yosiのゲーマー日和

元ゲーム店員のゲーマー日記。
月曜のみゲーム以外の近況日記。
アクションは苦手。RPG、テキスト系中心。
現在日曜に毎週のゲームプレイ近況連載中。


テーマ:

今週は休日出勤により、

大事な大事な休みをかなりつぶされた。

人が足りなかったのでしょうがないが、

しょうがないが。

 

せっかく、三国無双6のブロガー招待発表会

当選したのに…辞退する羽目になった。

残念すぎる。

 

平日のこういうイベントは貴重だったのに!

 

そんなふてくされ一週間。

 

==========

 

《PS3 真三国無双6》

 

僕は三国無双シリーズのファンで、

このブログの最初の記事は4のこと。

PS3もほとんど稼働してないが持ってるので、

この発表会はそれなりに楽しみだった。

 

で、今回新キャラとして、

晋の司馬師、司馬昭、蜀の飽三娘が、

発表されたが。

 

三国志ファンとしては、

他に一杯出すキャラクターがいるような気がする、

そんな人選だな。

 

とはいえ、かなりマンネリ化してたストーリーに、

晋という要素が加わるのはなかなか楽しみかも。

 

ちなみにアクションゲームとしては、

もともとイージー以外プレイできないので、

そんなに興味はない。

変じゃなきゃそれでいいよ。

 

《DSiウェア カードヒーローSC》

 

・1時間

 

それなりに対戦してる。

店長セリフ集 もまたちょっと追加。

 

《DS ポケットモンスター》

 

・10時間

 

ポケモン名 ニックネーム

 

ビクティニ ウサギ? 性別不詳 ビクちゃん

ゼブライカ シマウマ? ♂    マシュー

ツータン   ツタヘビ? ♂    ツータン

ハーデリア 犬?     ♂    ヨォリィ

プロトーガ カメ?    ♂    ガロード

レパルダス ネコ?   ♀    チーコ

 

現在こんな感じ。レベルは大体25~30

 

コメント欄でツタージャいるなら、

炎のダルマッカが良いかもという、

アドバイスをいただいた。

しかしちょうどビクティニをレベル上げしたばかりで、

炎系がかぶっていたため今回は見送った。

 

アドバイスありがとうございます~。

 

《DS メタルマックス3》

 

そろそろ妹にプレイしてもらうかと思ったが。

妹から。

 

「記事書く時、ソフトと攻略本がないと、

困らない?」と言われ。

 

確かにそうだと思い、まだ貸してない。

 

でも、連載自体はもう終盤に近いし、

こうなりゃ一気に最後まで書いて終わらせて、

妹に渡してみるか。

 

ちなみに10/26現在、11/5分の25番目の記事まで、

書き溜めしてる。

 

《今週のゲーム音楽》

 

僕は出来るだけゲームCDを買うようにしてるが、

どうしても手に入らないものが存在してることも理解してる。

たとえば、そもそもCDが発売してないゲームもかなり多いし、

今では入手困難でプレミア価格なゲーム音楽CDも多数ある。

 

それについては、状況によっては、

ネット音楽ダウンロードを利用することもある。

 

レトロゲームミュージックリアル化プロジェクト

 

今回頼ったのはこのサイト。

ごきんじょ冒険隊とかミスティックアークとか、

その辺の曲をダウンロードした。

 

作曲の森さん、亡くなっていたんだな…。

ごきんじょ冒険隊の通常戦闘曲とか、

すごくイイ曲なのに…、残念だ。

 

ニコニコ動画 ごきんじょ冒険隊 戦闘曲集

 

==========

 

今週はこんな所。

据え置きは結局プレイしなかったな。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

関連記事

紹介

 

カードヒーローSC公式

非公式紹介ページ

 


カードヒーロースピードバトルカスタム全カード紹介

 ↑

連載終了

 

============

 


最近ちょっとだけWi-Fiの戦いに復帰した。

が、基本的にはブログ書きに追われる毎日のため、

本当にちょっとだけ。

 

で、

 

僕のデッキの一つを公開。

 

ちなみに過去、デッキを公開しなかったのは、

相手のデッキを推測するのも楽しみのうちと思ってるので、

その楽しみを奪ってしまう可能性と、

僕自身の勝率が下がってしまうと危惧したから。

 

が、今はあまり対戦も出来てないし、

それなら解説をしてみようという企画。

 

デッキ名《しょうエネ》

 

・ボムゾウ

・ディン

・ゲイラ 2体

・エルソル 2体

・テトカ

・ヤンバル

・グリフォン

・ルージュ

 

・エスケープ

・スパーク

・パワー2

・ヒットアウェイ

 

このデッキのコンセプトは、

[レア度が低い]こと。

実際に組んでみると分かるけど、

レア度3以下のみで構成されてる。

 

コンピュータとの戦いで、

[エコデッキ]という、

レア度2以下のみで構成されたデッキを見て、

真似した。

さすがに2だと対戦するのはきついと思ったが、

3だと、ゲイラもボムゾウもエル・ソルも使え、

充分戦闘として成り立つ。

 

==========

 

[モンスター解説]

 

