3104丁目のギターショップに足を向けろ

Knock on The Door of 3104th street Guitars


テーマ:

 

こんばんは

今、延々と過去ここで書かせていただいていた昔の記事を読み返しています。

3000記事くらいあるのですが、全て読み返しています。

振り返るとまぁひどい記事が多いこと。。。w

 

読んでくださっている方がいるなんて奇跡に近いなぁ

と最近本当に思っています。

ありがとうございます。

 

いろいろなことがありました。

たまに自分を振り返るといいですね。

 

今日驚愕したのは、キーボードなんて弾いたことがないのにライブで

いきなり無謀にもよく弾いたな。。。。と思う強烈な記事がありました。

この時トランプ形の音符カードを習いたてのピアノの先生に持たされて

いて、ドがキーボードのどこにあるかよくわからなかった時期でもあります。

今だったら間違いなくヘルプで誰かキーボードを頼みます。

 

2012年12月のライブ。

ちなみに、このバンドは僕自身、人生で初めて組んだバンド(高校の文化祭以外)でした。

 

MIRRORと言う曲をカフェで演奏している。

 

そういうイメージでやろう。

 

と言うことでこういう編曲にしたことを覚えています。

この曲はこの日に一番入れたかった曲。

セットリストを決めてから

 

誰がキーボードを弾くんだ?!

 

ということでバンド会議になった曲でもあります。

 

最高に緊張しました。

ミスも多いのですが、楽しかった。もはや4年前?!

こういうことも振り返られるようになったということは少しは大人になったのか。

他のメンバーは素晴らしいのでキーボードだけ無視してください。

 

 

 

 

 

 

 

人前で泣いたことのない そんな強気なあなたでも
絶望の淵に立って迷う日もあるでしょう
夢に架かる虹の橋
希望の光の矢
愛を包むオーロラのカーテン
その全てが嘘っぱちに見えて 自分を見失う様なときは
あなたが誰で何の為に生きてるか その謎が早く解けるように
鏡となり 傍に立ち あなたを映し続けよう
そう願う今日この頃です

 

 

あまりポップスは聞かないのですが。。。 

良い曲です。

 

原曲 素晴らしい。

 

 

 

 

 

 

さて、また遡って記事を読み進めていこうと思います。

擦り傷に塩を塗っている感じでたまに心が痛みますが、

今日のように大笑いできる記事もあります。

 

ということで週末、また明日も雨でしょうか。。。

ちょっと楽しいことを考えながら過ごしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

 

こんにちは

昨夜、ギタ友さんに誘いをいただきましてVirtuoso@赤坂に行ってきました。

 



 

 

松原慶史さんという今年ギブソンのジャズギターコンテストで優勝した方

とのこと。

ちなみに名前が一緒でよしふみさんで、よっしーとよばれているそうです。

おなじよっしーでも全然ちがうなwww

 

超絶にうまかったです。

目から鱗が落ちる感じで、ラストの曲は目をつぶってたまに楽しそうに笑いながら、

フレットの端から端まで口ずさみながら弾いていたのには本当にびっくりしました。

 

スケールもあるでしょうが、縛られていない自由さと、

メロディーの良さ、

コードワークと単音で弾くバランス

ヴォイシング 等々センスあるなぁ。。。とびっくりでした。

指がもう分離しているとかどうのということじゃなくて、軟体動物の様な

感じでした。

どうやったらああなれるんでしょう。

 

アメリカの大学でギターを勉強していてしばらくアメリカで活動されて

帰ってきて活動をしているとのこと。

 





 

 

この335は優勝時のプレゼントとのこと。

お話をさせていただいて、

 

名前同じですね!

