ちきゅうのおと♪フォト・ムービー・ライフクリエイターたかはしよしこ

ちきゅうの音
ちきゅうノート

自由に生きる。感じるままに☆
ライフクリエイターたかはしよしこ

フォトグラファー
映像作家、絵本作家、イベント企画
ボイジャータロットリーディング


テーマ:

今日は

整体・リンパアロマトリートメント
トータルボディーケアサロン
Goowell(グーウェル)様の
撮影をさせて頂きました♪

 

 

 


 

 

 

ボディーワーカーである知子さんの
優しさと生命力溢れる笑顔♪

自分の身体を安心して委ねる事って
施術のベースだと思うんです☆

 

技術はもちろん。。
エネルギーが満ち溢れている方から受ける
施術は様々な効果をもたらします。

 

 

整体、アロマの資格だけではなく
メンタルケア心理士の資格もお持ちの知子さん。

 

 

腰痛、肩こりなどの症状から、
リンパケアのデトックス
予防医学的な側面での施術
美しい姿勢を保つための施術
ストレス解消やメンタルバランスの調整
などなど。。

 

 

様々な角度から、
お任せ、委ねることができる

トータルボディーケアセラピスト☆

 

広く開放感のある
グリーンと木のぬくもりを基調とした
女性専用のサロンは
氣の循環が良い空間で。



 

優しく、パワフルなエネルギーの知子さんの
安心感、笑顔いっぱいの施術は。。


リラックス効果やデトックス効果抜群。

普段頑張っている方への
最高のご褒美☆

 

 

初めての方でもすぐに
ココロをオープンに委ねられる。
そんなエネルギーの持ち主。

 

私も久しぶりにお会いして
沢山の笑いと安心感のエネルギー循環を
させて頂きました☆

 

 

次回の撮影も楽しみです!

知子さん。ありがとう♪

・・・・

山手線・東西線・西武新宿線
高田馬場駅徒歩7分
副都心線西早稲田徒歩2分

 

『都会のオアシス』
トータルボディーケア
Goowell(グーウェル)
https://goowell.blog/

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★
写真撮影
動画制作
写真・動画講座
イベント企画
絵本作家
ボイジャータロットリーディング

 

写真撮影
動画制作
写真・動画講座
イベント企画
絵本作家
ボイジャータロットリーディング

 

ライフクリエイター
たかはしよしこ
http://takahashi-yoshiko.com/

 

アメブロ
http://ameblo.jp/yoshikorela/

 

instagram
https://www.instagram.com/yoshikorela/

 

撮影メニューはこちら
http://ameblo.jp/yoshikorela/entry-12135766562.html

 

お問合せ・お申込み
https://ssl.form-mailer.jp/fms/153e6935399740

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



クレイ爺カズーーヲに
電話しそびれた。。

 

写真は皇居でピクニックな
私と父♪
 

父との想い出。
日曜日になると。。
自転車で箱崎のシティーターミナルにある
パン屋さんに連れて行ってくれた。

あとは、銀座の歩行者天国。

 

 

そんで、
日本橋の三越のエレベーター
牢屋みたいで怖かったのは
今でも変わらない(笑)
 
 

幼稚園から、
小学校二年生位までは
父と別に暮らしていたので、
あまり想い出がない。

川遊びくらいかな。
食器とかもっていかず、
ナイフで木でお箸つくったりする
かなーーりワイルドな日帰りキャンプ。

 

 

小学生のころは、
父は商社マンで、
年に半分は海外で居なかったし。
またまた、記憶が微妙w


 

15歳で自由を求めw
家をでちゃったんで、


父との想いでつくりは
専ら、娘が産まれてからに
なっちゃったけど。

それはそれで面白い。
 
 

父の口癖の

imagination 想像
creation 創造
 

 

この数年足りていないなという
つまんなさが
余計に自分をつまらなくしている。。

 
 

これはもう、
数年間、、
私が何かの殻に閉じこもったまま
というか、脱皮するまでの
プロセス的な期間でもあるって
ことなんだけど。
 

そろそろ。。
ぶち壊したくなってきた訳で。

 

 

ついつい、ぶち壊す的な
aggressiveな表現を
使ってしまうけれど。

破壊しないと再生しないルール。。
(ルール嫌いだけど、、) 
 

其の手から降りたい。
そして。。
観たい。感じたい。

何か♪
 
 

其の手は
自分で勝手につくりあげてる
手だったりするわけで。

 

自由に見せかけた自由の飽和感。
に気づき始めた様子。。

 

それは手放しだったり、
そんときで変わるけど。
 
 

何から破壊させようかと考えると
楽しくてしょーがない。

何故、父は私に破壊を教えなかったか?

 

破壊と理解の狭間は
非常に冒険的でたまらん☆

 

他人の理解など
求めている場合じゃない時代 

 

 

父カズヲにありがとう。
 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★
写真撮影
動画制作
写真・動画講座
イベント企画
絵本作家
ボイジャータロットリーディング

 

写真撮影
動画制作
写真・動画講座
イベント企画
絵本作家
ボイジャータロットリーディング

 

ライフクリエイター
たかはしよしこ
http://takahashi-yoshiko.com/

 

アメブロ
http://ameblo.jp/yoshikorela/

 

instagram
https://www.instagram.com/yoshikorela/

 

撮影メニューはこちら
http://ameblo.jp/yoshikorela/entry-12135766562.html

 

お問合せ・お申込み
https://ssl.form-mailer.jp/fms/153e6935399740

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【ネット時代における記事の”読み取り方】

 ~私自身の経験とモヤモヤが解消された一冊~

 

 

 

 

 

烏賀陽 弘道 著

「フェイクニュースの見分け方」

(新潮新書2017.6.16刊行)

 

 

京大出、朝日新聞記者、

AERA編集部などを経てフリージャーナリストとなり

活躍する烏賀陽氏の、

 

「本来あるべき報道の姿」

 

には、毎回、彼の著書を読み

感服するばかりだ。

 

 

 

ネット時代の今でも、

新聞やテレビなど

 

大手メディアに掲載された記事について

そのまま鵜呑みにしてしまいがちな

私たちだけれども

 

