1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-03-11 01:54:12

ここで迎えるこの日。

テーマ:ブログ
久しぶりに、本当に久しぶりに更新します。


今日で東日本大震災から3年が経ちまます。


2011年3月11日。東日本大震災が発生した時、僕はニジェールの隊員宿舎で

釜石港を襲う津波の映像を見て、ただただ、遠い日本で起こっている事実を、

心配する事しかできませんでした。


数日後に一時帰国をし、避難所のボランティアを行いましたが、

その後ガボンに再派遣され、

2012年3月11日。震災から一年のその日は、沢山のガボン人たちと、黙祷をささげました。


昨年の1月に青年海外協力隊の任期が終了して帰国し、

2013年3月11日は、北九州の実家で黙祷をささげました。


そして、今日。
震災から3年目の2014年3月11日。

被災地の釜石市で、黙祷をささげます。


昨年の5月から、岩手県の釜石市で震災復興支援員として活動を行っています。

様々な方から、いろいろな話を聞きました。

様々な場所も見て回りました。 

僕が見て回った景色は、当然ですが被災後の景色です。







僕たちは当たり前のように



いつもと変わらぬ、今日と言う日が当たり前に過ぎ、

今日と大して変りのない明日が当然のようにやってくる。



きっとそんな風に思っています。



同じように、被災地の方々もまた、3月11日が当たり前のように過ぎ、

3月11日と大して変りのない、3月12日が来ると思っていたと思います。

しかし、当然のようにやってくる明日は、昨日とは全く違う日々のスタートでした。

そんなこと、きっとだれも想像できなかったと思います。



いつも居たあの人が居なくなり、

住み慣れた家がなくなり、

私が生きて来た、あなたが生きて来た写真がなくなり、

慣れ親しんだ商店がなくなり、

住み慣れた町がなくなる。



3月11日を境に、昨日とは全く違った日がスタートし、そして今も続き続けています。





過去を憂いたところで、前には進めないかもしれません。

だけど、今日と言う日は、今一度、震災で犠牲となった多くの方々に、

未だ避難生活をされている多くの方々に、想いを寄せる日だと思います。



津波で流され、更地になった景色も見慣れてしまい、

釜石での日々の業務をこなしていく中で、

ふと振り返った時に 『あっ、俺、釜石で仕事してるんだよな、、、』

と、いい意味でも悪い意味でも慣れが出てきているところですが、

震災復興に身を置くものとして、少しでも3月11日以前のような町に近づけるように、

また、以前よりももっと良い町になるように、



改めて心に誓おう。
AD
いいね!(2)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2012-12-27 06:53:39

ガボンの日々64 ~ミンジックふたりキャラバン~

テーマ:ブログ
さてさて、日本はクリスマスムード一色だったんでしょうねぇ~


ここガボンは暑さと湿度のせいで、まったくそんな雰囲気もなく。。。。


そして、いつもと変わらぬ毎日、いつもと変わらぬ季節に、まったく季節感を感じることなく、


年末を迎えようとしています。






どうも、こんにちは。





さてさて、“ふたりキャラバン”もこれで最後になりました!


最後の地は“ミンジック”。オイエムから車で3時間ほどのところにある、


町です。


流れはいつもどおりですね~。



ただ、最後のミンジックだけは、一週間、僕たちJICAのために幼稚園を閉めてもらい、


一週間ぶっ通しで、講習会&製作をしました!



幼稚園局の都合で簡単に一週間、ミンジックの全幼稚園を停止させて、



研修を受けさせられるようにするあたり・・・・日本じゃまずありえない・・・・



そこまでしてくれてんだから、バッチリやらないとあせる


今回は中央の幼稚園にミンジックの幼稚園教諭全員を集めて、一週間

みっちり受けるという、ミンジックの局長が決めてもらえたそうです。。。



おかげで、すべての先生たちが、最後までしっかりと製作することが出来、まぁある意味良かったなぁ~。って思います!



$ボクデキ ~ガボンだもん~
ミンジックは約40人近くの幼稚園の先生が集まってくれました!


$ボクデキ ~ガボンだもん~
いつもどおりアベルが進めながら、ちょいちょいアシステしていきます!