 

とお互い笑いあいました。

こういう方々が売れてきちんと評価されていく道ができるといいですよね。

日本のジャズ関係、インスト関係のマーケットは小さすぎるような気がします。

 

 

 

でYOUTUBEをみると

あれ、同じIbanez使ってるwwwww

 

少し友達になれそうな気がしてきましたw

昨日のライブはよかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

おはようございます
快晴の東京。
GWは天候に恵まれていますね。
素晴らしい。

音楽の話ですが、絶対に死ぬまでに行っておきたいライブ。
何人かいて、観れたミュージシャンもいればまだ観れていない人もいます。

リッチーは常識人になってしまったのだろうか。。
なんと表現したら良いかわからないのですが、、、、、、
フアンの方に怒られるからなんと言えばいいか。
デュオみたいなことをやる前の狂気じみたリッチーを観たかった。
こういう表現が柔らかいでしょうか。
私はパープルじゃなくてRainbowの方が好み。
ヴォーカルの問題もあるから、リッチーは映像でいいか。。。と思っています。


さて、絶対に観たいライブは

1 できればアメリカ、もしくはアイルランドでU2
2 ロンドンでARCTIC MONKEYS
3 Paul Dianno&ツインギター、1枚目2枚目のIRONMAIDEN(これは無理だ)
4 中野サンプラザで山下達郎


この中で一番観たいのは山下達郎さん
ただ中野サンプラザは解体、建て替えが決定しています。
おまけにいつもチケットが取れない。
中野サンプラザの収容人員数は2,222人。
今年の2月もダメでした。
本当に警備員のバイトでもして潜り込みたいくらいです。


日本武道館以上の規模の会場での公演を行わないことについては、
音響効果に疑問を持っていることと、末席からオペラグラスで見るようになるのは観客に失礼だから
from wikipedia

という理由でやらないとのこと。
マイクも有線にこだわっている とかきちんとした考えをお持ちの方ですよね。

中野サンプラザは2018年以降に取り壊し予定だから後1年半しかありません。
観れるのだろうか。。


最近、昔の曲で名曲と言われるものはわんさかあるのに、
レコード会社は
(レコード会社って呼び方は正しいのだろうか???自分を笑ってしまいました)
新しいものばかりを売ろうとして、昔の積み上がっているお宝は放棄している状態
に思えてなりません。

映画はケーブルテレビやなんかで見ることができる。
音楽はまぁitunesとかがあるのか。。
でももっと積極的に昔の名盤を紹介して売ればいいのに。
とも思いますが、費用対効果が合わないのかな。

昔の名曲が埋もれてる!

本も同じような状態ですね。

中学生の暑い夏の日に買ったカセットテープ(レコードじゃなかった!)
を聴いて衝撃を受けたFor youというアルバム。
もはや山下さんの代表作ですが、
天気の良い朝はいつもこのアルバムの中から数曲聴きたくなります。

音楽を大切にしよう
旧い音楽も紐解いてみよう
ということでMusic Book







Music Book 開いたら
メロディーの雨が 肩をぬらして
Music Book 降りそそぐ
それは さわやかなハーモニーもって 弾む


素晴らしい歌詞です。

作詞は吉田美奈子さん
作曲はもちろん山下達郎さん
吉田さんは古くからの山下さんの盟友。
そうだ、今思いだしたのですが、山下さんは

「ルックスが良かったらハードロックバンドのヴォーカリストになりたかった」


と言っていたんですよ。

Rainbow?!

www



それでは良い1日を!







AD
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)

テーマ:


こんにちは
日本はやはりいい国ですね。
帰ってきてほっとしました。

不謹慎かもしれませんが、
渡米するたびになんでこんな国に戦争に負けたんだろうか
と思いますが、

資源と一握りの天才

に負けたのでしょう。
アメリカは平均値ははるかに低いですが、上は突き抜けています。
日本は平均値はやたら高いですが、アメリカほどの英才教育をしません。
歴史は勝者によって書かれますから、勝っていたら今とは違っていたでしょう。
こんな自虐史観はなかったはず。

ただ、あの戦争に勝っていたらと思うとぞっとします。
日本人はほっとくと全体主義でまじめすぎる故、生きるのに窮屈な国になって
いたでしょう。

何を書いているのかかなり脱線してしまいました。


本題なのですが、Billy Joel
今回のツアーはJohn Scofield を観るのが一番の目的。
2番目はBilly Joel
自分が生きているうちに彼のHomeTownで観ておきたかったと強く思っていた次第です。









