実業団駅伝

元旦のニューイヤー駅伝の展望、結果、回顧。各地区予選の事もできるだけ書いていきます


箱根駅伝

箱根駅伝の結果、展望、回顧等予選会もできるだけ書いていきます。


全日本大学駅伝

全日本大学駅伝の展望、結果、回顧等を書いていきます


出雲駅伝

出雲駅伝の展望、結果、回顧等を書いていきます。


そのほかの駅伝

高校駅伝やら色んな駅伝をさっと書きます。


記録会まとめ

各種記録会の結果等を有力実業団目線で書きます。


マラソン

色んなマラソンの結果、展望、回顧等をしていきます。


マラソンデータベース

実業団ごとに10000のベストとマラソンのベストを

書いています。随時更新します。


09~10マラソンシーズン回顧

各実業団ごとに回顧しています。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-07-19 18:25:28

2016年 ニューイヤー駅伝回顧 22位 中電工

テーマ:2016 ニューイヤー駅伝

  22位 中電工

   (過去5年間の順位 32位、33位、36位、35位、30位)

  

  1区 相葉 直紀(広島大) 区間28位(22秒差)

   出場2回目 15年1区8位

  2区 大崎 翔也(大東文化大) 区間33位 33位通過

   初出場

  3区 松尾 修治(専修大) 区間14位 24位通過

   出場2回目 15年3区11位

  4区 小山 大介(山梨学院大) 区間16位 21位通過

   出場6回目 13年1区22位、14年1区14位、15年2区37位

  5区 栗原 圭太(山梨学院大) 区間23位 23位通過

   出場6回目 13年5区30位、14年5区28位、15年5区26位

  6区 佐々木 徹也(青山学院大) 区間26位 21位通過

   出場5回目 13年7区36位、14年7区36位、15年7区20位

  7区 橋本 直也(広島経済大) 区間19位

   出場10回目 13年4区33位、14年3区29位、15年4区36位


      新加入選手

    西岡 喬介(城西大)

    二岡 康平(駒澤大)


   30位台が続いていた中電工が一気に   

   順位を上げてきました。

   中国予選は4位だったものの、JFEスチールとは

   僅差であり、着実に力をつけてきています。


   1区の相葉選手がまずまずのスタート。

   相葉選手であれば、1区なら区間一桁5秒差以内

   ぐらいでつないでもおかしくありません。


   3区の松尾選手が、順位を24位まで押し上げました。

   今年も区間14位ということで安定しています。

   大学時代からかなり力をつけてきています。


   4区の小山選手が区間16位で走ったのが

   最大のポイントだったと思います。

   中電工は、4区で苦戦していましたし、中々

   メンバーを固定できませんでした。

   小山選手これならマラソンでも中々期待できるのでは

   ないでしょうか。

   

   5区は過去3年連続で同区間の栗原選手。

   一番良い区間順位で粘ります。

   

   6区はアンカー起用が多かった佐々木選手。

   順位を2つ上げます。


   7区は、長年中電工を支えた橋本選手が

   見事締めくくりました。


   ここ数年じわじわと力をつけてきている

   中電工。

   20位台をキープしながら10位台も狙っていけるのでは

   ないでしょうか。


   1区、3区、4区の主要区間はある程度   

   固定できそうです。

   新人の2名も、即戦力といえると思います。

   最後の箱根駅伝でしっかり走っている

   2人だけに、中堅、ベテラン選手との

   メンバー争いが起こり、チームの底上げも

   期待できそうです。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2016-07-17 20:20:06

2016年 ニューイヤー駅伝回顧 21位 NTT西日本

テーマ:2016 ニューイヤー駅伝

 21位  NTT西日本 

  (過去5年間の順位 33位、26位、18位、27位、27位)


  1区 竹ノ内 佳樹(日本大) 区間25位(トップと16秒差)

   初出場

  2区 関戸 雅輝(順天堂大) 区間27位 25位通過

   出場5回目 12年6区18位、13年2区24位、14年2区29位

  3区 益田 賢太朗(法政大) 区間28位 28位通過

   出場4回目 12年7区21位、13年3区19位、14年3区30位

  4区 池田 泰仁(立命館大) 区間33位 31位通過

   出場7回目 12年1区20位13年4区19位、14年4区24位

  5区 渡辺 力将(上武大) 区間17位 27位通過

   出場3回目 14年5区11位、15年3区29位

  6区 竹中 友人(日本体育大) 区間11位 24位通過

   出場3回目 10年4区25位、15年5区26位

  7区 加田 将士(中央大) 区間13位

   出場8回目 13年1区26位、14年1区6位、15年1区31位


      新加入選手

    中西  健(京都産業大)

    馬場 翔大(駒澤大)

    山村  隼(青山学院大)


  NTT西日本は、過去2年27位が続いていましたが、

  今年は21位と順位を上げてきました。

  毎年、箱根駅伝を経験している選手を複数獲得

  しているチームなので、このぐらいの順位でも

  驚きはありません。

  後半の区間でじわじわ順位を上げたところに、

  選手層の厚さを感じます。


  1区の竹ノ内選手が16秒差での中継で

  堅実につなぎます。

  2区の関戸選手がいい走りを見せました。

  区間27位ですが、日本人では区間2位。

  村山選手とは10秒差ですから、

  よく走っています。

  ここで順位をキープしました。

  3区、4区で30位台まで落としましたが、

  5区から反撃しました。


  5区の渡辺選手が区間17位で4つ

  順位を上げます。

  今ではチームの中心選手と

  なっています。


  6区のベテラン竹中選手も好走。

  

  7区の加田選手は1区からアンカーに回りましたが、

  区間13位でここでも3つ順位を上げました。

 

  順位変動が起こりにくいと言われる後半3区間で

  10個順位を上げたのは素晴らしいと思います。


  早速来年はさらに上の10位台といいたいところですが、

  簡単にはいかない面もあります。


  まず、そもそも本大会に出れるのかという

  ところがあります。

  関西の枠は来年は3つと減ってしまいました。

  SGHは、外国人もあるので、ほぼ決まりかと。

  残り2つの枠を、大塚製薬、住友電工、大阪ガス

  辺りと争わないといけません。

  大塚製薬は、本大会では不本意でしたが、 

  関西随一の選手層に加え、即戦力新人3名が

  加入しています。

  住友電工は、部員は少ないものの、新人3名

  は強力です。

  NTT西日本といえども、ミスが許されない

  予選となりそうです。


  後は、4区、6区、7区を走った3人が

  引退してしまったことです。

  3人共まだまだ戦力としてやれそうな予感は

  しますが・・

  4区のエース区間は、渡辺選手か新人の

  馬場選手辺りに担って欲しい所。

  また青山学院大出身の山村選手、

  トラックで良い監物選手、ロードで良い

  小澤選手辺りが走ってくれると良いのではないでしょうか。




AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2016-07-04 21:05:48

ゴールドコーストマラソン 結果

テーマ:マラソン結果

  ゴールドコーストマラソン


  2位 川内 優輝(埼玉県庁) 2,09,01

  4位 高田 千春(JR東日本) 2,10,43

  9位 濱崎 達規(小森コーポレーション) 2,15,37

  12位 セルオド・バトオチル(NTN) 2,17,55

  

   川内選手が、優勝に1秒差の2位で、

   9回目のサブテンを達成しました。

  

   正直、もうサブテンは難しいのかなと

   思っていました。

   ここのところ12分から13分ではまとめるものの、

   その辺りかなと思っていたので、今回

   再びサブテンを達成し、第2の全盛期を

   築いて欲しいです。


   サブテン10回の区切りまで、後1回なので、

   なんとか達成して欲しいです。(サブ20は凄い回数のはず)

   ロンドンの世界陸上の選考会で10回目の

   サブテンで代表になって欲しいです。

   来年のロンドン世界陸上の代表になれば、3度めの

   マラソンでの世界陸上代表です。

   これも、日本人では前人未到だと思います。(2回は数名いそうだが)


   高田選手も安定しています。

   ベテランになってからマラソンが安定しています。

   得意の福岡でサブテンを達成して欲しいです。


   濱崎選手は、もう少し上で走って欲しかったです。

AD
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)
2016-07-04 20:58:34

ゴールドコーストマラソン 女子結果

テーマ:女子マラソン結果

   ゴールドコーストマラソン 女子結果


  1位 堀江 美里(ノーリツ) 2,26,40  PB

  4位 竹中 里香(エディオン) 2,34,39

  5位 渋井 陽子(三井住友海上) 2,38,13

  6位 中村 仁美(パナソニック) 2,38,52

  15位 吉住 友里         2,51,13

  