その新聞記事ですら、

記者の思考、思想バイアスがかかり、

ちょっとした一言で読み手の感情を

誘導させてしまっていたり。

 

 

 

根拠や証拠までないのにも関わらずに

いかにも、そうだ。と思ってしまうようなものだったり。

 

嘘は書いてないけれど、

根拠となったり、

もっと広い目で見た情報が書かれていなかったり。

 

また、そのような記事を拾い上げて

感情的にネットで拡散され、

さらに、

そこにひとりひとりの想い込みがはいり

ニュースは捻じ曲げられていく。

 

 

 

また、

ネット上のまとめサイトや

匿名の誰かが書いたブログ然り。。

 

面白記事や、

真実がそこまでわからずとも、

「流れてきて、気晴らしに良い」位な

趣味的記事ならまだ構わないが

 

それが政治的な話となると別になる

 

 

 

私は比較的

政治的な事に興味がある方なのだが、

ここ数年はtwitterからは離れている。

 

正直、くたびれてしまったからだ。

 

これには「境界線」という

自分の中での線引きが出来ていなかったためとも思われるが、、

 

おおよそ、流れてくる情報というのは

きちんと事実証明されたニュースではないことが多い。

 

感情移入されたコトバが乗っかってくる。

 

その感情にくたびれてしまった。

そして、いう事が矛盾する。

ご都合主義な人たちの矛盾には

子宮の奥から嫌気を覚えていた。

(もちろん、自分自身にそのような所があるから。という事でもある)

 

 

例えば。

誰かが読売新聞の記事に対して

批判的なコメントをUPする。

 

そうるすと、またほかのだれかが

「読売新聞をゴミ売り新聞」

 

 

と言いだす。。

(恥ずかしながら私もそのような事を

言っていた頃がある。。)

 

そこまでは構わない。

感想は感想だから。自由だ◎

 

 

 

 

ただ、

自分たちに都合がよい記事が

読売新聞に掲載されると。

 

同じような人たちが

 

こぞって、普段disりの対象としている

読売の記事を褒めたたえはじめる。

 

 

私は、そのような矛盾したところに

一番嫌気を覚えていた。

 

 

 

そのように、

おおきなくくり(この場合でいう読売という大手メディア)

という視点で、

記事というものを観ていくと

矛盾も起こる。

(福島=フクシマ表記問題も然り)

 

 

 

 

 

また、政治家や選挙の街宣なども

同じような事が起こりうる。。

 

 

 

更に、その感情バイアスのかかった

ツイートを読んでから、記事を読むと

もう、その怒りなりの感情の視点でしか

読めなくなってしまう。

 

私自身、

twitterを通して出版させて頂いた事が

あるのだけれども。

 

 

原発問題を扱ったお話だった為に。。

ネットでは様々なご意見を頂いた。

 

その時の賛否両論の様々なツイートから

見えた事は、

 

批判的な

ツイートを元に私の話を読んだ方は

批判的な感情を膨らませて更なる感想をツイート。

 

同じように、

好意的なツイートから読んだ方は

好意的なツイートで拡散してくださった。

 

もちろん、作者としてはどちらの意見も

有難くいただかなくてはならないのだけど、

 

聊か、批判的ツイートには

私自身非常に心を痛める

内容のものも多かった。

(その後精神的にヤラれて最近やっと復活。。)

 

 

因みに、当時私は

週刊新潮の記者に追いかけまわされ

根も葉もない事を書かれた事があるのだが(苦笑)

※その時の話はこちらに記載している。

 

 

 

その頃から「新潮」という会社に対しての

不信感が多々あったのだけれど。。

 

何の因果が、この烏賀陽氏の著書の

発行元は「新潮社」である(笑)

なので本当に大きなくくりで物事の発言をする。

というのは矛盾を呼び、愚かな事だなと

つくづく実感するのである☆

 

 

 

要は、、バイアスがかかった情報

(コトバ)に対して。。

ヒトのココロは、

非常に素直であり、単純である。

ということだ。。

 

 

 

だから、まずは、

「疑え!」

 

というのは、言葉はきついけれども

正論である。と私は思っている。

 

 

 

 

 

そして、そんな想いを抱えつつ

今に至る私の中で。

 

本題に戻る。

 

 

 

この「フェイクニュースの見分け方」は

非常に面白い内容だった。

 

まさに、私が知りたい事の神髄(答え)までかかれていた。

 

記者(ジャーナリスト)生活30年の

著書が、朝日新聞記者時代から

まもってきたこと。

 

「調べる」

「ジャッジしない」

「善も悪も両方見る視点の広さ」

「あくまでも真実”のみ”を伝える」

 

本来あるべき、ニュース記事の在り方。

 

 

 

そこに対して、

コメンテーター、読者なりが

感想(ジャッジ含め)をするのは自由。

 

 

 

但し、この情報過多な時代になり

「事実のみを伝える」ニュース、記事というものの

見分け方を、私たちは習う事もなく、

時代の変容は進んでいる。

 

 

 

この本では、

記事の読み方から、伝え方、

調べ方、

自分で調べずとも、信用できる記者、

ジャーナリストを選ぶ大切さ、

 

「ニュースの言葉の読み取り方」

 

 

を、実際の記事などを参考に、

オモシロく、わかりやすく伝えてくれている。

 

 

 

正直、最初の章。

しょっぱなの11p位からの、

最近、よく聞く大きな団体に関する書籍に関しての

根拠のなさ(フェイクニュース)への

ぶった切りからして、

声を出して笑ってしまった程だった。

 

 

 

読んでいただければわかるが、

 

いかに私たちが、

それが「事実(ファクト)だ」と思い込ませられやすいか?

という事に気づく。

 

 

 

この先、記事や本を読む場合に必要な

事実を読み取る力。がないと

情報に踊らされ。。

 

根本にある問題を見逃したり、

遠回りさせられてしまう事が多々あるという事だ。

 

 

 

私たちは、記者でもジャーナリストでもないので、

正直、自分で調べる時間などない。

 

だからこそ。

かわりに事実をきちんと調べ上げて、

バイアスをかけずに、

真実のみを拾ってきて伝えてくれるプロ(記者)がいる。

 

そのプロのレベルの低下。

また、ネット上で誰しもが匿名で、

責任を問われることなく、

様々なものを”憶測”でも発言できる時代。

 

その”憶測”を真実として信用してしまっていないか?

