3104丁目のギターショップに足を向けろ

Knock on The Door of 3104th street Guitars


テーマ:


ネットを見ていたら悪の組織と正義の味方の違いを簡素に説明している
図が転がっていて、夜中にもかかわらずそれを見てしばらくクスクス
笑いました。

これはよくできているので皆さんにもお知らせしておきます。






photo:01







失敗してもへこたれない

よく笑う

ここがポイントですよね 笑




そして日本のバカ組織。

これもネットに転がっていた写真

バカバカバカ





photo:02









お笑いネタの範疇ですよね






さて、こんなことは忘れて





photo:03









何日か前に荷物が届いていました


やたらでかい。






photo:04









やたらにでかいので開けるのを逡巡していました








photo:05









箱のなかにまた箱。







photo:06









こんな小さなものに厳重すぎやしないでしょうか。
60年代後半から70年代のT-TOP PAF。




そして今日やたら小さな箱が同じくアメリカから届きました





photo:07









箱がクニャクニャです 笑

梱包になっていません。

なかを開けるとなんかとてつもなく変な袋が出てきました 






photo:08








なんだこれ。。。






photo:09









黄色いビニール袋のなかに今度は赤いビニール袋が入っていました






photo:10








1965年のSGカスタムからとられたPOTです
梱包は最低ですが、物はかなり状態が良さそうです。笑


やたらとPOTが増えてきてどのレスポールに何をマウントしたのか
さっぱり忘れてしまいました 笑

とにかく一気に換えていきます。



それにしてもこの両極端さを見ているとアメリカクオリティだなぁ。。。
と思ったのは私だけでしょうか。。。。



日本の方から何かを買ってもこうはならないですよね。
今回も購入しているのは個人ではなくて一応ヴィンテージのパーツストア
からですからね。。。



アメリカ魂なのでしょうか









AD
いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:


こんにちは
今日の東京は蒸し暑いですね。
大気が不安定ということで、また竜巻が起こるかもしれない。
との予報が出されているので、ヤバイなと思ったらギターだけは安全な
場所に移動させましょう 笑





さて、先日アメリカから届いた1968-1973年製の Gibson "T-Top" humbuckers。
PAFでもいろいろな年代でそれぞれ評価が違うのですが、
大まかに分けて3代目のPAFでそこそこの評価をされているものです。

Originl PAF → Square Window → T-top

T-topの中でもまたまた年代によって評価がわかれていて、詳しいショップの
スタッフから

「73年までの物を買って下さい!!!!
 それ以外は羽交い絞めしてでも、買うのを阻止します!」

とまで言われていたのでそれに従ってみました 笑







photo:01










このセットで気に入ったのはエスカションがきちんと付いていること。
エスカションが付いていることって稀です。





抵抗値は

フロントが 7.62
リアが   7.70


現在造られているピックアップと比較すると抵抗値が低くてパワーが
無いと評価される部類でしょうか。


結論を先に申し上げると全くそんなことはありませんでした。







photo:02










裏にパテントナンバーが刻印されてしまっているものより
ステッカーが貼られているものが良いと言われています。


ただ、偽造も多いようなので買うときは注意しましょう。




さて、このピックアップですが何にマウントするか相当迷いました



海の物とも山の物ともつかない。


とんでも君だったらちょっとショックです。
ましてや古いものでどんな状態かもわかりませんからね。
ショップではグッドコンディション!とかといっているものを選別している
つもりですがわかりませんからね 笑



59でチャレンジはしたくない 笑


となると。。。










$3104丁目のギターショップに足を向けろ-ipodfile.jpg








57出番だ!


