3104丁目のギターショップに足を向けろ

Knock on The Door of 3104th street Guitars


テーマ:

こんにちは
最近、どこへ行ってギタ友の方がたと話をしても出てくる話題があります。
レスポールのリプレースメント用のピックアップ。
どのブランドの何が良いか。
皆さん相当数調べられて、試されています。
私はもうレスポーラーじゃないのですが、ハムのピックアップは大好きです。

先日もストラップをお渡しにほりえさんとお会いしてギターの話を
したときにもハムのピックアップの話が出ました。
のらくろさんとお会いした時にも話が出ました。
他のギタ友も数年待ってようやく買えたピックアップの話から必然的に
どこのブランドのどのピックアップが良いか。

良い悪い。

と書いていますが、楽器は所詮
(と書いたらしつれいかもしれませんが It's only R&R but I like it の感じで)
正解がないので、本来はよい悪いじゃなくて好きか嫌いかという個人的な話なんですよね。

ということで、最近ハムの好きか嫌いかの話をしています。

ハムって食べるハムだと思われるかな。
ベーコンのほうが好きです。

ん?

最近ハムバッカーの話ばかりしてるんじゃないか。。。w

今度好きな順に並べていこう。


さて、初めての4発です。










状態がものすごく良いです。
アンプは64年
CTS4発です。

10インチ4発が好きか嫌いか。
今のところ12インチ2発のほうが好きです。
が、使いどころがわかれば10インチ4発も好きになれるでしょう。

ジャキーン
チャリーン
ドーン

という感じです。
音量を小さめにしているときのあまりの鈴鳴り感は個人的に好きではないので
TONEコントロールをします。

ただこのアンプはVolが5、6くらいからが本領発揮。

VOl 2くらいでも十分によかったですが、家ではさすがに5は無理。
可能性を感じさせてくれました。
とにかくこの個体は状態が素晴らしい。

初めての4発は10インチか。

作業は順調に進んでいってます。












AD
いいね!した人  |  コメント(10)

テーマ:

こんばんは
最近7月のライブのためにかなり食事制限をしています。
でもそうそう簡単に痩せませんねw

さて、今日の午前中なんとも来るのが遅かった。
今日帰ってきて開封。










ようやく僕もFRIEDMANのオーナーになることができた!
まずキャビ。











もう何が大変だったかというと、間違って消火器の栓を抜いてしまって泡だらけに
なってしまったくらいの梱包材の海と闘っていました。
すごい量でした。。。

ありがとう。
本当にすごかった。。。
このアンプを本当に大切に運ぼう。
という心意気を感じました。感謝です。
アメリカ人にしては本当に と言ったら失礼ですが、今までで一番素晴らしい梱包でした。
梱包のプロに特別に頼む。と言っていたのは嘘ではありませんでした。
彼からは楽器への愛を感じました。
そういうところで感じるんですよね。

本当に楽器が好きなんですね。
ありがとう。

とメッセージを入れておきました。








さて、分離されて何か入ってます。








梱包材
でかいプチプチの海。
捨てる前に潰そうと思って、ハサミとかで奮闘していましたが、
面倒になって足で踏みつけると、爆竹かピストルの音がバンバンなっているよう。
窓を開けていたので、聞こえていたかな。。。
この音は多分びっくりすると思います。

家で爆竹
BUCK-TICK










すみません。
FRIEDMANは嘘でした。
音も最高に良いし、かっこいいので欲しいのですが、絶対に僕には似合わないというのが
痛いほどわかっているので手を出せません。
自分にはもっとばたくさい方がお似合いだと思っています。

一応フルオリ 超どMINT

ということなのですが、鳴らしてみるまでわかりません。
確かに外観は恐ろしいほど綺麗です。
こんなのよくあったな。
という感じです。








真空管もキチンと外されていて、番号までふってくれていました。
Thanks









確かにパワー菅はRCAだ。
ただ、真空管もオリジナルと書いてあったかいなかったか。。。
書いていたような気がするけど消耗品なのでどうでもいいです。











くたびれました。
ここでダイエットの影響が出てくるとは!



