3104丁目のギターショップに足を向けろ

Knock on The Door of 3104th street Guitars


テーマ:



Sadowsky NYC



なんて良い響きなんでしょう。。。。
その名前からして、サドウスキーさんはロシア系なんでしょうね。
だから工房もNYのロシア系が多いとされるブルックリン地区に
あるのですね。

私は漠然とこのブランド名の響きにあこがれを抱き続けてきました。



さて、工房には in stock といって、まだ行き先が決まっていない
ギターが飾られていて、うまくいけば購入できます。
日本から来たというと購入はできません。
彼らもきちんと日本の代理店の存在に配慮をします。

ただ、そこは頭の使いどころで、メールでNYの○○ホテルに送ってくれますか?
と聞くともちろんです。と回答が来ます。
それはそうでしょうね(笑)
日本から来たとは言っていないですからね。





$3104丁目のギターショップに足を向けろ





以前からHPをチェックして一番気になっていたのが、
黒に白のPGのテレキャスターです。
モダンなブランドのギターもやはり、ヴィンテージタイプの
ギターが好きな保守的な私です。。。

さっそく弾いてみます。





$3104丁目のギターショップに足を向けろ





ボディはアッシュ。
案内してくれた責任者に聞くと
「たぶんスワンプアッシュだよ」」とのこと。
たぶんって言ったけど???
まぁアメリカはおおらかなところだから気にしては
いけません。

ボディは確かに軽いですね。
ブリッジは6連。






$3104丁目のギターショップに足を向けろ





ブースターがついています。
Tom ,Suhr , James Tyler もブースターがついている
モデルが多いですよね。

付けなくてもいいのになぁ。。。
というのは個人的な見解です。

あれば便利なのは確かなのですが。






$3104丁目のギターショップに足を向けろ





ネックは張りメイプル。
あれれ、、、張りメイプルか。。。

悪いとは言わないですが、良いとは思えないなぁ。。。

弾いてみます。

さすが、きちんと鳴りますね。

ただ、張ってる弦がくたくたに死んでる(笑)
これでは、あまりきちんとした評価ができませんね。

ただ日本にいて恋いこがれていた以上のインパクトを
与えてはくれませんでした。
「すぐ買おう」
みたいな衝動は起こらなかったな。
良いギターなんですけどね。



さて、次


へんてこりんなピックアップの配置ですよね。
HSSですよ。






$3104丁目のギターショップに足を向けろ





ただ、これは結構気になっていました。





$3104丁目のギターショップに足を向けろ





このフロントですよ。
これ何が載っているんだろう。。。
見た目はディマジオっぽいですよね。

このフロントは最高に良いサウンドでした。
今回弾いた中で一番気に入ったかな。

これは見た目が変ですけど、いけますよ。






$3104丁目のギターショップに足を向けろ






これにもブースターがついています。






$3104丁目のギターショップに足を向けろ






これも張りメイプル。

このギターには心をちょっとだけ動かされました。
ただ、この値段では買う気にならないな。
ということで買っていません。
値段は日米価格差がありますので、公表しない方が良いですね(笑)



さて、次はテレ。
これもフロントがハムです。






$3104丁目のギターショップに足を向けろ





ただ、このハムも良いですね。
フェンダー系もフロントがハムって結構いけますね。





$3104丁目のギターショップに足を向けろ






ブリッジは6連。





$3104丁目のギターショップに足を向けろ






これにもブースターがついています。
トータルでは黒テレよりもこっちの方ができが良い感じがしました。



さて、次は白いストラトを弾いてみます。
これは、フェンダーで言うところのレリック加工がされています。
サドウスキーまで!
と思ってしまいました。


はやりなのかもしれませんが、レリックが許されるのは
フェンダーとギブソンだけだと思うんですよね。
ぼろぼろになるだけの時間が経過したブランドの歴史がありますからね。

コンポーネント系はそれはまだないと思うんですよ。






$3104丁目のギターショップに足を向けろ






ただ、結構かっこいいです(笑)






$3104丁目のギターショップに足を向けろ






写真で見えるかな。。。。
ウェザーチェックがたくさん入っています。






$3104丁目のギターショップに足を向けろ






指板はブラジリアンローズウッド。

これはさすがに違います。

フレットの音の出方、音の跳ね返し方、スピードが全く違いますね。
ブラジリアンの指板はやっぱりいいですね。

これは良いサウンドのギターでした。
ただ、値段がこれならフェンダーのマスビルを買うな。。。


なんやかんやと1時間くらいとっかえひっかえ、
いろいろなギターを弾き比べました。

一番気に入ったのはブルーのHSSのストラトでしょうか。




さて、試奏が終わり、お礼を言って帰ろうとしたときに
ふと思いつきで言ってみました。


「工房を見る事はできますか?」


「案内するよ」



「!」



工房巡り第三弾はフジゲンとばかり思っていたのですが、
なんとSadowsky NYC が見れるとは!


ということでつづく。。。。。




AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

昨日、ようやくひと段落して会社の近くに、
針をうちに行って夜はぐっすり眠る
事ができました。
針はすごいなぁ…
気も落ち着くんですよね。

という事で、朝起きてテレを弾いてみました。
今日はROMANYをチョイス。
これはフェンダーギターの為のアンプという感じです。


photo:01




ペダルはFuchsのブースター


photo:02




とオーバードライブ


photo:03




これはチューブサウンドで音がふっとくなります。

そして

photo:04




テレ。
フェンダー63です。
サウンドはノーキャスターでもないし、キンキンしたいまのテレでも
ありません。
ミッドががつーんと出てくる太めの
サウンドです。
ノーキャスターに近いが、そこまで太くない。と言った感じですね。
そして音が乾いています。


photo:05




セレクターは4モード。
便利です気に入ってます。


photo:06




このレリック具合がなんとも言えません。


photo:07



調整の為に楽器店に持って行ったのですが、みなさん口を揃えて
軽い!と言います。
私も軽いなこれ。3.1kgくらいだなと思っていたのですが、
家で計ると3.4kg!!
えっ!って感じでした。
多分バランスがものすごく良いのでしょうね。


photo:08



弾かずに買ったので、鳴らなくてもしょうがない
と思っていましたか、やはりギターの神様がついていますよ(笑)
ネックはびんびんしびれて、ボディはうわんうわん鳴っています。

これはラッキーです。

探しに探してよかったです!
世界中さがしましたからね。
これからも、ガンガン弾いてまた感想書きます!