ゴールドトップくんに実験台になってもらいましょう。


ダブルホワイツにしたばかりなのにね 笑




と言うことで、ピックアップ交換をしてもらいました。



出来上がりがこちら。









photo:03










ルックス良いですね!
なんかこう、本当にありそうな感じ 笑

個人的にカバー無しのオープンは嫌いです。
許せるのはダブルホワイツのみ。
ゼブラも許せるかな。。。

ただ、マウントしてみるとブラックもいいじゃないですか。



ちなみに、外したダブルホワイツはSGへマウントされたのでした。








photo:04











57くん、惚れなおしたよ 笑


どうしても59に交じると57はケースを開けることが少なくなってしまうんですよね。
ゴールドトップは大好きなのに。
その理由は最後のほうで。




さて、肝心のサウンド。










photo:05










・レンジが圧倒的に広い。
・音が太い
・サウンドのかどが取れていて柔らかい。
・奥行きがある。
・音のつながりが素晴らしく良い
・いい意味で古っぽいサウンド
・クリーンがとてつもなくきれい。
・音に艶がある。
・変な倍音はない。ここで止めて欲しい!というここちの良い倍音が出る。


これがまた歪ませると暴れるんですよね。
かっこいい。




欠点。。。


あまり見当たりません。
不満なのはカバーがないことくらいでしょうか。








photo:06









いやいやいやいやいやいやいや。。。。。。


これはちょっとした発見ですよ旦那さん(遅いって!と言われそうですが)


基本的に私は人の言うことを聞かない人間です 笑
「いいですよ 良いですよ!」と言われててもその気にならないと
全く動かない人間なのですが、これは話をきちんと素直に聞いておくべきでした 笑



サウンドだけなら家のレスポールのなかで一番良くなってしまったような気がします。



ピックアップは変わりますね~



この個体は本当に指板が良いですね。
真っ黒です。
探しに探しましたからね。





さて、ゴールドトップが大好きなのに、なぜあまりケースを開けないか。。。



一番大きな理由は







photo:07








ネックの形状です。



やはり59のネックは素晴らしいんですよ。
何一つ文句ないくらいの出来です。
実は59ってそこが評価されているんですよね。
杢目がどうのっていうのもあるのですが、それよりもネックだと思います。


57はかまぼこ型で58とほぼ同じようなシェイプ。
私的にはちょっと不自然さを感じてしまうのです。

まぁ慣れてしまえば関係ないですけどね 笑

近年カスタムショップ物で、ゴールドトップだけどネックは59みたいな物も
出ているようですが、それはそれでいいのかもしれませんがそれはパスかな。。。

弾くときのフィーリングもそうなのですが、このネックから出てくる音は58と
一緒で




若干暗め





なんです。


ただ、今回のピックアップの交換で私が感じるそういった嫌な点など
吹き飛んでしまいました。

今はかなりの頻度でケースから出して弾いています。



奥深いですね。。。


まだまだ修行が足りない未熟者だということを最認識した次第です。




ということでまた次回!











AD
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)

テーマ:

おはようございます
GW突入です。
一年が始まって、ここで一旦休んでリセットできる良いタイミングですね。
車の運転をされる方は充分気をつけてくださいね。


「事故ってしまうとギター弾けなくなる!」


と念仏のように唱えていれば大概の無謀な事はできなくなるでしょう 笑
ギター好きの性ですから仕方ありませんね 笑
お気をつけて!





さて、手持ちのレスポールの改造に勤しんでいます。
先日届いた65年のサーキット一式。
早速これをこの頃その個体の良さを再認識したWDFの59に載せることにしました。


今回考えたのは


一式そのままリプレース出来ないか?


ということでした。



交換してどうなるかは運ですよね。
全くわかりません。
良くなるかも悪くなるかも。







photo:01









ということでいつもお世話になっている秘密基地の斎藤テックの
ところへギターを持ち込みました。

私は斎藤テックのことはかなり信頼しています。

彼は的確。

そしてフェンダー系のギターの調整はピカイチです。
某工房に出す必要がなくなってしまいました。
この頃行ってないなぁ。。。
あの修理待ちのギターがわんさかある雰囲気は大好きなんだけど 笑








photo:02









斎藤テックに今回はサーキット一式をそのまま取り替えたい旨要望。
で。。。
すべて交換して頂きました。(コンデンサはBBではなく、バンブルビーを使用)