 

 

 

根拠がないのに、

あるように思わさせられていないか?

 

ネットだけで拾った情報で、

知ったフリをしていないか?

 

 

 

この本の、ニュースの例として

取り上げられている記事も非常に面白く。

 

 

 

その中の例題のひとつとして

郊外のシャッター商店街について

触れている章があるのだけれども、

 

私自身、、地域活性などに興味があった時があり。。

 

シャッター商店街について。。

なぜ、こうなってしまったんだろう。

どこの地方都市に行っても同じでょっピングモールの

同じ景色。。そして、商店街がつぶれていくという

淋しさ(という感情バイアスで思考停止していましたw)

 

などなど、、

私がずーーーーーーーっと。。。

グルグルしていた事に対する、 

 

 

”そもそものアンサー”が、

 

サラッと!カラッと!

たった3ページ程に完結されていた。。

 

今まで、

きちんと調べなかった私の馬鹿さ加減を

反省したのと共に。。

 

地域再生や、

シャッター商店街問題について

書いているネット記事など多い中。。

そこについてまで言及している記事は

観たことがなかった。。

 

そもそも、、そこだったの!?

 

っていう。

しかも、ちょっと、、

やっぱり、欧米か?!っていう。。

笑ってしまうようなアンサーだった。。。

 

タイトルの

「フェイクニュースの見分け方」

 

 

だけを観ると、テレビのワイドショーや

スポーツ新聞、

ネット上の広告がいっぱい貼られているサイト。

 

を連想しがちだけれども。

この一冊で、

 

 

様々なメディアの

「言葉の読み取り方」「選び方」

がわかるようになる。

 

 

 

ネット時代を生きる私たち、

そして、娘の世代に必要な事は

 

ジャッジされていない。

フェアに事実が書かれた

きちんとした情報を観る目を持つこと。

 

 

 

 

また、観た情報からある程度は

自分で調べてきちんとしたソース

(根拠)を

得ることの大切さ。

 

そこから、

「自分はどう思うのか?」

 

その、”事実”と”想い”

の境界線について。

 

 

また、事実と真実は違う。

私もついつい、

同じように感じて使ってしまいがちなの

だけれど。。

 

 

 

第五章のフェアネスチェック

視点についての話に

キリスト教的、バックグラウンドを

前提とした、西洋的な考え方と

本来の日本人の考え方の違い=捉え方の違い

についても触れているように。

 

そもそも、前提としてもっている

捉え方がちがうために。

 

 

この、「事実と真実」という

二つの言語の使い間違いが

私自身にも起きているということに

気付かされた。

 

そのような西洋的思考がないまま

戦後、形式や裁判、報道のやり方など

形だけ取り込まれたために、

混乱があるまま。。今に至る。ということを

 

後に、烏賀陽氏本人からお伺いし。。

 

 

 

うーーん。確かに。と

うなずくばかりであった。

 

この、戦後の西洋的思考がないまま

ライフスタイルに形だけ取り込まれた物の

話では、「靴」についての事も思い出した。。

(それは、またほかの機会に。。)

 

 

 

 

 

 

私たちは

今一度、整理をしたうえで。

「物事を読み取る」という力が

大切になってくるということを

この本はわかりやすく教えてくれる。

 

 

 

烏賀陽氏の言うように、

これからは、メディアの名前ではなく。

 

信用できる記者、ジャーナリスト単位で

記事を読む時代。。

 

 

 

私が約3時間位で読んだこの本も、

烏賀陽氏は執筆に半年以上もかけている。

それだけ、しっかりと調べて、

根拠を出した上での答えが

書いてある。 

 

 

 

 

本来のジャーナリストの姿だと私は思う。

 

 

 

 

様々な思想、年齢、男女問わず。。

冷静に物事を判断する人である為に。。

 

 

読みやすい本なので多くの方、

また、できれば、中高生にも

知っておいて欲しい事だと思う。

 

 

お勧めの一冊である。

 

 

 

2017.6.18 たかはしよしこ

 

 

 

 

 

・・・・
写真撮影

動画制作

動画講座

イベント企画

絵本作家

ボイジャータロットリーディング

 

 

 

ライフクリエイター

たかはしよしこ

http://takahashi-yoshiko.com/

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【猫とおしゃべり☆】

 

 

 

先週の撮影散歩♪
仲代奈緒さんと二人で
何も決めずに駅から出たら。。


目の前が撮影にぴったりな
可愛い公園だったの◎


何かに導かれるやふに。。

 

ベンチに座ったら。
猫ちゃんが話しかけるように
近づいてきて☆

そのままの様子をパチリ。

 


この写真の奈緒さんの表情が
奈緒さんのママにそっくりで。

以前、ママにもとっても
お世話になったのだけれど。


いつもママは生前の時と同じく
奈緒さんのそばにいるんだなーって
感じて。。


益々。。
あたたかいキモチになった☆
ありがとう◎

 


仲代奈緒ウェブサイト

アメブロ

 


【ねねぷろじぇくと第15回公演】
2017年8月5日(土)・6日(日)


歌と朗読で綴る「大切な人」
~私の家族が見た戦争~


原作:宮崎恭子「大切な人」講談社
監修:宮崎総子
脚本・演出:仲代奈緒


♢キャスト
仲代奈緒
林 勇輔


♪演奏
DAI(K.Dearth・ギターヴォーカル)
黒川雄司(ピアノ)
みつゆき(アイリッシュハープ)

詳細はこちら

 
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★
写真撮影
動画制作
写真・動画講座
イベント企画
絵本作家
ボイジャータロットリーディング

 

写真撮影
動画制作
写真・動画講座
イベント企画
絵本作家
ボイジャータロットリーディング

 

ライフクリエイター
たかはしよしこ
http://takahashi-yoshiko.com/

 

アメブロ
http://ameblo.jp/yoshikorela/

 

instagram
https://www.instagram.com/yoshikorela/

 

撮影メニューはこちら
http://ameblo.jp/yoshikorela/entry-12135766562.html

 

お問合せ・お申込み
https://ssl.form-mailer.jp/fms/153e6935399740

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

12日の夜は

Udemy☆ベストセラー講師の

ささき ふみ さんの

セミナーへ♪

 

 

 

 

以前、撮影などでも

ご一緒させて頂いた

動画集客講師のふみさんが

ベネッセが運営する

世界NO1動画販売サイトudemyの

ベストセラー講師になられて、

https://www.udemy.com/courses/

 

 

私もお仕事で

販売用の動画を撮影、編集させて

頂いているのもあって、

Udemyの仕組みなど知りたく、

 

 

普段、このような

大きなセミナーにはいくことは

ほとんどないのですが。。

ふみさんが講師ということで、、

久しぶりにお会いしたい!