ボムゾウ、デインはジバク要因。

この辺は状況によって変えてるけど、

まあ2~3体いれば充分かな。

 

事実上のエースはゲイラだが、

ゲイラはレベルアップしないと戦力になりづらいので、

エスケープとヒットアウェイを駆使し、

敵モンスターをレベルアップさせず、

ゲイラのえさにする作戦が重要。

 

また、もう一人のエースエル・ソルは、

高い攻撃力だがストーンを消費する。

が、このデッキはストーンを、

あまり消費しないマジックばかりなので、

コンボも成立しやすい。

 

テトカは時にはレベルダウンも使う。

ゲイラがレベルアップできたら、後列配置もあり。

通常は前列配置。

 

ヤンバルはレア度が低い中では、

かなり強い。2体いてもいい位だ。

グリフォンはレベルアップしないと弱いけど、

エスケープやヒットアウェイ、ジバクなど、

前列が空白になりやすいこのデッキでは、

結構戦力になる。

 

ルージュは、

本来ならノワールが良いけど、

ノワールはレア度が高く使えないための代用。

でも、このデッキならマジックとのコンボは成立しやすいし、

ノワールの完全劣化ではないため戦力として充分考えられる。

 

[マジック解説]

 

エスケープは全カード解説で書いた時のそのまま。

逃がして敵モンスターレベルアップを防ぐ。

 

スパークは重要な切り札なので、

出来ればレベルアップが絡む時に使う。

このデッキは敵がレベルアップする可能性は低いので、

自分たちのために使うことが多いはず。

 

パワー2は、

グリフォンやゲイラやルージュのパワーアップ用。

 

ヒットアウェイは状況によって変える。

ボムゾウ、ディンが序盤で出たら、

敵モンスターに使ってとくぎを事実上封印するのもアリ。

 

==========

 

このデッキは意外に勝率高い。

小回りがきくというのも重要な要素なのだ。

 

でも、レベルアップを重視しないデッキには弱いし、

レアカード尽くしのデッキにもやはり弱い。


 

大体1戦目では出さず、

2戦目以降の別戦術を見せるために使ってる感じ。


 


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ポケットモンスター ブラック/任天堂

¥4,800

Amazon.co.jp

 
ポケットモンスター ホワイト/任天堂

¥4,800

Amazon.co.jp

 

公式サイト

  

僕が買ったのはブラック。

 

==========

 

すれちがい通信とは?

 

↑解説はこちらに任せて、

本文を進めます。

 

=====

 

ドラクエ9のすれちがい通信は、

実際にゲームプレイ上でも有利になるし、

宝の地図をもらえるという発見の楽しみもあり、

大ムーブになったし、

僕もなんだかんだと300人以上すれちがった。

 

中には、すれちがった人のブログに読者登録したという、

偶然の出会いまであった。

 

=====

 

ニンテンドー3DS公式

 

今度のDSでは、

そのすれ違い通信が

いろいろとパワーアップしてるようで。

 

《複数のゲームのデータをやり取りできる》

 

《DSのときのように、すれ違い待ち状態にする必要がない》

 

《ゲームプレイ時、非プレイ時どちらも関係なく出来る》

 

というメリットがある。

 

たぶん、すれ違い通信の完成を

果たしてくれる仕様になると思ってる。

 

=====

 

で。

 

ポケモンブラック&ホワイトでも、

すれ違い通信はあるんだけど、

《ドラクエ9》と《3DS》の中間みたいな仕様で、

ドラクエ9よりかなり使い勝手が良いと思ってる。

 

一番違うのはやはり、

《すれ違い待ち状態》にする必要がなく、

普通にゲームプレイしててもすれ違えること。

 

==========

 

僕は基本的にはひきこもりなので、

ポケモンのゲームプレイは常に通信を切って、

自分の殻にこもってプレイしてたが。

 

最近、休日出勤により、

夕方17時ほどのの横浜駅にくる必要があって、

ヤケになって通信をオープンにして駅をさまよってみたら。

 

20分位で14人とすれ違えた。

ドラクエ9の全盛期ほどじゃないけど、

なかなかの数じゃん。

 

というわけで、

自分の殻を破って、

すれ違いを本格開始。

 

次の日、仕事上がりの横浜駅朝九時半。

これはただ通り過ぎただけだったが、

それでも7人とすれ違えた。

ちゃんと用事があって横浜駅を回れば、

もっともっと調べられたはず。

 

というわけで、

続く。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
メタルマックス3(通常版)(特典なし)/角川ゲームス

¥6,090

Amazon.co.jp

 

メタルマックス3 公式ガイドブック ファミ通書籍編集部
¥1,785

Amazon.co.jp

購入。データは充実していたが、

全体的にそれ以外の文章は少ない本だった。

 

3サントラ通販

↑エンターブレイン専売 購入決定。

 

公式サイト

 

過去記事は、《DS メタルマックス3関連記事まとめ 》をクリック。

 

===========

 

今回は小施設の紹介。

 

《バイオキングダム》

 

新要素、バイオタンクが作れるところ。

バイオタンクとは、

生物戦車。

 