  堀江選手は、大会記録でもあるということで、

  ロンドンの選考会が楽しみになりました。

  渋井選手も元気なところを見せました。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016-07-03 21:03:20

現役選手 マラソンサブテン達成者リスト 更新版

テーマ:サブテンリスト

  現役選手マラソンサブテンリスト(回数は、サブテン回数)
                         
  今井 正人(トヨタ自動車九州) 2,07,39 2回
   藤原 新(ミキハウス) 2,07,48  5回
   前田 和浩(九電工) 2,08,00  2回
   松村 康平(MHPS長崎) 2,08,09 1回
   川内 優輝(埼玉県庁) 2,08,14 9回
   堀端 宏行(旭化成) 2,08,24 2回
   中本 健太郎(安川電機) 2,08,35 3回
   山本  亮(SGHグループ) 2,08,44 2回
   小林 光二(SUBARU) 2,08,51 1回
   佐々木 悟(旭化成) 2,08,56 2回
   石川 末廣(Honda) 2,09,10 3回
   酒井 将規(九電工) 2,09,10 1回
   佐野 広明(Honda) 2,09,12 1回
   森田 知行(カネボウ) 2,09,12 1回
   松宮 隆行(愛知製鋼) 2,09,14 2回   
 北島 寿典(安川電機) 2,09,16 1回
   松宮 祐行(セキノ興産) 2,09,18 3回
   五ケ谷 宏司(JR東日本) 2,09,21 1回   
   深津 卓也(旭化成)  2,09,31 1回
  丸山 文裕(旭化成) 2,09,39 1回
   足立 知弥(旭化成) 2,09,59 1回


   10分から12分のもうすぐサブテンリスト 
   高田 千春(JR東日本) 2,10,03 
   黒木 文太(安川電機) 2,10,08 
   門田 浩樹(カネボウ) 2,10,46 
   宇賀地 強(コニカミノルタ) 2,10,50 
   秋葉 啓太(小森コーポレーション) 2,10,53
   田村 英晃(JR東日本) 2,10,54
   高宮 祐樹(ヤクルト) 2,10,57
   池田 宗司(ヤクルト) 2,10,59
   伊藤 太賀(スズキ浜松AC) 2,11,15
   糟谷  悟(トヨタ紡織) 2,11,17
   外丸 和輝(トヨタ自動車) 2,11,25
   下田 裕太(青山学院大) 2,11,34
   佐藤  舜(GMO) 2,11,39
   谷川 智浩(コニカミノルタ) 2,11,39
   大塚 良軌(愛知製鋼) 2,11,40
   荻野 皓平(富士通) 2,11,42
   一色 恭志(青山学院大) 2,11,45
   服部 勇馬(トヨタ自動車) 2,11,46
   山本 浩之(コニカミノルタ) 2,11,48
   宮脇 千博(トヨタ自動車) 2,11,50
   森脇 佑紀(JFEスチール) 2,11,52
   石田 和也(西鉄) 2,11,57
   米澤  類(中国電力) 2,11,59
   高橋 憲昭(DeNA)  2,12,00
   松尾 良一(旭化成) 2,12,11
   濱崎 達規(小森コーポレーション) 2,12,12
   佐藤 悠基(日清食品G) 2,12,14
   岩永 暁如(九電工) 2,12,24
   山岸 宏貴(GMO) 2,12,27 
   野口 拓也(コニカミノルタ) 2,12,29
   岡本 直己(中国電力) 2,12,31
   高瀬 無量(日清食品G) 2,12,31
   木滑  良(MHPS長崎) 2、12,48
   清水 和朗(ヤクルト) 2,12,49
   井上 大仁(MHPS長崎) 2,12,56



 (更新理由)
    ゴールドコーストマラソンの結果を反映。
    川内選手9回目のサブテン達成で、前人未到の
    サブテン二桁に王手。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016-07-03 20:57:06

現役選手 マラソンサブテン達成者リスト 更新版

テーマ:サブテンリスト
   現役選手マラソンサブテンリスト(回数は、サブテン回数)
                         
