3104丁目のギターショップに足を向けろ

Knock on The Door of 3104th street Guitars


テーマ:


疲れた時はエレクトリックピアノのサウンドが心地よい。
フェンダーローズって名機だよね。
置く場所があれば買いたい。








nord のエレピモードはすごくよくできています










ピアノの音源も素晴らしいのであります。



....



弾けないけどwww














AD
いいね!した人  |  コメント(14)

テーマ:


こんにちは。
年始から少々体調が良くなかったのですが、ようやく回復してきた感じです。






photo:01








先日出かけた時に見かけたこの看板。
どことは言いませんが、ここのラーメン屋はすごくまずいんですよw


酢がこれでもか!


ってくらい入っていて体にはいいのですが、まずい。


このラーメンを食べたら、胃が痛いのがすぐ治ったので、もしストレスとかで
胃がやられている人はご連絡下さい。
店の場所をお教えしますw






さて、年始にイケベさんで購入したシンセサイザー






photo:02









ようやく開けましたw









photo:03










ギターでもなんでもこの箱を開ける瞬間が楽しいんですよね。


実は最愛の本当に心から愛しているNORDの鍵盤になんと水を掛けてしまって
乾かしているので箱を開けようと思い立った次第です。



いやぁ。。。


NORD君を横にしたら横の隙間からだーーーーーっと水がこぼれ落ちてきた
光景は未だに忘れられません。



まじで失神するかと思いました。


なんとか心臓部分に水が行かないような処置をして水を出して乾かして
乾かして、


恐る恐る


電源を入れたらきちんと鳴ってくれたので安心しました。


その後2日乾かして、また恐る恐る電源を入れると鳴ったので、あと数日
乾かしておけばたぶん大丈夫でしょう。


あぁ。。びっくりしました。



こういうキーボードって若干の防水処置ってしてるんでしょうか?

してないよねw




ということで新たなシンセサイザー。






photo:04








WALDORF ( ウォルドルフ ) / Blofeld Keyboard


ドイツのメーカーのものです。


NORDがピアノとオルガンの音源がメインなので、1台シンセサイザーが欲しいと
思っていたので購入しました。




音のクオリティが非常に高い


ということと



鍵盤のクオリティが非常に高い。



事が購入の決め手でした。









photo:05









あと机の上に置くMIDIコントローラーの役割も担ったメインキーボードにしようかと
思っていたので、色は白にしたかったんですね。


白が何ともかっこいい。









photo:06









Waldorf


このロゴはかっこいい。。。と見る度に思います。





後ろなので弾いていると見えませんw









photo:07









後ろはこんなかんじです。


MIDI接続もありますし、今主流のUSBもあります。








photo:08









机の上にこんな感じで置きっぱなしになります。

しかしこのキーボードは本当に鍵盤が良いです。

NORDよりタッチとか質感が良いですね。







photo:09








完全なMIDIキーボードのARTURIA Analog Experience THE LABORATORY 49
も白でかっこいいのですが、鍵盤がスカスカなんですよね。。。。

弾いていてテンションがあがりません。


ってそれほど弾けないんですがw









photo:10










シンセサイザーってあらゆる音色が沢山あるのでわけわかりませんね。
2時間くらいずっと好きな音色を探す流浪の旅を続けました。


なかには素晴らしい音源もあります。

なかにはなんだこれ。。。。とわけのわからないものもあります。


それがシンセサイザーというものなのでしょうね。


あとオシレーターとか扱い方がさっぱりわからないので、またまた研究が必要になります。



鍵盤、ルックス、音源


どれも上品です。



MOOGの男らしい感じとはとはちょっと違う感じですね。



仕様は以下のとおり。



■主な仕様
・堅牢でコンパクトなメタル製筐体
・高品位49鍵セミウェイテッドキーボード(ベロシティー/アフタータッチ対応)
・ピッチベンドホイール
・モジュレーションホイール
・オクターブアップ/ダウンボタン
・自由にプログラムできるボタン
・7つのステンレス製エンコーダー
・128 x 64ピクセルのホワイトバックLCD
・1,000以上のサウンド搭載
・最大25ボイス
・16マルチティンバー
・1ボイスあたり3オシレーター
・オシレーター同士のFM
・PCM音源(60MBサンプルメモリー、データのロード可)
・Qオシレーターモデル搭載
・すべてのMicrowave II/XT/XTkウェーブテーブル搭載
・バーチャルアナログモデル搭載
・1ボイスあたり2つの独立したマルチモードフィルター
・1ボイスあたり2つのドライブステージ
・1ボイスあたり3つのLFO
・1ボイスあたり4つのエンベロープ
・1サウンドあたり最大16ステップのプログラマブルアルペジオパターン
・1パートあたり1つのエフェクト(別途全体にかかるエフェクト設定可能)
・ステレオアウト
・ヘッドフォンアウト
・MIDIイン/アウト
・USB端子=MIDIイン/アウトに相当
(標準ドライバーで動作、Windows XP以降/Mac OSX 10.3以降を推奨)
・サスティンペダル端子




。。。。。さっぱりわかりません。





ということで新たなシンセサイザーの箱をようやく開けたというご報告でした。











AD
いいね!した人  |  コメント(8)

テーマ:



マンハッタンのギターセンター地下にあるキーボード売り場です。


広い!





photo:01










何度かここの店には来ていましたが、感心がギターにしか無かったので
いままで地下に来ることは皆無でしたが、キーボードを始めたので
ふらっと降りて見ることしたのです。


今まで全く興味のなかったことが、感心を持ち始めるとこうも見え方が違うのか。。。w


と笑ってしまいました。



ギターの話じゃないのか!!と思っているみなさんも
いつそうなるかわかりませんよwwww








photo:02










ここはデジタルピアノが集まっているブース。
YAMAHAを始め日本のメーカーが頑張っていました。










photo:03









MIDIコントローラーとかシンセ等のブースです。
ここが一番面白かったです。









photo:04









特に興味を惹いたのはこの一角。


Dave Smith Instruments と MOOG







photo:05









Dave Smith Instruments

日本と値段はそれほど変わりませんね。
日本の代理店は頑張っていますね。








photo:07









MOOG!

ここは興味深かったなぁ。。。


やはりMOOGのシンセって音が太くて奥行きがあって良いですよね。
シンセベースなんか最高です。







photo:06







Little Phatty Stage II


実は飛行場に行くギリギリまで購入しようかどうか悩んでいた1台。
DAW関係のソフトとか一体何をどれくらい買えばいいのかわからなかったので
そっちの予算等を考えて結局買わなかったのですが。。。。。


今思うと買っておけばよかったか。。。(T_T)







クラシック音楽を演る楽器、バイオリンとか。。。を見てると


なんてギターって安いんだろう。


と思いますが、


キーボードを見ていると


ギターってちょっと高くないかな。。。。


と思えてくる今日この頃。





素材から製造過程まで全く違うのでくらべ用がないんですけどねw













AD
いいね!した人  |  コメント(10)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。