3104丁目のギターショップに足を向けろ

Knock on The Door of 3104th street Guitars


テーマ:
 
こんにちは
このIbanezのギターでアームがついていたらなぁ。。。
とちょっと歯ぎしりしてしまった昨夜です。
 
 
 
 
 
 
メタル系のギターならアームが欲しい
といいつつも、チューニングが狂うんじゃないか。。。
という極度の恐れから全くアームを使えない小心者の私なのですが、
なんとかその恐怖を払拭したい と考えている今日このごろです。
 
そんなに狂うなら商品化してないって。
 
と頭ではわかっているのですがハートが追いついてきません。
 
ぐいんぐいん アームを使ってみたい!
あー怖い。。。。
 
 
 
 
 
 
この木の質感を活かしたルックス。
先端な中にも保守的な人達の心をくすぐる企画のギターだと思います。
 
スポルテッドメイプルいいですね。。。
この木材は大好きです。
こんなのが自然界に存在するんですよね。
はじめて木材を伐採してこれを見た人はさぞかし、びっくりしただろうと思います。
 
最近売れているギターを見ると、抽象的な書き方をさせていただきますが
木のぬくもりを大切にしていますね。
特に最近ものすごく売れている某ブランドなんかは見る度感心しています。
 
 
最近、またANTHEMの清水昭男さんのギターを聴いています。
音楽的なバックグラウンドがとても豊かな方なのかな。
と勝手に想像しています。
ソロの構成、メロディの造り方、リズム、フレーズの引き出し、安定感
清水さんのギターを見ているとそんなキーワードが頭に浮かんできます。
 
あと見ていて、自由にギターを操れている そう思わせてくれるギタリストです。
ギターを操れているというのは、テクニカルに弾けるというだけではなくて、
音楽的にもメロディを操れている。
テクニックと、音楽で表現したいことが高次元でミックスしている。
勝手にそう思っています。
(次第に良い表現が浮かんでくると思います。。。)
 
日本のギタリストではBirthdayのフジイケンジさんとともに清水さんが
お気に入りです。
 
ギターがきちんと歌っています。
 
 
 
 
 
 
 
この Evil one のソロは本当に大好きです。
 
この感覚を確かめてみようという思いと、日本のギタリストがどう観られるか
ちょっと試してみたかったので、海外の友人に
 
「このShimizuさんって凄いギタリストなんだけど、Youtube観てみて。特にソロ!」
 
とつべのアドレスを送ってみました。
 
「ソロを何度も観た!」
 
と言う返事が来たのと、
 
「ウチのバンドのリードギタリストにもリンクを送った。彼は早速コピーしている。
Shimizuさんは素晴らしいギタリストだね!!」
 
という反応からして、お世辞抜きのリアクションを頂きました。
 
 
というIbenezのギターの話から、確かシェクターか何かのギターを使ってらっしゃる
清水さんの話に飛ぶのはちょっと変ですが、
何となく、IbanezのGuitarでANTHEMをコピーしてみたいな。
と思う平日最終日金曜日のお昼時です。
 
弾けませんけど。。笑
 
でも夢を持つことは大事なことだ。
 
 
 
ということで、週末に向け頑張りましょう!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

こんばんは

思い立ってIbanezのケースを開けました。

 

 



 

 

Ibanez PM2-AA パット・メセニーモデル

スペックは以下の通り。

・Finish:AA (Antique Amber)
・Neck:3pc PM Mahogany/Maple set-in neck
・Body:Maple top/back/sides full-hollow body
・Fretboard:Ebony fretboard
・Bridge:ART-1 bridge
・Tailpiece:KT30 tailpiece
・Neck PU:Super 58 custom (H) neck PU
・HW Color:Gold
・String:.011~.050 Flat Wound (D’Addario:ECG24)






 

このギターの気に入っているところ。

何点かあります。

 

まずコストパフォーマンスが図抜けて良い。

素晴らしい。

その一言。

 

この色。

Antique Amber

 

この色は不思議と持っていて、見ていて安心する色です。

個人的にそう感じるのですが、ナチュラル色の優しさに惹かれているのかもしれません。

 

 

 



 

 

 

次にピックアップ。

Super 58 custom

これは何も足さず何も引かず。

とても素直でクリーンが綺麗になるピックアップだと思います。

Gibsonの57classicに似ている。。。。

気がします。

素直で透明感のあるサウンド。

歪ませた事はないので、どうなるのかわかりませんが、クリーンは絶品です。

少なくとも

 

