3104丁目のギターショップに足を向けろ

Knock on The Door of 3104th street Guitars


テーマ:

 

こんばんは

日本はもうすぐで年明けですね。

こちらはこれから大晦日の始まりです。

本年も大変お世話になりました。

来年度もよろしくお願いいたします。

 

今年最後の更新はやはりショプ巡りについて書かせていただきたいと思います。

 

 

NYCのSOHO地区

ここはファッション街です。

UNIQLO MUJI なんかもあります。

 

 

 

IMG_20161231_094055108.jpg

 

 

Patagoniaを見てきました。

山用防寒具というイメージが強いのですが、最近はダウン等を着ている人が

日本でも多くなりました。

企業の哲学がしっかりしている会社だと思います。

強烈なこだわりが商品、店舗、スタッフ、そしてバッグ(日本では100円を支払って

買って、ボロボロでも返却すれば100円が返ってくる)

にまで行き届いています。

この会社の哲学、こだわりは細部の細部にまで一気通貫しています。

近年やたらスピードばかりが強調されて、何も考えず、とりあえずやってみよう的な

経営スタイルが良いことのように報道されがちですが、この会社はその対極にあります。

僕はスタンスとしてはこっちの方が好きだな。

見ていて気持ちが良いです。

 

 

話が逸れましたw

 

 

 


 

 

Rudy's Musicです。

NYCで私の一番お気に入りのGuitar Shop

ここもSam Ashと同じくブロードウェイから移転しました。

 

 


 

 

 

今日は例年になく混んでいます

スタッフも女性が多くなっています

 

 


 

 

VIntageの壁面

VIntageはRudyでもあまり手に入らないのですね。

隠し持っていると思うのですけど w

 

 


 

 

 

店の独自ブランドPensa

その昔Pensa Suhr  として一時期Suhrがここのお店のビルダーとして造っていたギターです。

今は日本人の方がビルダーとして頑張ってらっしゃいます。

 

 

 


 

 

一番気になったのはこの箱物の壁面

 

 


 

 

 

Collings。。。

愛しのCollingsですw

 

出来が素晴らしい。

弾いた時の鳴り方、一体感、剛性感とでもいうのでしょうか、それが素晴らしい。

そして繊細。

サウンドも素晴らしい。

弾き手を感動させることのできるブランドです。

 

これよかったなぁ。。

 

 

 


 

 

 

あとこちらも。

多数のウェザーチェックが入ってありました。

Collingsが初めから入れたのだろうか?????

 

もう1本もチェックが入っていたのですが、どうなんだろう。

 

かなり心が揺らぎました。。。

これは良い。

 

 

 


 

 

 

VibroverbのCSもの??1900ドルくらいでした。

中古ではなくてみる限り新品でした。

これは鳴らしたかったのですが時間がありませんでした。

惜しい。。

これは気になったな。

 

 



 

 

 

箱物王者Super400のムック本

まだこの領域は幸いに心の琴線に触れていません 笑

 

 

 

Collingはやはり素晴らしかった!!

 

 

ということで2016年を締めさせていただきたいと思います。

今年もお世話になりました。

良いお年をお迎えください!!

 

 

Happy New Year 2017 !!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

こんばんは

日本は大晦日ですね。

 

さて、Sam Ash に行ってきました。

New York Manhattan界隈の大きなショップは2つ3店舗。

Guitar Center 2店舗 と

Sam Ash

 

あとよく行くのはRudy’s Gutiar

 

Guitar Center 、Sam Ashは大手チェーン。

Sam AshはPRSが立ち上げて悪戦苦闘している時に、いち早くクオリティを

見出して大量発注したチェーンとして有名ですね。

歴史のある店なので、そういう逸話には事欠かないのだと思います。

 

Sam Ashへ行ってきました。

数年前まではブロードウェイ近くの場所で旧い店舗で営業していましたが、

今はマディソンスクエアガーデン近くに移転して新しくなりました。

場所が変わっています。

 

 


 

 

 

店の入り口。

ここによって、マディソンスクエアガーデンでコンサートを観る

というコースは楽器演奏者にとっては非常に楽しいコースになること間違いなしです。

 

店に入るとレジ近くにギターがドカンと吊るされています。

レギュラーラインのギターです。

 

 


 

 

 

Fender

PRS

Ibanez

Gibson。。。等々多彩なブランドが展示されています。

 

