知財業界で仕事スル

知財業界の片隅で特許事務所経営を担当する弁理士のブログ。

最近は、仕事に直結することをあまり書かなくなってしまいました。

本人は、関連していると思って書いている場合がほとんどなんですが…


テーマ:
日本→韓国→中国とわたる出張が終わってDCに戻ってきました。

中国に居る間はFacebookをみることができません(中国政府がカットしているので)。DCに戻ってきて久しぶりにFacebookをみたら、妻が以下の記事を引用していました。私も賛同の意味を込めてここで引用したいと思います。


橋下氏、朝日批判強める 国際版を刷って世界に配信したらどうか
Zakzak by 夕刊フジ 2014.08.08

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20140808/plt1408081535002-n1.htm

誰でも読める無料記事なので、全文を以下に引用しておきます。

>朝日新聞が慰安婦報道の大誤報を32年もたって認めたことをめぐり、日本維新の会の橋下徹(大阪市長)代表が、朝日批判を強めている。検証記事発表直後から「朝日の罪は大きすぎる」と断罪していたが、国際社会での日本の名誉を取り戻すためとして、「国際版を刷り、世界に配信せよ」と強く求めたのだ。

>朝日は、吉田清治氏の「韓国・済州島で朝鮮人女性を強制連行した」という証言を、1982年から何度も取り上げてきた。この証言が「慰安婦=性奴隷」の根拠とされ、世界中で日本と日本人を貶めてきたが、朝日は5日、やっと「証言は虚偽だ」と取り消した。

>ところが、責任者の処分もなく、他紙の間違いまで細かく指摘し、上から目線で「慰安婦問題の本質 直視を」などと主張している。

>橋下氏は7日の囲み取材で、朝日記者に対し、「僕だったら報道が出た瞬間に(会社を)辞める。日韓関係をこじらせちゃって、とてもじゃないが、(社内に)いられない」と皮肉った。

>さらに、橋下氏は「検証記事はあれで終わりか? (記事を見て)どう思うのか?」と逆質問した。朝日記者が「社内で議論しているところ」と応えると、「よく(社内に)いられる。すごい精神力。政治家向きだ。僕だったら辞めるが、朝日の人はそこまでのことだと感じていないんでしょうね」とたたみかけた。

>橋下氏と朝日には因縁がある。週刊朝日とのバトルに加え、橋下氏が昨年5月に慰安婦について発言した際、朝日は批判の急先鋒となった。

>橋下氏は7日夜、朝日にこう要求した。
>「朝日が本気なら、赤字覚悟で(検証記事の)国際版を毎日刷り、『強制連行はなかった』『性奴隷はやめて』と世界各国に配信するしかない」



ちなみに、ソウルの日本大使館前だけでなく、世界では、いろんなところに慰安婦像が建てられ、たいへんなことになっています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%85%B0%E5%AE%89%E5%A9%A6%E3%81%AE%E7%A2%91

このページには碑文の例がたくさん書かれているので、参考にしていただきたいです。この内容が、今、世界にばら撒かれています。そして、日本側が何もしなければ、これからもばら撒かれ続けます。そして、そのばら撒き行為は拡大され続けるでしょう。



今まで、何度か橋下氏の慰安婦発言についてこのブログでも取り上げています。


http://ameblo.jp/yoshikunpat/entry-11530781675.html

http://ameblo.jp/yoshikunpat/entry-11532789222.html

http://ameblo.jp/yoshikunpat/entry-11537519576.html


今回も、橋下氏の主張を私は全面的に支持します。

軍の強制連行による強制売春があったとする従軍慰安婦問題が捏造であったことをハッキリさせることは、日本国民の利益につながるだけでなく、韓国民の利益にもつながります。“嘘”を根拠にしても将来は開けません。“嘘”に踊らされ続けている今の韓国民は不幸だと思います。

その嘘に便乗して国民を煽る韓国政府も問題ですが、その元になっている日本国内での“嘘”を守り、拡散し続けてきた朝日新聞はもっと責任が重いです。

>「赤字覚悟で(検証記事の)国際版を毎日刷り、『強制連行はなかった』『性奴隷はやめて』と世界各国に配信する」

を是非やっていただいて、汚名を少しでも返上していただきたいです。これをしなければ朝日新聞に未来はないのではないでしょうか。このままでは、まともな日本人は朝日新聞を読まなくなりますよ。





AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

yoshikunpatさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。