と思って参加させて頂きましたが、

 

すっごく面白かったです。

 

 

 

以前、一度だけお会いしたことのある

森 公平 さんとも

お会いできて嬉しかったです。

頭の回転早く、情報も沢山お持ちの

トークも楽しい方なのですが、

 

今回もふみさんと登壇されていて

説明もわかりやすく、

単にUdemyに関しての説明に留まらず

 

今の時代に乗るビジネスの話など

公平節炸裂(笑)のトーク〇

そして相変わらずイケメンでしたw

 

 

ベネッセといえば、

たまひよ。や

こどもチャレンジの

赤ペン先生など。。

 

日本での通信教育で、

この名前しか出て来ない。。

くらいの通信教育のプロ。

 

そんなベネッセが運営する

動画を使った通信教育。

 

アメリカでは

シェアナンバーワンの

Udemyですが、日本ではまだこれから。

 

 

動画教材などの販売は、

vimeoやDMM、

BASEのデジタルコンテンツ販売などの

プラットホームがありますが、

 

Udemyの特徴は

このベネッセが運営しているところ。

 

まだ、日本では

コンテンツも少ないようで

これから伸びるのと、

 

サポート面やシステムが

しっかりしているところ。

 

《集客、セールス、決算の仕組みなど

全て用意されている》

 

のが。。ホントに

スゴイとおもいます。

 

 

 

 

自分が講師でUdemyで何かを

する。というのは

今は、考えていませんが、

 

お客様の

想いのこもったセミナーや

コンテンツを、動画にして

Udemyを使って必要な方へ

お届けするお手伝いが出来たら

いいなと思いました。

 

 

 

今回、お集まりになられていたのは、

英語教師の方や、

自然療法をされている方

病院の先生

コピーライターさん

 

etc・・

 

など、業種も様々で、

皆さんが

想いのあるものを

発信して、必要な方へお届けしたい。

 

そういう想いを

場の共有で感じました。

 

 

 

もちろん、このようなセミナーなので、

バックエンド的な商品はでてきたのですが(笑)

 

 

ふみさん自身がベストセラー講師に

認定されていて、、

ベネッセの方からも

お墨付きで後押しされている

セミナーなので安心だと思いました♪

 

 

今回のアカデミーを受講された方には。。

Udemyの講師として動画をUPするまで

ベストセラー講師になるまで

責任を持ってフォローするという事。

その後のビジネスの発展までも

視野に入れた内容ということ。

 

初心者にもわかりやすく

みんなで頑張っていくという

システム。

 

そして何より、

ふみさんのお人柄も前から知っているので、

間違いないなー。と思いました。

 

しかも、

動画撮影と編集も1時間分はついてくる

いう太っ腹☆

正直、動画撮影と編集ついて、

諸々サポートやコンサル的なものもついて。。

 

Udemyで販売はじまったら

すぐに元は取れるんじゃないかとおもうし。

 

動画制作付きを考えたら

安いんじゃないかな。って思います☆

 

 

こういう動画制作やプロモーションって

初心者さんにとっては大掛かりなものなので、

 

 

Udemyのシステムを持て余すことなく

うまく使って、ご自身のコンテンツを広め

そして、きちんとビジネスとして成り立たせる。

それを

ふみさん達にサポートしてもらって、

いち早くこの波に乗り、おおよそ半年で。

沢山の方々に有意義なコンテンツを観て

勉強して頂く講師の立場になる!!

 

と、ホンキの方にはお勧めです☆

 

 

さすがに、私は

自分でコンテンツ販売をする訳ではないので。。

(入ったら、自分が講師にならないとww)

 

 

今回は、

この説明会セミナーだけの参加に

させていただきましたが。

 

 

 

まだまだ、

これから発展するUdemyに

いち早く乗るなら今だと思うし。

 

このような動画での

コンテンツ販売に興味がある方は

是非、ささきふみさんまで

ご連絡してみるといいかとおもいます☆

 

ふみさん。

ほんと、優しくて。

熱意のある方ですよん☆

http://k2ac.jp/newplatform/thanks/

 

 

私も、自分では出さないけれど(多分w)

Udemyを詳しく調べてみて、

 

今後、販売用の動画制作をさせて頂く際に、

このような方法もあるということを

お伝え、またお客様のお力になれたらいいなと

思っています。

 

とっても可能性のあるものだと

思います☆

 

 

 

ふみさん、

ありがとうございました!!

・・・・

・・・・

写真撮影
動画制作
写真・動画講座
イベント企画
絵本作家
ボイジャータロットリーディング

 

ライフクリエイター
たかはしよしこ
http://takahashi-yoshiko.com/

 

アメブロ
http://ameblo.jp/yoshikorela/

 

instagram
https://www.instagram.com/yoshikorela/

 

撮影メニューはこちら
http://ameblo.jp/yoshikorela/entry-12135766562.html

 

お問合せ・お申込み
https://ssl.form-mailer.jp/fms/153e6935399740

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

6日の夜は 大倉山記念館にて
女優、歌手の仲代奈緒さんが
 

 

 

 

 

 

脚本、演出を手掛ける
朗読劇

ねねプロジェクト
「百年目のラブレター」

映像と写真撮影にお伺いさせて頂きました◎



以前も、奈緒さんが手がける
朗読劇を「大切な人」という作品も

拝見させて頂いた事があるのだけれど。。

 

朗読劇という。。

動きはなく、セットもなく。。
朗読と音だけで繰り広げられる世界に
鳥肌がたったことの再来。。

 

 

前回の朗読劇「大切な人」の時同様。。
子どもから、大人、おばあさんまで。。
全てが降りて来ているように発声される

奈緒さんの声。

 