マンモス、ビートル、タコ、トリケラの4種類から選べて、

戦車そのものがレベルアップするという、

過去作では考えられなかった画期的な仕様。

 

過去作では、

自分自身で材料を持って来てカスタマイズする、

オリジナル戦車という要素はMM2からあるが、

その時よりも一段も二段も違う感じだな。

 

が、僕自身は、

材料集めが面倒で、

結局バイオタンクは作ってない。

 

のであまり詳しい事は書けないのよ。

 

=====

 

《ドールハウス》

 

こちらは人形のパーツを集めると、

その組み合わせにより、

さまざまな独自効果が出るという要素。

 

これは、MM1からある。

まあ1は武器限定だったが、

MM2では終盤の超強力ボスに挑む際に、

特定パーツを組み合わせ熱バリアを作っておくと、

何とか戦闘になるという、事実上の必須要素だった。

 

で、MM3では、

さすがにそこまで必須の要素ではないが、

最強になる可能性のある戦車が、

この人形パーツの入手が必須になってる。

 

また、重要なことだけど。

 

《全パーツを集めることは、1週目では不可》

 

《プエルト・モリの店主を殺してしまうと、

取れないパーツが存在》

 

という罠がある。

 

まあ絶対必須の要素ではないところで、

こういうのがあるのはむしろ面白いかも。

おまけやり込み要素の一つだね。

 

ちなみに僕は、

2週目も引き継ぎなしでプレイしたので、

結局すべてのパーツは集めてない。

 

まあいいよ、おまけだし。

 

==========

 

今回の二つの要素は、

僕はあまり他のRPGでは見かけないもの。

プレイヤーごとにいろいろな組み合わせがあるって、

面白いなって思うので、

メタルマックスの中でも好きな要素。

 

その割に情熱がないのは、

年を取ったから…かな。

MM2のときは材料集めて最強の戦車を作って、

パーツ集めていろいろな組み合わせを集めたけど。

 

今は面倒くさい。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ポケットモンスター ブラック/任天堂
¥4,800
Amazon.co.jp
ポケットモンスター ホワイト/任天堂
¥4,800
Amazon.co.jp
 
公式サイト
  
僕が買ったのはブラック。
 
==========
 
《僕とポケモン》
 
僕は、田尻智さん(ポケモンスタッフ サトシの元ネタ)と、
杉森健さんの昔からのファンだ。
 
田尻さんは、
ゲーム雑誌に連載してた、
パックランドでつかまえて は毎回読んでたし、
ポケモンを出す前から印象に残ってたゲーム業界人。
田尻さん作のファミコンソフトクインティ はかなりやりこんだ。
 
杉森さんは、
クインティ のイラストのときから、
ほのぼのした絵を描ける人としてかなりファンだったし、
ゲーム雑誌で連載してた漫画も単行本化を待ち望んでいた。
 
結局、その後のポケモンのヒットで、
それどころじゃなくなったみたいだがな!
 
=====
 
始めてポケモンのアニメを見た時は、
心の底から感動した。
なにしろ、マイナー漫画家と思ってた杉森さんの絵が、
テレビでアニメーションしてるんだから。
 
なのでゲームもハマった…と言いたいが、
全然プレイしなかった。
理由は、《ザコ敵を倒してもお金が手に入らないシステム》
 
プレイしてて不安で不安で仕方なく、
結局、その後もアニメは結構見ていたが、
ゲームをプレイすることはないまま、
10年以上が過ぎた。
 
その後、僕は社会人(フリーターともいう)になり、
アニメそのものを見なくなった。
 
こうして、ポケモンとの縁は無くなった。
 
=====
 
しかし、僕はその後、
ゲーム店員だった時期があるので、
その時は毎回発売日が大変だった。
 
発売日が来るたびに、
予約者全員に電話を入れるし、
それが100人を超える膨大な量。
他にもクリスマスは包装しなきゃいけないし、
不器用な僕もさすがに逃げられず、
店長に包装を訓練してもらったり。
 
ゲーム自体はプレイしなかった。
 
=====
 
そんな僕だったが、
今回、
社長が訊く ポケモンブラックホワイト を読んで、
新ポケモンのみの構成とか、
ゲームシステムをいろいろ見なおしたとか、
舞台がニューヨークがモチーフとか、
いろいろな要素が興味を引き、購入。
 
そして。
 
《相変わらず、お金は…》
 
通常の戦闘ではお金は手に入らないのは、
当時と変わってないのね。
 
でも、道具を売るとか、
いろいろ救済もあるようだし、まあいいや。

《最高の世界観》

ヒウンシティ(大都会)や、
スカイアーチ(豪華な橋)が相当気に入ったので、
この世界にかなり愛着がわいた。
 
アニメもちょうどこのブラックホワイトの世界なので、
久しぶりに見てみた。
ああ…、本当にゲームの世界がそのままテレビにある。
ここまで理想のゲームアニメは他に見ないよ…。
BGMもゲームのものそのまま使ってるし、やっぱり最高だ。
 
というわけで。
 
《10年越しのポケモン再会》を果たし。
 
ポケモンにほとんどの時間を使っている、
今日のこの頃。 
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。