ちょっと考え事をしなければならないので一時休止。
紅茶飲みます。









AD
いいね!した人  |  コメント(14)

テーマ:


こんにちは
世界中で 化けの皮が剥がれる そういう事件が多発しています。
世の中って案外いい加減なんだな。
と社会に出てからびっくりしました。

小さな頃は大人は完璧で間違えない。
偉い人達は間違ったことはしない。
皆慈悲に溢れていて、世の中はクリーンで助け合っている。
なんて思っていましたが、全く違いました。

動物園というか、ジャングルというか。

でも、それが人間らしさなのでしょう。



さて、アンプです。

Henriksen Amplifiers

というアンプメーカーをご存知でしょうか。










スピーカーの中央に

JAZZ AMP

と書いてあります。
まさしくその通りで、HenriksenはソリッドのクリーンJAZZ AMPのメーカーです。

このモデルですがネーミングが The JAZZ AMP
The
が入っているところが凄い。
よほど自信があるのでしょう。
出しているモデル数は少ないのですが、きちんとしたものを造っている
評価の高いメーカーです。

私は5年前くらいからこのブランドを知っていたのですが、Henriksenという名前からして
北欧のブランドだとばかり思っていたのですが、アメリカのコロラド州にあるブランドでした。










最近はBenedett のアンプも請け負って造っているブランドです。
左が Benedettさん、右がHenriksen さん。

Henriksenさんは結構お年に見えるのですが、Henrikusen のホームページ上に
書いてある彼の経歴を見て感心しました。
ホームページは新しくなっていて、経歴は短くなってしまっているのですが、
もともとHenriksenさんは通信関係の会社を経営されている技術者だったそうです。
そこで、リタイア後好きなJAZZギターを弾くためのアンプを探したけど
なかなか良いのが無い。
それで自分でつくろう。
と思ったらしいです。

人間事を始めるのに遅いということは無いんだな。

と思わせてくれるエピソードです。
素晴らしい。













Controls: Volume, 5-band graphic equalizer,
     reverb with on/off switch and wet/dry mix control.
Speaker: Eminence
Construction: 11-ply Finland Birch


はじめて音を出した瞬間


おおっ!!


と自然と声が出ました。


音の柔らかさ、奥行き、本当にソリッドなのか???
というクオリティです。

真空管のようなというとソリッドアンプに失礼に当たると思うのですが、
真空管アンプの良さとソリッドアンプの良さを見事にミックスしたような
ソリッドアンプです。

Eminence のスピーカーはクリーンを弾くのにマッチしたスピーカーだと個人的に
思っています。
他のメーカーよりも表現が繊細な気がします。

リヴァーブの効きも良し。
リヴァーブはON OFFが可能です。

メインスピーカー上にある小さなTweeterもON OFFすることができます。
小さなTweeterをONにすると音のレンジが拡がります。
当然ですが上のほうが広がります。











後ろはクローズド。

以前紹介させていただきましたPhil jones Super Cub は何でもできる
ソリッドアンプ。
素直なクリーンも弾けるし、トーンコントロールでこのアンプと似たサウンドも造れます。

ただこのHentriksenはトーンの中央値がJazz。
Jazz専用マシーンという感じです。
不器用ですが特化している良さがあります。

あとPhil jones Super Cubは6発なのですが、こちらは10インチ1発。
違いを楽しむことが出来ます。


サウンドは素晴らしいの一言。


あとソリッドは電源のON OFFも気が楽です。











こちらでTweeterのON OFF
気が効いてますね。
こだわってます。
これからの時代はこだわりが重要。

外部のキャビにもつなげます。
まだつないでないですが、つないだらどうなるか。。。
結構楽しそうですねw



おしゃれでクリーンが素晴らしいアンプです。
ソリッドアンプも凄まじく進化しています。

良いアンプですよ。
これで箱物を弾くと幸せです。
生きててよかった。。。と思うくらいw

ソリッドはまだつないだことがありません。
ストラトのフロントとの相性もたぶん良いでしょう。
やってみよう。


アンプも素晴らしいのですが、このBud Henriksenさんの生き方も素晴らしい。
こういう方がいるので、世の中もまだ捨てたものでは無いとおもいます。















AD
いいね!した人  |  コメント(8)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。