伊豆でリーダー研修

テーマ:
ここしばらく、イベント関係で出かけることが多く、
密度の濃い日々が続いていましたが、
昨日からようやく、散歩以外には外出もせず、落ち着いてきました。

いろいろ書きたいことがあるのですが、一番最近のイベントから。

先週末の連休は、伊豆での合宿研修。
ある企業のリーダー研修でした。
10年近いおつきあいで、時々リーダー研修を担当させていただいています。

企業研修というと、一般的にはスキル系の研修が多いのですが、
私たちが行うリーダー研修は、「内面の力を育てる」ことに重点を置いています。

リーダーとしての成長は、人間としての成長。
自らをふり返り、意識的に成長していく必要があります。

リーダーに求められることは、いろいろありますが・・・
・責任感やコミットメントがあり、誠実に関わり、信頼される。
・主体的に考え、行動する。
・可能性に目を向け、挑戦する。革新する。
・目標に向かって、人をやる気にさせ、部下の能力やチームのポテンシャルを最大限に 高める。
・適応力があり、迅速に対応できる。
・計画性と長期的な見通しをもつ。
・オープンマインドで、思考や感情にとらわれず、クリアな判断ができる。
・手本となる。(人に期待する態度や行動を自ら体現する。)
・心身を健全な状態に保つ。
・自己理解と他者理解、思いやりや共感力、人をまとめるなどのコミュニケーション
  能力の向上 等々。

以上のことは、一朝一夕にできることではなく、
継続的に自分の成長に取り組む必要があることを意味します。

今回の研修では、まず、リーダーどうしがお互いの背景をよく知るワークを通じて、
横の絆を強くし、役割としてではなく、ひとりひとりの人間として、
お互いをサポートしていく気持ちを深めました。

そして、バイロン・ケイティ・ワークによって、
ストレスをもたらす考えに取り組み、
思考の幅を広げ、心がクリアになり、
主体的に考えられるようになるということを
体験的に理解していただきました。

他にも、コミュニケーションにおいてもっとも重要とされる
傾聴の基本を身につけたり、それに基づく効果的なミーティングのしかた
リーダーシップ・サークル)を通じて、
実際の仕事の課題に取り組みました。

自然の中でそれぞれが、自分と向き合う時間も。

積極的に研修に参加していただいた皆さんのおかげで、
多くの気づきを得ていただくと共に、
お互いへの率直な関わりと、
愛情といえるほどの温かなサポートに心打たれた、
密度の濃い時間となりました。

志の高い、クリエイティヴなチームを
これからも応援していきます。       

$心の羅針盤~ティム・マクリーンと高岡よし子によるブログ-青い花
AD