載せ変えよう。

 

と思ったことは今まで一度もありません。

 

私は、ハムバッカーは鳴らしていると変えたいなぁ

と思うことが多いのですが、これはこのままが素晴らしい。

上を見るとキリがないのも確かですが、

本体とパッケージとして完成している

そんな印象を受けています。

 

 



 


 

最後にネック。

 

Ibanezの3ピースのネックです。

材質はMahoganyとMapleの3ピース。

握ってみて強さが十分に伝わってきます。 

 

 

先日友人と赤坂にあるVirtuosoに松原慶史さんのステージを見に行ってきました。 

 



 

 

 

松原さんのステージは2度目です。

素晴らしいギタリストです。

テクニカルでいてメロディアスでフレーズの構成も素晴らしい。

 

将来的に日本のJazzギター界の宝になるのではないだろうか。。。

 

と思っています。

 

 


 

 

 

ドラムの大村亘さんも素晴らしい。

大村さんも同じく2度目。

 

 

 


 

 

松原さんがPM-2を使っていました。

素晴らしい鳴り方。

とても同じギターとは思えませんでした。

やはり弾き手の腕が大切ですね。。。。

きちんと鳴らせるようにしてあげないとギターがかわいそうですね。

頑張ろう。

 

 


 

 

 

サウンドも素晴らしかったです。

 

行っておいて本当によかったと思うライブでした。

素晴らしい一夜でした。

 

 

 

松原さんのソロの動画となりますが、枯葉。

彼の凄さがわかると思います。

ぜひ聴いてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんは
NYのJazz Club iridium の年末のスケジュールをチェックしていたら
11月3日に行われたSatrianiのライブの様子がアップされていました。

iridiumはJazz Clubなのですが、どちらかと言うと生前Les paulさんが拠点にしてた
箱でもあるのでギタリストよりの箱。
Jazz Clubという紹介はされていますが、Jazz Clubとは言いがたい感じの立ち位置。

なので、NYに行って良いギタリストがブッキングされていたらラッキーです。
ただ、年末っていつもダメなんです。
数年前にMike Sternを観たくらいかな。
年末以外なら結構なビッグネームがライブを入れています。
年末はギタリストの皆さんはお休みを取るのでしょうか。


そうそう、Satriani が最近iridiumでやったライブに話を戻しましょう。
リズム隊が抜群ですね。
Aristcrats じゃんか。。。。と思ったら2人ともSatrianiともやっていたんですね。
ドラムのMarco Minnemann は最高。
手数が多すぎる。。。とも思わなくもないけど、嫌味じゃないぎりぎりのところ。
スーパードラマー。

おっと、肝心のSatrianiですが、大御所ですからね。
個人的にリズム感がエディ並みにすごいな。
と思うギタリストです。

NYが地元なのでリラックスしてやっています。

曲は Satch Boogie

Ibanezを使っていただきありがとうございます。
日本人としてはそう思いますw









しかし、本当にリズム感が抜群でマシンのようですね。
素晴らしい。

この人の動画を観るといつもギターを弾く気が失せますw
僕の中では超人の類なんですよね。

この人のおかげで一度間違ってアームがバリバリのIbanezのギターを買ってしまったことがあります。
誤解の無いように何が間違いであったかと言うと私はそういうことが全くできない、そういうギタープレイ
の志向も無いのに、買ってしまった。
普通のストラトでさえアームを使わない というか使えない私が買ってもダメでした。
ただ、Ibanezのギターはすごく良かったですよ。
さすが世界を席巻しているだけのことはあります。

なんかこの動画を観ていると1本くらいそういうギターがあってもいいよね。

って思ってしまうので恐ろしい限りです。




















AD
いいね!した人  |  コメント(28)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは
連休いかがでしたか?
私は連休明けの今日、どうしても月曜日のように思えて仕方がありません。

さて、ラグビーの日本代表。
スコットランドに負けましたね。
点差ほど実力は離れていませんでした。
ただ南アフリカの巨人相手と試合をして中3日でスコットランド。
これはキツイですよw

明らかに選手の目に疲労が出ていました。
あと試合中のミスが多かったのは別に良いとして、1試合目に見られていた
選手間の試合中の会話が殆どなかった。
覇気が感じられませんでした。
ただ、その中でもあれだけ出来たのは日本代表は確実にレベルアップしています。
1試合目だったら確実に勝てた相手でした。