$ボクデキ ~ガボンだもん~
2日目以降はこんな感じで、製作の時間となります。



ここでひとつある事件が・・・・



前日の講習会で、


『明日は8時半から製作始めますよ~!』って伝えて、迎えた製作の一日目。



2人の幼稚園の先生が、遅れてやってきました(汗)



まぁ、ここアフリカならよくある光景です。



指導主事が先に来ようが、幼稚園局長がすでに来ていようが、


平気で遅刻するのがガボンの先生たち。


ほかのところでも何度となくこの光景を見てきました。


しかも指導主事も、幼稚園局長も特に注意しないんすね~


もう2年近くいるから、特に驚いたり、憤ったりするわけもなく、



『あぁ、また遅刻してんだ。まぁいつものことだなぁ・・・』とあきれムードだったんですが、



ここミンジックは違いました。



その場では一番偉い立場になる幼稚園局長が烈火のごとく怒り、



『君たちは何で遅刻したんだ。もう今日は参加しなくていい。教室に入ってくるな!もう帰れ!!』


と言い放ったんです。日本じゃ当然の対応ですが、ニジェール・ガボンと2年以上アフリカに居て


初めて見る光景でした(汗)


『局長~、すみませんでした。ちょっといろいろありまして・・・・(涙)』



と半べそをかきながら、釈明する2人の先生。


しかし、局長、



『はいはい、もういいよ!今日はもう帰れ!もう今日はいい!入ってくるな!』


と、完全に突き放す局長(怖)



結局この日は最後まで、許すことなく、局長は怒り心頭でしたメラメラ



まぁこうなったら、普通は遅れてきた先生、帰るんだろうなぁ・・・・と思っていたら、



先生たちなんと、廊下で座りながら、製作に参加し始めました(笑)


最後のほうには、廊下で製作しながら、


『ヨシ!これでいいの?!』『出来たよー(ドヤ顔)!』と


廊下から、満面の笑みでアピールしてきたり。




結局バッチリ参加してる、2人の図太さに脱帽(汗)


最後のほうは、廊下と教室内の先生とで、ゲラゲラ会話、おしゃべりしだし、


『これ廊下に“干してる”意味ないよね(笑)状態・・・』


ガボン人、逞しいいっす。



$ボクデキ ~ガボンだもん~
真ん中に居る、どっしりした人が、ここミンジックで一番偉い小学校・幼稚園局長。
怖そうでしょあせる!?






$ボクデキ ~ガボンだもん~
今回の講習会では、アベルとお揃いのガボンパーニュ(生地)で行いました(笑)



$ボクデキ ~ガボンだもん~
これが、今回のミンジックで毎朝、毎晩ご飯をお世話になった、ミンジックの指導主事、ムッシュ・ミンドゥ家の人々。


本当このムッシュ・ミンドゥにはお世話になりました!
毎日毎日、料理を作ってくれたお母さん、ありがとー!!


$ボクデキ ~ガボンだもん~
ミンドゥの子どもたちと仲良くなって、算数教えてあげたり、恐竜の折り紙を折ってあげたり、まぁ楽しんでもらえたかな。






まぁこれで、ウォレ・ンテム州ふたりキャラバンの全日程を終了しました。



約1ヶ月の長旅。



いろいろ疲れた~~~。



しかしながら終わってみればあっという間。


超マイペースなガボン人に、困惑することも多々あったけど、


振り返れば、ミンブルの校長先生ファミリー。ミンブルのアベルの育ての親ファミリー。


ビタムの女性副局長。ビタムで沢山おうちに招待してくれた先生たち。


ミンジックのミンドゥファミリー。毎日お昼を用意してくれた、ミンジックの幼児教育局長ファミリー。


参加してくれた、数多くの先生方。


そして、なによりも最後まであきらめずに付いてきてくれた、アベル。


本当数多くの人たちに支えられて、何とかやってこれたんだなぁ。って思います。






俺一人じゃ、この規模の講習会は絶対無理。





こうやって周りで支えてくれている人たちが居ることにつくづく感謝です。



どれほどの効果や発展が今回の講習会であったかは正直わかりかねるし、たぶんきっとそれは



本当に小さなものかもしれないけど。



よしやろう!