とっても可愛い、キュートな

奈緒さんの姿と普段の声からは想像できない。。。

長い年月を重ねた、低い女性の声からはじまった。

このお話。。

 

ゾクゾクっとした瞬間から惹き込まれる

知らない国の知らない時代のお話。。

 

 

普段、ドラマや映画などで、

見入って、その世界に入ることは

よくあるけれど。。

朗読劇は。。
その時に視界に入ってくるのは。

そのストーリーの中の風景ではない
ステージ。


最初から最後まで。。
変わるのは。少しだけのライティング。。

 

の、はずなのに。

その映画を観ているような気持ちになる。

いや、気持ちではなく。。
私が、その世界に入り込んでしまうのだ。


勿論、、会場のお客さんごと。。

 

主人公と一緒に、

笑い、泣き、苦しみ、
頑張り。。の百年以上という時を過ごした。。
という感覚が、今もよみがえってきます。



勿論、朗読する奈緒さん、
キャストの山本芳樹さん
久保優二さんの表情もストーリーの
変化によって変わるし。

すごい表現力!!

 

 

そして、演奏をされている
ピアニストの有本紀さん
パーカッションとギターの奈良大介さんの
音。。
表情、姿勢も。。
 

この音を奏でるお二人のエネルギーの

大らかさと強さも素晴らしく。。

 

すべてが映写機のように。。
自分の脳裏に映し出されるのです。。

 

 

いま思えば。。

最近の映画やドラマは。

観る側が受け身。というのが当たり前。。

っていうニーズに答えているのか?

 

考えたり、想像するスキマがない。

 

アクション映画などは、もちろん、

そんなスキマなどないくらいの展開が

オモシロかったり、寧ろ、

そこにニーズがあるのもしれないけれど。。


朗読劇というのは、

目の前で起こっている出来事は変わらない。

 

しかし。なぜか。。

私の記憶にあるのは。

朗読をしている奈緒さん達。。

以上に。。

そのストーリーの風景が

鮮明に残っている。

観たこともない風景。

出会ったこともない人。

がリアルに想い浮かぶ。。

 

そして、、

今回のストーリーは

100年以上も時を超えていくお話。

 

その中で、歳をとったり。。
代が変わったり、変わりゆく歴史の中の
建物や文化の変化。。

そんなものが。。

鮮明と脳裏に焼き付いている。。
まるで、フイルムのように。。
写真のようにだ。。


この百年目のラブレターに出てくるのは

三人。。

そして、声だけで出て来る
ジプシーの女役がひとり。
そして。。

話の上ででてくるジプシーの子孫。

 

朗読する三人の顔。。
ではない。

あったこともない。見たこともない。
そのストーリーの中の人たちの顔が

話をきいていくうちに。。

勝手に私の中で出来上がっていて。

そんな中で、、
ストーリーが進んでいく。

本を読むという行為は、

これに近いものがある。

 

だけど、

もっと、もっと鮮明に。。

脳裏に繰り広げられていく。

 

ピアノやジャンべ、
ギターの繰り広げられる音霊。
朗読の言霊。それぞれが。。

100年以上の時をスムーズに移してゆく。。

 

そして、楽曲、
気持ちを音霊と言霊で響かせる

奈緒さんと芳樹さんの歌。。



この百年目のラブレターというお話は。

今まで聞いたことがなくて。。


観終わるまでは。。

どこか海外の有名な作家さんのお話かと

思っていたら。。

奈緒さんのお友達の絵本作家さん

小山内こころさんの作品と最後の舞台挨拶で聞いて、、

 

それにもびっくりしました。。
 

 

奈緒さんたちの朗読劇で沢山の方に

是非観て頂きたいお話でもあるし。。

 

もっともっと世に出てもよい

ホントにふかーーく凄いお話。。

 

 

愛と刹那と。。
受け入れ。。

生と死。。

 

 

 

そして。

最後には、

タロットカードの運命の輪が出てきます。。

そこでまた、

私は鳥肌が。。

 

今年は2017年。
ボイジャータロットでも、

2∔0∔1∔7=10

10番は運命の輪で。。
今年はのイヤーカードは

運命の輪。。

まさに、
今のためのメッセージ。。。

そう思うと、

涙腺が破壊しそうだったけれど。。
ぐっと堪えました。。
(目の前のビデオカメラの音声に

私の鼻をすする音が入っちゃうからね。。)
 

 

 

 

ほんと、ネタばれしちゃいたい位なストーリーで。。

 

私の
魂を揺さぶりながら。。
解放し。受け入れる。。
が同時進行起こる。。

 

そんな

ミラクルなエネルギーがこもったお話です。。


 

仲代奈緒さんの次の公演は

8月に関西です!

https://www.nakadai-nao.com/live

 

↑関西の方は絶対に観た方がよいです。。



左から 奈良大介さん 仲代奈緒さん 久保優二さん 山本芳樹さん

 



で。。もう、こうやって

書いていたら。。思わずまた。。

お話に入り込んでしまいましたが。。

 

 

 

これでも、動画撮影と

少しだけ写真撮影でした。。(汗)

※書きながら忘れてたYO!

シャッター音がしてしまうので、

写真は最後の舞台挨拶の

ほんのちょっとだけでしたが。。





でもね。お話に

入り込んだくらいのが。。
ホントなんだと思う。。

 

ステージで繰り広げられる。

お話の中の。。

その世界を撮らせて頂いているのだもの☆

ホントに。。
貴重な経験をさせて頂きました。

 

そして。。

この大倉山記念館。。

もう、会場ごと素敵すぎて。。

ウットリしてしまう場所。。
またゆっくり撮影に来たい。。

 

 

 

 

 

 

元フジテレビアナウンサーの

山川建夫さんにも

久しぶりにお会いできたのも嬉しかったです♪

 

 

会場で機材撤収の後。。
打ち上げにも参加させて頂きました♪


映画監督:作家の岩井俊二さんもいらしていて。。
奈緒さんが紹介してくださって。。

恐縮ながら同じテーブルでお話させて頂き。。

最初はめっちゃ緊張しちゃったのだけど。

 

そこから、原発やエネルギー、

社会的な話で楽しく盛り上がり。。
(盛り上がりすぎに、面白かった!!!)
 