 今井 正人(トヨタ自動車九州) 2,07,39 2回
   藤原 新(ミキハウス) 2,07,48  5回
   前田 和浩(九電工) 2,08,00  2回
   松村 康平(MHPS長崎) 2,08,09 1回
   川内 優輝(埼玉県庁) 2,08,14 9回
   堀端 宏行(旭化成) 2,08,24 2回
   中本 健太郎(安川電機) 2,08,35 3回
   山本  亮(SGHグループ) 2,08,44 2回
   小林 光二(SUBARU) 2,08,51 1回
   佐々木 悟(旭化成) 2,08,56 2回
   石川 末廣(Honda) 2,09,10 3回
   酒井 将規(九電工) 2,09,10 1回
   佐野 広明(Honda) 2,09,12 1回
   森田 知行(カネボウ) 2,09,12 1回
   松宮 隆行(愛知製鋼) 2,09,14 2回   
 北島 寿典(安川電機) 2,09,16 1回
   松宮 祐行(セキノ興産) 2,09,18 3回
   五ケ谷 宏司(JR東日本) 2,09,21 1回   
   深津 卓也(旭化成)  2,09,31 1回
丸山 文裕(旭化成) 2,09,39 1回
 足立 知弥(旭化成) 2,09,59 1回


   10分から12分のもうすぐサブテンリスト 
   高田 千春(JR東日本) 2,10,03 
   黒木 文太(安川電機) 2,10,08 
   門田 浩樹(カネボウ) 2,10,46 
   宇賀地 強(コニカミノルタ) 2,10,50 
   秋葉 啓太(小森コーポレーション) 2,10,53
   田村 英晃(JR東日本) 2,10,54
   高宮 祐樹(ヤクルト) 2,10,57
   池田 宗司(ヤクルト) 2,10,59
   伊藤 太賀(スズキ浜松AC) 2,11,15
   糟谷  悟(トヨタ紡織) 2,11,17
   外丸 和輝(トヨタ自動車) 2,11,25
   下田 裕太(青山学院大) 2,11,34
   佐藤  舜(GMO) 2,11,39
   谷川 智浩(コニカミノルタ) 2,11,39
   大塚 良軌(愛知製鋼) 2,11,40
   荻野 皓平(富士通) 2,11,42
   一色 恭志(青山学院大) 2,11,45
   服部 勇馬(トヨタ自動車) 2,11,46
   山本 浩之(コニカミノルタ) 2,11,48
   宮脇 千博(トヨタ自動車) 2,11,50
   森脇 佑紀(JFEスチール) 2,11,52
   石田 和也(西鉄) 2,11,57
   米澤  類(中国電力) 2,11,59
   高橋 憲昭(DeNA)  2,12,00
   松尾 良一(旭化成) 2,12,11
   濱崎 達規(小森コーポレーション) 2,12,12
   佐藤 悠基(日清食品G) 2,12,14
   岩永 暁如(九電工) 2,12,24
   山岸 宏貴(GMO) 2,12,27 
   野口 拓也(コニカミノルタ) 2,12,29
   岡本 直己(中国電力) 2,12,31
   高瀬 無量(日清食品G) 2,12,31
   木滑  良(MHPS長崎) 2、12,48
   清水 和朗(ヤクルト) 2,12,49
   井上 大仁(MHPS長崎) 2,12,56




 (更新理由)
  ゴールドコーストマラソンの結果を反映。
    川内選手9回目のサブテン達成で、前人未到の
    サブテン二桁に王手。
いいね!した人  |  コメント(42)  |  リブログ(0)
2016-06-22 20:33:28

2016年 ニューイヤー駅伝回顧 20位 SGHグループ

テーマ:2016 ニューイヤー駅伝

  20位  SGホールディングスグループ

  (過去5年間の順位 20位、18位、15位、21位、20位)


 1区 橋爪 考安(松蔭大) 区間32位(トップと27秒差)

  出場3回目 14年3区25位、15年1区15位

 2区 沖守  怜(國學院大) 区間39位 36位通過

  初出場

 3区 松田 佑太(日本体育大) 区間5位 20位通過

  出場2回目 15年2区28位

 4区 飯沼 健太(平成国際大) 区間17位 18位通過

  出場6回目 13年3区14位、14年4区20位、15年3区25位

 5区 森井 勇磨(山梨学院大) 区間27位 24位通過

  初出場

 6区 樋口 正明(創価大) 区間35位 23位通過

  初出場

 7区 西澤 俊晃(駒澤大) 区間13位

  初出場


      新加入選手

   木原 真佐人(カネボウ)

