3104丁目のギターショップに足を向けろ

Knock on The Door of 3104th street Guitars


テーマ:


こんにちは
今日は腰というか、右の背中が痛くて困っています。
ギターを立って弾くと最近こうなりますw
あと首がずれてる。。。
整体行き確定です。


さて、昨日はノアさんに入り浸っておりました。
13時からバンドのリハ。
1月の初旬にやるライブの準備です。
全体的に良い感じなのですが、1曲だけどうしてもNGかOKかぎりぎりの曲があって、
急遽新しい曲を1曲準備して入替えをするか否か、この段階でも仕上がりを見つつ確認中です。
あと1曲だけなんですよね。
いつもセットリストに1曲だけ鬼門がある状態ですw


バンドのリハが終わってから少し休憩して2度めのノアさん。









スイーツ友達のマーラさんとシュークリームはカスタードに限る!
と意気投合して依頼、スイーツ談義をしましょう。
ということで、昨日ようやくスケジュールが合ったのでとりあえずスイーツ談義の前に
スタジオに行こうということになりました。












FRIEDMAN!
これを試してみたかったのです。

マーラさんはFRIEDMAN通なので、2台もヘッドを持ってきていただきました。

NYに行っても流行り廃りにあまり敏感ではないアメリカのショップでもFRIEDMANだらけ
なのを見てきていて、一度じっくりと面と向かって弾いてみたかったのです。
一度nicoさんのFRIEDMANも弾かせていただいていたのですが、当日は大人数、機材多数で
なかなかじっくりと弾くことが出来ませんでした。












これは素晴らしいですね。
シビアなんだけれども弾きやすい。
ゲイン、トーンコントロールが楽。
どのセッティングにしても良い音の許容範囲から外れない。
チューニングが秀逸なアンプです。

これは売れますよ。。。

音がみずみずしくて生々しい。
前に出てきているのですが、うるさくなく、弾きやすい。

もしギター2本のバンドで、相方がFRIEDMANを使っていたら、ちょっと嫌ですね
対応に苦慮しそうですw

ペダルをかましてみたかったかな。。。
基本直結でOKなアンプです。
ただ、少しだけほんのちょっとだけ個人的にジューシーさを追加したい。

このアンプは現代のアンプの一つの回答ですね。

これを悪いという人はいないじゃないかな。












あとGSYSTEM
これは昔個人的に買おうと思っていたのですが、使いきれるかどうか不安で
見送った機材です。
マーラさんが買ったのを知って持ってきてください!
とお願いしておきました。

歪以外ほとんどのエフェクトが入っているもの。

TCはいいもの作りますよね。

たしかに直結と比較すると音のレンジが若干だけ狭くなりますが、
ライブで使うなら全くわからないでしょうし、むしろこの利便性のほうがそれを上回る。
使い勝手も良さそうでした。

ポップスバンドとか、エフェクトをガンガンかけるバンドのライブをやるときは
これがあると便利だとおもいます。












あとギター。
マーラさんは基本ESP派。

レスポールとストラトを2本持ってきてくれていました。











正直なところ、保守的な私にはESPはメタル&ヴィジュアル系だけのギター
だと敬遠していましたが、パチモンのライブでマーラさんが使っているのを観て
一度じっくりと弾いてみたいと思っていました。


お世辞じゃなくてどれもよく出来ていて、正直なところびっくりしました。

レスポールのマホはものすごく上質で、すごい音をしていましたし、
ストラトもネックが硬い。
それが音に出ていましたし、反応が速かった。












イメージで拒否していたブランドでしたが、正直素晴らしいギターでした。
これだけ音にうるさい人がなぜ?
という疑問が氷解しました。

実際に試してみないとダメですね。
結構ありとあらゆるものを試してきていたつもりですが、ESPのストラト系レスポール系は
触ったことがありませんでした。
ランダムスターとかは好きなので、一度買おうかどうか迷いに迷ったことがありますが、
速弾きが出来なくて悲しくなりそうなので諦めた事があります。

音にこれだけうるさい人が悪いギターを持っているはずがありません。
ちょっとした衝撃でした。

そうだ、あとキャビ。
スピーカーとキャビの選択がこれまた素晴らしかった。
相当試したとのことでしたが、

さすがだな

というチョイスでした。

FRIEDMANと抜群の相性。


かなり堪能した後、近くのファミレスに行ってマーラさんのアンプ道や、お互いのギター感
などを遅くまで話しました。

スイーツの話はまた今度!