もう、テンションアゲアゲに

あがりまくった私でございました☆

岩井監督、すっごい気さくな方で。
次々と湧き出る話に興味津々だったし、

社会をどう見るか?
についても、私も同じ考えだったりして。

嬉しかったなあーー☆

 

左からプロデューサーの西野肇さん、奈緒さん、山本芳樹さん、
岩井俊二監督、たかはしよしこ☆



岩井さんの企画するイベントにも
次回ぜひ参加しようと思います♪


 

。。っていうか。

奈緒さんも、

岩井監督も。

そして二次会に参加していらした方々も

なんだか、、、

 

業界ではスゴイ方々。。

 

 

過ぎでしたが(汗)

 

明るくて、楽しく、

ユーモラスに溢れた奈緒さんの繋がりなので、

皆さん、とっても優しくて、

人間味に溢れていて。。

 

 

ホンモノの人って。。

もう

 

「愛」

 

しかないなーー。

って体感しました。。

 

 

 

 

この打ち上げ場所のお店「男魚魚(おっとっと)」さん
創業30年以上の宮大工作りのお店で。。

とっても美味しかったです!

おかみさんも、スタッフの方も

大変よくしてくださって気持ちもほっこり♪

右側がおかみさん♪ ありがとうございました◎

 

 

 

数日前に奈緒さんと撮影のやりとりを

していて。。その時に打ち上げ場所の話になり、

奈緒さんもお住まいは関西だし。。

私も大倉山へは行ったことがなく。。

横浜方面で美味しいモノに詳しい。

経理コンサルタントの かさ香織さんと

花セラピストの川見紀子さんにお勧め頂き

お伺いさせて頂きました。ホント有難いことの連続です☆

 



仲代奈緒さん
キャストの皆様。スタッフの皆様。

打ち上げでご一緒させて頂いた皆様。。
ありがとうございました◎

 

感謝、感激です☆

 

 

 


 

そんで、

打ち上げでご一緒させて頂いた

岩井俊二さんの

最新小説『少年たちは花火を横から見たかった』

は17日に発売だそうです♪

岩井さん撮影の写真。。美しい。。

http://www1.enekoshop.jp/shop/iwaiff/

 

 

 


・・・・・・

・・・・

写真撮影
動画制作
写真・動画講座
イベント企画
絵本作家
ボイジャータロットリーディング

 

ライフクリエイター
たかはしよしこ
http://takahashi-yoshiko.com/

 

アメブロ
http://ameblo.jp/yoshikorela/

 

instagram
https://www.instagram.com/yoshikorela/

 

撮影メニューはこちら
http://ameblo.jp/yoshikorela/entry-12135766562.html

 

お問合せ・お申込み
https://ssl.form-mailer.jp/fms/153e6935399740

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

昨日は武道な友人達と。。
東京都美術館へ☆

目的は24年ぶりに来日のバベルの塔。。

http://babel2017.jp/

 

 

 

 

キリスト教の旧約聖書(創世記)
の中に出てくるバベルの塔を、、
とても繊細に隅々までimaginationされた、、
美しく、そしてユーモアに溢れた。
壮大な一枚。。
(正確には3枚w)

 

 

 

展示の最初は、
キリスト教の教会に飾られていた
美しい絵画や彫刻。

 

 


聖書のストーリーも、
ストーリーなもんで、
たまに、そりゃねーよなwっていう
絵もあったりするのだけど。。
(詳細は聖書参照www
同じく日本の古事記もひどいんだけどさw)

 

 

そういふ聖書な世界は
大好物の私なので、
興味津々。。

 

 

 

そして。。

今回、、私が観たかったのは、
バベルの塔のブリューゲルと
快楽の園の画家
ヒエロニムス・ボスの作品たち♪

 

 

 

流石に快楽の園は、
スペインまでいかないと
見れないけれど。
(超、生で観たいのです!!)

 

 

あの、キュートで
シュールなキャラ達を
生で拝みたい!!

 

 

 

なんつーか。サブカルの原点というか。
たまらない世界かつ。

細いタッチで描れたモノクロの世界の
可愛いモンスター達に
愛おしさを感じまくり。。

(ここで、可愛い「ボスモン」が
観れるよw)

ああ、なんて、私の魂。そして
身体をうずかせる子達なのかしら。。
と、、母性本能をくすぐられw

 

 

そんなボスモンパパの
ボスに会いたひ♪と、
恋心をつかまされながら。。

 

 

 

次はお待ちかねのブリューゲル。

ボスのモンスター達を版画にする
お仕事をしていたブリューゲルの世界も
モンスター☆

 

 

 

バベルの塔の絵はすっごく大きいのかと思いきや、
そんなに大きくない。

 

 

 

しかーーし!

そんなに大きくないのに、
ありえなく細かいディティールまで
再現(想像上のw)されすぎている。

一見みただけではすべてを見て把握できないくらいに、
いっぱい、いっぱい。。
詰め込まれている。。

 

 

 

 

それをわかりやすく。。
映像(CG)で表現した動画も
上映されていて。
立体で動くもんだから、

 

より、バベルの塔の凄さを観ることができたし。

。。あのCG映像作ったひともスゲーー!!
と、感心するばかり。。

 

 

 

絵画。という一枚の絵。
写真の一枚でも、、色々な情報が
含まれているけれど。

 

なんかもう、今回の展示は、
どの作品も美しく。


立体的で。壮大かつ繊細で。

コトバにできない。

 

 

勿論、コトバに出来ない故の
絵画でもあるのだけれど。。

 

 

ぜひとも。。
お時間のある方は観に行くと
いいと思います。

 

 

もう、色々な感性を
くすぐられまくりで。

 

あたしも、
もっと自由に表現したいという
最近のキモチが増幅するばかりでした(笑)

 

 

で。土曜日ってこともあり。
物販も長蛇の列w

なにこれw 

 


KISSの東京ドームかよww

まあ24年ぶりの来日だもんねえ。。

 

 

で、戦略に乗せられ
バベルの塔キャラメルや
ポストカードを購入w

 

 

 

そんなこんなで、
東京美術館の後は、
裏手にある東京芸大の「Study of BABEL」展へ

http://www.geidai.ac.jp/news/2017050856149.html

 

先ほど観たバベルの塔が
立体に!!