GutiarCenterのように好き勝手にとって弾くことはできないと思います 笑

一応店員さんにお断りを入れて試奏でしょう。

 

 

 


 

 

 

小物類もこの辺に集まっています。

 

 

 


 

 

 

なぜかBluesJrに目が留まりました。

家の練習用アンプとしてはこのサイズは重宝します。

BluesJrいいですよね。

 

 


 

 

 

これはタグに特別モデルとの記載。

かっこよかったです。

部屋に置くとインテリアとしても良さげです。

 

 

 




 

 

最近、弦の値段が気になっていました。

日本で一時期よりはるかに高くなっています。

アメリカでも同じようなものですね。

 

通貨の両替、クレジットカード決済手数料を含めて今や119円あたりの

為替レート。

弦も高く感じますね。

 

 

 

さて、ギターですが、カスタムショップ等は別部屋に飾られています。

 

 

 

 

 

Fender Custom Shop

 

下のサンバーストに黒のマルチレイヤーのストラトがかなり気に入りました。

その左隣のソニックブルーのマルチレイヤーも。

アメリカでもマルチレイヤーを見るようになりました。

私がマルチレイヤーを探していた4年前くらいは、アメリカにはほとんどなく、

ヨーロッパが中心で、イギリスのショップのHPをよく見ていました。

 

 

 


 

 

SamAshのハイエンドのコンポーネントといえば、

Tom Anderson がメインだったのですが、ほとんどSuhrに置き換わっていました。

ここでのTom Anderson研究は結構気に入っていたのですが、

それもできなくなってしまった。。。

 

トムアンの独特なネックジョイントの感触が好きで、ここにきて

よく試奏しては

 

良いギターだなぁ

 

といつも思っていました。

個人的にオールドスタイルなルックスが好きなので縁遠かったのですが、

テレキャスターとかで良いものがありました。

 

 

さて、Suhrですが、

 

 

おおっと思うものが1本

 

 


 

 

 

前の持ち主が剥いだのかな

と思ったのですが、新品でした。

Suhrでここまでのレリック Suhrの場合レリックと言って良いのでしょうか?

は見たことがなかったのでびっくり。

 

しばらく見つめていました。

 

 

 


 

 

 

 

あとなんとなく目を惹いたのはこのGIbsonの確か合板のモデル。

確か合板だったはず。

フロントピックアップをフローティングさせていて、

見た目も美しい。

合板は合板の鳴り方、良さがありますからね。

これは綺麗なギターでした。

日本でも何度か見たことがあったはず。

 

 

SamAshはギター全体、レギュラーからハイエンドまでざっと見たい方に

おすすめのショップです。

 

ただ、今の為替だと全くウキウキしません。

また、アメリカだけにあるモデルがたくさんある。

というわけでもなく、日本はギター天国なのでアメリカにあるものは

アメリカ限定品でない限りほぼ日本でも見ることができます。

 

それでも日本とアメリカのショップの何らかの違いを探し出すこと

に面白みを感じている次第です。

 

ということでSamAsh@NYCのレポートでした。

 

おしるこ

きな粉餅

 

が無性に食べたい私でございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:


こんにちは
熊本にいるギタ友さんが

ギターのブログを見て楽しんでいる。

と書いてくれていました。
ここ数日若干、こちらは能天気でよいのだろうか。
と思っていましたが、吹っ切れました。
少しでも楽しんでいただけるなら、書かねばなりません。


さっき急に気づきました。







Broadwayの








GuitarCenter








いつもあったクラプトンのギターがありませんでした。
この写真は今年の年始のものです。
そもそもこのギターは持ち回り。
とどこかで聞いていたのですが、ここ数年ここのBroadway店にありました。
今はどこに行ったのだろうか。
もしGWにNYに行く方がいらっしゃったら
Broadway店にはありませんのでご注意ください。

いま急に気が付きました。

LAあたりにでも行ったのだろうか。








若干時計を巻き戻します。
ちょっとぞっとしたのは、入口をみて

閉店したのか??