ということで今年も機材に関してはまた大きな発見があった。
と思いました。

FRIEDMANはね、あれは売れますよ。
造っている人の耳が良い。
素晴らしいですね。


面白い一日でした。
こんどはパンケーキ屋さんかどこかで機材話をしたいと思っています。
マーラさん次回は表参道あたりでお願いします。




























AD
いいね!した人  |  コメント(19)  |  リブログ(0)

テーマ:


こんにちは。
今日の東京は涼しいようなすごく暑いような。
ただ昨日のような恐ろしい暑さではありません。
今年も秋の訪れは早いのでしょうか。


さて、昨夜は仕事が終わって21時からギタ友の皆様でスタジオに入りました。










vaxさんが持ってきてくださったCARRのRAMBLER
これは是非音を聴いてみたかったのです。

このRAMBLERは製品サイクルが早いCARRにあってまだ売られている商品で
・クリーンがとてもきれい。
・ひずまない。
・ペダル乗りが良い。
というポイントで人気を博しています。

プロのミュージシャンの方がレコーディングで使う方が結構いるようです。
中古で出ても高いしそれでも売れる。

音を出してみて、この大きさからは信じられないくらいの箱鳴り感。
4発。。。。
とまではいかないですが、2発から3発で鳴らしているくらいの音の迫力がありました。
キャビの造りが良いのでしょうね。

音の広がりも良かったです。

これはとても良いアンプだと思います。












どのペダルとつないでもペダル乗りがすごく良かったです、
一同驚愕したのは、やはりFAX ONLYのケンタウルスとつないだとき。
これはケンタウルスだからではなくて、出てきた音に本当にびっくりした。
それでケンタウルスの偉大さを再認識させられた、
という感じでした。










そしてがちゃさんが新しく仕入れたペダル。
Simble の Predriver
これはすごく不思議なペダルでした。

バッファーがものすごく良いのです。
先ほどのケンタの後にこのベダルをつなぎなおして鳴らしてみても結構
勝負できる感じでした。
7掛けくらい。
そして若干すっきりしている。
ケンタの良い意味でのわざとらしさを無くした感じ。

ただこのペダル、今までのはスイッチOFFの時の話。
ONにするとこれは何なんだろう。。。。という
ちょと潰れた感じの音になります。

これはブッファー、ブースターみたいな感じの商品だと聞いたのですが
ちょっと研究が必要かもしれません。

OFFの時は本当にケンタがわり、それもロングテール FAXONLY
のかなり上物に近い感じの良さ、



購入される方は自己責任でw


少なくとも昨日その場にいた皆がこれには驚きました。











私はこの子の真空管を交換する予定だったのですが、
他に色々とやることがあったり、面白かったりでできませんでした。。。

と言う事で夜中にお開き。


慌ただしい金曜の夜でしたが、楽しかったです。










AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:


おはようございます。
東京は雨でまた寒さが戻ってきてしまいました。
すごく寒くなってしまいました。
春一直線だと思っていたのですが、なかなかそうもいかないようです。
はやく暖かくなってほしいものです。


さて、先日一度GUITAR SHOWでご挨拶いただいたFさんよりメールを頂きました。
新しく購入するレスポールの件でお悩みとの事。

そこでちょうどがちゃさんがFさんが欲しいと思っているレスポールを持っていたので、
Fさんが今現在の自分のギターを持って比較。
ということで昨日スタジオに入りました。











いきなりですが、これはびっくりしました。
Fさん所有機。
Fullertone のオーダーレスポールです。

杢目は素晴らしいし、指板もハカランダで真っ黒。
導管無しのツルツル状態でエボニーかと思いました。
鳴りも良かった。

これの他に現在、他のギターも考えているとの事。

いやいやいや杢目の素晴らしい事。
写真以上にすごい。












ご相談いただいていた件はがちゃさんのレスポールを弾いていただき、
いろいろな話をしてめでたく解決。
Fさんのなかで考えがまとまったようです。
良かったです。

Fさんのギター愛もこれまたすごいもので、人生を捧げている感があり、3人で話が弾みました。












なんと、私がTS9に興味があると言う事で、古い手持ちのTS9を持ってきていただきました。
これも良かったです。
個性がちょっとずつ違っていて本当にこいつは愛くるしい。。。w












お貸ししますので持って行って下さい。
ということでお借りしました。

そして、私が最近、オペアンプの交換を一生懸命しているのでオペアンプもどうぞ。
ということで御礼に頂いてしまいました。恐縮です。
お心遣いありがとうございました。


ギターも物によっては決して安くはないので、何か確信が持てる情報を交換し合う。
これはとても大事な事ですね。
問題が解決して良かったです。


それにしてもあのFさんのFullertoneレスポールのトップ材はすごかったです。











AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:


こんばんは
今日はギタ友のvaxさんとスタジオに行って行きました。
お互い家が近くて一度ギター談義で食事をしたことはあったのですが、
スタジオに入るのは初めてでした。

ペダルの弾き比べをしましょう。

ということでスタジオイン。










TS系
ダンブル系
ケンタ系
等々いろいろなペダルを弾き比べしました。












ギターは61、62











vaxさんの65
65ってずっと気になっていたので、弾けてとても嬉しかったです。
ネックが硬い!

