

これらの史実から、

無双でも金髪のヤンキーになるのは自然の流れ。

全然違和感がない。

 

黄祖に仕えていたとき、

呉の凌統の父、凌操を討ち取り、

その後呉に来た時も凌統との因縁はずっと続いた。

 

三国志の創作小説、三国志演義では、

凌統との和解シーンが書かれていて、

無双ではそれを採用。

凌統がメインキャラになってからは、

毎回最初はいがみ合い、その後認め合うようになってる。

 

甘寧のキャラも凌統のキャラも

引き立つので、和解シーンはよい演出と思う。


あと、史実ではいつ死亡したか分からない甘寧だが、

演技では戦死による退場となってる。

無双では、それを採用したり、

採用せずに呉の最終決戦にいたり作品により異なる。

まあ、史実では不明なんだから都合のよいようにするのが一番だな。

 

僕の中では、

呉の代表格の武将。

昔シミュレーションの三国志でも武力が高くてお世話になったし、

そのイメージそのままだし、思い入れが強い。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

連載11回。

 

==========

前回までで本編のサントラの紹介を終えたので、
今後は外伝や派生作。
 
ドラクエの派生作は本来結構数があるのだが、
トルネコの大冒険のサントラは僕は非所持だし、
ヤンガスの大冒険等その後のシリーズはサントラになってない。
スライムもりもりシリーズもサントラがない。
 
その中で、
きちんとサントラ化してるのがモンスターズシリーズ。
シンセサイザー組曲「ドラゴンクエストモンスターズ」~テリーのワンダーランド~/すぎやまこういち
¥2,000
Amazon.co.jp

シンセサイザー組曲「ドラゴンクエストモンスターズ2」~マルタのふしぎな鍵~/すぎやまこういち
¥2,000
Amazon.co.jp

僕は2枚とも所持。

ただ、マルタの不思議な鍵は、

買ったのはつい最近。

テリーのほうは当時に買っていた

 

どちらのCDもゲームボーイ版をメインとしたもので、

リメイクされた3DS版としてのサントラは

2015年1月現在未発売。

 

2枚ともに共通する特徴は、

きちんとゲームボーイの音源が収録されてるのと。

本編サントラと違い、メドレーがなく、

その代りにシンセサイザーアレンジがあり、

それが音質が高い本来想定してる音源のバージョンと思われる。

 

《果てしなき旅》

 

テリ-のワンダーランド専用に書き下ろされた、

フィールドテーマ曲。

寂しげながらも冒険心をくすぐる美しいメロディで、

ゲームボーイの音源も、アレンジもどちらも大好きだ。

 

3DS版でもアレンジが聴けて非常にうれしかった。

 

《地平の彼方へ》

 

テリーのワンダーランドは、

ドラクエ1~6のフィールド曲が収録されてる。

CDはそのゲーム音源もアレンジも聞ける。

 

その中でも、ドラクエ5のフィールド曲である、

この曲は、本編サントラでは単曲がなくメドレーのみのため、

この曲は非常に価値があるものとなり、

何度も何度も聞いたのであった。

 

《未知の世界を行く》

 

マルタの不思議の鍵のフィールド曲…と思われる。

というのは、僕はこのゲームを積んでしまってるので、

詳しくは知らないのだ。

 

ただ、僕は3DS版のテリーのワンダーランドはクリア済で、

マルタの不思議の鍵の曲も結構多く採用されてたので、

サントラ自体は聞き覚えのある曲が多かった。

 

==========

 

次回はドラゴンクエストソード。


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

関連記事

KYUとのおさらい

 

女友達KYUの記事まとめ&紹介

 

ブログ登場人物紹介

KYU以外の男友達など。


 

==========

 

5回分の2回目。


《中華料理屋》

 

今回の食事はどうしようかという話になり、

ちょうど、二人とも呼んでいる漫画で、

パスタの話があったという話題を出して。

 

「どう?今回は以前も行った、

パスタ屋に戻ってみない?」

 

KYU

「先日の食事パスタだったんです…

 

バーミヤンなんてどうでしょう?

中華料理で、安いですし…」

 

「バーミヤンか…

ただ、ここからだと結構遠いよね…。

今この階にも中華料理屋はあるし、どう?」

 

紅虎餃子房

 

僕は友人の大森君と来たこともあるし、

一人で担々麺を食べに来たこともある店。

 

ただ、今回はKYUは、

小食だった。ミニ豚まん4つだけしか頼んでない。

まあ、あとはデザートは頼んでるのだが。

 

正直それじゃ栄養バランスは…と思ったが、

KYUは朝ご飯を食べてきてるので、それで総合して、

バランスがとれてればそれでいい。

僕は朝ご飯がないのできちんとバランスをとる必要があるので、

野菜入りの担々麺を注文。

 

ただ、ハプニングがあり。

 

KYUは4つの豚まんを頼んだつもりだったが、

結局来たのは1つだけで、

伝票にも一つと書かれていたのだ。

 

でも、もうそれに気付いた時点で、

デザートも結構平らげていたので、

そのまま追加なし。

 

デザートはごまだんごに杏仁豆腐。これは二人で分けた。

KYUはそれにコーヒーフロートを頼んでる。

今回は完全にKYUにとっては喫茶的な食事だな。

 

そして、1時間くらい食事と話をしながら、

12時に退出。


チバ店長のいる服飾屋に寄ろうと話したが、

寄ってみたら今日はいなかったので、

そのまま漫画喫茶へ直行した。

 

《混雑》

 

ただ。

 

混雑により、

40分ほど待ってやっと店に入れた。

 

この時店の待ち時間で、

暗殺教室の映画の話をして、

今後のスケジュールを決めたり。

ダンガンロンパシリーズの作者の

小高さんのクリスマスの日のツイートなどを見せたりして、

時間をつぶしてた。

 

KYUは出会ったときと違いネットができるようになったが、

まだアドレスの取得は許されてないので、

アドレスの認証が必要なサービスは登録不可。

なので、twitterもできないし、

ニコニコ動画も見れない。

僕はこの辺のフォローをしてるのだ。

 

というわけで。

 

その辺のフォローをしてたら、

やっとカップル席に空室ができて、

13時くらいから個室に入室。

 

続く。

 


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

呉3回目。

 

《孫尚香》

 

そんしょうこう。

孫策、孫権の妹。

劉備に嫁いだが、

その後離縁し帰国した。

 

侍女たちは武装していて素行が悪く、

孫尚香自身も孫一族の豪勇な性格を受け継ぎ、

劉備は奥に入る際、いつも恐れていたとのこと。

 

孫夫人とも呼ばれるが、

三国志の劇で孫尚香と名がついて、

その設定を無双でも採用した模様。

そのため、別の三国志系の作品では、

名前自体が異なることもある。 


無双では、

弓腰姫と呼ばれる、若くて元気な姫。

初代三國無双では、数少ない女性キャラとして、

戦場を彩った。

 

ヒロインとしての役割が重要だったため、

初期の作品では劉備との仲がそれほど強調されてないけど、

女性キャラも増えてきた4以降では、

劉備との仲もきちんと書かれるようになってきてる。

時には、呉ではなく蜀の劉備軍として書かれることも。

 

また、5以降は武器が弓になった。

それまでの圏は使いやすい武器だったけど、

せっかく弓腰姫と呼ばれてるんだから、

弓を武器にする方がキャラに合ってるね。

 

7に登場した練師は、

元孫尚香の護衛の一人という設定で、

かかわる人も増えてきた。


無双での好きなキャラの一人。

人物像も、キャラの掘り下げもうまくいってると思う。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。