知財業界で仕事スル

知財業界の片隅で特許事務所経営を担当する弁理士のブログ。

最近は、仕事に直結することをあまり書かなくなってしまいました。

本人は、関連していると思って書いている場合がほとんどなんですが…


テーマ:

エキスポランドのジェットコースターで事故が起こった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070508-00000034-san-soci
たいへん残念なことである。

私にも、ジェットコースターで忘れられない怖い思い出がある。

私は、結構この種の乗り物は好きなのだが、今まで最高に怖かったのが、琵琶湖畔にあった紅葉パラダイス
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%B3%E3%82%8F%E6%B9%96%E3%83%91%E3%83%A9%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%B9
のジェットコースター。今や、紅葉パラダイスそのものが廃園になり、そのジェットコースターももちろんない。

最後に乗ったのでも20年以上前の話だが、そのジェットコースターは当時すでにものすごく古かった。普通の電車と同じく、2本のレールの上に車輪が乗せられていた。
当然、宙返りなんかしない。…だから危ないのだ!ジェットコースターが宙返りをするようになって、レールを挟むように車輪が取り付けられるようになった。宙返りするやつは、そういう構造だから、そう簡単にはレールから外れてコースから飛び出てしまったりはしない。今度の事故でも、車両が落下したりはしなかった。

紅葉パラダイスの古いヤツは、何かあったら、簡単にコースから飛び出て落下する。2本のレールの上に車輪が乗っているだけなのだから。
見るからに、古く、金属疲労してそうな感じ。走り出したら、すごいガタガタ音とともに、車両は揺れる揺れる… 左車輪をレールの左端に寄せ切ったら、右車輪の右端はレールの内側に落ちるのではないかと思えるくらいのガタガタさかげんだ。
車両は、ガタガタガタガタ揺れながら琵琶湖の湖面まで突き出たコースをグルグルと走った。急カーブだと、一瞬、車両の先端がまっすぐに琵琶湖中心部へと落ちて行ってしまうような感じを経てから曲がる。車輪がレールに乗っている限り、車両は確実にレールに沿って曲がるのであるが、曲がりかけるまでの間のホンの一瞬は「とうとうレールから外れて直線状に飛び出したか!」と思わせられる。私は、決して強運な方ではない。

あのときの恐怖には、どんなにジェットコースターが進歩して宙返りやデングリガエリをしようが勝つことは決してできまい。あれは、まさしく手に汗握る体験となった。

今、思い出しても寒気がする。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

yoshikunpatさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。