3104丁目のギターショップに足を向けろ

Knock on The Door of 3104th street Guitars


テーマ:


Gretschを弾いています。








クリーンで弾く時は箱物がいいですね。









オリジナルフレットがあまりにも低かったので打ち替えました。
残念ながら音は変わりました。
が弾けるようになったので良いでしょう。
そのうちまた変わってくるはず。(かな。。。一度打ち替えた物は変わった事がある)
あとブリッジも変えています。


状態の良い物を日本のいたるところ、ロンドン、ニューヨーク等に行って気に入った物が
見つからず、探しに探してスイスから買ったもの。

バインディングがオリジナルできれいに残っています。
これは珍しい。
ネックの角度、状態もすごく良いです。









AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

Gibson傘下にSteinberger,Kramer,Valley Arts

Fender傘下にGretsch


どう見ても活かしきれていない。


特徴の違う会社を傘下において
Gibsonはソリッドのストラト系の技術を
Fenderは箱物の技術を
それぞれの吸収もしくは、技術の新規開発 を行いたいというのはわかる。

流行のトレンドがいつ変わるかわからないし、
新しいトレンドの技術がまったく0です。
というのは経営上とても大きなリスクだ。

ただし。

ブランドが犠牲になっている感がある。
ユーザーが犠牲になっている。



僕は個人的に純粋にユーザーとして

Gibson傘下のSteinberger,Kramer,Valley ArtsはFenderに

Fender傘下のGretschはGibsonに

再編させるべきだと強く思っている。




image




特にGretschはGibson傘下に行くべきだ。
Gretschブランドを活かせるのはいまや大手ならGibsonしかないだろう。

6120のマスタービルダークラスの高級ラインがなぜ出てこないのか。。。
数年前に出てきて以来出てこない。
ほかの訳のわからないものは出てくるだけどなぁ。。。

悲劇だ

悲劇

悲劇以外の何物でもない。
飼い殺しはやめて欲しい。
まともな企画が出てきていない。

Fenderはお金ないだろうし、上場を目指して頑張ってるんだろうから
Gretschを手放して欲しい。
ステファン・スターンしかいないんじゃしょうもない。

GretshはGibsonへ売却をしてほしい。


そう思うこのごろでございます。



6120は美しいギターだ。。。もったいない。












AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:



ついに決断しました。
61年 Gretsch6120(中古w)のリフレット。
やろうと決めてからだらだらとしていたのですが、
ちょうど今日の昼にどんぴーさんとランチをするので、
その際Gclubに持って行こうと思い立ちました。








photo:08










ホワイトケースっていつみてもカッコイイな
Gretschだから許されるこのキザ加減w
レスポールは入れたくないなぁ。。
Martinのアコギが入っていても似合わないと思う。








photo:02











買ったはいいけどフレットが低すぎてとても弾けたものではありません。
ただオリジナルフレットがそのまま残っているということは貴重なのでしょうが、
弾けなきゃ意味が無いですものねw


弾いてなんぼなので打ち替えてしまいます。
音は変わるかもしれませんが、フレットとナットは残念ながら消耗品ですから。


これでもう少しこのギターとも真摯に向き合うことができるでしょう。










photo:03











現行Gretschも持っていて、それも大好きでステージでは何度も使いましたが、
やはり木材の厚さとか、構造が違うな。
と思います。
こっちのほうが無骨ですね。
オレンジでカワイイですが、



漢のギター



という感じです。




そうだ、ステファンが作っていたカスタムショップの6120はフィーリングが
似ていましたね。



Gretschの古いのって本当に状態が良いのが少ない。
これを買う時も相当な本数弾きましたが、気に入ったのはごく少数。
特にネックとか弦高、テンションの感じとかとにかく弾きづらいものが多い。
セッティングをしなおしてどうのというレベルではなかったですね。
難しいです。


ロンドンまで探しに行ったのでなくて。。。。w
ロンドンでebayを見ているとかなり状態が良いというこの個体を見つけて
写真を数十枚送ってもらったり、状態を詳細に聞いたりして
一か八かだということでこれを買うことにしたのです。