   井上  錬(佐久長聖高)  

   サイラス・キンゴリ(仙台育英高)

 

   SGHは、オーダーを見た時は、ちょっと 

   やばいかなと思いました。

   4区で計算できるエースの山本選手

   が欠場。

   また後半区間の選手が、初出場が多く

   計算出来ないというところもあり、 

   ひょっとすると30位台まであるのかなと

   思いました。

   箱根駅伝で実績のある柿原、熊崎選手が

   ここら辺りに入ってくれるといいオーダー

   かなと思ったのですが。

   それでも、過去5年間の順位のレンジの中の

   20位でのゴールということで、上手く

   走ったと思います。


   1区は3本柱の一人の橋爪選手

   なので、ちょっと苦戦したのかと。

   2区の沖守選手も、もうちょっと上で

   走れると思ったので、後手を踏んだ

   序盤だったと思います。


   その劣勢を一気に引き戻したのが

   3区松田選手。

   区間5位の快走で、16個順位を上げました。

   松田選手は、トラックで自己ベストを出していましたが、

   ここまで走るとはいい意味で驚きました。

   

   4区の飯沼選手は、マラソンにも取り組んでいる

   こともあり、区間17位と堅実につなぎます。


   5区の森井選手のところで順位を落としますが、

   今年度は結果を出していたので、準エース

   区間できつかったかもしれませんが、

   もう少し上の区間順位で走ってもおかしくないです。

   

   7区の駒澤大OBの西澤選手が

   区間13位で3つ順位を押し上げました。

   後半区間で苦戦していたので、最後に

   順位を上げて終わったのは良かったと思います。

   箱根は、走っていないはずなので、

   実業団のアンカーで良く走ったと思います。

 

   SGHは、新人が楽しみです。

   まずついに、外国人選手を加入させました。

   キンゴリ選手がインターナショナル区間で

   どこまでやれるのか。

   またカネボウから木原選手が加入。

   記録会を見てると、まだ万全とは言えませんが、

   来年1月までに万全に戻ったら

   かなり楽しみです。


   山本選手の復活と、2年目に入る

   柿原、熊崎選手、3年目の菊池選手辺りが

   調子を戻してくると、ひょっとすると来年は

   入賞を伺う10位台半ばまで来るかもしれません。


   関西の出場枠は、3枠に減りましたが、

   SGHは一番有利だと思います。

   関西予選を突破する上で、キンゴリ選手の

   加入は相当大きいと思います。

   キンゴリ選手の区間で他チームを

   引き離せると思います。

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2016-06-21 20:12:18

2016年 ニューイヤー駅伝回顧 19位 カネボウ

テーマ:2016 ニューイヤー駅伝

  19位  カネボウ 

  (過去5年間の順位 11位,20位,3位,不出場、不出場)


 1区 文元 慧(明治大) 区間17位(9秒差)

   初出場

 2区 代田 修平(中央大) 区間40位 34位通過

   初出場

 3区 青木  優(東京農業大) 区間7位 19位通過

   初出場

 4区 棟方 雄已(中央大) 区間27位 26位通過

  出場2回目 13年1区4位

 5区 松藤 大輔(日本大) 区間8位 20位通過

  出場6回目 11年7区5位、12年5区8位、13年5区7位

 6区 大西 一輝(東洋大) 区間14位 18位通過

  出場3回目 12年1区5位、13年6区2位

 7区 門田 浩樹(拓殖大) 区間35位

  出場3回目 10年3区21位、12年2区20位


       新加入選手

   ダニエル・ムイバ・キトニー(日本大)

   田中 考貴(順天堂大)