ライブは当然超満員で、アメリカ人の方々のはしゃぎっぷりはすごかったです。
やはり大スターなのですね。

内容はBillyは声がきちんと出ていましたし、
バックバンドが滅茶苦茶うまい。
特にレスポールを持っていたギタリストがスーパーうまかったです。
調べようかと思っていますが、なかなか名前が出てきません。
あの人はプレイ、音造り、ここぞとの言うときのフレーズ。
渡米してから一流どころのギタリストをたくさん見ましたが
それらのプレーヤーとも引けを取らないくらいうまかったです。
誰なんでしょう?
すごい人でした。









アンコール前の最後の曲。
この曲だけはみんな歌っていました。
彼の歌を聴きたいので、歌わないでくれ。
と思いましたが自由に楽しむのが良いでしょう。









8時に始まって終わったのが11時くらい。
で終わった後の感想はかなりの不満感。
彼は僕にとってもスーパースターなわけです。
多感な時期に彼の音楽をかなり聴いていました。
ようやく会えたわけです。

観るまでもなかったな。

とも思ってしまっていて、

なぜこんな風におもうんだろう?
時間も短かったわけでもないし、声も出ていてバンドも最高。

一日くらい考えつづけてようやくわかりました。

聴きたい曲が多すぎた。

名曲だらけで聴きたい曲が多すぎた。
当然時間は限られるのですから、やらない曲も多い。
有名どころでは Up Town Girl すらセットリストにありませんでした。
他にも山ほど聴きたい曲があるわけです。

かなり良いライブであったにもかかわらず、期待値が火星くらいまで飛んでいたので
地球レベルでは満足できなかった。

そういうことです。
期待値が高いのも考えものです。

あと、Billy Joel はにこにこしながらかなり幸せオーラ全開でした。
僕のしっている昔のBillyは社会の片隅でひっそりとピアノを弾いている

社会にうっくうとした不満を抱えている一人の男









このイメージ



だったのですが、セレブじじい に見えてしまったのも不満だったのでしょう。
ちょっとした陰がないとBilly Joelじゃない。

なんて思っていましたが、これだけ苦労して成功してきたのですし、
そんなことを思っている僕がアホなだけです。
そんなわけがない。

ただ、思うのは彼の若い時を観たかった。
その時は私はライブに行けるかいけないかの歳。

バカなことを思ってるな。
ファンってのは勝手だわ。
と自分のことながら若干反省しています。
難しいものですね。


一番心に残ったのは Movin' out
これはCDとかの音源を聴くとそれほど好きな曲ではなかっただけに
自分でも意外でした。
かなり良かったです。










朝が来て









昨日成田に帰ってきました。
ものすごい強風で今までで一番恐ろしい着陸でした。
着陸後、機長さんが謝っていましたし、
客室乗務員の声も若干涙声だったような気がしました。
すさまじい風。

今回の旅はライブとホテルの往復。
そんな感じでしたが、思い出に残る旅でした。


ジョンスコフィールド 3ステージ
デビットギルモア
イギーポップ
ジャーニー&サンタナ
ビリージョエル


音楽旅行でした。
もうこんなことはできないな。
良い思い出になりました。
長い旅行記でしたが、お付き合いいただきありがとうございました。


You may be right
I may be crazy



帰ってきてから最後にやったこの歌詞がやたら頭にこだましています。
何事もやり過ぎはよくありませんねw







いいね!した人  |  コメント(22)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは
サンタナのライブで思ったのはワウの使い方がうまいこと。
しつこく使わないのでが、ここぞというところでとてもうまく、効果的に使っています。
このバンドはさすがのリズム隊です。
サンタナは遡って聴いてみようかなと思っている次第です。

そうか、なぜ今回のMSGのライブがサンタナwithジャーニーだったのか。
1971年、サンタナにツインギターとしてニールショーンが参加していたんですね。
ようやく意味がわかりました。
スーパーナチュラルくらいしか聞いたことがなかったので少々勉強不足でした。

