yosiのゲーマー日和

元ゲーム店員のゲーマー日記。
月曜のみゲーム以外の近況日記。
アクションは苦手。RPG、テキスト系中心。
現在日曜に毎週のゲームプレイ近況連載中。

       このブログの彩色の意味 

     評価はが一番良く、以降

赤 最高 ポジティブ S 暑い オレンジ 秀作 良い A 

緑 普通 平均 B 男性発言 青 残念 ネガティブ C 寒い

紫 解説 強調 ピンク 女性発言 黒 自分発言 金 他

 

テーマの説明、過去略歴リンクはこちら→初めて訪れた方に案内

よく出る人たち解説→ブログ登場人物紹介  ツイッター@yosifumu


連載・ゲーム以外の日記 月曜連載 ・10歳以上年下の彼女との日々  水曜連載

一週間のゲームプレイまとめ 日曜連載


以下終了済


プレイ済みVC紹介メタルマックス関連項目目次

戦国無双Chronicle2nd武将解説

真・三國無双シリーズ武将解説 

カードヒーロースピードバトルカスタム 全カード紹介

NEW !
テーマ:

毎週月曜はゲーム以外の日記です。

 

《ブログについて》 

 

連載の形式を変更した。

 

日曜 ゲーム関連の日記 変更なし

月曜 ゲーム以外の日記 変更なし

火曜 ゲームまたはアニメなどのフリー記事 変更有り

水曜 オタクな彼女とのデート記事 週2回に拡大に変更

木曜 ゲーム音楽関連 変更なし

金曜 ゲームまたはアニメなどのフリー記事 変更有

土曜 オタクな彼女とのデート記事 変更有

 

オタクな彼女KYUと、

会える日が増えてきたのが2016年1月。

それ以降も順調に会える日が増えてきて、

今までの週一回の記事から、週二日の記事にしても、

支障がない状態に変わったのである。

 

連載の変更のお知らせ

くわしくはこちらを。

 

で、この結果どうなったのかというと。

 

[KYUが絡まない日常]が減ったので、

日記のネタが減ってきたのである。

 

先週のカレーフェスティバルの記事も、

KYUと一緒ではなかったので日記に書いたが、

KYUと一緒だったらデート関連の記事に回してたし。

 

そもそも、

KYUと会ってる日以外は、

僕はほぼひきこもってオタクコンテンツを消化してるのだから、

ネタがなくなるのも必然なのだ。

 

まあ、本気で書くことがなくなったら、

この日記自体を見直すことにするよ。

 

で、今週無理やりひねり出したネタ。

《四十九さんにDVDを貸す予定が》

 

優秀な上司の四十九さん。

ブログ登場人物紹介 

 

彼が気に入っていたアニメ、

昭和落語心中のDVDを妹が手に入れたので、

それを話題に出して、貸すことになった。

 

ただ。

 

僕ら兄妹は人に貸した結果、

返ってなかったということを多く体験してる。

何とか以前貸した100万円は戻ってきたけど。

コンビニ店長に100万円貸した

 

なので、なんかしら何かをあずかっておこうということになった。

対等なものでなくてもいいから、何かを。

ただ貸すだけではなく交換になることで、

もし貸したものが返ってこなくても、

こちらも多少ながら物を手に入れておくことができるし。 

 

そして四十九さんと打ち合わせた結果、

15年前に四十九さんが見ていたアニメのDVDをあずかることに。

 

ただ、結局、

四十九さんがあまりにも毎日が仕事に忙殺されていて、

DVDを持ってくるのを忘れてしまってるとのことで、

まだ交換は成立してない。

 

貸しても見る時間はあるのだろうか。

彼の休日は15時間くらい寝てたら終わったなんて日もあるみたいだし。

 

本当、優秀すぎるのも善し悪しだな。

僕は残業なしでも帰れるからな。そんな重要な立場じゃないので。

 

今週はこんなところ。

AD
いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今週は週休二日。

そんなに多くゲームはプレイできてない。

 

《3DS 妖怪三国志》

 

今週一番多くプレイしたゲーム。

大体2時間くらい。

 

ゲームクリアした。

別に難しいストーリーがあるゲームじゃないが、

最後はなんとなく感動したし、

エンディングのスタッフロールは感極まった。

 

ちゃんとこのゲームのためのボーカル曲を、

ゲラゲラボーのヒットで注目を浴びた、

キングクリームソーダの方々が作曲してて、

ちょっとチャイナ風のメロディの曲になってる。

歌詞にも三国志としての要素がバッチリ。

 

子供たちが三国志に触れる、

第1歩になれる、

とても親しみやすい三国志として、

充分な役割を果たしてると思うし。 

 

なにより、僕は楽しめた。

 

クリアはしたけど、

もうちょっとやりこみたい気持ちもある。

 

《VITA バッドアップルウォーズ》

 

オタクな彼女KYUから勧められた乙女ゲーム。

いい加減進めないといけないのだが、

まだそんなにプレイできてない。

 