と一瞬思うくらい店舗に生気がなかったこと。
いつもいた親父さんもいなくなっていたし。
気のせいならいいのだけれど。









プレミアギターコーナーのギターの数が2割くらい減っていました。
その中でこの335は素晴らしかった。
コンディションも良かったし、値段も安かった。









こいつはまだ残っていた。
これは心を揺さぶるなぁ。。。
僕の感性に刺さりまくりです。
どうも黒にメイプルの組み合わせに反応するらしい。
昔持っていたボディとPGがブラック、メイプルネックのNocasterも未だに
未練があるギターの1本。


ちょっとだけ心配なオーラを放っていたBroadway店。
この辺にあったショップはほとんど移転してしまったので移転とかはあるかもしれない。
あとそもそも数年前からGuitar Centerの経営状況は芳しくないという報道を
目にしています。
気のせいか。






AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:


こんばんは
紙物を買いにSOHO地区へ。
SOHOというのはその単語からSmall Office Home Office のイメージ。
なので何となくビジネス街と思ってしまうかもしれませんが、ファッション街です。
名だたるブランド、知られていないブランドが多くあり、ユニクロとかMUJIもあります。
特にMUJIは人気でした。
入ってみるとスタッフの方は現地の方々なのですが、雰囲気は日本式の接客。
これは教育しているんだろうなぁとすぐ感じました。
何度か行っているノートとか紙をたくさん売っている店もSOHOにあります。

そして帰りがけ近いのでRudys Musicに寄ってきました。
タイムズスクエアからこちらへ引っ越してきています。








いつものディスプレイですが、反射しまくりです。
冬に来るとこうならないのに。










店内はやはり素晴らしい。
ギター好きはやはり木に反応します。
あとここは天井が高いのが開放感があっていいです。
ギター買うならここで買いたい
と思わせる何かがあります。
歴史的な名店ですからさすが顧客心理を捉えています。


世界的に小さなアンプが流行っているのですね。









Bognerのこのアンプに惹かれました。









PALERMO パレルモ?でしょうか。
そういえばBognerってアンプの名前を地名にすることが多いですね。
今頃気付きました。










CARRだ。
最近日本であまり話題を聞かないけど頑張って!
とても良いブランドです。











今年の年始に来た時にあったストラトのヴィンテージとかは売れてました。
確か64年あたりで良いものがあったはず。









この335は59年製
mint ですって。
綺麗な個体でした。
335はプレイヤーズギターだから綺麗なものはほとんど見かけないんです。
とは日本のとあるヴィンテージショップのスタッフ談。
確かに引き込まれてボロボロな個体を見ることが多いですし、
古いポットとかを買う時に探していてもやはり335の電装系一式が出品されている
ことが多い。
ボディがダメになったので、売れるものは売ろう。
ということが多いのでしょう。

昔レスポールのポットを全部60年代とかのものにしていましたが、
ほとんどが335の物でした。

ということで良くも悪くも綺麗な状態。

おまけに何と 

PAFはダブルホワイツですって









値段書いてなかったけどいくらするんだろう。
聞く気にもなれませんでした。
500万?
59年ですよね
800万くらいするんだろうか。
1000万はさすがに行かないよな
335の相場観がわかりません。


そういえば雑誌を2冊買ったのですが、ピザを食べながら対応してくれた
店員さんお釣りをくれてない。
今思い出しましたwww

ダブルホワイツ

すごいね。
本当に良いのか悪いのかは弾いてみないとわかりません。
希少価値で

すごい

と思っているだけです。
本質的なサウンドがすごいかどうかはわからない。

物の価値は

そのものの本来の良さ

に加えて

希少性

物が少ないことによるプレミア的な価値

が乗っかることがありますが、これらのギターはその際たるもの。
希少性的なプレミア価格に振り回されている感があります。
実際、化物みたいな個体もありますが、がっかりな個体も多くあります。

一番良いのは誰がなんと言え、自分が良い と思ったギターです。
値段じゃないと思います。
自分が奏でる音楽に合うギターが一番のギター。
いろいろなライブでいろいろなミュージシャンが奏でるサウンドを聴くたびに
そう思います。








いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは
地震がおきたり、火山が噴火したりしそうだったり、
アジア地域で大国同士がいよいよぶつかりあいが始まりそうだったり。
といろいろと大きなことがいつ起きてもおかしくない時代になりました。
最悪を頭に入れつつも、心配してもしょうがないし、そもそも自分でコントロールできない
事で気を病むことほどくだらないことはないので、やりたいことをやっておきましょう。
自堕落な意味ではなくね。


この写真はかなり気に入っています。
NYのRUDY'S MUSIC のSOHO地域にある新しい方のショップ。
とてもよい店でした。













私の携帯の待ち受け画面はいつもこの写真です。





















いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。