以下は取り外された部品です。






photo:03









なんかすべての部品がピカピカしていて初々しいなぁ。。。






photo:04








スイッチとケーブルを交換。






photo:05









ポットも交換。
今回は4つ全てセットで交換しました。







photo:06










ジャックも交換。

ここはさすがに「やめたほうがいいんじゃないですか?」と言われていたのですが、
上がってくると「換えておきました」とのことだったので、状態が良かったんでしょうね。
何の問題もありません。







photo:07









ポットを支える細かい部品も交換して頂きました。
ポインターも交換してくれたんだ。。。







photo:08










ポジションセレクターのチップは自分で交換しました。
65年の部品のほうが白っぽくなっていて良い感じなので 笑








photo:09







雰囲気あります 笑
完全に自己満足の世界です。



さて、サウンドがどう変化したか。
ピックアップはBareknuckleのMuleのままです。


簡単にまとめると以下のとおりです。


良い点
・音に立体感が増した
・音のヌケが良くなった
・アンプに通さずならした自然な音がそのまま出てくる
・出てくる音のレンジが広がった
・1弦から6弦まで音の分離が素晴らしくなった
・一音一音がはっきりするようになった
・フロントがさらに甘いサウンドになった
・不思議な事に駄耳を持つ私が、どの弦がピッチが狂ってるなとすぐわかる様になった
 (ピッチの狂いがすぐ気になるほど音が分離しているということでしょう)


悪い点
・リアのハイがきつくなった
・リアは若干音が細くなった
・コードを弾くと若干雑味が出てくる(ほんの少しだけFUZZっぽくなる)



リアに若干問題があります。
ただこれも気にならない程度の話なのですが。。。。笑
もともと昔のギブソンのギターはハイがきついんですよね。
そうなったのでしょうね。

あとピックアップとの相性、コンデンサとの相性がでてきているのかもしれません。

雑味が若干出てくるところはどうも許せないです。

どこをどうしたら良いのか。。。
試行錯誤が続きます。



サーキットの状態によって出てくる結果は全く異なりますので、
ご検討されている方は充分に気をつけてください。
こればかりは必ずこうなるなんてことはありません。



今回一番びっくりしたのは分離が良くなったこと。
あとは、結構むとんちゃくな私がピッチの狂いにすぐ気づくようになった点です。
ピッチの狂いはすぐわかって気になって仕方なくなりました。
なんでなのでしょうね 笑
一弦一弦の音がさらにきちんと鳴るようになったということなのでしょうか。。。笑




ヴィンテージパーツに交換することは博打的な要素が強いので、充分考慮の上
行なってください 笑











AD
いいね!した人  |  コメント(24)  |  リブログ(0)

テーマ:



こんばんは。
ここ最近いろいろな方が亡くなってらっしゃいますね。
私の廻りでもそういう話が非常に多いですし、ブログを見ていても
そういう体験をされてらっしゃる方が多いですね。

体調管理とか、食べ物に気をつけるとかきちんと自己防衛をした
ほうが良いと思います。

例の物質は心臓に蓄積されやすいらしいですね。
なぜなら心臓の細胞の生まれ変わりは非常にサイクルが長いらしいのです。
心不全とか心臓系の病気が将来増えていくと思います。

私は寿司もネタを選んで食べるようにしています。
悲しいですが、それが現実ですね。





さて、着々とアメリカから小包が届いています。








photo:01









USPS。アメリカの郵便局の事ですが、破産の危機とか言われていたのですが
どうなっているのでしょう。今のところ大丈夫みたいですね。







photo:02









今回は2種類の部品をゲットしました。







photo:03









ピックアップとポットとコンデンサー。








photo:04










ポットは73年製と説明には書いてありますが、古いのとか
混じってますね 笑

ひどいハンダの状態ですね 笑








photo:05









ピックアップは68年から73年までに製造されたT-TOPのPAFです。
古いPAFは高いですから、このへんから徐々に経験値をあげていこうと思っています。

このピックアップの偉いところは、エスカッションがきちんとついてきているところ。

これは73年のレスポールカスタムから取った部品らしいです。








photo:06










どのレスポールにマウントしようか。。。。
かなり悩んでいます。。。。









いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。