3104丁目のギターショップに足を向けろ

Knock on The Door of 3104th street Guitars


テーマ:

こんばんは
急に気温が下がった東京です。
夏風邪が流行っているようですので、お気をつけください。

ここ2、3日ずっと同じ曲のイントロが頭の中を流れ続けています。
なんで急に。。。
多分高校生の時に初めてやったライブの曲にこの曲が入っていたのを
今思い出しました。
ここに書かなきゃ頭から消えないのでしょう。

当時このバンドは社会現象で、BOOWYの比じゃないくらい人気がありました。
懐かしい。
はじめのイントロがなんとも印象的で、今ならこういう音使いはしないな。
と思うのですが、この曲の象徴。
このイントロが始まったら血が逆流したものです。
VOCALの小山さんはいい雰囲気を持ってる人だ。












騙され傷つけ合って 
ANY TIME 
這いつくばって
NEVER MIND NEVER MIND… 酷い時代だぜ
奴等云う 
からっぽ GENERATE
OUT SIDE 抜け殻
GENERATE
GET AWAY GET AWAY…関係ないぜ







AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

ES350 + Fender Twin
温かみがありつつも、この空気を切り裂くようなギターサウンドが何とも言えず好きです。

このギターの松木さんは本当にギターが上手い。
日本のUnder ratingされているギタリストトップ10に入ると思う。
ちなみにこのバンドはベースもドラムもヴォーカルも全パート上手い。
ライブパフォーマンスがこれまた暑苦しいくらいに素晴らしい。











黒い音楽が好きな友人に何気なく聞かせたら

「このバンドなんですか???」

とかなり気に入ってバンド名を聞いてきたので

おニャン子クラブ

となんとなく答えておきました。

このサウンド、350はよく言われているところによるとByrdlandの合板のモデルなのですが、
単板のByrdlandでヤると少し音が暑苦しくなってしまう。

単板だから良い。

というわけでもないのです。
ただこれがJazzっぽいのになると少しリッチさが足りない感じになるのかもしれませんね。
先日350を試奏した時はそういう印象でした。

というちょっとした理由でギターが増えていくんですよね。
そこはサウンドメイクでなんとかしろ!
という自省を込めて書いております。


戻って動画ですが、

バンド!!!

って感じでいいな。









AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんは

疲れたなぁ。。。なんて思っていたところに
GOODWARPのヴォーカルの吉崎さんとギターの藤田さんにお越しいただき
色々とお話をさせていただく機会をいただきました。

レコーディングは順調。
だけどスケジュールがおしていて、ギターの藤田さんの録音時間が短くなっていって辛い!
と藤田さんが笑いながらお話しされていました。

リズム隊 → バッキングギター → リードギター

という順なので最後の方にしわ寄せがくるんですね。
ただ、色々なアイディアが浮かんでいて手応えを感じているようです。

多分、今年彼らは何かを手にするんじゃないかな。
曲のクオリティがどんどん上がっていっているので、私は当然だと思っています。

サインをきちんともらっておこう
あとバックステージに一度は入れていただくという約束をしていますw


今日昨年リリースしたレイニー白書を持って来ていただきました。
何気にものすごく嬉しかった。
ありがとうございます。









ジャケットもセンスが良い









この3曲どれも良い曲です。
昨年 snob beat でっかく見せろ を紹介させていただきましたが、
今日はタイトル曲のレイニー白書を。

女装して女性ファンには大不評だったらしいのですが、男性ファンにはウケが良かったとのこと。
この曲は曲も楽しくて、メロディアスで良いし、ギターの藤田さんのフレージングが光っています。
ソロがカッコ良い。
今度どう弾いているかレクチャーしてもらうことに
まぁただ、忙しいからそれは叶わないだろうw
耳コピしよう。
ソロかっこいいです。

確認したところ、普段、彼らに女装趣味はない とのことですw

このPVにでてくる女性も曲に合ってるモデルさんですね。
すごく良い感じです。

ベースのチャーさんは女装中、女装後 違和感がないw
彼はすごい良い人で楽しんでベース弾いてますよね。


藤田さんのソロギター聞いてください。








曲のレベルが高い。









あと My Girl という曲。
これは最近すごく気に入っている曲で、NYに行ってもずっと聴いていました。
実はこの曲を聴いていると早く日本に帰りたくなった。
日本の良いポップス。
ですよね。


レコーディングも佳境に入っているとのことなので是非頑張ってもらいたいです。
頑張って何かを手にしようとしている姿っていいですね。

















AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:


こんばんは

急に思い出す曲。
これはいい曲だなぁ。











昨日は読むもの明日は書くもの

切り開くというよりは 切り裂くという感じ

幻はぼんやり見える 夢ははっきり見える

すべての季節が過ぎ去っても 僕は夏のまま
宝物の地図 胸のポケットに入ったまま

6月と9月にはさまれたのが夏じゃない
宝物の地図 胸のポケットに入ったなら





名言ばかりじゃないか
この人って本当に優しい人なんだなぁ といつもおもいます。

HighLows 時代が一番好きでした。
音楽家としても2人共に一番良かったんじゃないかな。

名曲だ。



















いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんは

今日の昼の記事は逆です
スミマセン

うちの335は冬になると杢目が見えてくる。
夏になるとぼやける。

いやぁやはり私の頭はシングルタスクですねw
いろいろとやりすぎると回路が暴走します。



さて、昨日から突然頭の中で鳴り出したギターのリフ。
突然ですよ。
意味わかりません。
延々と私の頭の中でループを続けています。


この曲は1985年にリリースされました。
当時は意味もわからずいい曲だな。
と思っていたのですが、田舎町の農家の惨状を唄った歌だったんですね。

なんで急に??

ずーーっと鳴り響いていて止まりません。
特に前奏のギター。
2本のギターの絡みがなんとも言えません。

皆さん2本のギターのうちどちらを弾きたいと思うでしょう?

先に入る ジャラーン

というギターか

後の タララーラ

か?

私は後のタララーラを弾きたいなぁ。。と思います。


世界観のある名曲です。

これを改めて聴いてロックというのは、演奏の激しさじゃなくて根底にある精神。
それなんだな。
としみじみ思いました。

あるTwitterで仲良くさせていただいている方から、

「歌詞を聴いていて ふと この曲は日本の地方再生の叫びの歌にも匹敵しているとおもいました。」

というメッセージをいただきました。
まさしく。。。。日本の地方って大変なことになっていますからね。
本当に我が故郷の札幌もどうなるんだろう。
いや、地方だけじゃなくて日本全体が成長期から衰退期へ移行している最中。
そういう時には悲しいことや怒りが渦巻く。
日本はアメリカのようにどん底から復活できるか。
アメリカの80年代はひどかったですからね。
これはちょうどその時代の歌だ。



Scarecrow on a wooden cross Blackbird in the barn
Four hundred empty acres that used to be my farm
I grew up like my daddy did My grandpa cleared this land
When I was five I walked the fence while grandpa held my hand

Rain on the scarecrow Blood on the plow
This land fed a nation This land made me proud
And Son I'm just sorry there's no legacy for you now
Rain on the scarecrow Blood on the plow
Rain on the scarecrow Blood on the plow



John Cougar Mellencamp ー Rain On The Scarecrow 










名曲だけど、一生聴かなかったかもしれない曲。
思い出してラッキーでした。

Gジャン姿のJohnがかっこいいんですよね。
そう言えば、音楽研究を一緒にしていた友人の大前君は一時期真似していました。
全然似合っていませんでしたが。。。。
















いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。