って決意して、任期延長も決め、アクション起こしたからこそ、得ることの出来た経験だったし、


もしかしたら参加者より俺のほうがいろいろな経験をさせて貰えたんじゃないか思う。



もっとこうすればよかった・・・  ここはこうするべきだったなぁ・・・って、



後悔する気持ちは色々とあるけど、まずは周りに感謝です。



そして、次に繋げて行かないといけないですからね。



全講習会参加者約140人。

講習会3回、製作の日数18日間。


長かったウォレ・ンテム州ふたりキャラバン、終了!!


お疲れっした~~~~~~パー




あぁ終わってみるとなんか寂しいなぁ・・・・・



翌日、打ち上げをかねたカレーパーティー・・・


$ボクデキ ~ガボンだもん~
『俺はカレーでも、箸で食べるぜぇ~』とアベル(笑)



アベルとのコンビもあともう少し。
AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-12-21 18:31:10

ガボンの日々63 ~ビタム二人キャラバン~

テーマ:ブログ
いやー、日本はクリスマスシーズン真っ只中ですね。


ここガボンは日中30度超え、しかも湿度が79%以上ということもあり、



お肌は潤い続けてます・・・・



暑い、夜は寝苦し過ぎます。。。。



まぁいいや。




今回はビタム二人キャラバンの様子っす。ってか、まぁ特に内容に変化ないんすけど(汗)



$ボクデキ ~ガボンだもん~
ビタムは合計で80人以上の参加者がいましたね。さすがウォレ・ンテム州第2の県。


マニュアルを80部持ってきておいてよかった!!



$ボクデキ ~ガボンだもん~
ま、例のごとく、さまざまなデモンストレーションをしていきます。



ビタムには小学校と幼稚園の視学官の局長がいて、その下に女性の副局長がいます。


その方がかなりやる気のある方で、

『マニュアルとか、折り紙の折り方とか、もしデータで持っているなら、全部ほしい!参考にさせてほしい!!』

とかなりやる気のある方で、折り紙も『鶴』の折り方をどうしても教えてほしい!!

といって、折り方をメモ取りながら、覚え、次の日には完全にマスターしてました!!


アフリカの人でも、折り紙なんて折ったことない人でも、


やる気さえあれば、出来るもんなんだ!



ようは『やるか?やらないか?』




ビタムは女性の副局長が中心となって、幼児教育が発展していけばいいなぁ~。と思う。



$ボクデキ ~ガボンだもん~
2日目以降も、例のごとく、巡回&製作。中には、上のように給料日前ということで、


2人しか参加しない会も(涙)



まぁ地方の田舎町だと、給料日にオイエムまで来ないとお金がもらえないという難しい問題があるから、まぁしょうがないか・・・



しかしながら、そんなときでも、ちゃんときてくれた方には手厚く、お手伝いしまっせニコニコ


来て良かった~って思えるくらい、いろんな手法を伝えましたグッド!




しかし、いくら僕の州の第二の県とは言えども、ちょっと入ればもうそこは森の中・・・・・



この時期の炎天下の中、いつ来るかもわからない、タクシー?ヒッチハイク??を待ち続ける・・・


気温、高杉(汗)


湿度、高杉・・・(大汗)

ま、これもガボンだな・・・


$ボクデキ ~ガボンだもん~




$ボクデキ ~ガボンだもん~
そんななか、ガボンの子どもたちは、川で水浴び。めっちゃ気持ちよさそう!


入りたくなったけど、さすがに寄生虫とかヤバイかなぁとおもってやめといたあせる




ちなみに、ここウォレ・ンテム州第二の県ビタムには空港もあるんです。


だいたい、各州の州都には必ず空港はあるんです。もちろんウォレ・ンティム州の州都オイエム

にも空港はあります。


例の、『おばあちゃんが滑走路を横切る空港』



んで、ビタムの空港はこんな感じ。



$ボクデキ ~ガボンだもん~
オイエム空港よりめっちゃ綺麗なんすアップ


そんなビタム空港ですが・・・・


・・・・



$ボクデキ ~ガボンだもん~
やっぱり、横切ってた・・・


しかも小学生の通学路になってた(怖)



ワイルドやわ~






そうそう、最後に巡回した幼稚園。


アメリカのボランティア“ピースコー(現在は撤退している)”が立てた建物らしく、


そこには手書きで世界地図が描かれていました。


$ボクデキ ~ガボンだもん~
かなり上手に描かれていました!


