「くるくる哀歌」の公演が終了し、二週間弱の時が経ちました。
小屋入りから打ち上げまで、怒涛のごとき時の流れではありましたが、夢の中に居るような幸せな時間を過ごさせていただきました。
今になってようやく、心も体も現実に戻ってきたことを感じ、ブログを書いています。
更新が遅くなり、ごめんなさい。

今回、よしこがたくさんの方々に支えられていること、愛されていることを改めて実感いたしました。
快くチラシを置かせてくださった店舗や施設の皆様。
スタッフやお手伝い、この舞台を支えてくださった方々。
そして、ご来場くださったお客様。
本当に、ありがとうございました!
満員の客席や、お客様に書いていただいたアンケートにも、たくさんの愛を感じました。
旗揚げから見守ってくださっていた方、今回が休止前と知って初めて見に来てくださった方、遠方の方…年齢性別を問わず、たくさんの方に今公演をご覧いただいたこと、本当に嬉しく思います。
返したくても返しきれない愛情を注いでいただきました。
本当に、本当に、ありがとうございました。



さて、よしこはこれから3回目のお休みを頂きます。
春休み、夏休みに次ぐ、冬休みといったところでしょうか。
東北の冬は厳しいですから、いつもより長いお休みになるかもしれません。
私たちは深く積もる雪の下で、すやすやと冬眠するかもしれませんし、ひそひそと息を潜めて活動しているかもしれません。
そして、眠りから覚めた時、休むことを止めた時。私たちはきっと、今のままの、何も変わっていない姿を見せることと思います。
まるで、ずっとそこに居たかのように、ふっと現れることでしょう。
時を経ることによる熟成や劣化はあるかもしれませんが…(笑)
その時は、今と変わらずに受け入れてくださると幸せです。



それでは、最後に「姉さん」たちの言葉をお借りして…。



皆様に、また、会えますように。
おやすみなさい。

AD

アンケート(役者・藤原さん)

テーマ:
アンケート企画第6弾!

今回は近年のよしこでは欠かすことのできない美人(そしてイケメン!)役者・藤原悦子さんの回答です。



写真は耳なし芳一をよしこ流にアレンジした「空耳祈譚」より。
目の見えない役所を完璧に演じてみせた藤原さん。

藤原さん自身も美しいですが、彼女の着ている衣装、これを作っているのも実は藤原さんです。
役者として、衣装スタッフとして、今やよしこの大部分を支えている藤原さんが最初に参加したのが初演「くるくる哀歌」でした。

アンケート、どうぞお楽しみください。


--------------------------------------

★今回の公演の見所、おすすめのシーンがあれば教えてください!

公演の見所……全て、と言いたいところですが、登場人物達の馬鹿でひた向きな姿を見ていただきたいです。
きっと心に何か響くものがあるはず……。

★初演の「くるくる哀歌」の思い出はありますか?

初演のくるくる哀歌は私にとってよしこに関わり始めたきっかけの作品です。とても思い出深いものがありますし、始まりと休止前がまさかの同じ作品になるとは思ってもみませんでした。
運命的なものを感じます。


★くるくる哀歌にはキーアイテムとして「双六」が登場しますが、なにか双六に関する思い出はありますか?

実は意外とやってませんでしたね。
思い出はこれといってありませんが、今回のくるくる双六はやったら盛り上がりそうな気がします♪


★もうひとつのキーである「七夕」、思い出やお願いを教えてください!

願うなら若返りたい!そして若くなった姿でまたよしこを続けたい!


★それでは最後に、公演ブログをご覧の皆様に一言お願いします。

よしこは今回の公演以降、無期限の活動休止となりますが、皆様の心にいつまでも残るように精一杯よしこらしい舞台をお届けします!
是非2度3度と足を運んでいただけると嬉しいです!


--------------------------------------

藤原さん、ありがとうございました!

若返って、またよしこを続けたいという願い…分かりすぎて編集していて泣きそうになったブログ担当…。
若い時にやりたかったこと、今しか出来ないこと、もっと先の未来にやりたいこと……。
今回の「くるくる哀歌」が見られるのは、今だけ、です。
初演時とも違う、今のよしこだから出来る「くるくる哀歌」をお届けします!

いよいよ今週末、盛岡劇場タウンホールにて「くるくる哀歌」が公演されます!
チケットが完売間近となっております。購入はお早めに!

--------------------------------------

よしこ 公演其ノ二十四
『くるくる哀歌』
2016年7月22日(金)~24日(日)
盛岡劇場タウンホール

詳しくはHPをご覧ください
http://yoshikogekidan.web.fc2.com/ (PC)
http://id53.fm-p.jp/43/yoshik0445/ (携帯)


AD
アンケート企画第5弾!

今回は「少年から老婆まで」という凄絶なキャッチコピーを持つ役者・村山惠美さんの回答です。




写真は初演の「花葬日記」にて素敵な老齢のお嬢様を演じた村山さん。
実は村山さん、短パンの少年を演じたこともあるんです。
よしこで一番の年齢不詳は村山さんかもしれません…!
そんな村山さんがどんな姉さんを演じるのか、今からとても楽しみです。

それでは、アンケートをお楽しみください!

--------------------------------------

★今回の公演の見所、おすすめのシーンがあれば教えてください!

ラストシーンですね。初演時は切なさの方が強かったのですが、役者が変わったからなのか単に年齢を重ねたからなのか、究極のハッピーエンドだなあ、と感じています。


★初演の「くるくる哀歌」の思い出はありますか?

初演は音響スタッフでした。仙台公演のとき、熱気が調光スペースにあがってきて、本番中に熱中症で気を失いかけるという貴重な経験をしました。
本番直前に購入した、カップ入りのかち割り氷が開始早々猛スピード溶けていくのを遠い目で見ていました…。
今回は役者として暑さと戦います(笑)


★くるくる哀歌にはキーアイテムとして「双六」が登場しますが、なにか双六に関する思い出はありますか?

何年か前によしこメンバーで『人生ゲーム』をやったのがとても楽しかった。


★もうひとつのキーである「七夕」、思い出やお願いを教えてください!

去年の夏に見かけた七夕の短冊に『もう終わりにしてください』と書かれていて思わず二度見した(笑)
お願いごとを書くとしたらやはり『金・金・金』かなあ。


★それでは最後に、公演ブログをご覧の皆様に一言お願いします。

これぞよしこ!という作品です。
どうぞお楽しみに(^_^)


--------------------------------------

村山さん、ありがとうございました!
村山さんの短冊も誰かに二度見されそうですね(笑)

究極のハッピーエンド、会場でしか見られません。
チケットも完売間近となっておりますので、購入はお早めに!


--------------------------------------

よしこ 公演其ノ二十四
『くるくる哀歌』
2016年7月22日(金)~24日(日)
盛岡劇場タウンホール

詳しくはHPをご覧ください
http://yoshikogekidan.web.fc2.com/ (PC)
http://id53.fm-p.jp/43/yoshik0445/ (携帯)


AD