ちょっと指摘が来てるのでヤバイ。

 

《3DS ものすごく脳を鍛える鬼トレーニング》

 

鬼計算と鬼ブロックを。

どちらも9くらい。

鬼計算は9バックだし、

鬼ブロックもレベル9と10くらい。

 

僕が覚えられる数字は9~10個、

だいたいこれくらいのようだ。

 

《3DS バッジとれーるセンター》

 

バッジ数1800突破。

課金は最小限。

どうぶつの森の3DS版の僕の村の住人などは

場合によっては課金で獲得したりしてる。

 

===========

 

《3DSサウンド》

 

今週は砂漠の曲を編集し始めた。

スクウェアのRPG系を中心に、

様々なゲームの砂漠、ピラミッド、エジプト系の曲を。

 

作業が終わるのは来週くらいになりそうだ。

発掘のために砂漠曲を集めた動画を見たりしてるからね。

 

今週はこんなところ。

AD
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

3年間女友達として交際して、

2016年に彼女になった、

オタクな彼女KYUとの5月のおでかけリポート。

 

オタクな彼女との日々

彼女になってからの記事リンクと、

女友達時代の目次へのリンク有。

 

===========

 

《3人で横浜へ》

 

今回は、

●暗殺教室のリアル脱出ゲーム

●中華街探索

●食事のおいしいカラオケ店

 

以上3つを回った。

主導は僕の妹。

 

《横浜へ》

 

KYUの家まで母さんに車で送ってもらい最寄駅から、

ゆったりと座って横浜まで。

3人で雑談しながら車内では過ごしていた。

 

もともと、僕ら兄妹はアニメを一緒に見てるし、

KYUと妹もだいぶ仲良くなってきてる。

共通の話題も多い。

 

そして横浜へ着いた。

目的である暗殺教室リアル脱出ゲーム2までは、

約1時間半ほど時間がある。

 

開始時間が11時ほどなので、

昼ご飯はしばらく食べれないと判断し、

もうここで食べてしまうことにした。

 

食事は石川町付近のナチュラルローソン。

コンビニ食だが。

 

KYU

「家に電子レンジが無いから、

こういう食事ができないんだ」

 

というわけで、コンビニ食でも、

充分日常に食べないものという状態なのだ。

KYUの家近くには確かコンビニ無かったし。

 

KYUはグラタンとサバ弁当で迷っていたので、

僕がグラタンにしてKYUに少しあげた。

妹はマイペースにトムヤンクン味のヌードルを食べていた。

 

《迷った》

 

中華街東口近くが現地だったのだが、

その場所に行くまでかなり迷い、

最終的にはギリギリの到着だった。

 

でもなんとか到着し、

即ゲーム開始。

 

《5人組》

 

全3チームの開催で、

うちのチームは僕ら3人(中年男性の僕と中年女性の妹と高校生にも見えるKYU)と

他、女子二人(多分完全に中学生女性二人)で、

5人組。

 

二人とも非常に緊張してるし、

リアル脱出ゲームは初めてとのこと。

KYUと妹は3DS脱出ゲームのみで実際にするのは初めて。

経験者は僕のみ。

 

そして1時間。

 

僕が深読みしすぎたりしたけど、

何とかそれなりに進んで、

最終問題まで行ったところでタイムアップ。

問題を解く時間は無かった。

 

KYUは最後まで諦めてなかった。

ゲームに対する真剣度はKYUが一番だった感じ。

二人の女子は慣れるのに精いっぱいという感じだったので、

できるだけ優しくしたつもりだったが。

 

何とか楽しんではもらえたようだ。良かった。

 

二人の女子は後に家族が迎えに来て、

笑顔で別れた。

中華街に向かった模様。

 

僕ら3人もそのまま中華街へ。

 

続く。 

 

 

 

 

 

AD
いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

3DS&VITAで発売してる、
三国志などのキャラが登場する、
シミュレーションノベル、雷子の関連記事目次。
 
《誰も知らないもう一つの三国志》
 
主人公の青年が、
三国志の世界に迷い込み、
そのまま、世界の命運を分ける戦いに、
巻き込まれるというストーリー。
 
ゲームとしてはシンプルなシミュレーションゲーム。
 
このゲームのオリジナリティは、
システムではなく、ストーリー。
 
三国志の武将が多数登場するが、
半分以上女性化されていたり、
性格がぶっ飛んでいたりする。
そのコミカルなやり取りは、
他の三国志系のノベルゲームでも見かけるような要素で、
ここまではよくあるものだが。
 
その割にストーリーは骨太。
結構容赦なく人は死ぬし、
暗躍する黒幕やひっかき回す脇役がいたりして、
ストーリーが進むにつれて、
どんどん引き込まれていった。
 
また、黒幕や一部の味方などは、
三国志に限らず、中国の歴史を知っていると、
より楽しめるような登場人物がいたりする。


3DS雷子をクリア!楽しかった
 
呉の呪いと新作について


第1作は三国志系だが、
第2作以降はそれ以外の中国の時代になる模様。
第1作にも三国志以外の歴史キャラが少しいたが、
そもそもの時代設定が変わる予定。
 

雷子 武将解説 予告
 
蜀、呉、魏、ネタバレ編の順番で連載。
また、ネタバレ編の前でも、
一部のネタバレ有。

 