この人が出てきた時は衝撃的だったでしょうね。
当初はブルースバンドだったらしいですが、ラテン系でこんなギターを弾く人は
あまりいなかったでしょうから。

PRSもあと数人サンタナクラスのギタリストとのエンドーズが欲しいですね。
そういばジョンメイヤーがPRSに持ち替えたんでしたっけ。

====

Luckymanさんからコメントをいただきました
ジョンメイヤーはジャクソンなのでしょうか?
この記事でてっきりPRSかと思っていました。

→ PRSの記事

ただ検索してみるとジャクソンとの記事も相当数出ています。
去年のグラミーではジャクソンを弾いていたようですね。

どちらにせよ彼の音楽からフェンダーしか思い浮かばないのですが、
なぜエンドースを切ったんでしょうね。。。とても不思議です。

追記 

====

ミュージシャンの名盤、名演の積み重ねがギターブランドの価値を底上げしていきます。
フェンダーギブソンが圧倒的に強いのは、このとてつもない歴史的防御壁があるから。
これはちょっとやそっとじゃ崩せない。

そういう意味でIbanezさんはフォーカスをテクニカルなミュージシャンに定め
エンドースを重ねて成功しているブランドです。
Jazz Guitarの分野でもそうですね。
特にJazz Guitarの分野では定番的なモデルを作れれば販売につなげられるんじゃないかな、
と思うところです。

ギターブランドにとってエンドースは成功するための大きな要素の一つですね。
その前に本当に良いものを作る。という前提が必要です。

PRSは3番手に食い込んでいますが、ここ数年ちょっと怪しくなってきていたので
この辺で盛り返しが必要ですね。
当たり外れをあまり感じさせない、通販で買っても良いと思えるブランドだと
私は個人的に思っていますので、頑張って欲しいです。

長々となってしまいましたが、サンタナのこの曲も素晴らしかったです。
戻りますが、たまに踏むワウが効果的。
使い方がうまいです。


















いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:



核戦争が起きて、廃墟になった町で一人の生存者がいた、
そしてソイツは叫んだ、それがロックだ




これを言った人を一度観たかった。
観てきました。
生き様がPUNK 、ROCKそのもの。
こんなかっこいい人はなかなかいないです。


IGGY POP


ヴォーカリストとして凄まじくかっこいい。
うまいとか下手とか、音楽性がどうのという以前にかっこいい男です。
こういう男になりたいものです。

当初ソロでやっていくのを、サポートしたのがデビッドボウイ。
ボウイって見かけはヤワな感じだけど、精神というか心配りは温かい鋼鉄。
マークボランの家族の面倒も見たりしていたんですよね。
なんてかっこいい奴なんだ。
君こそがStarmanだ。


空でスターマンが待ってるんだ
彼はやって来て 僕らに会いたがってる
だけど 僕らの心を乱すんじゃないかって思ってる
空でスターマンが待ってるんだ
彼は僕らに 心を乱さないようにって言ったよ
彼には僕らに会いに来ることが 価値のあることだと分かっていたから

彼は言ったよ
子どもたちをロックに夢中にさせるんだ
子どもたちにロックを聴かせて
子どもたちはみんな ロックに合わせて踊らせるんだってね




そしてスターマンが地球に送り込んできたロッカーの一人がIGGYPOPに違いない。
僕らをロックに夢中にさせる。


ライブの1曲目はおきまりのあの曲でした。
なんてかっこいいんでしょう。

作詞は IGGY POP
作曲は David Bowie









会場が ロックスター の登場にざわめきました。

エネルギーをもらいましたし、

お前らまだ若いだろ、何やってんだ。

と強烈なパンチを喰らった感じです。
素晴らしい一夜でした。





























いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:


David Gilmour @MSG のテレキャスターのサウンドを。
このテレはストラトと比べて良い意味でレンジが狭く、バランスがすごく良いと思います。
巻弦のバリンじゃなくてゴリンとした感じがこのギターの特徴でしょうか。
ストラトと明らかに違いますね。
扱いやすいのはこっちの方だろうな。
そんな感じがします。






こちらは昼になりました。
時間のバランスがちょっと崩れていて今から始動です。
パスコン持ってスタバに行ってきます。
ホテルの部屋での缶詰状態は気分が暗くなりますね。