ギターに関しては61 62 65 それぞれの良さ、違いがわかりました。

あと写真を撮るの忘れた。。。
デニスガルスカのJAZZ MASTERを持って来ていただいていて、これも良かったです。
これもネックがとても強い個体でした。
ギターはネックだな。。。


アンプは










vaxさんの DR Z
これはVOX系とMARSHALL系を切り替えられるアンプです。
私は53DELUXEを持って行きました。


さてペダルですが、









FULLDRIVEの初期物。
これは良いペダルでした。
ミッドリッチ。
バンドに入ってこれを使うとたぶんベースあたりとぶつかるかな。。
若干セッティングに苦労するかもしれませんが、とても良いペダルです。











ShinsMusicのペダルです。
これが弾きたかった。
ずーっと試奏してみたかったのですが、値段が値段だけにもし良かったら
苦しみそうなのでw今まで試奏は避けてきたのですが、ついにご対面。

今日一番の収穫はこのペダルでしょう。

これは気に入りました。
Shins って何を造っても素晴らしい。

これはダンブルライクな歪みもので、フェンダーアンプとの相性はすごく良かったです。
さらにブースターがついていて、このブースターがかなり使える。

最近歪みにブースターが付いたモデルが欲しいなぁ。。ライブのとき便利だろうな
と考えていたのですが、まさにこれはドンズバです。

これ良かったな











ケンタ系のペダルの比較。
TBCFXの方は非常にクオリティが高いですね。
ここのペダルは上質です。
が、上質が故にケンタのあのちょっと田舎臭い感じが出せているようで出せていない
感じがしました。
ちょっとハイファイ過ぎるように私は感じました。
ペダルとしては1級品だと思います。
ただ、どちらかというとARCHARのほうがそれらしかった。











TSをハイクオリティにした感じのペダル2台。
これはプロミュージシャンの方が関わって製作された物との事。
クセがないTSという感じで現場ではかなり使いやすいでしょうね。

これ1台もってセッション

という感じのペダルでした。
なんとなく守備範囲が広いと言う事ではXOTICのペダルに方向性が似ている感じがします。











このペダルは個人の製作家の方の物とのこと。
これもとても感心しました。
セッティングの範囲がかなり広い。
たぶんどんな現場でも音抜けするセッティングをつくれるでしょう。
ものすごく音作りの幅が広い一台。
歪みの質もとても高かったです。
これについてるブースターは個人的にはあまり好きではありませんでした。
時間が短かったのでセッティングを追い込めばもっと良かったかもしれません。


あらたな発見があった一日でした。


vaxさんには次回はCARRのRAMBLERを弾かせていただく約束をしましたw
どうもありがとうございました!












いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは
昨夜ギタ友のみんなで集まりました。


Pete Cornish を嗜む会


がちゃさん どんぴーさん nicoさん ごろさん(たぶん年齢順)











ある方のボード1










ボード2


注意のしようがない 


というのはこういう事を言うのでしょうw
自分ってまだまだ青二才だな。
と思わせてくれました。


いやぁお見事。


Pete Cornish がこんなに集まっている光景はまず見ることはない。
店頭にすら無いですから。
これらを集める過程のものすごい苦労話を聞かせていただきました。


ペダルの詳細はnicoさんがきちんと解説してくれていますのでお譲りするとして、
Pete Cornish はクオリティが高いですね。
ノイズレス。

ただコントロールできる可変幅が大きくてノブをいじると別物になります。
さらっと単体で購入して使うと なんだこれ?!?! となる製品も
あるのですが、組み合わせて使うとびっくりするようなサウンドになります。
使いこなすのにかなり研究が必要なペダル。
そういう印象でした。

音は文句なしですね。

あったのは、ブースター、ファズ、オーバードライブ、コンプレッサー、
バッファ 等々計10台。

私はオーバードライブとブースターが気に入りました。



本当は÷13が主役なはずだったのですが、
Peteさんの存在感に皆やられていました。
Peteさんと持ち主は同じ方です。









÷13は初めて弾き込みましたが、改めて素晴らしいアンプだと思いました。
現代の良いアンプの代表格ですね。
素晴らしいです。
これは欲しくなる。


さらに、専用キャビがものすごい箱鳴り。
皆一様にこのキャビにはびっくりしていました。
自社のヘッドにチューニングされていることが伝わってきます。












このキャビとスピーカーにどのような秘密が隠されているのだろうか。。。





とにかくPeteさんの存在感で昨夜の事は混乱していますので、
思い出しながらまた書かせていただきます。
とりあえずニュース速報。












いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。