売主はスイスの超高級住宅街に住んでいる人で


「ロンドンは近いんだから帰りに寄りなよ」


と言ってくれたのですが、


「日本人は休みが短いんだよ」


ということでスイスには行けませんでした。



彼はアメリカの某有名ヴィンテージショップから購入したとのこと。
状態はかなり良かったです。











photo:04











フレットは低い。。。。
50年以上も前のギターですからね。
写真を送ってもらった時も

フレットは低いけどオリジナルだから残してるよ。

ということは聞いていました。


「打ち替えるからいいよ」


と返事をしたら


「もったいないな。。。」


と返事が帰って来ましたがw






あとブリッジとペグは交換しました。












photo:05










フレットはジェスカーにします。
ジムダンロップの6105タイプと同型。
何のために買っていたのかわからないのですが、結構前にアメリカから
取り寄せていたことを思い出しました。


このギターのためだったんだろうか。。。。


うちにフレットを打ち替えなければならないギターなんぞこれしかないので
このために買ったんだろうな。。。


ジェスカーって評判いいですね。


テックの方に聞いてもフレットを打ち替える人はジェスカーを指定して
来る人がとても多いとのこと。











photo:06










古いGretschの問題点は

ネック起き

とならんで

バインディングがボロボロになってしまっている個体が多いこと

しかし、このギターはバインディングがオリジナルでとてもきれいな状態です。



どうもケース内部の布もしくは接着剤と反応したガスが原因でバインディングが
ぼろぼろになるという解説を何処かで見ました。


このケースには隙間があるのですが、これが良かったのでしょうね。
意図して開けられたものなのかな。。。

とすれば昔の持ち主はかなり気の利いた人ですよね。










photo:07









ケースに何か文字が打ってあったのは認識していたのですが、
まじまじと見たことがありませんでした。


GODILLA

ゴジラ

とでも打ってるんだろうな。。

なんでゴジラなんだよ


くらいに思っていたのですが、はじめてまじまじとよく見ると



COLLAZZI




と打っていました。
今までゴジラだとお思っていたのでちょっと驚いたのですが
そう言えば、買うときに

ちゃんとしたギタリストが持っていたギターだよ

と聞いていたので調べてみると


たぶん

Chuck Collazzi

という人が持っていたギターのようです。


John Denver


のバックで弾いていた人のようですね。


John Denver って誰だ???
と思ったのですが

カントリーロード とかでその昔売れた人なんですね。

あるサイトで確認するとJohn Denver とやったエレキギタリストという欄に


GUITARS, ELECTRIC ACOUSTIC: David Spinozza, Chuck Collazzi, Lee Ritenour


とあります。
どれほどの人なのかわかりませんが、そこそこきちんとした人だったのでしょうね。
Lee Ritenour もいますね。




そういえば今日は BlueNote に Lee Ritenour を観に行くんだった。
何と奇遇な。。。



ということで、これからギターを持って行こうとおもいます。















 
















AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:





昨夜会社帰りに渋谷の某ショップへ。



最近出たGretschの6120ラッカー塗装モデルとはじめてご対面。








photo:01










レギュラー・モデルとは異なったスペックで作られるFSR(ファクトリー・スペシャル・ラン)モデル。

1959年製のヴィンテージのルックスを可能な限り再現している点が大きな特徴。
ボディには1ピースの厳選したフレイム・メイプル材を使用。



とのこと。

1ピースのメイプル材を使っていると言ったところがポイントかな。。。










photo:02










塗装はマットで艶がありません。
個人的にはつやがある方が好みかな。





ところで、Gretschってなんでカスタムショップで6120を造って売らないんだろう。
数年前に出たピンストライプ模様が入ったモデル、
物凄く高かったブライアン・セッツァーモデル
くらいしか思い出せません。
これはずっと不思議なんですよ。


ジェットとか、ホワイトファルコンは海外でたまに見るのですが

6120

は見ないんですよね。


常識外の値段を付けない限り、
カスタムショップで6120造ったら売れるのになぁ。。
100万円近辺のプライスにしたら売れませんよ。。


親会社のフェンダーがストップしているとは思えないしね。
Gretschをまともにやろうというスタッフが揃っていないのかな。



Custom Shopの6120を作って欲しい。


















いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:


この弦のプリプリっとした感じ。。。
うまいですね。
指でも弾いてるし、ピッキングも何種類か弾き方を変えています。

うまい。












Gretsch いいなぁ。
今もカッコいいけどわかいときのブライアンって形容しがたいかっこよさだな。


















いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:


かなり面倒がりな私は、最近ハードケースからギターを
だしてそのままにしてすぐ弾けるような状態にしています。


つい数カ月前までは、地震が怖かったので弾き終わったら
都度ハードケースに戻していました。


ハードケースがあるギターを出しっぱなしにするのって
ここ最近だなぁ。。。



なんて便利なんでしょうかwww



ギターを手にする都度、そう思ってしまいます。


今出しっぱなしにしているのは


Gretschの6120



フェンダー、マスビルジョン・クルーズのストラト


の2本。


オレンジ色が目立つので自然とGretschを手にすることが多いのです。







$3104丁目のギターショップに足を向けろ-Simplog








あと深夜とかだとアンプを繋げなくてもそこそこの音量で鳴ってくれる。
ということと、あの柔らか目のテンションの心地よさに慣れてしまった
感もあるからでしょう。


さてこのGretschはラッカーモデルなのですが、
バカバカといたるところにボディをぶつけまくっているのですが
ほとんど傷が付きません




バコン!!


。。。



(@_@) なんで傷つかないんだろ。。。



ということが多々あります。



なんで何でしょうねw


不思議です。



Gretschの現行モデルはポリ塗装がメインなのですが、ラッカー主体に
替えてくれないかなぁ。。。

とおもうこのごろ。



ただ、60年代の個体と比べて若干木材が柔らかいような感じ
(これは個人的な感想ですよ 当たっていないかもしれません)
がするので、ポリにしたほうがもしかしてサウンドがパリンと
するのかもしれません。


などと思ってみたり。。。





私の愛しのGretsch君はバカバカとぶつけてもなかなか傷がつかない
やけにタフな子なんです。



というお話でした。































いいね!した人  |  コメント(26)  |  リブログ(0)

テーマ:


こんばんは
今日も音楽漬けの一日。
ギター、キーボード、ギター、
DAW、キーボード
みたいな一日でした。

とにかく時間が無い。

さて、今日はグレッチの弦交換をしました。

たしか、去年の12月のライブの前日に
交換したから二ヶ月くらい経つでしょうか。





photo:01






ライブ後しばらくほっといたのですが、
ここ数週間はずっと出しっ放しで弾いています。


ギリギリまで延ばしたのですがもう限界でした。

グレッチは弦交換が面倒なんですよ



photo:02






グレッチにはダダリオを張っています。

私はフェンダー系はアーニー、
その他はダダリオ、レスポールは
ダダリオかロトサウンドにしています。



photo:03






これはブライアンセッツァーモデル
なのでブリッジの部分には




photo:04






この様にピンがあり、固定できるように
なっています。

これがいかに便利か 笑


聞くところによると、日本側から他のモデルも
ピンにしたほうがよいという意見を
言っているようですがアメリカが
首を縦にふらないようですね。


箱物だとブリッジが固定されていないというのは
当たり前なのですが、グレッチを買って
はじめて弦交換したときはさすがに
ビックリしましたからねw

おまけにずれるんですよ。


ただそれも含めての箱物なので

慣れろ

ということでしょうね。




photo:05






エボニーはいつ見てもきれいなので、惚れ惚れします。



そして、弦交換をしようと背中を押したのは

逆反り。




photo:06






ビビリが出て来ていました。
これも調整。





photo:07







終了。


慣れてきたのか今回はそれほど大変に感じませんでした。

いいことだなぁ。

ペグもこのもモデルはロック式ですしねw



やはり弦を張り替えたあと弾いてみると
違いが歴然としているのでもう少し早く
交換しようと反省しました。

パリンとしたみずみずしさは良いものです。


円安がもっと進行するでしょうから、
弦をまとめて買っておこうかな。


などと思う夜でした。





いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

テーマ:


箱。。。。



箱wwww

箱はなかなかのものですぞ。。。



この頃ずーっと出しっぱなしで弾いています。
弾いているとあのキュイン!って感じがwwww ← おまえバカかと言われそうですがw
たまりません。



音を出す力強さというか、音をはじき出してくる感じ。

エアー感。

心地良い倍音。

これぞ箱の威力ですね。




夜部屋を暗くしてクリーンで弾いてごらんなさいよ!!

もう素晴らしいですからw

レスポールのフロントで弾くクリーンと双璧かな。



(夜部屋を暗くしてクリーンで弾く場合w ストラトも捨てがたいか。。。)







photo:01










以前から335を買おうと思っていろいろと探していたのですが、
なぜかグレッチの6120を買ってしまいました。


それが未だに何故なのか理由がわかりません。


そして未だ軌道修正されず。




GRETSCH 6120 という6120だけを題材にした写真メインの洋書があるのですが
ギター関連の本では一番眺めている時間が多いです。


このオレンジが芸術的なんだよな。。。。



ビグスビーなんてわけの分からないものは使えるの??
なんて偏見もすっかりなくなりました。
逆にこのユニット故のテンション感がすごく気に入っています。





6120みたいな、こんなアクの強いギターは家でひっそりと弾くしかないだろうな





と思っていたのですが、何やかんやと去年のライブでは一番登場回数が多いのかも。


分からないものだなぁ




ただ、どういう理由かは分からないが万人に対してオススメできるギターではない。
自分がなぜそう思っているかは残念ながらあまり合理的に説明できません




でもとてもおもしろい現象があるんですよ


合宿の時とか、ライブの時とか。。みんなGRETSCHを弾きたがるんですよね。


第一番目の購入対象にはなりづらいギターだし、興味があるけど




実際どうなの??? どんなギターなんだ?!




という人が多いかもしれない。



今年はライブの時は対バンの人達に弾いてもらうようにしよう。



みかん箱 布教活動。



みかん箱って 我ながら良いアイディアかも



アンプで既に使われてる????























いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)

テーマ:


悩んでおります。。。

Gretsch 6120 61年のフレットの打ち替え。

わりと程度の良い中古品ということでwフレットはまだオリジナルのまま。

でもフレットの背が低くて弾きにくい。
バズるところはないのですが、低いんですよね。

そりゃそうだ。もう50歳を過ぎてるんですものww





$3104丁目のギターショップに足を向けろ-ipodfile.jpg





新春ギターの事始めは


このギターのリフレットか、







$3104丁目のギターショップに足を向けろ-ipodfile.jpg








Gretsch G6196T Country Club / Cadillac Green


をラッカー塗装にしてもう少し暗いブリティッシュグリーンにしようか
写真では暗く見えますが、結構明るめのグリーンなんですよね。


このCountry Clubをラッカー塗装にしてブリティッシュグリーンにして
しまえばかなりメインギターの座に近くなると思います。



なんやかんやで結構GRETSCHへの愛情があるんだな。。。と思う




新年ギターはじめ




でございます。




本当にGRETSCHって独特な世界観があるんですよね。














いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)

テーマ:


こんにちは。
昨夜は新宿ビーツのリハでした。
こちらのバンドは12月1日のライブに向けて着々と準備が整いつつあります。
昨日の Like a Rolling Stone でセットリスト7曲の音合せが終了し、
今後はなんどか通しでリハを進めていくことになります。

リーダーじゃないバンドは気が楽です。


さて、昨夜はちょっとアコースティックな感じを出したいなぁと考え、
久々にGretschを持って行きました。







photo:01









Gretsch 6120 ブライアン・セッツァーモデル。


これはヴォリュームポットをヴィンテージのものに交換しているのと、
ボディ上にてピックアップを支えるウレタンを木材に交換しています。


かなり気に入ったサウンドになっています。


鋭い感じを残しつつ、ヴィンテージライクなウェット感のあるサウンド。


いいねぇ。。。。


皆さんにも一本持ってもらいたいな。。。



このオレンジ。


世に数多くギターがありますが、オレンジがこれだけ似合うギターって
Gretsh以外無いのではないでしょうか。


あとなぜかGretschを弾いていると


大人の男


になった熱い感情が湧いてきます。



これは  


wwww


なぜなのかは説明不能ww


独特な世界観を持ったギターです。



61年の6120も持っているのですが、そちらはフレットもオリジナル
なのですが結構背が低くて弾きにくいのです。
フレットを打ち替えるべきかどうか、悩んでいるところです。
ただ、弾きづらくてケースから出ないのは本末転倒なので
打ち替えたほうがいいんだろうな。。。



本当にお金がかかる。。。涙




さて、昨日やった Like a Rolling Stone は結構いい感じでした。
ヴォーカルのNさんの声とか歌い方がかなりマッチしていたのと
バックも下手するとグダグダになってお蔵入りかも。。。と一抹の
不安があったのですが、ちょっと華やかな感じが出ていてよかったです。

(新宿ビーツは芸歴は長いのですが、けっこうな底辺バンドと見られています。
ただ、近年かなりうまくなったと評価をされているようですが、
たぶん出番はトップバッターか2番目でしょう。)

それにしても良い楽曲です。





と書いていると12月1日、同日にステージに立つ Thee Shibuya Rocks が
なんにも準備もできてないのでこれを書きながらかなり不安になってきましたwww



不安は練習で打ち消す以外無いですねw



それでは!









いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。