流石、東京芸大☆

 

 

めっちゃよくできてるし、
遊び心満載な仕掛けもあり。

 

コンセプトが昼と夜のバベルの塔ということで、
表はこの立体。

裏側の部屋に入ると、
プロジェクションマッピングで、
人々や、モノが動くバベルの塔を観れて。

すっごくPOPで面白かった!!

 


アナログとデジタルの競演☆

この時代だからこその美術の楽しみ方♪

 

 

あ、ちなみに、
東京美術館の方は、
大友克洋さんが描いた、
ケーキカット状にカットされた
バベルの塔も入口に展示されています◎

 

 

ちょっとこれ、
ダラダラといろんな話に飛んじゃいそうなのでw
アートやあの世界のお話はまた改めてに致しますが。。

 

 

観て感じたものを、私のココロの部屋に
みっちりと一度閉じ込めつつ。

 

 

そこから先は、
もう、飲みでしょ!
ってことで。。

 

 

上野でお蕎麦と
スパークリングワインなどで乾杯。

 

 

その後は、みんなが近所な
練馬方面に移動してタイ料理☆
最後は、浴衣と着物で馴染みすぎるw
昭和レトロな居酒屋さん☆

にて、解散。。

 

 

ああ。楽しかったなああ。。。

音も絵画も。。


思わず、ニヤけちゃうものが好きで。。

ARTなインスピレーションを
インプットするはいいが、
いいこぶって、
アウトプットできない自分に

嫌気がさして来る
今日この頃であります。

 

 

創られすぎた、一見美しい「嘘」
みたいな薄っぺらいものは、
facebookのフィードのやふに
流れてしまふ。。

 

 

ある意味、、それもそれで、
「その流れ自体が表現」という
アートとも言えるのだけど
(よく言えばw)

 

 

 

16世紀から21世紀の今へ続く
この絵画たちのようなARTのやふに。
今の時代に産まれたARTは
どのやふに残るのだろうか?

デジタル時代のARTの未来。
について、ちょろっと想像してみたりw

。。。

 

 

 

ああ。また観たい。バベル。。

 

 

そんで
スペインに快楽の園を観に行きたい。
あれを生で観て、ecstasyを感じたい。
もう、完全に昇天すると思われ。。

 

 

聖書もちゃんと勉強したひなあ。。
知りたいことが多すぎる(笑)

アーメン☆

 

 

 

・・・・

写真撮影
動画制作
写真・動画講座
イベント企画
絵本作家
ボイジャータロットリーディング

 

ライフクリエイター
たかはしよしこ
http://takahashi-yoshiko.com/

 

アメブロ
http://ameblo.jp/yoshikorela/

 

instagram
https://www.instagram.com/yoshikorela/

 

撮影メニューはこちら
http://ameblo.jp/yoshikorela/entry-12135766562.html

 

お問合せ・お申込み
https://ssl.form-mailer.jp/fms/153e6935399740

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日は、秩父の小鹿野町へ◎

西武線朝活という
西武線沿線に住む起業女性の集まりの
遠足でした♪

 

そのメンバーの一人、
小鹿野町でお蕎麦屋さんをご夫婦で営む
元六さんのおかみさん
久津田 和枝さんの
小鹿野町の素晴らしさを沢山の方に
知ってほしい!

という、熱いキモチと

 

今回主催の
西武線朝活代表
カラールーム isoas
https://www.iroascolor.jp/
岩崎沙織さん。

 

 

そして、
小鹿野町の須崎旅館
若女将の須崎真紀子さん。

 

 

この三名によるプロデュースで
実現した今回の会♪

 

秩父といえば、芝桜、温泉、
秩父神社、夜祭、わらじかつ、
アニメ
「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」

などなど、たくさーーんの
スポットや名物がある、
都内からもアクセスのよい
自然溢れる観光スポットですが、

 

 

今回は、

秩父銘仙!!!

 

着物好きの私にとっては、

 

わおおおおお!!
企画☆

 

 

小鹿野町の須崎旅館さんでは、
常時40着以上の秩父銘仙の
お着物を用意してあり、


宿泊された方が着て
(おかみさんが着付けしてくれます)

未だ蔵など古き街並みが残る
小鹿野町を散策できるプランを
ご提案されていて、

 

今回は特別に日帰りでの
スペシャルな企画として
ご協力くださったそうです!

 

そして、今回、
この企画での撮影会をさせて

頂ける事になり。
私もワクワクで当日を迎えました♪

 

そんなこんなで
朝7:45頃に西武新宿線の最寄り駅より
所沢に向かい、
主催の岩崎さんや

ご参加者さまと合流。

毎日、

この色の電車を踏切でみているけれど
乗ったことのなかった特急に乗って。
楽しく旅行気分。

 

途中、山の中では結構な雨が降り、
大丈夫かなあ。。

とみんなで笑いながら、、

1時間ほどで秩父に到着。

駅では、須崎旅館のおかみさん、
元六の和枝さんがお迎えに。

 


車で来るご参加者さんも
こちらで合流。

それから、
おかみさんが運転するマイクロバスにのり

いざ、山越えをして小鹿野町へ。

 


しかも、マイクロバス。
マニュアル車!!

おかみさんかっこよすぎです☆

 

 

 

新緑が気持ちイイ!!

20分ほどで、須崎旅館に到着。
昔の蔵のようなつくりで、
すっごく趣のある建物。

 

 

 

中にはいっても
とっても落ち着くし、

早速、秩父銘仙がお出迎え。

二階の大部屋にいき。

ずらーーーーっと並んだ
秩父銘仙にテンションあがりながら、

 

 

 

みんなで
好きな着物を一枚選んで着付け。
私は、行くときから着物を着て行ったので

銘仙と帯だけおかりして自分で着ました。

可愛い足袋ソックスも選んでプレゼントしてくださって、
もう、おかみさんの心意気が嬉しすぎます。

 

 

 

おかみさんと、着付けができる
参加者さんたちがお手伝いしながら
みんなで着付け完了◎

 

 

 

早速、撮影会スタートです♪

が、、このとき少し小雨が、
ということで、
風情のあるお部屋で

撮影をさせて頂きました。

めっちゃいい感じ☆

少しすると、
雨がやんだ!!ということで
そのタイミングで外へ♪

おかみさんに、すぐ近くの
よさげなスポットを教えていただき

早速撮影。

 

 

秩父銘仙の特徴は
秩父の自然溢れる季節の花々の柄◎

今回私は単衣の水仙をチョイス♪
めっちゃかわいくて、
もう、これ欲しい!!