予報ではずっと雨でしたがここ数日晴天でした。
今日は残念ながら小雨。






セントラルパークに近いのですが、
まだ行ってないです。
晴れの日に行くととても良いところです。

さて頑張ろう


いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんは
こんにちは でしょうか

Madison Square Gardenで行われた David Gilmour のライブを観に行ってきました。
Tシャツを2枚も買ってしまったので、節約しようと地下鉄に乗ったら15分くらいで
帰ってこれるところを、マンハッタン島を出て、ブルックリンの方まで行ってしまい
迷いに迷い先ほど帰還しました。
$6の節約のために2時間放浪するというなんとも馬鹿げたことをやってしまいました。
携帯の電池が切れるとこうなります。
しかし、帰ってきてバッグを見ると中に予備電池をきちんと持っていたことに気がつきました。
知らない街で深夜ひとりぼっち。
ホームアローンのカルキンくんがいかに強い男だったか実感できました。

さて、David Gilmour










私はまだ音楽的に成熟していないせいか、Pink Floydをじっくりと聴いたことがありません。
何度かチャレンジしたものの、途中で挫折すること数度。
これを機会にまた再チャレンジしたいと思っています。









偉大なレジェンド
当然ながら満席です。
異常というか、異様な盛り上がり方でした。
年齢層は私よりも上の方が非常に多かったので、Pink Floydを聞いてらした方がメインだと思います。









使用していたギターは
1黒い彼のストラトThe Black Strat
2サンバーストのテレキャスター これはカスタムショップ製でしょうか。wikiではそう書いてあります。
3p90を乗せたゴールドトップビグスビー付 これはウェザーチェックが見えたのでVintageか。。?
4Gibsonのフォークギター (ナイロン弦ではなかったように思う)


幻想的な空間系エフェクツを多用するスタイルなので、
Fenderじゃなくていいんじゃないか
と思っていましたが、
空間系をかけている時も
巻弦はバリンとした感じを残し、
高音弦はしなやかに音が伸びていく。
鈴鳴り感もあって
Fenderギター、ストラトの対応力の凄さを実感しました。

それにしてもあのBlack Stratは化物みたいなレンジの広いサウンドでした。
あれはボディはそのままでネックは変わっているんですよね。。。。
なんとも凄いものを観てしまった感じがあります。
あれは何なんでしょうか。。。。
あのサウンドは化物ですね。

1曲くらいづつテレとストラトを持ち替えていました。
レスポールはjazzyな曲をやった時に指弾きで静かにクリーンで弾いていたのみ。
あれも鳴らせば凄いだろうことは容易に想像がつきました。









グッズ売り場。
PHISHとか、他のバンドの時はほとんど並んでいなくてアメリカ人はグッズを買わないんだな。
と思っていたのですが、ギルモアのファンはさにあらず。
凄い並んで買っていました。
隣のおじさんもしびれを切らして怒っていたくらいです。










この中の2枚を買ってしまったのですが、
1枚でよかったかなwww
それで路頭に迷いそうになってしまったという。。。w









Madison Square Garden  

この存在とやっているミュージシャンの華麗さ。
羨ましい。


ということで
ストラトサウンドを。

 




凄い音、プレイでした。
やはり第一線で何十年も活動されている方の演奏は衝撃度が強い。
観に行ってよかった。
と思うライブでした。


そういえば昔、アメブロのギタ友のシェンケルさんがギルモア大好きだったよな。。。
と思い出しながらこれを書いています。
もうブログを止めてしまったようで3年くらい経ったのでしょうか。
もう少し早くレポートをお届けできればよかったと後悔しています。

日本に帰ったらじっくりとPink Floydに向き合ってみようかと思っています。

しかし、Pink Floydを聞けないってダメだよなぁ。

MSGだとさすがにどんなミュージシャンでも手を抜かないので来るかいがあります。
ということで、素晴らしいギタリストの演奏を聴くことができました。

BIG APPLEはなかなかすごい街だな。

東京の方がはるかに都会ですが。。。

読書でもして寝ます。
それでは

そうだ、ストラトが少し好きになってきました。


おやすみなさい







いいね!した人  |  コメント(22)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。