南アフリカ → スコットランド → サモア → アメリカ

見事に強い順であたっています。
スコットランドはランキングは日本より下になっていますが、
これは対戦相手のアヤからきた結果でしょう。
そんなことはありません。

私はスコットランドには僅差で負ける。
サモア戦が勝負。
と思っていましたので、次が本当の勝負です。
サモア強いんですよ。

ニュージランドもどこの国もアイランダーと言ってトンガ・サモア・フィジーの
ポリネシアの島々のパワーの有る選手を相当数チームに入れています。
いまや南半球の強豪国の常識。
ニュージランド人ですらパワー欲しさにアイランダーでチームを強化するくらいです
からすごいですよね。

昨日の日本チームには覇気がなかった。
ただこれは半分格闘技のようなスポーツなので仕方がありません。
POOL B はサモアにきちんと勝ったところが決勝トーナメントに進めるでしょう。



さて、ポリネシアじゃなくて塗装のポリ。












私は結構塗装と楽器の鳴り方に敏感です。
鳴り。
じゃなくて鳴り方。
ポリでもきちんと鳴るものは鳴りますが、鳴り方がやはりラッカーと違ってきます。
素材が違うので当たり前の話なのですが。。。w

薄くすれば云々という話も売り手から聞くこともありますが、
セールストークですね。

ただ、ポリで良いなぁ というブランドも有ります。
James Tylerなんかはポリで良かったですし、Suhrもそうですね。

あとPRSもV12がそうだ。
ん?V12はアクリル系ですね。
あれも良いです。


そしてこのIbanezのPM2もポリなのですが、木材の材質の性質とポリ塗装が合っている
のかすごく鳴り方が良い。
木材は軽めのものを使っていて、ポリがそれを補完した関係にある。
そんな感触を得ています。
このギターは気に入っていますよ。












今朝、磨いてあげました。
ポリの塗装ってきれいですよね。
ずっとキレイでいて欲しいギターにはポリ塗装はいいです。













ふと思ったのですが、
弾きこむとポリ塗装でもこの辺って削れてくるんだろうか。。。













ゴールドパーツはくすみが凄い。
これも磨いてあげないと一気に劣化します。


このギターは今フラットワウンドを張っていますが、
次は普通のダダリオにしたい。。。
と思っています。
が悩み中。



今日は木曜日。
月曜日のような気がしますw


良いこともあり、悪いこともがっかりすることもあり、強くなっていくんですよ。

ただヘッドコーチのエディ・ジョーンズがW杯後退任。
これは日本ラグビー界の損失です。
エディ・ジョーンズってオーストラリア代表のヘッドコーチで準優勝している
人ですからね。
普通じゃ日本のコーチなんて受けてくれないのですが、
彼のお母様が日系人、奥様が日本人なんですよね。
後任者が誰になるのかがとても心配です。
清宮さんはダメ。
最低でも世界最高峰のリーグであるスーパーラグビーのヘッドコーチをやった経験が
ある人じゃないと無理です。
今や日本代表選手ですら、スーパーラグビーに参戦して皆実力を上げてきているのが現状。
指導者は大事です。
また森さんが出てきて、変な早稲田閥とかで決めてほしくないです。


スミマセン
最後突然またラグビーの話に戻してしまいましたw









いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは
暑いですね。。。
こんなに暑いのって数年ぶりじゃないでしょうか。
去年は夏になったらすぐ秋になってしまった感があってがっかりだったのですが、
今年は暑そうですね。
夏らしい夏はいいものです。

ワンちゃんとかはこの炎天下だとアスファルトの上を歩くと肉球とかやけどしないか
心配です。


さて、先日書かせていただきましたLos AngelsのRonから早速メールが送られてきて
写真をくれました。
彼はきちんとしたカメラで遠慮無くステージの写真を撮っていました。

基本、フラッシュは焚くな。

というアナウンスだったので、写しても良かったのでしょうけど、私は遠慮しながら
写真を写していましたのであまりよいアングルのものがなかったのでちょうど良かった。

日本は暑くて大変だよ
とメールしたら
ロスも35度位あるらしく暑いようです。
ただあちらは湿度がないし、砂漠みたいなところですから夜は寒い。
夜は凍えるくらい寒くなりますからね。
西海岸はあまり行ったことがないなぁ。

