あれから20年

テーマ:
今日は、地下鉄サリン事件から20年ということで、
オウムそのものについてもテレビや雑誌などで多くの特集が
組まれている。

私が人生で体験した社会的なできごとで、「痛恨の極み」という
言葉に近いのは、福島原発の事故、そしてオウム事件。
日本社会が生み出してしまった、という意味で。

どちらも日本社会が抱える影の側面になまなましく触れた体験で
あることが、共通している。

私にとって自己啓発セミナーやオウムのような団体の問題点が
すぐに見て取れたのは、個人的感覚だけでなく、
ありがたいことに、エンカウンター・グループや
トランスパーソナル心理学など、比較対照できる存在との出会い
があったからだと思う。

テレビで当時の映像を見ていても、なぜか20年も前のような
距離感は感じない。
それだけ身近に感じていたできごとなのかもしれない。

オウム事件はなぜ起きたのか、20年前から今に至るまで、
メディアにさまざまに取り上げられるけど、
未だに真相はよくわかっていないということになったまま。

何が起きていたのか、そしてそれが今の時代にどのような
意味をもっているのか。
ISISとの共通性も語られようになってきた今。
そして今でも、毎年100人以上の人がアレフの信者になると
言われている。

それがもっと明確にならないと、風化を防いだり、
後世に伝えるのは難しい面がある。

私自身は、トランスパーソナル心理学やエニアグラムの視点
からも真相解明に貢献できることがあると思っていて、
それは自分の宿題(すべきこと、というよりも
したいことだけど)としてまだ残っている感じがする。

yoshiko



AD