しかしこれを見ると、日本は本当に極東に位置してるんですよね。

基本海外の世界地図は日付を基準に作ってるから、こんな感じで、

世界地図の一番はしっこ、極東に位置してるのが日本。


これを見ると、今となっては普通に生活してるけど、



今更ながら、遠くに来てるんだなぁ~・・・・・と実感(笑)






ラスト → ミンジックふたりキャラバンへ
AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-12-17 03:07:05

ガボンの日々62 ~ミンブル2人キャラバン~

テーマ:ブログ
ブログ放置してスミマセン。。。。バタバタしてたもので。


落ち着いたので、これからバンバン書いていきます!!


まずは『ミンブルふたりキャラバン』の様子っす。


もうあれから1ヶ月も経ったとは、時間が経つの早すぎです。。。


ミンブルへのタクシーは定期的に出てないので、ヒッチハイク的な感じでとめるしかなく、とりあえずその方向に行く車を待つ・・・・



待つ・・・・・・




待つ・・・・・




松・・・・・・




来ない・・・・・・・




という事で、何とか見つけた車が、


$ボクデキ ~ガボンだもん~
トラックの荷台(涙)


この荷台にガボン人16人乗りました・・・・


俺の左の車の天井の上にも一人乗ってた。


これで100㌔は出すから、もう事故ったらアウトっす・・・・


$ボクデキ ~ガボンだもん~
『ダイジョブ!ダイジョブ!!』と連呼するアベル。



$ボクデキ ~ガボンだもん~
結局、砂埃を受けながら、、、スコールに3回打たれながら、、、4時間半・・・・


何とかミンブルに到着したころには、顔中砂埃まみれでした・・・タオルで顔を拭くと、赤茶色に染まりますメラメラ



という事でここミンブルで6泊7日の『ふたりキャラバン』スタートです。


着いた当日と翌日は会場の準備などや市長に挨拶に言ったりして、なんだかんだで時間が過ぎていきました。


そんな中、前回の視察の際、食事のお世話とかしてもらった小学校Aの校長先生が、親日の方で


『ぜひ小学校の子ども達にも何か、日本の文化を紹介して欲しい!』と頼まれて居たので、


早速、行き、子ども達に簡単な折り紙と、じゃんけん遊びを教えるチョキ



$ボクデキ ~ガボンだもん~
今回は簡単なカエルの折り紙と、コップ。そしてちょっと難しい、ボールを折りました。


ミンブルはウォレ・ンティム州で一番の田舎町だからか分からないけど、子ども達はとっても素直で、みんな熱心に折ってます!!


一枚の平面の紙が、立体になっていくことにとても興味を持ち、めちゃ意欲的に折る子ども達。


先生達も、『折り紙は、正方形があったり、三角を作ったり、半分に折ったりと、数学的要素が沢山ある。これはいい!!』



$ボクデキ ~ガボンだもん~
といい、休憩時間、必死で折る先生達にひひ



その後、今度は"じゃんけん”をみんなでする! ここガボンには、勝敗を三すくみで決めるゲームが特にない。
実際の紙とはさみと、小石を持ってきて、説明をし、やってみる!!


海外では掛け声が『ジャンケンポン』ではなく“ワン・ツー・スリー”で行うところが多いそうだけど、


ここはあえて“じゃんけんぽん”でやってみるニコニコ


$ボクデキ ~ガボンだもん~
みんなルールをすぐ理解して、めっちゃおお盛り上がり!

次の日もその次の日も、小学校の周辺や、街中で“ジャンケンポン!”ってやってる子ども達を数人見かけました!!

まさか、こんな田舎町で、日本のじゃんけんが定着したら面白いですねニコニコ



帰り際、

$ボクデキ ~ガボンだもん~
『見てみて~。切れ端の部分で小さいの作ったよ~』

と見せてくれる、女の子。


楽しんでくれたようでなによりです。



そしてそして、翌日、ミンブルでの講習会をスタート!!



