3104丁目のギターショップに足を向けろ

Knock on The Door of 3104th street Guitars


テーマ:
Grecoの1971年製のレスポール型のモデルです。
ヤフオクで購入したのですが、フジゲンで製作されたものとのことです。


黒がとてもきれいなギターです。
40年近く前のギターなのですが、傷はあまりありません。
大事に使用されてきたのでしょう。



$3104丁目のギターショップに足を向けろ



黒のレスポールってきれいですよね。
ただ、Gibsonのカスタムだと重い~というイメージがあるので
手が伸びないのですが、これは4Kgをきっていますのでちょうど良い
重さになっています。



$3104丁目のギターショップに足を向けろ



Greco のヘッド。


そういえば、中学生の時とかはレスポールといえばGrecoで
憧れのブランドだったのですが、今は全く聞かなくなりましたね。
フェルナンデスと一緒でどうしちゃったんでしょう??
ゼマイティスかなにかは作っていますよね。


TOKAIも一時期Gibsonから訴えられてがたがたになったと聞いていますが
同じような理由があったのでしょうか。。。


そうそう、一度 Combat Guitars でレスポールモデルの見積もりを
出してもらったことがあったのですが、非常に高い!
たしか本家の'58よりも高かった記憶が。。。
なぜか聞いたところ、どうやらGibsonに対して何らかの支払いを
しているのでどうしても高くなってしまうとのこと。


さすがアメリカの企業は法律をうまく使います。


おっと横道にそれました。



$3104丁目のギターショップに足を向けろ



指板もいい感じの黒さです。



$3104丁目のギターショップに足を向けろ



このノブも古めかしくて愛着がわいてきます。



$3104丁目のギターショップに足を向けろ



ペグも構造も見た目大丈夫かよ。。。。って感じですが
でもきちんとした精度です。


ネックは細めです。
Gibsonと比較すると断然細い。
日本人が弾きやすいようにしたのでしょうね。



$3104丁目のギターショップに足を向けろ



ピックアップはPAFっぽい感じです。
送られてきてすぐ写真を撮ったので、白いごみたいのが
ありますが、傷ではありません。
(失敗しました(T_T))


全体的なサウンドは「枯れきっている!」といった感じです。
おまえさん、アメリカ生まれかよ。。。。ってくらい
バリンバリンに乾いたサウンドです。
レスポール特有の音の粘りはありません。
これは、はじめからなのか、40年たったからなのか
分かりませんが、枯れ枯れです。
テキサスサウンドって感じですね。
レスポールなのに。。。。


クリーンはこれで弾きたいと思わせるようなサウンドでは
ありません。ただ、歪ませるとかなり暴れた感じになって
印象UPです。
フジゲンが作ったということで、全体的にきちんと製作
されていると思います。




日本のギター産業の歴史をずっしりと感じる一本です。










AD
いいね!(3)  |  コメント(22)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。