さてスタバも閉店なので帰ります。
それではまた!


iPhoneからの投稿
AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日の気になる一本!


マジで欲しい。。。。



Sadowsky Guitars Semi Hollow Model Trans Black



$3104丁目のギターショップに足を向けろ




山野楽器さんで販売しています。

値段は¥378,000。
Sadowskyなら納得感がある値段なような気がします。

去年NYに行った際に、ブロンクスにある工房に行き
ましたが、結構いい感じでした。
何本か出来上がって在庫があったのですが、
馬鹿正直に日本から来たと言ってしまったので
代理店との関係上売れないといわれて退散してきました。

あれ、その時の価格からしたらかなりまともな
値付けじゃないかな。。。
○カ○インター○○○○○さんも少しは気づいたのでしょうか??



$3104丁目のギターショップに足を向けろ



塗装の下にうっすらとトラ目が出てますよ。
すごい目だな。。。
実物見に行ったら興奮しそうです。

何か下取りに出せるものあったかな???




$3104丁目のギターショップに足を向けろ



指板がちょっと茶色ですね。
そうそう、Sadowskyって指板が薄いのが多いんですよね。


$3104丁目のギターショップに足を向けろ



ちょど335と同じような値段ですね。
335の当たりとこのSadowskyどちらが良いでしょう??
まずは弾いてみないと分かりませんが、
全く同じクオリティだったら、天邪鬼な私はこちらを選ぶと思います。



とりあえず、近いうちに山野さんに行ってこよう。。。


AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:





写真を整理していたら前にNYに行ったときの写真が出てきました。


近代美術館にも行ったのですが、すごく良い美術館でした。
それほど込んでないし、写真も撮り放題でした。

いろいろな画家の作品がやまほどあるのですが、
その中でもピカソがずば抜けて異彩を放っていました。

ピカソの絵だからではなくて、すごい絵があるなと思って
近づいたらピカソだったということが多かったのです。



$3104丁目のギターショップに足を向けろ




$3104丁目のギターショップに足を向けろ



この絵はThree musicians。
ここのブログのテーマにあってますね。
小さく見えますが、本物はかなり大きな絵です。


そのほかにもいろいろな美術品がありました。



$3104丁目のギターショップに足を向けろ



$3104丁目のギターショップに足を向けろ



そしてNYに来たからには行きたい場所が。。。。
タクシーでブロンクスまで



$3104丁目のギターショップに足を向けろ


SADOWSKYの工房です。
中の写真が撮れなかったんですよ。。。。
こじんまりとしたところで、皆さん懸命にギターを作っていました。
たしかBONJOVIのゴールドディスクが飾ってありました。

ブロンクスってロシア系の人が多い町と何かの本に書いてありました。
だから、ここにあるんですね。

ちなみにBilly Joelもブロンクスで育ったようですね。


さらに移動して。。



$3104丁目のギターショップに足を向けろ



NYのGuitarCenter。
日本の楽器店と比較して、たいしたことはありませんでした。
入店するときは、バッグとかすべて預けなければならないんですよ。

店内ではギターは店員さんに言わなくても勝手にとって、
そこらへんにアンプもたくさんあるので勝手につないで
好きなように弾いてもOKなのです。
ギターも傷だらけなのがたくさんありました。
おおらかだな~。


冬だったのでとにかく寒かったと記憶しています。
札幌出身の私ですが、経験したことのない寒さでした。
5m歩いたら、どこかのCafeに入りたいと思うくらい寒かったです。



$3104丁目のギターショップに足を向けろ



さて、ホテルはNYっぽいエントランス。


$3104丁目のギターショップに足を向けろ




ホテルの目の前にGEの本社がありました。
エジソンが作った会社です。



$3104丁目のギターショップに足を向けろ




思い出しました。。。。
ホテルをチェックインしようと思ったら、

「リストにありません」

と言われ、そんなことないよと思ってPCをチェックすると。。。


予約した日が一ヶ月違うじゃんか!!!((((((ノ゚⊿゚)ノ
この寒空の下凍死だ。。。。



実は、はじめに宿泊したところが、海に近いRITZだったのですが、
貿易センタービルにも近いということで、
何かものすごい物悲しさを感じてしまい、急遽NYに行ってから
夜中にPC経由で手続きをしたのです。
眠さに負けて間違ってしまったんでしょうね。


でも、ホテル側の配慮とBooking.comのフォローもあって
無事チェックインできました。
Booking.comの対応はすごかったです。
少々難しい会話になるからということで、
わざわざ日本語が出来るスタッフがUSAには誰もいないので、
ヨーロッパの日本人担当者を探し出してくれて、対応してくれました。
海外旅行するときには是非使ってみてください。


Booking.com



朝ごはんはアメリカだと思わせるようなパンケーキ。


$3104丁目のギターショップに足を向けろ




NYの駅です。
よく映画に出てきますよね。



$3104丁目のギターショップに足を向けろ



今度はコロラドにある有名なギターショップに行こうかと
考えています。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。