読書は心の栄養

主に自分の最近読んだ本の忘備録

プロフィールトップ画面にブログの目的と共に日本関係の記事をまとめておきます。
よかったらたまにみてくれると嬉しいです

テーマ:

17世紀のフランスが描かれているが、

プロテスタントvsカトリックの戦いである30年戦争も描かれているが、

面白かったのは、この時代男はたばこ、女は酒に明け暮れているようで、

ある地方で女が魔女狩り裁判で酒に溺れていることで訴えられたのだが、

その場で芋づる式に他の溺れた人たちを捕まえていくと、その地方のほぼすべての人たちが対象になってしまい、裁判がなし崩し的に無効になってしまったという。

 

お酒はアラブから渡ってきて、蒸留するブランデーがヨーロッパでできたそうです。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

下巻は、第二次世界大戦後からアラブの春までですが、ほぼ湾岸戦争ぐらいまで

 

トピックとしては

・アラブ諸国の独立

・OPECを軸とした石油組織

・冷戦崩壊

 

この本を読んでつくづく思うのが、中東の歴史は単一国を見てもまったくわからん、ということ

当事国+周辺国+英仏露 (第二次大戦後は+アメリカ)

の関係性を見ていかないとわからない。

 

たとえば、エジプト

大戦後、エジプトは独立を果たし、中東のアラブの雄としての立場を強め、シリアまでその勢力を伸ばしていく。

それが気に入らない英仏はイスラエルと与してエジプトに攻めようとする。

その英仏の態度が気に入らないアメリカは英仏にやめさせようとするが、なかなか言うことを聞かない。

エジプトはアメリカから武器を買いたいがあまりもらえないので、とうとう反対勢力のソ連から武器を融通してもらおうとする。

などなど

 

冷戦後はソ連と中東の関係は薄れ(というか、ソ連が力を失う)ていく。

 

湾岸戦争の発生した理由がとても面白い。

よく聞くのがイラクから見てクエートの領土の一部はイラクのものだ、という主張から戦争をしたというもの

ただ、これには背景があって、イランイラク戦争でお金がなくなったイラクは

その借金を石油で返していきたい。

つまり、石油価格を一定程度に保ちたい。

1バレル25ドルにはしておきたかったイラクであったが、

価格が14ドルまで落ちて窮地に立たされる。

さらに、クェートのように、OPECに属しながら割り当て以上の量を生産し始めて大きな利益を出し始めた。

経済的苦境に立たされると、人は他にその責任をなすりつけたくなるもの

イラクは自らの苦境はクェートのせいだと批判し始め、領土を理由にかこつけて戦争を開始し始める。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

アラビア半島を中心とした歴史

500年史と書かれているが、ほとんどは18世紀以後の200年ほどを占めている。

 

上巻は第二次大戦後まで

 

ヨーロッパが中東をどう植民地化したかがわかってとてもためになった。

18世紀まではオスマン帝国は非常に強大で、ヨーロッパにとって脅威になっていた。

しかし、産業革命を経て、各欧米諸国が国民国家となっていく中で力関係が逆転していく。

変化しなければ、と考えたオスマン帝国は多額のお金を使って西洋の技術を取得し、自らも発展しようと考えるのだが、なかなか上手くいかない。

 

それは、宗教的に立憲国家、法治国家となることが難しいからだと考えられる。

 

借金がかさみ、返済できなくなると、欧米諸国(主に英仏)は借金返済の代わりに様々な権利を要求し、オスマン帝国は拒否できなくなっていく。

各地域の実質的経済的支配権を手に入れた英仏は19世紀後半以後、完全にアラビア半島を植民地化していき、

第一次世界大戦のオスマン帝国崩壊後、その完成を見る。

 

しかし、同時に本大戦を期に民族自決というウィルソン米大統領の思想が広まり、

ナショナリズムの広がりから、各地で独立を目指す機運が高まる。

英仏はそれを防ぐべく、分割統治し、詭弁を語るわけです。

 

第一次大戦後の悪名高きサイクス・ピコ協定についてもう少し詳しい本を読んでみたいと思う。

なぜなら、この協定こそが現在の中東のグチャグチャ化の出発点であると私は考えるから

 

 

この本を読んで、日本はよく欧米の植民地にならなかったものだ、と思った。

日本も欧米に対して借金はあっただろうに、何がよかったのだろうか。

為政者がそれほど(アラブの王様のように)過度な贅沢をしなかったことだろうか?

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。