朝の風景

テーマ:
今朝は、伊豆高原での今年初の朝市。
毎週、木曜日に出かけて行きます。
8:00からスタートですが、7:40ぐらいから並びます。
毎回、数限定の素晴らしい農産物を求めて、長~い列ができるのです。

最初に有機農法をされている長田さんのご挨拶があり、
「皆さんが来て下さることが生産者にとって励みになります」との趣旨。

いえいえこちらこそ、素晴らしい生産者さんのおかげで、いのちを育むことができます。
この朝市は、農家の方々と直接交流できるので、作物を育てる苦労話、
そしておいしい食べ方を聞けます。

また、買い物をしている人たちどうしでも情報交換やおしゃべり。
そのため、行列していても苦になりません。
去年も6月ぐらいになってくると、日照がきつく、
朝市にもってくる前に野菜を半分捨ててきたとのこと。
冬は冬で、早朝真っ暗な中、畑から野菜を取ってきていただいたり。
おかげで朝採れの新鮮な野菜を食べられます。

今日の珍しい野菜は、長田さんのたけのこ白菜

鍋で食べるとおいしいということだったので、夜は鍋にしました。
それとは別に、蕪のサラダ。
やはり長田さんのつくった蕪は、
これほどおいしい蕪を食べたことがないというほど、
洗練された甘い味。
そのまま食べるのがおいしいので、いちょう切りにして、
オリーブオイルと塩こしょうだけでも無上の喜び。
他に木村さんがつくった人参は、フルーツのような---梨のような
---水々しいおいしさで、こちらもそのまま生でいただきました。

朝市の帰りに寄ったコンビニで、若い男性の店員さんが、
支払いをした男性客に、「忙しい?」と声をかけています。
明らかに知り合いどうし。お客さんの答えはよく聞こえなかったけど、
それに対し、店員さんが、「体に気をつけてね。」
優しい言葉に心がほころび、こちらも思わず微笑みとなります。
こんな何気ない、朝の雰囲気が好き。
AD