《蜀》

 
1 劉備
 
2 張飛
 
3 関羽
 
4 趙雲
 
5 黄忠
 
6 馬超
 
7 諸葛亮
 
8 ホウ統
 
9 周倉
 
10 魏延
 
11 馬謖
 
12 馬岱
 
13 張任
 
14 孟獲
 
15 姜維(仮)

 
《呉》
 
1 周瑜
 
2 陸遜
 
3 呂蒙
 
4 甘寧
 
5 凌統
 
6 周泰
 
7 朱桓
 
8 蒋欽
 
9 徐盛 
 
10 黄蓋
 
11 韓当
 
12 程普 

 

《魏》
 
1 曹操
 
2 夏侯惇
 
3 夏侯淵
 
4 許チョ
 
5 張遼
 
6 徐晃
 
7 張コウ
 
8 曹仁
 
9 賈ク
 
10 楽進
 
11 李典
 
12 于禁
 
13 満寵
 
14 司馬懿
 
15 トウ艾
 
16 鐘会
 
17 カク昭
 
18 ホウ徳
 
《雷編》
 
0 開始の前に
 
1 黄皓
 
2 孫権
 
3 于吉
 
4 華佗
 
5 呂雉
 
6 姜尚
 
サブストーリー紹介

 

==========

 

雷子 紺碧の章をクリア!

 

事実上の雷子2のため、

今回記事の目次を雷子1と区別することにした。

 

今後また記事が増えたら追加予定。

いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

クラブニンテンドー系サントラ紹介、

大乱闘スマッシュブラザーズforWiiU&3DS。

9回目。

 

大乱闘スマッシュブラサーズ for Nintendo 3DS/ for Wii U 特選サ.../Nintendo
Amazon.co.jp
 
2枚目の続き。
 
《20 戦い1》
 
ファイアーエムブレム外伝より。
原曲は短めの曲だが、
何度も戦闘するゲームのため強く印象に残る曲。
緊迫感重視の戦闘曲。
 
短い曲だがアレンジではループごとに音を変えている。
さらに原曲には無い新フレーズ(外伝内の別の曲?)が、
終盤に入る豪華なアレンジ。
ファミコン版の短い曲というイメージを塗り替える名アレンジ。
 
《21 崩壊エンジェランド》
 
新・光神話パルテナの鏡より。
3DSで発売してる新しめのソフトのため、
他の収録曲は原曲だったり、
スマブラでのアレンジも少なめだったりしてるが。
 
この曲については原曲と大幅に変わってるアレンジ。
原曲と曲自体は変えてないけど、
追加になってる女性ボーカルのインパクトがすごい。
アレンジを聞いてから原曲を聴くとインストver.に感じるくらい、
アレンジの方が完成形と思ってしまう。
清田氏のアレンジが素晴らしい。
 
《22 ステージセレクト》
 
ピクミン2より。
希望あふれる明るい曲。
ピクミンって結構ダークな世界観みたいだけど、
そんなことを微塵も感じさせない良い曲だな。
 
バトルに合わないような気もするけど、
ピクミンの戦場で流れるとそれなりに合ってる気もする。
 
《23 ゼノブレイドメドレー》
 
ゼノブレイドより。
他の収録曲は全て原曲だが、
この曲だけはアレンジ。
そしてそれが人気曲のサビを聴ける豪華版。
ハイテンポのガウル平原。
他はバトルの人気曲をちょっとテンポアップで。
 
3DS版では収録は原曲のみだったので、
WiiU版でこのアレンジを聴けたとき、とてもテンションが上がった。
ゼノブレイドはプレイ済みで思い入れもあったしね。
 
《24 街の広場/タイトル》
 
街へ行こうよ/おいでよ の二つのどうぶつの森より
メドレー。
どちらも本来はバトル曲ではないしっとりした曲だけど、
それをバトルに合わせてとてもハイテンポにした、
スマブラならではのアレンジ。
 
Xでもステージだけはあったけど、
forではむらびとが戦いに参戦してるから、
より一層バトルに合わせた曲が増えて原曲と違いすぎて、
とても楽しい。
 
《25 ツアー》
 
とびだせ どうぶつの森より。
南の島で遊べるミニゲームのコミカルな曲を、
ハイテンポにしてよりコミカルさを強調。
スマブラのカオスな戦場にとても合っていて、
これも、むらびと参戦の恩恵。
 
=========
 
どうぶつの森ファンである僕は、
その原曲とかけ離れたアレンジを聴けるのは、
一粒で二度おいしいのだ。 

逆にピクミンは未プレイ。

今回の記事で完全に知らないのはこれだけ。

 

次回へ続く。

 
 
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。