吉川直子の人事・労務・人材活用実践ノート

株式会社シエーナ代表取締役/社会保険労務士&ビジネスコーチ 吉川直子の公式ブログです。


テーマ:

 

 

ちょっと前のことですが・・・小学校4年生の息子から「お母さん、多様性って何?」と質問をされたことがありました。

 

 

 

息子から『多様性』というキーワードが出てたのでビックリしたのですが、そのときは、「多様性っていうのは、人それぞれ大事にすることや価値観が違うことをお互い受け入れてよりよくなるように活かしていく、ということかな?」と答えました(^^ゞ

 

 

 

そんなやりとりがあった後、別の機会に家族で雑談をしていた中で、ランチバイキングやうどん店における「天かす」や「ネギ」などの無料のトッピングを、好きなだけ取ったにも関わらず、結果として残して食べない人がいるよね・・・、という話しをしていた際、ちょうどそばでこの話しを聞いていた息子に「こういう場合も、モノを大事にするかしないかの価値観の違いだから、多様性っていうの?」と再び質問をされ、思わずなんて答えたらいいのだろう???と困ってしまいました(^_^;)

 

 

 

多様性なのか?ルール違反なのか?という線引きは、簡単なようで、難しいかもしれませんあせる

 

 


組織や人材においての「多様性」とは、性別、外国人、年齢、価値観などを問わず、強みや個性を活かし、結果としてチーム力・組織力をアップさせるという目的があります。もちろん,人手不足という背景もありますが・・・
 

 

 

確かに、いろいろな違いを受け入れていく、ということは必要です。しかし一方で、「多様性」で片付けてしまうと、単なるマナー違反やルール違反に該当するケースも含まれてしまうかもしれません。

 

 

 

それでは、組織において「多様性」を受け入れる上で大事なこととは何でしょうか・・・?

 

 


改めて考えてみましたが、やはり、組織としての方向性や価値観を明確にした上で、その価値観から外れない、ということではないか、と感じました。

 

 

 

実際にあるマネージャーの方の事例なのですが、部下育成にあたって、リーダーとして部下の個性や強みを活かしたマネジメントをしなければならない、という考えに執着しており、結果としてうまくマネジメントができない・・・というジレンマに陥っていたことがありました。

 

 

しかし、決して1人1人の価値観を組織の方向性よりも優先しなければならないわけではない、ということに気がつかれ、組織の価値観を優先した上で 1人1人の個性や強みを活かすということを実践されたことで、チーム力がアップするようになりました。




組織としての軸、組織として絶対に譲れない価値観を明確にした上で、当然、守るルールは守ってもらう必要があります。

 

 

 

いま、多様性を受け入れることが大事だということが、いろいろなところで言われていますが、多様性ですべてが片付くわけでもない、ということを改めて息子の質問でハッと気づくことができました(^_^)

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

吉川直子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります