今秋はイベントが多く、
報告したい内容がいっぱいたまってしまいましたが、
直近のイベントから。

先週末に開催したバイロン・ケイティ・ワークの今回のテーマは、
「お金・仕事・キャリア」について。
お金というのが、いかにパワフルなテーマであるか、
改めて実感できる、密度の濃い場となりました。
自分の世界観や親との関係を反映していることがわかります。
ただの紙と金属なのに、とてつもない投影をしていることも。

ケイティワークは、お金についてのビリーフを信じ込むのでもなく、
「お金は汚いというビリーフを手放したら、人生はうまくいく」というような
精神世界?成功哲学?の一部にあるような、お金を肯定するのでもなく、
ただクリアになり、そこから適切な行動が生まれる心地よさを実感できる第三の道。

参加していただいた方々の感想:
11/23 
11/24 

共に探求し、成長していく実感がもてるワークの場をありがたく思います。
翻訳の監修をさせていただいたケイティさんの著書『ザ・ワーク』も
おかげさまでまた増刷されることになり、
ささやかに広がっていく良書の力を実感しています。

今週末12/1(日)は、今年最後のエニアグラム・ワークショップ
そして19:00から、お茶の水で忘年会。どなたでも参加していただけますので、よかったら。


$心の羅針盤~ティム・マクリーンと高岡よし子によるブログ-candle in hands
AD