山田ジャパンウェブログ

山田ジャパン主宰 山田能龍が「毎日更新」を目標としながら不定期に更新します。


テーマ:
$山田ジャパンウェブログ



昨日は知り合いのマネージャー、サスケ君の結婚式の二次会にお邪魔しましたぁ。



恵比寿メデューサにて。クラゲが綺麗なお店でした。



写真がブレまくってますが…それ位が丁度いい!



サスケはオセロ松嶋さんのブログで顔出まくってますが、奥さんは一般の方やし。



しかしまぁ、VTRも含めて豪華な顔ぶれでしたわ。



あんな人やこんな人が自然に祝いたくなる、人徳がある、誰からも愛されるサスケ君。



年下やけど、立派だったし、歩んできた道が、ええ道やったっちゅう証やね。



末永く、お幸せに。


AD
いいね!(21)  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
山田ジャパンウェブログ



本番前にステージ上でパシャリ。



撮影、NOBB君(DJブースから)。



俺、何かシルエットでええ感じ。



こんなにシルエット感出るなら、ちゃんとBOOWYのポーズすれば良かったなぁ。



久々のツアー参戦。



自分のスケジュールを確認すると、どうやらもう参加出来ないっぽい…ので目に焼き付けるべく。



少し時間を置いて改めて見た本番は、色ぉ~んなもんが詰まってて、やはり最高でした。



音響、照明、美術、道具、映像、特効、マニピュレーター、衣装。



ダンス!!



DJ!!



本人!!!



凄ぇですよ本当に。



脚本も、うん、悪くないよね(照)



チームの皆様、まだまだ長丁場ですが、お気張りやす!!
AD
いいね!(5)  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

テーマ:
予想はしてましたが…反応が凄いあるなぁ。
皆様、コメント、ツイッターへのリプライありがとう。
なかなかお返事出来ませんが全て目を通しておりますので。



そんな、ツアーをきっかけに僕を知ってくれた人。



残念ながら、暫くは遊助に触れる記事を書けなくなるので(ツアーに同行しないから物理的にね)、最後に昨日起こったとっておきのエピソードを。これはもちろん遊助ファンを主に意識した記事でもありますけど、逆にテレビとかでしか上地雄輔を知らない人にも見て欲しいなぁ。人柄が出てるエピソードだから。



実は昨日のオリックス劇場に僕の母親と兄貴夫婦、姪っ子が見に来てたんですね。で、折角なので終演後に遊助にサイン頼んだんですよ。姪っ子あてに。そしたら「全然いいよ」って気持ちよく書いてくれた。



もちろん素人の母ですから、それはそれは喜んで、後で興奮して僕にメールよこしたんです。「いや~ん!お母さん嬉しい~!ありがとうとお伝えください!!」的なね。よく分からん絵文字だらけで。人が走ってるみたいな絵文字を多用してたな。あれは何なの母ちゃん?オリンピックイヤーを意識してるの?だとしたら勇み足だぜ母ちゃん!伝わりづらいよ母ちゃん!髪形が徐々に和田アキ子に近づいてるよ母ちゃん!!




…失礼。




水面下で、そんな僕の家族サービスが行われてる一方で、ライブ終演後にチームは打ち上げ。とても楽しくワイワイと静かに僕のツアーは幕を閉じる。一旦(笑)。昨日で僕が一旦最後ということで、打ち上げ終わりで疲れた遊助が「山ちゃん行こうよ」と誘ってくれました。そんな流れで遊助と、仲良しノブ君と、軽くバーへ。



そこで事は起こります。



その何気ない出来事を、脚本家らしく、簡単な台詞とト書きで綴りましょうかね。



×    ×    ×



――大阪某所。バーのカウンター。遊助、ノブ君、山田がいる。今日のライブについて盛り上がって話す三人。山田、ふと母からのメールを思い出し、


山田「あ、ゆうすけぇ。そう言えば母ちゃんからお礼のメール来てたわ」
遊助「あ、マジで?どれ?見せて」
山田「うん、ちょっと待ってね(スマホのメールを探す)」
ノブ「(飲み物を飲む)」
山田「(見つけて)ああ、これこれ(と、母からのメールを見せる)」
ノブ「(飲み物を飲む)」
遊助「(じーっとメールを見る)」
ノブ「(飲み物を飲む)」
遊助「(読み終わる)」
山田「こんな感じで喜んでる。マジでありがとね」


―と、山田がスマホをしまおうとすると…


遊助「山ちゃん携帯貸して」
山田「……え?」
ノブ「……(飲み物を飲む手がピタリと止まる)」
遊助「返事するから」
山田「返事?」
遊助「直接お礼のメールしたいから。山ちゃんの携帯から返事する」
山田「えっ!?いや、ええよそんなん」
遊助「何で?直接お礼言いたいじゃん」
山田「いや、でも…」
遊助「携帯貸してよ」
山田「いや、だから、そんなん」
ノブ「山ちゃん…」
山田「なに?」
ノブ「……」


―ノブ、じっと山田を見つめ、静かに頷く。


山田「……(なぜ…ノブ君が…)」


―戸惑いつつ、スマホを遊助に渡す山田。


遊助「(受け取って)サンキュー。ええっとぉ♪」



…と、遊助、慣れないスマホのフリック式入力に手こずりながら




…一生懸命に山田の母へメールを打ち込む




…20分かけて。それは、たった4行のメールだが




…慣れない操作でモタつきながら、終演後、打ち上げ後の疲れた時に20分を費やして書いた、心の籠もったメール。




遊助「(メールを打ち終わって)はい。これ送っといて」
山田「……遊助」
ノブ「……(静かに頷き、微笑んだ後、空を見上げる)」


×    ×    ×



と、こんな感じです。



少し筆がすべって脚色しちゃいましたが、実話です。ノブ君、ごめん!(笑)



でもね…ホテルへの帰り道、ノブ君と二人で歩いてたら、



ノブ「お母さん喜んだ?」
山田「うん、めっちゃ喜んだ」
ノブ「…ああいう奴だから、結局好きになっちゃうんだよな」と一言。



ノブ君の人柄。



言うまでもなく、母はとんでもない喜びよう。



親はいつまでも子供が心配でしょう。まして芸能なんてねぇ。立派になるというのが一つの親孝行だとしたら、この世界に入って親孝行するというのは、少し伝わりづらいかもですが、とっても難しく、ハードルが高い。心配の方が圧倒多数です。



でも…



36歳、不肖の息子、親孝行が出来たと思います。



本当にこういう奴なんですよね。遊助って。



感謝。






さて、今日一日だけ余韻に浸って、明日からは気持ちを切り替えて劇団ニコルソンズ「グッバイ・エイリアン」の顔合わせだ。



作者は小説「悪夢のエレベーター」始め、ヒットを飛ばし続ける木下半太さん!



ラーメンズ片桐仁さんとも4年ぶりのお仕事!初共演!



俺、2~3年ぶりの役者業!



また新しいチャレンジです!頑張りま~す。



最近新しいチャレンジばかりだけど、僕の根っこ、大切なモノはブレないよ。



最近ヒューマンな俺だけど刃も研いでるぜ(笑)



って、あらゆる角度から好かれようとしすぎか。



でも、本当にそうだから仕方ない!



ブログ更新も…頑張ります。



じゃあ、またね。
AD
いいね!(9)  |  コメント(152)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。