$ボクデキ ~ガボンだもん~
ミンブルは小さな町なので、先生達の参加人数は25人程度で、しょっぱなの講習会では本当にちょうどいい人数でした。


一人ひとり、丁寧に伝えることができるので、よかった。

$ボクデキ ~ガボンだもん~
今回は"日本文化を伝える”って意味もこめて、日本から持参していた

浴衣を着て講習会に参加しました。

いや~、帯むずかしい過ぎあせる


$ボクデキ ~ガボンだもん~
講習会とは言えども、僕のフランス語の語彙数なんてまだ2.3歳ぐらいなものなので、


ほとんどの説明を分かりやすい言い回しでアベルが伝えてくれます。本当助かってますアベルさん。。。。
 
ちなみにこの写真はアベルが手洗いの説明をしてるところです。

ほとんどの学校にはトイレとか水道がないので手洗いをする習慣がつくことはありません。


しかしペットボトルを持ってくれば手洗いはできるよ~!ってことを伝えているとこっすね。


ちなみに、『ガボンの水に細菌が入ってたらどうするんじゃ~い!』って言う厳しいご意見がありましたが、


ガボンの水道水は、そのまま飲めるくらい、手入れの行き届いてる水なのでご心配ないですよ~~~(笑)


まぁそんな感じで、アベルが伝え忘れたこととかがあったら、補足を入れる感じで進めていきます。



$ボクデキ ~ガボンだもん~
折り紙のコーナーでは大き目の折り紙を使って分かるように説明していきます。


今回は、折り紙と言うか、星の一発切りと切り紙をプレゼンしました。

綺麗なものとか、派手なものが大好きなガボンの先生たちはすごく気に入ってました!


$ボクデキ ~ガボンだもん~
ずっと座って話を聞いてるだけじゃ退屈なので、例のごとく、じゃんけんを教えたあと、


"じゃんけん列車"のフランス語バージョンを事前に作っておいたので、それを使って、


じゃんけん列車をみんなでやりましたにひひ


勝負事には真剣なガボン人!ガチで勝ちに行きますニコニコ


$ボクデキ ~ガボンだもん~
とまぁ、そんなこんなで何とかミンブルでの講習会も終わり、翌日より、各園を巡回しながら、講習会でプレゼンした教材つくりに出向きました!



$ボクデキ ~ガボンだもん~
そんなに長い間、集中できる人たちではないので、チャチャッとつくりながらやって行きます。

だけど、昼過ぎくらいになると、もうダラダラモードになって、帰宅~・・・的な感じです。。。


この巡回のやり方は改善の余地ありでした。


次のビタム講演に向けて、要改善です。


良かったところも、悪かったところもじっくり分かったミンブルふたりキャラバンで、


まだまだ始まったばかりで、手探りな感じでしたね。


それでも、先生たちは“よかったよ~!”って言ってくれるから、よしとしようガーン













ミンブルでは毎晩、誰かしらにおうちに“お呼ばれ”してもらい、ご飯を食べさせてもらってました!

日本もそうだけど、田舎っておもてなしの文化が沢山あります。

$ボクデキ ~ガボンだもん~
んで、前回の視察の際、お世話になった“アベルの育ての親”のおうちへ今回も行きました!

前回の食卓では、『最高のおもてなし』らしい、サイチョウって鳥をいただいたのですが、今回は


そのお礼にと、お土産で



$ボクデキ ~ガボンだもん~
散弾銃の実弾を持っていきました(恐)

普通にその辺の商店に売ってます・・・一発100円くらいで(汗)




そして、今回食卓に出てきたのが・・・・


$ボクデキ ~ガボンだもん~
象っす。。。。


ついに象食べちゃいました・・・・



ガボンでも法律で禁じられていますが、畑を荒らす象のみ駆逐し、食べるとかなんとか・・・・


日本帰って子ども達に


『アフリカで象食べたよ~チョキ


とか絶対いえない・・・・


自分の子どもができても言えないな・・・・



『ほ~ら、ゾウさんにエサやろうね~ニコニコお父さん、ゾウさん食べたんだよ~!おいしかったよ~』



絶対言えない・・・・・(汗)




うまかったなんて・・・・・



すごいうまかったんです。。。。本当スミマセン。。。。


でも出されたものを無碍に断ることはここではできませんしね。。。








しかし、ホント、ここでしか体験できないことをさせてもらってることに感謝です。


まぁこんな感じで、ミンブルの文化を満喫しながら、ミンブルでの講習期間を終えました。



$ボクデキ ~ガボンだもん~
そして、この後一旦オイエムに戻り、すぐに次の場所、ビタムへ向かう。





ちなみに今回、ミンブルで、“フールー”という吸血系のコバエにさされまくり、



$ボクデキ ~ガボンだもん~
腕がこんな状態になりました・・・(痒)