  半年近く経過しての回顧ということで、

  季節外れですが淡々と続けて行きます。


  カネボウが、でこぼこがありながら、なんとか

  19位に入り、最低限の駅伝はしてくれたと

  思います。


  トラックは強いのに、駅伝ではイマイチという

  感があったカネボウですが、2013年は3位に

  入り、いよいよチャンスかと思ったら、

  諸事情があり2014年は、予選会も出場できず、

  連続出場が途切れました。

  そして、2015年はまさかの予選会敗退という

  ことで、負のスパイラルに落ちかけていましたが、

  なんとか踏みとどまったという印象です。

  底が抜けかけていました。


  昨年の予選会もなんとか通過ということで、

  本大会も心配していましたが、

  なんとか駅伝にはなったと思います。


  1区の文元選手は、しっかり1区の役割を

  果たしました。

  2区は苦戦が予想されていましたが、

  それでも区間40位はちょっと想定外か。

  代田選手は出雲駅伝で区間賞の実績もありますし、

  日本人選手の中では上位には入って欲しかったです。


  3区の青木選手が15人抜きで立て直します。

  ここで戻したのが大きかったと思います。

  よく走ってくれました。

  青木選手は、箱根出場経験もありますが、 

  カネボウ入社後さらに力をつけて強くなっています。


  4区の棟方選手は、残念だったか。

  この後の別大では好走しているので、

  区間10位台ぐらいで走ってもおかしくないと

  思います。


  5区、6区の中堅がよく立て直しました。

  2013年の3位メンバー松藤、大西

  選手がさすがの堅実な走りです。

  さすがです。


  最後は、マラソンの門田選手が19位で

  ゴールとなりました。

 

  基盤は作ったと思うので、

  これを最低限にまずは、入賞を

  狙えるチームを作って欲しいところです。


  新人の2名は、ポイントを抑えた補強だと

  思います。

  キトニー選手は当然の2区。

  インターナショナル区間はレベルがかなり

  高いので、簡単にはいきませんが、

  どのくらいで走れるか。

  箱根で堅実だった田中選手

  は後半の区間かなというイメージです。

  1区、3区は上手くはまっている印象があるので、

  動かさなくて良いのかと。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016-06-13 19:15:55

2016年 実業団新加入選手 14

テーマ:実業団人事

   中央発條


  吾妻 佑起(國學院大)

  ジェームス・ギタヒ・ルンガル(トヨタ自動車)


  吾妻選手は、國學院大でもエースクラスの

  力を持っているので、期待できます。

  ルンガル選手は、かつてトヨタ自動車に

  在籍した選手。

  ニューイヤー駅伝で出番があるでしょう。



      ヤクルト

   小椋  裕介(青山学院大)

   勝亦 祐太(日本体育大)


   ヤクルトがかなり充実してきました。

   小椋、高久、八木沢、高宮、池田、川口

   選手あたりでオーダーを組めると考えると、

   中々強力で隙のない布陣だと思います。

   八木沢選手も力を戻しつつあります。

   4区も、マラソン得意な池田、高宮選手に

   ユニバーシアードハーフ金メダリスト小椋選手、

   2年目で力をつけている高久選手と

   誰でも担えそうな気がします。

   そこに、日体大コンビ福士、勝亦選手が

   加わると更に面白くなりそうです。

   (高校、大学と一緒の2人)


     黒崎播磨

   ヒコ・トノサ(シャシャマネ高)


  トノサ選手が新たに加入しています。

  ベスト記録がHPに載っていないので、全くの

  未知数です。

  メラク選手に変わって取る予定の選手だったのでしょうか

  (メラク選手は、別大の優勝で残留したが)


      セキノ興産

   ジョン・カリウキ(青森山田高)


   既報通り、HPにも正式情報が乗りました。

   セキノ興産は、松宮、カリウキ選手の加入。

   新人の小林選手も5000mで13分台を

   マークと勢いがいよいです。

   ニューイヤー駅伝出場が見えてきたか。



          西鉄

    ダニエル・キプケモイ(トヨタ紡織)


   西鉄もついに外国人選手を起用します。

   14,15年とトヨタ紡織で2区を走った

   キプケモイ選手の加入ですので、駅伝にも

   慣れていると思うので、ある程度は

   計算ができそうです。

   

   これで、新加入選手を一通り終え、

   次からは、半年以上立って申し訳ないですが、

   ニューイヤー駅伝の回顧を続けていきたいと思います。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2016-06-13 19:12:53

千歳JAL国際マラソン結果

テーマ:マラソン結果

  千歳JAL国際マラソン


 1位 牧野 冴希(DNP) 2,21,40

 3位 児玉 雄介(コモディイイダ) 2,34,49


  

  牧野選手が、実業団の児玉選手を抑えて

  優勝しました。

  市民ランナーでは、川内、松本翔選手に次ぐ

  ぐらいの活躍を見せているのではないでしょうか。



いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

アニメの公開ページへ うちの3姉妹ブログへ

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。