と、思いつつ。。

皆さんの選んだ銘仙の色、柄も
素晴らしいし、
ロケーションも最高♪

 

時間が60分あるか、

ないかだったのですが、
皆様にご協力頂き、

とっても楽しい撮影会◎

そして、山の天気。
雨がやんで、曇りから晴れて。
そして、撮影終了時間にはまた雨。

 

 

ちょうど、撮影の時間には晴れて
もう、エネルギーすっごーい

このメンバー♪

 

そして、旅館に戻り、少し撮影して。

 

 

着替えて、、旅館を後に。
また、おかみさんの運転する

マイクロバスで
蕎麦屋の元六へ向かいます☆

→秩父 小鹿野町銘仙ツアー

撮影会☆その2は
また後程☆

 

 

撮影中の私◎ 

相変わらず、着物イベントでは、

自分も着て楽しみながら

撮影させて頂いております◎


 

・・・・

写真撮影
動画制作
写真・動画講座
イベント企画
絵本作家
ボイジャータロットリーディング

ライフクリエイター
たかはしよしこ
http://takahashi-yoshiko.com/

アメブロ
http://ameblo.jp/yoshikorela/

instagram
https://www.instagram.com/yoshikorela/

撮影メニューはこちら
http://ameblo.jp/yoshikorela/entry-12135766562.html

お問合せ・お申込み
https://ssl.form-mailer.jp/fms/153e6935399740

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

GWも終わり、
今週は動画編集のお仕事と親の引っ越し♪

 

そして、
アースデイ東京 ベビーアースデイステージにも
出演してくださったコーラスユニット
Sound Of Spirit(SOS)さんの撮影☆
http://ameblo.jp/soundofspirit/

 

 

美しいハーモニーと
楽しい笑顔が溢れるSOSさん。

先日のアースデイで少し撮影させて
頂いたんだけど、腹筋が筋肉痛になりそうな位に
終始、面白くって☆

 

 

今回の撮影も

笑いっぱなしになりそうな予感(笑)

楽しみだ~~!!

 

 

プライベートもお仕事も☆
新緑のやふに活きに♪
そして、わたしらしく粋に♪

参りますっ!

 

・・・・・
写真撮影
動画編集
動画講座
イベント企画
絵本作家
ボイジャータロットリーディング

 

 

ライフクリエイター
たかはしよしこ
http://takahashi-yoshiko.com/

 

 

アメブロ
http://ameblo.jp/yoshikorela/

 

 

INSTAGRAM(キモノ撮影写真中心です♪)
https://www.instagram.com/yoshikorela/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

4月後半は大きなイベント撮影続きでした♪

 


4月22日のアースデイ東京。
毎年恒例!

ベビーアースデイステージ企画・運営を

担当させて頂きました。

 




 



4月23日の練馬照姫まつり。
こちらも以前、

主宰するママゴスペルチームで出演させて頂いてから

知人も沢山出演しているのもあって、

ほぼ毎年撮影させて頂いております♪






 

28日は、友人のシンガーソングライター・作家の
だっここと、朝霧裕ちゃん、
子宮委員長はるちゃん、ツダユキコさんのイベント

遊びに行って。。








 

 

 

4月30日はさよならさくら古民家撮影会


張子面の秋津屋さん






 

 

 

同日、夕方からのCOREDO室町「東京キモノショー」

黒留NIGHT撮影。。ヲトナのホンキ遊び!
私も祖母の黒留を着て「天晴れ!キモノ」チームの
撮影をさせて頂きました♪










5月3日もさよならさくら古民家撮影会




 









などなど、イベント撮影続きからの

 

5月4日は

20年来の友人のバンド
行方知レズのライブ@下北沢シェルター
久しぶりに満員のライブハウスに行きました☆


 


5日~7日までは実家@北千住へ。。
今週、実家は引っ越しなので、

引っ越し先にシーリングライト付けにいったり、

荷造りしたり☆

 

 

まだ、何もない部屋で、

窓からの光が、

撮影にはもってこい♪な感じだったので。。

姪っ子と母を撮影してみたり♪

 


 




 


 







ベビー・キッズ

ライブイベント

トークイベント
キモノに甲冑


と、、

公私とも、老若男女。

さまざまな方達と出会って

飲んで(これが重要w)

 

時空間を超えての日々を(笑)

楽しませて頂いております♪

 

撮影のない日は
黙々と引きこもって大量の写真のレタッチしたり

動画編集をしております(笑)

 

 

 

やっぱりね。

撮影するの、

ほんとうに好きなんです◎

 

 

みんなが楽しそうなことがすき。

楽しそうなのがすき。

写真がすき。

撮影した写真で喜んで頂けたら、

 

 

 

それは

ほんと、わたしにとって

いちばんの

 

HAPPYなこと♪


そんなこんなで。

 

 

なかなか、

ブログも更新できておりませんが、

今月は、

動画編集と、写真撮影など、

つまっております♪

 

 

写真撮影、

ボイジャータロットリーディングは

少し空きがありますので、

お問合せくださいませ◎

 

動画制作はセミナー、

SNS用広告など様々な形態によって

お値段が異なります。

お気軽にお問合せください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
写真撮影

動画制作

動画講座

イベント企画

絵本作家

ボイジャータロットリーディング

 

ライフクリエイター

たかはしよしこ

http://takahashi-yoshiko.com/

 

 

INSTAGRAM(キモノ撮影写真中心です♪)

https://www.instagram.com/yoshikorela/

 




 

 

☆☆☆写真撮影のお知らせ☆☆☆

プロフィール・親子・セミナー・イベントetc・・

60分18000円  

 

詳細はこちら

http://ameblo.jp/yoshikorela/entry-12135766562.html

 




 

 





 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)