虫除けスプレーがまったく効かないんです。

ぱんぱんに腫れてますが、痛みじゃなく猛烈に痒いんです。

全身23箇所刺されました・・・  ミンブル自然沢山、人も優しい最高なところだけど、


フールーだけはいただけなかった~~~


今ではさされた跡がくっきりと残っています。。。



ミンブルの思い出を心にも体にも刻んだのでした。。。。
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-11-09 08:18:53

ガボンの日々61 ~ビタム視察&準備~

テーマ:ブログ
いや~、この前パソコンが一時、不能になり、『もうだめか・・・』と諦めてたんですが、


何とか復活~~~!!!


任期、最後まで何とかもってくれ~~~~~あせる


という事で更新です。



先週、先々週と、一人キャラバン(アベルつき)の視察のたびに出ていたのですが、


最後はウォレンティム州第二の都、ビタムです。



$ボクデキ ~ガボンだもん~
第2に街とはいえ、まぁ大自然の中に在るのは間違いないべーっだ!



$ボクデキ ~ガボンだもん~
『キャ、キャ、キャ!シノア(中国人)が来たよ~!!』ってテンション上がってる村の子達汗


『シノアじゃねぇーよー!ジャポネだよー!!!』っていうと、


すぐ『ジャポネー!!』と覚えてくれる村の子達。。。素直だアップ



$ボクデキ ~ガボンだもん~
先生が、『はーい!お口閉じるよ~~~!』って言うとみんなこうやって口を閉じますにひひ


$ボクデキ ~ガボンだもん~
今回のビタム視察は、1泊2日で、23の幼稚園を回りましたあせる


疲れた~・・・


基本的にやることは決まってるし、出来る事も今までしてきたことしか出来ないから、


この視察はそこまで重要視してなかったけど、やっぱり行ってよかったと思った。


前もって現場を見てたほうが、本番のイメージもつきやすいし、向こうの責任者の人とも、


詳しい流れの話し合いとかももてたし、新たに取り入れたほうがいいものとかも見えてきたし。


『意味あんのかなぁ~』と思うことも多々あるけど、その時その時に出来ることを、


コツコツやることが、明日や明後日へと繋がって行くんだな~って。


だから、まぁやってみるか!ってのもいいと思ったグッド!

ガボン人は良く行き当たりばったりの行動が多く、


『要領悪いなぁ・・・(怒)』って事も多々ありますけどねあせる




んでもって、今週は直前の週という事で、準備期間。


まぁ、思っているように準備ごとが進まず、フラストレーションがたまりますガーン


『Ça va aller!(なんとかなるさ!)』が合言葉のガボン人は、

何とかならない状況になるまで、余裕をぶちかまします・・・・


そしてギリギリになって焦りますむかっ


そうならない為に早めに取り組みたいのに、まぁ~のんびりしてますよね・・・・



$ボクデキ ~ガボンだもん~
今回の講習会で配る、資料を大量コピー。Canon 頑張ってます。

このコピー作業も、スタートするのに3日かりました・・・・


日本なら半日もかからんわぁ(涙)


$ボクデキ ~ガボンだもん~
俺がコピーをしている傍らで、『数字の歌(フランス語に翻訳したやつ)』をノリノリで歌う、
29歳のおっさん・・・・(怒)



$ボクデキ ~ガボンだもん~
に、『もう歌はええけ、仕事せー!!』と指導(笑)



$ボクデキ ~ガボンだもん~
大量のコピー!130部!!今回は一園に一冊ではなく、参加者一人ひとりに配ることにしましたチョキ


$ボクデキ ~ガボンだもん~
まだまだ、やること山積みで頭痛いわぁ・・・ガーン


とまぁ、こんな感じで準備進めて、来週より『一人キャラバン(アベルつき)』がスタートします!

$ボクデキ ~ガボンだもん~
この資料を引っさげて、アベルと頑張ってきマース!!
いいね!(0)  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。