一度仕事でサウンフランシスコに行ったのですが、その際人だかりができていて
エリック・クラプトン

おーいお茶のCMに出ていたアメリカの女優。。。メグ・ライアンだ
メグ・ライアン
がいたんですよね。
何かの集まりだったんでしょうね。
15年位前でしょうか。


さてRonが送ってくれた写真
最後のJohn Scofield の写真がなんともかっこいいです。

























さて、JohnのステージをみてIbanezにものすごい愛と誇りを感じてしまった私なのですが、
早速昨日の帰りに御茶ノ水に立ち寄り、Ibanezの箱物を5、6本弾いてきました。






Signature モデルはあまり持ちたくないのですが、デザイン的に好きなのは
335を目指して制作したAS200、John Scofield signature 。

今までまじめにInanezの日本製の箱物を触れたことがありませんでした。
一度4年前くらいでしょうか。
John Scofield Modelを弾いたのですが、その個体のテンションがやたらきつくて
プロレスラーでも弾けないような感じで、それ以来避けていたふしがあります。
でもあの個体は何だったんだろうか。。。


製造はご存知のとおりFUJIGENさん。
何本か持ってきてもらって手渡しされた際のファーストインプレッションは

見かけの想像ウェイトより重い!!

でした。

持ってみて分析したところ、センターブロックが重い。
それも、同じモデルの数本ともそうでしたから意図的なんだな。
と思いました。
弾く前に

「これってセンターブロックがやたら重い感じがするんだけど、軽くすればいいのにね」

とショップの若いスタッフのかたに言ったほどです。


アンプにプラグインして弾いてみて、

なるほど。。。

と思いました。
センターブロックを重くしてることによって、箱全体がものすごくなっているのと
3,4弦あたりのプリン!とした弦の跳ね返り。
剛性を良くしているのでしょう。個人的にはそう感じました。
とにかく意図的にブロックを重くしている理由がよくわかりました。

あと、音が良いです。
クリーンが良い。
335とは全く違うサウンドです。

素直で高音低音のレンジがすごく広い。
57クラシックをさらに素直にして、レンジを広くした感じのピックアップ。

リアはちょっとカリッとしていて、単体で使うにはTONEを絞らないとキツイ
ですが、センターとフロントの音はすごく良かったです。

ただ、335のようなオールマイティさは無いかな。。。
それはSignatureへの偏見なのか。。。
いやいや、これでロックは弾けない。
と思ったのです。
音が綺麗すぎて。

やはりインストに向いているギターかな。
ファンクとかカッティングならまだ行けるかも。

総合的に、弾いたフィーリング、音、ともにすごく気に入りました。

弦のテンションは全く普通でした。
いたって試した個体はどれも弾きやすかったです。
前回のはなにかしらトラブルが合ったのでしょう。

日本製の箱物も恐るべきクオリティの高さですね。
中国製のメセニーモデルを1本持っていますがこれはこれでコスパがものすごく良いモデルです。
ただ、日本製は輪をかけて良いですね。


5分位弾いていてどこかのブランドのギターと音がまるで似ているなぁ。。。
どこだったか。。。
考えていると思いだしました。


SUGIさんのところの出音に似てる。


と言ったら、スタッフの説明ではピックアップは同じ所のものを使っているとのこと。
あと、杉本さん自身Fujigenの方でしたから、
杉本さんのDNAをFUJIGENが未だ守り続けているのか、
杉本さんにFujigenのDNAが刻み込まれているのか。

どちらなのでしょう。

ただ、今回弾いた箱物に関しては サウンドの出方、方向性は似ていました。
他のモデルからはそんなことは感じないのですけどね。

よく出来ていました。

ただSignatureはなぁ。。。。
そのアーチストの曲以外弾けない。
レスポールは別ですが。。。。w



ふと目の前を見るとTOKAIさんの335が吊るされていました。
めちゃくちゃ安い。。。
弾きましたが、出来も良い。

「こんなに安くして大丈夫なの??」

と聞いてしまったくらい出来と値段に乖離がありました。
TOKAIさんもスゴイな。

ということで、帰国早々日本製ギターを弾きに行ってきました。

IBANEZってメタル、JAZZ界の大物が使っている割には日本国内での評価が伴ってないですよね。
もっと評価してもいいんじゃないかな。
そう思いました。

ただ、箱物はもう少し、モデルを整理してデザインを洗練させて欲しい。

なんて勝手に思った次第です。


Ibanezってすごいですよね。
すごいわ。。。
Under Rating されすぎじゃないかな。
課題はデザインかなぁ。。。



山下達郎のSPARKLEが空から降り注いできそうな炎天下の日本も良いですね。















いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。