木村佳子のブログ

社会とのコンタクトポイントの一分野として経済・株式市場をとらえ、分析する過程で資産運用力を磨き、人間として深い「知」を獲得しよう


テーマ:

イギリスEU離脱国民投票の結果が判明しました。

結果はご存知の通り離脱。

 

私は巨額資金運用者らがポンド安、ユーロ安、円高ドル安の源泉となるこの材料を一過性に終わらせるわけない、という理由から

 

キャメロン首相(残留支持)の辛勝ではないか

 

と思っていました。

 

が、結果は逆でした。

どうして見抜けなかったのかな、と反省を込めて振り返ってみるのですが、

 

多くの人が「残留なのでは?」と思い始めたきっかけはコックス議員の事件からでした。

事件を機に一斉にメディアが「残留優勢」を報道し始めます。

http://www.nikkei.com/article/DGXLAS0040001_Z10C16A6000000/

 

https://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&aq=&oq=%e3%82%a4%e3%82%ae%e3%83%aa%e3%82%b9%e6%ae%8b%e7%95%99%e8%ad%b0%e5%93%a1%e4%ba%8b%e4%bb%b6&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=1T4PLXB_jaJP612JP614&q=%e3%82%a4%e3%82%ae%e3%83%aa%e3%82%b9%e6%ae%8b%e7%95%99%e8%ad%b0%e5%93%a1%e4%ba%8b%e4%bb%b6&gs_l=hp....0.0.0.33586...........0.CmjfC3QHGaA

 

この事件こそ、残留優位の報道の源泉でした。

 

結果は逆でした。

 

きっとこの事件はわかる人にはわかる事件だったのでしょう。

世界中、どこにいてもわかるシグナルでした。

 

戦国時代の調略と同じ構造です。

 

 

拮抗事に流れてくる不思議な楽観論、悲観論には

「情報」が仕組まれている。

 

それを疑うべきだったんですね。

 

 

勝ちに不思議の勝ちあり

負けに不思議の負けなし。

 

 

雌雄を決する拮抗事直前のシグナルとしての事件にヒントあり。

今後に生かしたいものです。

 

 

そういえば、同じような仕組みは過去の歴史を振り返っても見つけることができます。

直前の流れを変える不思議な話に仕掛けあり。

 

気をつけたいですね。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

木村佳子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。